高校中退後に生じる問題と対応策【おすすめ就職活動も紹介】

高校中退後に生じる問題と対応策【おすすめ就職活動も紹介】

高校を中退して悩んでいませんか?この記事では、高校中退後に生じる問題、高校中退後にするべきこと、高校中退後の就活活動を解説しています。記事を参考に行動してください。何もしないとフリーターを続けてしまい、人生の難易度が上がります。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

高校中退後に生じる問題

高校中退後に生じる問題

高校中退後に生じる問題をいくつかご紹介します。

どんな問題が起きやすいか、事前に想定しておきましょう。

就職できる仕事が少ない

高校中退=中卒なので、仕事の選択肢は少ないです。

特に正社員だと「高卒以上」という企業は多く、応募しても書類選考で落とされてしまうケースが多いです。

就職については、まだまだ高校中退の理解は乏しく、厳しい現実が待っています。

フリーターを続けてしまう

正社員に就職できないので、仕方なくフリーターを続ける人も多いです。

若いうちはまだ良いですが、30歳を超えてフリーターだと、さらに正社員になりにくいです。

  • アルバイト
  • 派遣社員
  • パート
  • 夜の仕事

などをずっと続けてしまい、人生設計が難しくなります。

フリーターを続けるデメリット

フリーターを続けるデメリットは、下記のとおりです。

  • 収入がずっと上がらない
  • 雇用が不安定
  • ボーナスがない
  • 有給休暇がない
  • 年齢が上がるほど、選べるアルバイトが減る
  • 年金を払えない

結論、お金がない状態がずっと続きます。

体を壊すと収入も減るので、40代以降はリスクが上がってきます。

フリーターを続けた末路【老後破産】

フリーターは年金を払っている人が少ないです。そのまま老後を迎えてしまうと、生活ができなくなります。

高齢になれば当然アルバイトは難しいですし、年金も入ってきません。生活保護の条件は厳しいので、生活保護を受けられない人もいます。

特に危険なのは、親から実家を相続した人です。住まいがあると生活保護申請が通りにくいので、かなり苦しい生活を強いられます。

結論、フリーターを続けると老後破産が待っています。早めに手を打ちましょう。

地元を離れられない

フリーターだとどうしても収入が低いので、実家暮らしになりがちです。

結果、地元から離れることができなくなります。

「本当は東京に行きたい」などの希望があっても、新天地での就職活動に苦戦しやすいです。

大学や専門学校に進学できない

高卒資格がないので、大学や専門学校に進学できません。

※後述しますが、一部の専門学校は進学が可能です。

本当は勉強したいことがあっても、道を閉ざされてしまう人もいます。

再度、高校に入学するお金がない

高校に再入学したくても、親の経済的な問題で入学できない人もいます。

アルバイトで高校の授業料を稼ぎ出すのも、なかなか大変なことです。

そのままダラダラと年月が経ってしまい、高校の再入学を諦めてしまう人も多いですね。

世間からの冷たい目線

高校中退=中卒なので、偏見をもっている人もいます。

本人が素晴らしい人間でも、「中卒=何か問題がある」と決めつけられてしまうんです。

特に就職活動では、こうした冷たい世間の目を感じやすいです。

人間関係の問題

中学や高校で一緒だった友達とも、高校中退で関係が終了してしまうことも多いです。

急に周りから人がいなくなるので、孤独にさいなまれる人もいますね。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

高校中退後にするべきこと

前述のとおり、高校中退後はフリーターになるリスクが高いです。

フリーターを続けると経済的な問題から抜け出せず、老後も厳しい生活が待っています。

そうならないためにも、高校中退後にするべきことを紹介します。

早めに行動することで、人生のリスクを下げることができます。

全日制の高校にもう一度入学する

時間とお金が許すなら、全日制の高校にもう一度入学する方法があります。

つまり、普通に高校に通って、卒業する方法ですね。

ただし、年齢が気になるところです。

年下の人たちと同じ教室で学ぶのに抵抗がない人には、良い方法です。

定時制高校に通う

定時制高校に通う方法もあります。

昼間は仕事をしている人は、夜に高校に通いましょう。

定時制高校は、年齢層がバラけることが多く、通いやすいです。

ただし、大変なのは体力面ですね。

昼間の仕事を終えた後に学校に行くのは、眠気との戦いでもあります。

通信制高校に入学する

近年で主流なのは、通信制高校に通うことですね。

通学は限定的なので、普段は自宅で学習できます。

卒業すればきちんと高卒資格を得られます。

  • 仕事をしながら高校で勉強したい人
  • できるだけ人に合わずに高卒資格を取得したい人
  • 通学が困難な人

上記のような方は、通信制高校がおすすめです。

高校中退でも入学できる専門学校に進学する

高校中退でも入学できる専門学校に進学する方法もあります。

具体的には、下記のような専門学校です。

  • 調理師専門学校
  • 美容師専門学校

やりたいことと合致していれば、専門学校に進学するのもアリですね。

高卒認定を取得する【デメリットあり】

高卒と同等程度の学力を証明する資格である「高卒認定」を取得する方法もあります。

メリットは、大学や専門学校に進学できることです。高校に通わずに、大学や専門学校に進学できます。

ただしデメリットは、高卒認定は就職に弱いことです。多くの企業は「高卒資格以上」を募集していることが多く、高卒認定では応募できないのです。

高卒認定は高校を卒業していないので、高卒にならないというわけですね。

就職まで考えるなら、高卒資格を取得することをおすすめします。

正社員で働く

中卒でも就職できる正社員求人を探して、就職する方法もあります。

  • 営業職
  • IT系のエンジニア
  • 建設業

一部ですが、上記のような業界・職種は中卒でも正社員で就職できる会社もあります。

ただしデメリットは、就職先の選択肢が少ないことです。

当然ながら条件が悪い会社もあるので、選択肢の少ない中で就職するかが悩むポイントです。

起業の準備をする

起業は学歴が関係ないので、中卒の人でも稼ぐことができます。

ただし、起業にはリスクがあります。失敗すれば借金を抱えて、自己破産してしまう人もいます。

起業を目指しても良いですが、かなり覚悟が必要です。

お金がかからない起業を目指す

起業するのに多額の資金が必要だと、リスクが大きいです。

なので、起業するなら最初はお金がかからない商売にしましょう。

具体的には、下記のとおり。

  • フリーランス
  • ネットビジネス
  • Youtuber

お金がかからない起業なら、失敗して借金を負うこともあります。

ただし起業は稼げる保証がない

正社員やフリーターと違い、起業は稼げる保証がありません。1年頑張っても、1円も稼げないこともあります。

つまり、起業はかなり覚悟がいるということ。

中途半端な起業なら、しない方が良いです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

高校中退後の就職活動

前述のとおり、高校を中退した人の最終学歴は中卒なので、就職活動は難航します。

東京大学社会科学研究所の2007年の調査「若者の教育とキャリア形成に関する調査」によると、最終学歴別の就職率は下記の通りです。

高校中退後の就職活動

高卒未満、つまり高校中退者の就職状況は厳しいです。

厳しい状況に陥らないための、高校中退後の就職活動のコツを解説していきます。

高卒資格を取ってから就活を始めるのがオススメ

正直、高卒資格を取得してから就活を始めるのが一番です。

高卒資格があるだけで、就職先の選択肢はかなり広がるからです。

前述のとおり、高校中退で選べる就職先は少ないので、高卒資格の取得をおすすめします。

中卒の方の就職活動の仕方

中卒の方の就職活動の仕方は、主に下記の5つです。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 知り合いの紹介
  • 正社員登用を狙う

具体的な就職活動方法は、中卒の仕事の特徴やおすすめの職業を解説【5つの就活方法】にまとめているので、読んでみてください。

中卒でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

中卒から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 未経験の支援に特化
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC