フリーターの一人暮らしの生活費は?貯金や家賃、月収の必要額を解説!

一人暮らしを始めたフリーター

一般にフリーターは年収が少なく、安定した生活を送ることが難しいとされています。

最低賃金が値上げされていく県も多い中で、フリーターとしてアルバイトやパートで生計を立てていくことはできるのでしょうか。

今回は、フリーターでも一人暮らし生活は可能なのか?一人暮らしで生活するならどれくらいの収入があればよいのか?フリーターの一人暮らし生活はどんな生活費が必要か?について解説していきます。

目次

 

フリーターが一人暮らしで生活するには家賃や貯金を合わせて生活費がいくら必要?

フリーターが一人暮らしで生活するには家賃や貯金を合わせて生活費がいくら必要

一人暮らしに必要なお金は一般的に月20万円と言われることが多いです。

しかし、地道に節約をしていけばフリーターでも、月収15万円(手取り13万円)のお金があれば、貯金しつつも最低限の一人暮らしをすることは可能です。

具体的に、一人暮らし生活には月にどのくらいのお金がかかるのか、生活費を項目別に見ていきましょう。

家賃(5万円)

一人暮らしする場合、月の生活費の中で、最も大きな割合を占めがちなのが家賃です。

ここでは月5万円として考えていますが、家賃は地域や物件によって大きく異なるためこの金額よりも安い場合があります。

もちろん都内などの家賃が高い地域であれば、ここから更に高額になる可能性もあるため注意が必要です。

一般的に、家賃に充てるべき金額は月収の3分の1ほどが良いとされています。

食費(4万円)

食費も家賃と並んで、月に欠かせない生活費の一つです。月に4万円ですので、一食あたりの金額は飲み物も入れておよそ430円です。

外食などでは一食1000円を超えることも珍しくはありません。毎食1000円も掛けていれば食費だけで月に10万円近く飛んでいってしまうことになります。

収入の多くない一人暮らしフリーターの場合には、自炊を積極的に行うなどの工夫が必要です。

ネット等の通信費、水道、ガス、電気代(2万円)

一人暮らしで発生するインターネット代や水道、ガス、電気などの水道光熱費は合計して2万円として計算します。

節水や節電を心がけ、電気の契約アンペア数を下げるなどの工夫次第ではここから減らすことも可能です。

しかし、冬場や夏場などエアコンを使いたくなる時期には電気代が高くなりがちになり、月ごとに変動する生活費ですので余裕を持って見積もる必要があります。

税金、保険料、及び交通費(1万円)

消費税などの税金は、実家暮らしでも一人暮らしでも必ず生まれる生活費です。保険料に関しては、何らかの保険を契約していなければ不要です。

しかし元々経済的保証や収入の安定感が弱いのがフリーターですから、保険を契約しない場合にはさらにリスクが高くなります。

そのため保険を外す場合には、保険がなくても安心できるだけの収入や貯蓄があるのかをよく検討する必要があるでしょう。

交通費は生活している場所や利用する交通機関によって変動しますが、ここではすべてを合わせて1万円としています。

貯金(1万円)

働けなくなった時や、旅行に行こうとした時、高額な買い物をしようとした時には、生活費とは別に貯金したお金が必要になることもあるでしょう。

そのため月に最低でも1万円、貯金に充てるとして考えます。手取り額の1~2割を貯金するという人が多いので、手取り20万円であれば節約して2万円は貯金したいところです。

 

合計すると最低13万円のお金が一人暮らし生活に必要

以上のお金を合計すると、必要な手取りのお金は合計13万円になります。

この13万円というお金を手取りで稼ぐには、月収として15万円程度のお金が必要です。

「差額の2万円はどこに行ったの?」と言う方向けにも、次の章で「手取りのお金」と「月収」の違いについて解説します。

もしあなたの時給が1,000円であれば、月収15万円のお金を稼ぐために何時間働く必要があるでしょうか?

合計で150時間、1週間あたり35~40時間アルバイトしたら、最低限の生活費をまかなうことが出来る計算です。

しかし、この13万円はあくまで最低限必要なお金であって、まだまだ足りていない項目は多くあります。

例えば遊んだり、ゲームやタバコにお金を使ったりしたら更に1~2万円は必要でしょう。(節約する際はまずこのような娯楽費から節約する人が多いです。)

けがや病気をすれば医療費も必要ですし、一人暮らしの最低限のお金を稼げていれば生活も安心、というわけにはいかないのです。

様々な要素を加味した場合、家賃を下げたり、生活費の内いずれかを削ったりなどの工夫が必要になってきます。

 

フリーターの一人暮らし生活で見落としがちな問題点

フリーターの一人暮らし生活で見落としがちな問題点

前項で解説したように、実際に13万円のお金を手取りとしてもらうためには、月収で15万円分働く必要があります。

「稼いだ月収は、手取りのお金とイコールにはならない」のです。

実際には、この稼ぎ出した金額から所得税や住民税などの税金が差し引かれ、残った金額が手取り金として支給されます。

つまり、必要な生活費が決まっている場合には、それよりも多めに稼ぐことが必要になるのです。

それでは、その手取り金は具体的にどのくらいなのでしょうか。

月に10万円分の労働をした場合、給料の手取りはおよそ8万6000円程度になります。1万円以上が税金として引かれて行くということです。

月収が15万円の場合に、手取りが一人暮らしに必要な生活費の13万円に届きます。

20万円が月収の場合には、手取りが17万円弱となることがほとんどです。

月収20万円を稼いだ場合、月に3万円以上の金額が税金として消えていくことになります。

月の生活費を計算し、必要金額分ちょうどの労働をした場合には、この税金の落とし穴にはまってしまうことになるのです。

収入が多く、ボーナスも存在する正社員であれば、この税金が致命的な問題になることはあまりありません。

しかし収入が少ないフリーターの場合には、この税金によって更に生活が苦しくなる可能性が考えられます。

 

一人暮らしで生活し始めるのに必要な「初期費用」とは?

手取り13万円で、フリーターでも一人暮らし生活は出来ますが、一人暮らしを始めるためには更に必要な費用があるのです。

それが物件を契約する際に発生する「初期費用」です。初期費用の相場は、不動産屋によっても少しずつことありますが家賃の4~5か月分だと想定しておきましょう。

初期費用の内訳は、こちらをご覧ください。

内訳相場
敷金家賃0~1ヶ月
礼金家賃0~1ヶ月
仲介手数料家賃1ヶ月+税
前家賃家賃1ヶ月
日割り家賃日数で異なる
鍵交換費用0~15,000円
保証会社の利用料家賃50~100%
火災保険料20,000円
家具・家電0~100,000円

フリーターが一人暮らし生活する場合は、生活費をまかなう前に、まずはこの初期費用を貯めるか、親族に費用を立て替えてもらう必要があります。

少しでも初期費用を安くするために、「敷金・礼金0円」の物件を借りたり、物件の希望条件を緩くするなどの工夫が必要です。

 

フリーターの年収、一人暮らし用の家賃や貯金に使えるお金は労働時間次第

フリーターの年収、一人暮らし用の家賃や貯金に使えるお金は労働時間次第

フリーターとして生きていこうと思っても、生活費をまかなったり貯金したりする程の収入を得られなければ話になりません。

実際にフリーターをしている人の年収はどれ位なのでしょうか。また、その年収を稼ぐためにどれくらいの労働時間を使っているのでしょうか。

フリーターの年収は一般的には60万円から150万円程度

フリーターの年収は、安ければ60万円程度、高くても150万円程度の層が多くなっています。年収60万円の場合、月あたりの収入はおよそ5万円です。

月収が5万円では、家賃を払うだけで無くなってしまいます。これでは一人暮らしで生活をすることはほとんどできないと言って良いでしょう。

年収150万円だったとしても、月収に換算すると12万円強です。このくらいであれば何とか生活できる金額ではありますが、決して金銭的余裕があるとは言えず、生活費を払うのに精いっぱいで貯金は無理な状態です。

正社員と同じようにフルタイムで働いた場合には、年収180万円程度が一般的です。月あたりの金額は15万円程度でしょう。

しかし、フルタイムで働くとなると、フリーターのメリットである「自由な時間の多さ」を感じることは出来ません

フルタイムで働くとなると、決して割が良いとは言えないのです。

 

フリーターが月収20万円を得るには1日10時間働く必要がある

フリーターは、ほとんどの場合時給制の職場で働きます。正社員と違いボーナスや手当は少ないですから、働いた時間がそのまま収入となることがほとんどです。

それでは、一般的な正社員の初任給である月収20万円を得るために、1日で必要な労働時間を計算してみましょう。

新卒正社員の場合には、月収は20万円前後である職場が多くなっています。一人暮らしの生活に必要な月収もだいたいはこのくらいが相場と言われています。

時給は生活している地域や勤務先によって様々ではありますが、ここでは時給1000円と見積もりましょう。都内などの最低賃金の高い地域であれば十分に見つけることのできるレベルです。

時給1000円の仕事で20万円を稼ぎ出すためには、月に200時間の労働を行わなければなりません。

ひと月を4週間と考えた場合に、1週間あたりの労働時間は50時間になります。正社員と同じく月曜日から金曜日までの5日間働いた場合、1日10時間もの勤務が必要になるのです。

この労働時間は、正社員が定時で仕事をする週40時間、1日8時間を超える長さです。もちろん正社員でも残業をする場合はありますが、その際にはきちんと残業手当が支払われます。

しかしフリーターの場合には、毎日残業している正社員とほぼ同じ時間働いて、最低限の生活費を賄うことが精一杯なのです。

もちろん、副業や投資を行って正社員よりはるかに高額な収入を得ているフリーターもいますが、そのような人たちは相当な時間と努力を重ね、現在の悠々自適な生活を送っているのです。

このように労働時間を計算すると、フリーターはイメージよりもずっと厳しいものだという事がわかってきます。

 

フリーターで一人暮らし生活をし続けるなら、上手に節約するしかない

フリーターで一人暮らし生活をし続けるなら、上手に節約するしかない

これまで説明してきたように、フリーターでお金に余裕を持って贅沢に一人暮らしで生活することはかなり難しいです。

たまにちょっと高いご飯を食べたり、ゲームを買ったり課金したりしながら一人暮らしで生活するためには、正社員以上に働き、節約する必要があります。

ここでは、今からでも始めやすい節約方法を3つ紹介するので、生活費を浮かせる参考にしてみてください。

家計簿で毎月使ったお金を管理できるようにする

節約するために、自分が何にお金を使っているのかしっかり理解することが大切です。

家計簿をつけて、何にどれくらいのお金を使っているのかを記録することが、節約のスタートです。

生活の中で「何を」「どこで買い」「どれくらい」お金を払ったかを見られるようにしておくと、無駄な出費や生活費に気付くことができ、お金の浪費にブレーキをかけることができます。

最近では、家計簿がつけられるスマホアプリも多いので、手軽に始めることができます。節約して無駄遣いを減らせば、浮いたお金を貯金や趣味、生活費にまわせます。

固定費を抑える

家賃やスマホ代など、月々かかるお金が決まっている費用を固定費と言います。この固定費を見直すことは、お金の節約に非常に効果的です。

月収15万円の場合、家賃相場は5万円ほどですが、家賃を4万円以下に抑えれば、月々1万円、生活費を増やせます。

スマホ代に関しては、格安SIMを活用したら5,000~10,000円ほど安くなる場合があります。

もしかしたら不要なオプションを契約しているかもしれないので、有料オプションを解約するために、スマホや携帯電話を買ったショップに相談するのも有効です。

自炊する

もし、食事のほとんどが外食だったりコンビニのご飯である場合は、自炊することで食費を大きく削ることが出来ます。

1袋20円程度のモヤシや、100g70円の鶏胸肉を買って自炊したら、1食に使うお金を200円程度に抑えることが出来ます。

自炊生活は根気が必要ですが、フリーターで稼げるお金で一人暮らし生活をしたいなら、頑張って節約自炊を継続していきましょう。

 

 

フリーターで年収は増えない!一人暮らしでの生活以前に正社員就職も難しくなる

正社員の場合、年功賃金が採用されている企業が多くなっています。年功賃金とは会社に長く勤務すればするほど、給料が自然に上がっていくシステムのことを言います。

年収が安定するため将来の生活の設計は立てやすく、支出のスタイルを変えなければ自然と貯金が増えていくのです。

年功賃金が採用されていなくても、企業に長年勤めることで、行った業務は経験やスキルとして蓄積されます。

そのスキルや経験を活かして、給料の高い職場へ転職したりなどと、将来に向けて様々な選択肢を取ることが可能です。

しかしフリーターにおいては、ほとんどの場合給料は変わりません。最低賃金の職場で働いていれば、最低賃金の引き上げによって給料が上がることもありますが、正社員と比べればその割合は微々たるものです。

収入が安定せず、大きく増える事も無いため、将来の生活設計を立てることが難しくなってきます。

 

正社員とフリーターでは年収に2~3倍の差が開く

具体的なデータから、正社員とフリーターの年収にどのくらいの差が開いてくるのかを見てみましょう。

総務省統計局が行った調査では、高卒フリーターの平均年収は、20~24歳で125万円程度です。

同年代での正社員の平均年収は263万円ほどとなっており、この時点で既に2倍以上の差が開いているのがわかります。

しかしここで重要なのはこの後の変化です。

30~34歳になると、正社員の場合では平均年収が351万円まで上昇します。対してフリーターの方はというと、147万円でたった20万円強しか増加しません。その差は200万円を超えました。

しかも、フリーターの賃金は実質的には上がっていません。なぜなら、平均年収は20歳の頃と比べて上昇していますが、それに比例して労働時間も増加しているからです。時給が良くなったのでは無く、単に働く時間が増えているだけなのです。

200万円の差が生まれるということは、月収にして16万円以上の差が付くということです。当然、生活水準も大きく差が付きます。

更に10年経過して40~44歳まで行くと、正社員の平均年収は453万円にまで上がります。

年功賃金によって、正社員は20歳の頃と比べて200万円近くも年収が増えていることがわかります。

しかし、フリーターでは149万円とほぼ変わっていません。むしろ、35~39歳の平均である157万円から、逆に下がってしまっているほどです。

この原因としては、年齢による体力の低下が挙げられます。労働時間が収入に直結するフリーター生活において、体力の低下はそのまま年収の低下につながるのです。

正社員ではこのようなことは無く、順調に平均年収が上がっていっています。最初は2倍だった年収の格差は、40代に入ると3倍にまで広がるのです。

 

フリーターでは、将来に向けた知識や経験がつかない

さらに重要な点として、フリーターには経験や知識が蓄積されづらいという部分があります。

正社員と違い、フリーターが行うアルバイトやパートの業務は、専門的な知識や技術が必要ないものがほとんどです。

単純であったり、楽であったりと言った利点はあるかもしれませんが、その反面、これは知識や技術が蓄積されないということにも繋がります。

就職や転職で高年収を目指す場合には、何かしらの特別な知識やスキル、経験を持つ事が必須になる場合も多くあります。

つまりフリーターで生活をし続けるということは、将来的に高年収で安定した職業に就ける可能性を、自ら潰していくということになりかねません。

何かしらの目標を持って、専門的な勉強をするなどしない場合、将来の就職が難しくなる可能性があります。

フリーターの生活に甘んじ続けた場合、いずれは年齢も高くなってきます。一般的に企業への就職は年齢が高くなればなるほど難しく、さらにそれまでの期間フリーターとしての勤務経験しかないとなればなおさらです。

フリーターとして生活していくことは、金銭的な面だけでなく、就職や転職の面においても、将来厳しくなってしまう可能性が高まることを覚えておく必要があるでしょう。

 

余裕ある一人暮らし生活や将来を考えるなら、正社員就職を検討したい

フリーター生活というものは、正社員に比べて時間の融通が効き、責任も少ない場合がほとんどです。

ですから自由で、気楽で、それに甘んじていたくなる人が多いというのも、一つの事実ではあります。

しかし、これまで述べてきたとおり、フリーターは様々な面において、先が見えない働き方とも言えます。

20代でフリーターをしているうちは問題無いかもしれませんが、30代にもなれば、正社員とフリーターには年収や生活水準、社会的地位に差が出てきます。

結婚して家庭を持つのにも、安定した収入のある正社員が多くの場合有利です。現在ではなく、5年後10年後の未来の生活について考えた時に、フリーターでは不安が拭えないのが現実と言えます。

将来の生活に向けて貯蓄を作ったり、経験を積んだりといった準備を進めるためにも、一度は就職を考えておきたいものです。

 

ジェイックのサービスについて

<< 就職成功率80.3% >>
ジェイックのサービスを詳しく知りたい方はこちら

カンタン
無料

就職希望地 必須
氏名 必須
フリガナ 必須
性別 必須
生年月日 必須
お住まいの都道府県 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須

※携帯へのメールが受信できない方はPCアドレスをご入力ください。

現在のご状況 必須

【サービス利用規約】

当規約は、株式会社ジェイックの就職・転職支援サービスへの申し込み、及び利用についての注意事項などが定めてあります。 就職・転職支援サービスのご利用にあたっては、下記についてご承諾の上でお申し込みいただきますようお願いいたします。

【就職・転職支援サービスの範囲】
就職・転職支援サービスとは、株式会社ジェイックが提供する、セミナー、コンサルティング、求人情報、および当サイトに付随する機能を指します。 (以下、本サービスという) また本サービスを提供するにあたり、利用者に対しe-mail、郵便、電話等によって各種連絡を行います。 また、就職・転職支援サービスにご登録頂いた方には、弊社が発行する「就職・転職に役立つ情報」をメールマガジンや郵送にて、 随時ご案内させて頂いております。

【利用の申し込み、申し込みの審査】
サービス利用の申し込みについては、当サイト内での案内、および所定の方法に沿って、利用者本人が申し込みを行うものとします。 所定の審査により、本サービスの利用が不適当と判断した場合には、その申込みを拒否することができるものとし、 また判断に対する質問等への回答の義務は負いません。

【申し込み内容の変更、削除、サービス利用の中止】
申し込み時の個人情報、及び付随する内容について変更が生じた場合には、速やかにその旨ご連絡ください。 また理由の如何を問わず、申込者本人からの申し出によってサービス利用の中止、及び申し込みの取り消し(削除)を行うことができます。

【個人情報の取り扱い】
個人情報の収集と利用目的 1)説明会やセミナーをご利用頂くための個人を識別します。 2)お申込みいただいた資料をご提供します。 3)お問い合わせの内容に関して、必要事項をご連絡します。 4)メルマガにて企業情報、その他の情報をご提供します。 5)プレゼント(アンケートに付随するものを含む)サービスを提供するための個人を識別します。 6)ジェイックが提供するサービスの向上を目的としたご登録者のユーザプロファイルの集計とその結果を分析します。 (※この際には、集計結果の統計情報のみの利用となりますので、個人を特定のできるデータを第三者機関へ公表することは一切ございません。)

第三者に対する個人情報の提供について ・ご本人から事前の明示的な同意・承諾があった場合 ・法令などにより開示が要求された場合

お預かりした個人情報は、円滑なサービスを提供するために一定の個人情報管理基準を満たした企業に預託する場合があります。 個人情報の提供はあくまで任意のものですが、情報を提供いただけなかった場合は、当社が提供するサービスがご利用になれないことがあります。 個人情報の開示・訂正・削除について ご本人から個人情報の開示・訂正・削除等の要請があった場合は、所定の手続きを経て速やかに対応いたします。下記までご連絡下さい。

