空港の仕事には何がある?【パイロットや客室乗務員以外の仕事も】

空港の仕事には何がある?【パイロットや客室乗務員以外の仕事も】

「空港の仕事には何があるんだろう」と思っていませんか?この記事では、空港の仕事について「飛行機に関わる仕事」「空港を訪れた人と接する仕事」「安全・安心を守る仕事」の大きく3つに分けて紹介します。この記事で、空港の仕事に詳しくなりましょう。

空港の仕事とは

空港の仕事とは

「空港の仕事」と一言でいっても、そこにはさまざまな仕事が存在します。飛行機の操縦・整備、乗客の安全確保、空港内のお出迎え――。空港には多くの仕事があり、それはまるでひとつの大きな会社のようなものです。どの仕事も欠かすことができず、それぞれの仕事が関わりあって空港をかたち作っています。

それぞれの仕事内容は異なりますが、共通しているのは「空の旅を快適に、そして楽しい思い出になるようにエスコートする」ということです。これはほかの仕事にはない、空港の仕事だからこその魅力といえるでしょう。

一方で、大変な場面も少なくありません。その理由は、空港、そして飛行機に関わる仕事は、乗客の安心・安全が第一とされる仕事だからです。ひとたび飛行機で大きな事故が起きると、それは大惨事を招くことになります。

空港という大きな施設では、さまざまな国籍、人種の人が行き交うため、小さなトラブルも日常茶飯事です。小さなトラブルが、大きな事態に発展しないとも限りません。このように空港の仕事は、緊張が常に走る、プレッシャーの強い仕事といった一面もあるのです。しかし、それらを上回る喜び、そしてやりがいが大きい仕事であることも事実です。

大変な面を知りつつ、それでも空の旅を案内する仕事に魅力を感じるのであれば、空港の仕事はきっと天職となることでしょう。

空港の仕事の種類

ここからは、空港の仕事について具体例を挙げつつ紹介します。パイロット、客室乗務員は空港の仕事の代表例ですが、実はこれらの仕事はほんの一部です。

では以下の3つに分けて、こまかく見ていきましょう。

  • 飛行機に関わる仕事
  • 空港を訪れた人に接する仕事
  • 空港や飛行機の安全・安心を守る仕事

それぞれ代表的な仕事を紹介しますので、参考にしてみてください。

飛行機に関わる仕事

まずは、飛行機に関わる仕事から紹介します。

特に、以下の4つが代表的な仕事です。

  • パイロット
  • 客室乗務員(キャビンアテンダント)
  • 航空管制官
  • ディスパッチャー

これらの仕事は、まさに飛行機に直接関わる仕事です。「飛行機が好きで仕事にしたい!」と思っている人にとっては、憧れの仕事となることでしょう。

パイロット

パイロットは、飛行機を操縦する仕事です。機内には主に2人のパイロットがいて、ひとりは「機長」として飛行機をメインに操縦する人、そしてもう一人は「副操縦士」として機長をサポートします。

パイロットの仕事は、責任が重大です。多くの人の命に関わる仕事のため、常に自分自身が健康でいることはもちろん、万が一の事態であっても落ち着いて行動できる人が適任とされています。

客室乗務員(キャビンアテンダント)

客室乗務員は、飛行機内で乗客のサポートをする仕事です。食事の配膳、アナウンス、急病者の対応など、その仕事はさまざまです。

機内で緊急事態が起きたときの「保安業務」(乗客の安全確保)も大切な仕事のひとつです。ちなみに、女性が多いイメージがある客室乗務員ですが、実は男性も少なくありません。

荷物の出し入れ、乗客同士のトラブルの仲介など、客室乗務員は体力勝負の一面もあります。その点、男性が活躍できる場面も多く、現場では客室乗務員を求める声も多いのです。

航空管制官

航空管制官は、空港内にある「管制塔」と呼ばれる建物のなかで、飛行機の誘導を主な業務とする仕事です。

具体的には、離陸や着陸の許可をパイロットに出し、飛行機同士が接することのないように気を配っています。

航空管制官は、常に変化する状況に対応し、冷静かつ的確な指示を出すことが求められる仕事です。

パイロットだけでなく、気象庁職員、ほかの管制官との連携も欠かせない仕事のため、高いレベルの状況把握力、そしてコミュニケーション力が必要とされます。

ディスパッチャー

ディスパッチャーとは、「飛行計画」を作成する仕事です。飛行機は、気象状況や、ほかの国の飛行機との「空の混雑状況」によって運航が左右されます。

そこで、飛行機が安全にフライトできるようにするための飛行計画が欠かせないのです。ディスパッチャーは、飛行機に関わる法律を守りつつ、さまざまなデータを駆使しして最適な計画表をつくりあげます。

一方で、パイロットとも常に無線でやり取りしつつ、リアルタイムで空の情報を手に入れる仕事でもあるため、「地上のパイロット」と呼ばれることもあります。

快適な旅をつくりあげる、陰の立役者ともいえるでしょう。

空港を訪れた人に接する仕事

空港を訪れた人を出迎える仕事も多く存在します。

具体的には、以下の3つです。

  • グランドスタッフ
  • 空港案内
  • ターミナルサービス

では、それぞれの仕事について見ていきましょう。

グランドスタッフ

グランドスタッフは、空港内で乗客のサポートをする仕事です。

搭乗手続きや手荷物の管理、また空港に関わる事務作業も仕事のひとつです。飛行機の離陸時刻は明確に決められているため、グランドスタッフの仕事は常に時間との戦いです。

一方で、空港に来るお客様を出迎える「案内役」の一面もあるため、笑顔を欠かさず、落ち着いた対応も求められます。プレッシャーが大きいなかで冷静な対応も求められる、大変な仕事であることは間違いありませんが、さまざまな国の人と触れ合えるのは大きな魅力のひとつです。

