オンライン面談実施中!

大学院の中退は就職に影響する?注意点と就職活動の効果的な進め方を紹介

大学院中退でも就職できる?正社員への就活で大事なポイントを3つ紹介

大学院を中退したら就職に不利になってしまわないかと悩んでいませんか。この記事では大学院を中退して実際に正社員で就職ができるのかどうか、中退した後の就活で意識しておくと良いポイントを紹介します。

まだ、中退を検討されている方は、大学院中退のメリット・デメリットもご紹介していますので、参考にして頂ければ幸いです。

大学院中退後は就職できないって本当?

大学院中退後は就職できないって本当?

「大学院を中退すると就職できないかも」と不安に感じている方もいるかもしれません。まずは、大学院を中退すると就職にどのような影響が出ることがあるのか、大学院中退者の就職活動はどうするべきかについて解説します。

大学院中退は就活に悪影響を及ぼすのか?

大学院を中退した場合、就職活動のときに影響があるのかどうかは、中退理由やその伝え方によります。

大学院中退の理由によっては就活に不利になる

ネガティブな理由で大学院を中退したことを応募企業に知られてしまった場合、理由によっては以下のように、面接官に与える印象が不利になってしまうケースがあります。

  • 大学院になじめなかった…職場の人間関係にも適応できないのでは?
  • 勉強についていけなくなった…仕事を最後までやり遂げる能力が低そう

そもそも大学院に進学する人は少数派のため、せっかく時間とお金をかけて進学したのに辞めたことに対し、マイナスイメージを持たれてしまうリスクはあります。

ポジティブな理由による大学院中退であれば必ずしも不利にはならない

一方で、たとえば以下のような理由であれば、同じ大学院中退でも面接官の印象は大きく変わります。

  • 研究したことを早く仕事で活用したいと考えた…仕事への意欲が高い

実際にその仕事で役立つ知識やスキルを持っているのであれば、中退であっても、採用する企業にとってはプラスです。加えて、自分自身のキャリアプランが明確であることをアピールすれば、さらに評価が高まることもあります。

同じ中退でも、ポジティブかつ中退したことをよい方向に活かせる理由を伝えられれば、就職で不利にはなりにくいでしょう。大学院を中退した場合でも少なくとも大学は卒業しているため、大学中退や高卒と比較すると、学歴がハンデになる機会は少ないと考えられます。

大学院中退後は既卒/第二新卒として就職活動

新卒枠で求人を出す企業のターゲットはあくまで「現役の新卒者」です。そういった企業の中には、残念ながら大学院「中退」という経歴を見て、新卒の選考対象からは外す企業もあります。

大学院中退者は、既卒枠または第二新卒の枠に応募することをおすすめします。理由としては、通常、大学卒業から3年以内は既卒または第二新卒扱いとなるためです。「第二新卒」は卒業後に一度就職している人のことを指すのが基本ですが、大学院中退のときの年齢が20代前半~半ばであれば、第二新卒枠として扱ってくれる企業もあります。

既卒枠や第二新卒枠は、新卒枠に比べて優良企業が少ないのではないかと考える人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

確かに、大手企業などは少ないかもしれません。しかし、BtoB(法人向け)企業であるために知名度が低かったり、新卒採用に大きな予算を使えないけれどよいサービス・製品を提供していたり、従業員が活躍しやすい体制を整えていたりする中小企業や小規模企業などもたくさんあります。

大学院中退後の就職活動は、新卒枠で現役の新卒と同じ土俵で勝負するより、既卒または第二新卒枠で自分に合った優良企業を探す方が効率よく就職活動を進められるといえます。

大学院の中退率と主な中退理由

大学院中退が就職に及ぼす影響について理解が深まったでしょうか。次に、大学院の中退率とその理由について、それぞれご紹介します。

【過程別】大学院の中退率

文部科学省「経済的理由による学生等の中途退学の状況に関する実態把握・分析等及び学生等に対する経済的支援の在り方に関する調査研究」によると、大学院修士課程の中退率は2.6%です。

また、専門職大学院での中退率が4.4%、博士課程での中退率は5.4%となっており、修了の難易度が高くなるほど中退率も上がっていることがわかります。

そして、大学院を中退する経済的理由で大学院を中退する人の割合は修士課程で6.9%、専門職大学院で12.3%、博士課程で5.4%です。

大学院の中退理由

大学院の中退理由は、どのようなものが多いのでしょうか。

同研究のデータから、大学院を中退した理由として、第1位から第5位までの上位ランキングは以下のようになっています。

※回答を得た国公私立大学院/公私立短期大学の全体を集計したもの

 大学院中退の理由割合
第1位就職18.23%
第2位転学17.65%
第3位学業不振15.53%
第4位一身上の都合13.33%
第5位経済的理由9.93%

「働くことになった」「ほかの学校へ通うことになった」「勉強についていけなかった」「経済的に通うことがむずかしくなった」や、そのほかの理由(家庭の都合や病気など)のいずれかであるといえるでしょう。

「就職」の理由は経済的理由の可能性もある

大学院の中退理由でもっとも多く、約2割近くを占めるのが「就職」です。

この調査では「就職」と「経済的理由」が別の項目に設定されています。たとえば、以下のような理由で就職した人もいるでしょう。

  • 大学院進学したものの学びに興味が持てず、中退して就職
  • 大学院在学中に働きたい企業と出会い、修了を待たずに就職

こういった理由は、いずれも自分自身の希望によって就職を決めたケースです。また、就職先が決まっていない状態でも、就職活動をすることを決めて中退した人もいそうです。

しかし、途中で学費を払えなくなったり、いますぐ収入が必要な生活になったなどの経済的理由で「就職」を選んだ人も一定数含まれているでしょう。

学費が高額であるほど「経済的理由」の中退は増える

第5位の「経済的理由」は全体の約1割ですが、大学院中退率のデータを見ると、学費が高額になるケースの多い私立では、国公立よりも中退率がかなり高くなっていることがわかります。

たとえば、以下のような理由があるかもしれません。

  • 親が学費を出してくれていたが、急に働けなくなった
  • アルバイトで学費を賄っていたが、両立が難しくなった
  • 学費に見合う授業内容ではないと感じた

これらはいずれも、学費が高額でなければ中退理由にはつながらなかった可能性が高いといえます。大学院を中退する理由が経済的なものであると回答した人のなかには「私立か国公立か」「学費がどの程度かかっていたか」も影響しているといえるでしょう。

大学院を中退するメリットとデメリット

ここでは、大学院を中退するメリットとデメリットをまとめました。大学院を中退することがメリットになるか、デメリットになるかはその人の状況次第です。以下にあげるメリットとデメリットをしっかり確認しておきましょう。

大学院を中退するメリット

大学院を中退することによるメリットとしては、以下が考えられます。

大学院で得た経験を活かせる

たとえ中退したとしても、大学院で学んだ以下のような要素を人生で活かせる可能性はあります。

  • ひとつの分野をより深く専門的に研究したこと
  • 通常よりも長く「学ぶ期間」を持ったこと

中退したとしても、大学院へ進学して学んだことは、少なからず自分のプラスになっているはずです。大学院へ進学した人のほうが少数派ですから、大学院へ行っていたおかげで、思考力や分析力、知識などが深くなったということもあるでしょう。

時間やお金を無駄に使わずに済む

大学院は、一般的には修士課程、博士課程ともに2年間ずつです。(※学校により異なるケースもある)そのため修了までには最短でも2年間、最長で4年間、大学院へ通うことになります。また、当然ながらそのぶんの学費もかかります。

大学院に進学したものの学びに興味が持てない、内容に満足できないと感じた場合、卒業を待たずに中退することで、大学院へ通っていたぶんの時間やお金を有効に使えるようになります。

場合によってはアピール材料になる

大学院中退という経歴になったとしても「大学院に進学した」という時点で、多くの大卒者がしていない経験をしているということは事実です。応募企業によっては「どうして大学院へ行こうと思ったのか」「大学院でどんなことを学んだのか」など、興味を持ってもらえることはあり得ます。

大学院中退者は少なくとも「大卒」ではあるため、同じ中退でも、大学中退ほどネガティブな印象にはなりにくいともいえます。

大学院を中退するデメリット

大学院を中退することによるデメリットとしては、以下が考えられます。

応募できる企業が制限される

前述の通り、大学院中退者は、たとえ大卒であっても新卒枠は使えないのが一般的です。そのため、新卒枠であればエントリーできた企業にも、最初から応募できないことはあり得ます。

どうしても新卒で受けたい企業があるのであれば、大学院を中退せず修了までがんばるのがもっともよい方法です。ただし、特にこだわりがないのであれば、既卒や第二新卒枠のなかでよい企業を見つけるという方法もあります。

院卒よりも給与が下がる

「大学院卒」と「大学卒」の給与水準が異なる企業はあります。大学院中退者の最終学歴は「大卒」になるため、就職先によっては給料が下がってしまうこともあるでしょう。

大学院でがんばって研究などをしていた人の場合、中退という学歴だけで給料が低くなってしまうことに対し「中退して損をした」と感じる可能性はあります。一方で、学歴による給料の違いがない企業に就職すれば、お金の面が気になることはほぼないでしょう。

大学院教授や研究室の人脈を使えない

大学院を途中で中退する場合、たとえば大学院の教授に就職先を紹介してもらったり、研究室に残ったりそこで助教授を目指したりするということは事実上できなくなってしまうでしょう。

大学院に行く人のなかには、そもそも「民間企業へは就職せず研究を続けたい」「将来は教授など教える仕事がしたい」などと考えて進学する人も一定数います。中退するとそのような進路は目指せなくなるということは、事前に理解しておいたほうがよいでしょう。

内定後の大学院中退は要注意

大学院在学中に就職活動をして内定をもらった場合、修了を待たずに中退してしまうことは避けましょう。理由としては、以下があります。

  • 企業は「大学院卒」を見込んで内定を出している
  • 企業は、内定後に中退することを想定していない

たとえば経済的理由など、内定が決まってからやむを得ない事情で中退しなければいけなくなった場合であれば、その旨を企業に相談することはできるかもしれません。また、就職活動の時点で「就職が決まったら大学院は中退する」と事前に伝えているのであれば、特に問題ないでしょう。

問題は、あらかじめ大学院中退を決断していたにも関わらず、そのことを伝えずに在学中に内定をもらったケースです。この場合、中退したことが判明すると、内定が取り消されてしまう可能性があります。企業は、大学院を修了してから就職する想定をして採用・準備をしているからです。

内定取り消しまでにはならなかったとしても、企業としてはやはりマイナスの印象にはなってしまいます。大学院在学中に就職活動をする場合、以下のことに注意しましょう。

  • 就職が決まったら中退する予定の場合、企業に伝えておく
  • 内定が出たら、特別な事情がないのであれば修了してから就職する

もちろんやむを得ない事情や予期せぬできごとなどはありますから、中退すること自体が悪いわけではありません。ただし最初から中退することを決めているのであれば、やはり面接の時点で伝えておくのがマナーです。そうすることで、企業との食い違いやトラブルを防ぐことができます。

まとめ

大学院中退は、やはり「中退」という点で、修了した場合と比較すると就職活動でマイナスになってしまうことはあり得ます。特別な事情がないのであれば、研究や学費の工面などが大変でも最後までがんばることをおすすめします。しかし、中退したから就職できないというわけではありません。大学院を中退しても「大卒」という学歴は残るため、キャリアにおける選択肢は広くなります。ジェイックでは、中退した方へ向けた就職支援にも力を入れています。大学院中退後の就職をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

「大学院中退」によくある質問

大学院中退は就職できないの?

大学院を中退すると就職にどのような影響が出ることがあるのか、大学院中退者の就職活動はどうするべきかについて「大学院中退後は就職できないって本当?」では解説します。結論としては既卒または第二新卒枠で自分に合った優良企業を探せば就職は可能です!

大学院中退の理由とは?

文部科学省の調査では大学院修士課程の中退率は2.6%とあり、大学院の中退理由でもっとも多く約2割近くを占めるのが就職となっています。「大学院の中退率と主な中退理由」で詳しく解説していきます。

大学院中退は、要注意

大学院中退を伝えずに在学中に内定を得た場合、中退が判明すると内定が取り消されるかもしれません。事前に就職が決まったら大学院は中退する旨を伝えているのであれば大丈夫です。ジェイックの就職支援サービスでは大学院中退の方も無料で「就職相談」をしていただくことができます。ぜひご活用ください。

大学院中退の人が使う相談先とは?

大学院中退ということで就職活動にプレッシャーや孤独感を感じている人もいるかもしれません。「ジェイック」は大学院中退の方も利用できる就職支援サービスを運営しています。就職のプロが親身になってサポートしますのでまずはご登録をお待ちしております。

【共通】CTAボタン