当社の個人情報の管理者及び連絡先 株式会社ジェイック  管理部 山本 太 TEL:03-5282-7581 FAX:03-5282-7607 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル 7階

【サービス内容の変更、一時停止】
以下のいずれかに該当する事由が発生した場合、利用者への事前の通知をすることなく、本サービス内容の変更、または一時停止をおこなう場合があります。

本サービスのためのシステム(以下、システム)の定期保守、更新ならびに緊急の場合。 通常講ずるべき対策では防止できない突発的なシステムの故障、被害、火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供が困難な場合。 その他、不測の事態により本サービスの提供が困難と判断した場合。

【サービスの中止、終了】
1ヶ月以上の猶予を持って利用者に告知することにより、その理由の如何を問わず本サービスを中止、または終了する場合があります。

【利用者の禁止事項】
本サービスの利用者は、利用の申し込み及びその後の利用において以下の行為を行わないものとします。

申し込みの際や、その後の変更事項として虚偽の情報を登録、または申告する行為。 他の利用者、または第三者の著作権、商標権、肖像権、その他知的所有権等の権利や、財産、名誉、プライバシーを侵害する行為。 本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版、その他私的利用の範囲を超えて使用する行為。 本サービスを利用しての営利目的の情報提供活動行為および営業活動行為。 本サービスの運営を妨げる行為、または株式会社ジェイックの信用を毀損し、もしくは財産を侵害する行為。

【利用者の除名】
株式会社ジェイックは、本サービス利用者が利用者の禁止事項に違反したと判断した場合、 またはその他の事由により不適切と判断した場合に利用者を除名することができます。

【免責事項】
本サービスの利用は申込者自身の責任において行うものとし、本サービスを利用することによって生じた損害について、 株式会社ジェイックは責任を負いかねます。

【知的財産権の取扱い】
本サービスに関する知的財産権・著作権などの権利は株式会社ジェイックまたはその情報提供者に帰属します。

【本規約の改定】
株式会社ジェイックは、利用者の承諾を得ることなく本規約を改定する場合があります。

プライバシーマーク 10861257(04)

株式会社ジェイックは
プライバシーマークを取得しています。

プライバシーポリシーについて

経歴別お役立ち情報

  • 既卒の就活

    既卒について

    既卒とは大学や大学院、短大や専門学校を卒業後の1~3年間程度、正社員としての社会経験が無い就職活動中の方を指します。

    続きはこちら

  • 第二新卒の就活

    第二新卒について

    高校・専門学校・短大・大学などの学校を卒業(もしくは中退)して就職後、2~3年で離職し、再就職を希望している方を指します。

    続きはこちら

  • 大学中退の就活

    大学中退について

    大学中退を経て、正社員での就職を考えるとき、就職活動はどのように行うべきでしょうか?

    続きはこちら

  • フリーターの就活

    フリーターについて

    フリーターの就活に特化した情報を配信するカテゴリです。就職支援のジェイックが培ってきたノウハウも公開しています。

    続きはこちら

  • 新卒の就活

    新卒について

    新卒の就職活動に役立つ情報を配信するカテゴリです。

    続きはこちら

  • ニートの就活

    ニートについて

    ニートになった方々の事情は千差万別。いざ本気でニートを脱出しようとしたとき、どんな支援が受けられるのでしょうか。知っておいて損はありません。

    続きはこちら

  • 就活ガイドの就活

    就活ガイドについて

    ここでは履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策など就活に役立つ情報を提供します。

    続きはこちら

電話でのお問い合わせ

  • 東京 0120-417-604
  • 横浜 0120-458-773
  • 名古屋 0120-936-566
  • 大阪 0120-992-849
  • 福岡 092-452-7636
女子カレッジ直通 03-6911-4780
フリーダイヤル
平日9:00~19:00 土日・祝休み
※福岡と女子カレッジは通常ダイヤルです。

お電話でのお問い合わせ

ご質問やご相談、
不安なことがありましたらお気軽にご相談ください!