「お客様の近くで仕事をしたい」と考えている人にとっては、最適な仕事といえるでしょう。

空港案内

空港案内は、その名のとおり、空港内のサービスをお客様に案内する仕事です。

たとえば空港内の施設や、飛行機の離発着に関する情報提供、さらにリムジンバスの手配や損害保険の取り扱いも行います。空港には数多くの施設、そしてサービスがあり、お客様が求めるものもさまざまです。

空港のすべてについて詳しい必要があり、日々の情報のキャッチアップも欠かせないため、想像以上に大変な仕事といえるかもしれません。しかしお客様に感謝される場面も多いことから、空港案内はやりがいが大きな仕事でもあります。

ターミナルサービス

ターミナルサービスは、空港内で手荷物カートの管理や整理、またコインロッカーの管理などを行う仕事です。

「裏方」のようなイメージを持たれることが多い仕事ですが、実は接客対応が多いため、コミュニケーション力や笑顔での対応も必要とされます。

空港内を整備する大切な仕事ですが、国際線ターミナルの場合は深夜勤務もあります。

基本的にはシフト勤務のため、常に深夜勤務となるわけではありませんが、決められた時間内で働きたい、と考えている人にとっては厳しい仕事に映るかもしれません。

空港や飛行機の安全・安心を守る仕事

次に、空港や飛行機の安全・安心を守る仕事について紹介します。

特に以下の4つが代表的な仕事といえるでしょう。

  • グランドハンドリング
  • 航空整備士
  • 入国審査官
  • 空港警備

では、それぞれの仕事についてお伝えします。

グランドハンドリング

グランドハンドリングは、地上から飛行機の運行を支援する仕事です。

飛行機の誘導やけん引、飛行機と空港をつなぐ「ボーディングブリッジ」の接続など、その業務は多種多彩です。機内食の運搬や給油、機内の清掃も仕事のひとつです。

グランドハンドリングなしには飛行機の運行は成り立たないため、プレッシャーも少なくありません。しかし、間近で飛行機と触れ合える仕事であることから、飛行機好きな人にとっては願ってもない仕事といえるでしょう。

航空整備士

航空整備士は、飛行機の点検、修理を主に行う仕事です。

空港内の施設や、飛行機が格納されている建物のなかで、大きな飛行機を細部の細部までチェックしていきます。飛行機は、数えきれないほどの部品が集まってつくられています。

そして、そのどれかひとつでも故障すると、飛行機全体に波及する大きなトラブルにつながることもあります。そのため航空整備士は「安心・安全の空の旅」を実現するために欠かせない仕事といえ、責任も重い仕事です。

一方、プレッシャーの大きな仕事であるぶん、飛行機が無事に飛び立ったあとの喜びは何事にも代えがたいものがあります。

入国審査官

入国審査官は、日本に入国する人の「入国審査」を行う仕事です。

具体的には、パスポートのチェック、滞在目的の確認、また違法な荷物を持ち込んでいないかの審査などを行っています。

入国審査官は、法務省が管轄する国家公務員です。つまり、空港はもちろん、日本の安全を守る大切な仕事ということです。

「日本の玄関」を守る番人として、与えられた役割は大きなものがありますが、ほかの仕事では決して得られない経験を積めるのは入国審査官ならではの醍醐味といえるでしょう。

空港警備

空港警備は、空港内の巡回や点検を行う仕事です。

24時間動き続けている空港のなかでトラブルの芽を早く積み、トラブルが起きてしまったあとはすぐに鎮静化を図る、まさに「空港の警察」と呼べる仕事です。

空港は、ハイジャックなどのリスクと常に隣り合わせの場所です。

危険物が機内、そして空港に持ち込まれると大惨事にもつながりかねません。その点、空港警備の仕事は、こうした事故を未然に防ぐ大切な仕事といえるのです。

空港で仕事をする面白いところ

空港の仕事は、面白さに満ち溢れています。

もちろん、常に緊張が走る現場のため、簡単な仕事ではありません。しかし、それを上回る魅力が空港の仕事には存在します。

人によって魅力に感じるポイントは異なりますが、なかでも以下の2つにやりがいを見出す人は多いようです。

  • 多国籍の方と触れ合える
  • 多くの人に感謝される

では、それぞれについて解説します。

多国籍の方と触れ合える

さまざまな国の方と触れ合えるのは、空港で働く面白さのひとつです。空港は、日本の玄関です。

日本に入ってくる人、そして母国に帰っていく人で常に賑わっています。

国も違えば、その文化は大きく異なるため、さまざまな国籍の人と触れ合うと毎日が発見と刺激の連続です。常に飽きることなく仕事ができるのは、空港で働く大きなメリットといえるでしょう。

さらに外国の方にとっては、空港のおもてなしが日本の印象を大きく左右します。そのため、海外が好きなことはもちろん、「日本が好きで、日本の魅力を外国の方に伝えたい」といった思いを持った人であれば、イキイキと働くことができるはずです。

多くの人に感謝される

空港で働くと、多くの人に感謝されます。それは、乗客はもちろん、一緒に働く同僚や、空港内の別の場所で働く社員からの感謝も含まれます。

空港は、数多くの仕事が集まる場所です。どの仕事も欠かすことができず、それぞれの仕事は密接に関わっています。

そのため自分の行った仕事が、実はほかの誰かをサポートしていることも珍しくないのです。このように、「ありがとう」の輪が広がる環境であることも、空港の仕事の大きな魅力といえるでしょう。

未経験から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 未経験の支援に特化
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.5%が辞めずに続けられる

    2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC