たくさん稼ぎたいけど!フリーターが130万円以上稼ぐと損をする?

たくさん稼ぎたいけど!フリーターが130万円以上稼ぐと損をする?

フリーターが働くときに知っておきたいのは、たくさん稼いだはずが損をしてしまうケースがあるということです。

親の扶養に入っているフリーターは一定以上稼いでしまうと、控除から外れ、結果的に損をすることがあります。

今回は、損をしないために知っておきたい扶養控除の内容やフリーターの収入の壁について解説します。

フリーターの収入の壁について知っておこう

フリーターの収入の壁は年収103万円、130万円、140万円だといわれています。年収が103万円を超えてしまうと、扶養控除を受けられなくなり所得税を課されることになります。

扶養控除を受けられる条件は決まっており、合計所得金額は38万円以下、給与収入は103万円以下となっています。

給与収入とは、税金や社会保険料などを引かれる前の金額のことです。

給与収入から必要経費を差し引いたものが所得ですが、パートやアルバイト、会社員など会社に勤める人は自営業とは違って、必要経費を明確にすることが難しいです。

なので必要経費の部分は、給与所得控除という形で一定金額差し引くことができるようになっています。

給与収入が103万円の場合、給与所得控除は最低金額の65万円です。

この65万円の部分には所得税がかからないほか、給与をもらっているすべての人が受けられる基礎控除も適用されます。

基礎控除は38万円で、合計所得金額が38万円ならかかる税金の金額はゼロになります。

給与所得控除65万円と基礎控除38万円を合わせた金額が103万円で、103万円を超えなければ所得税はかからないということです。

給与所得控除は給与が180万円以下のときには、一律で40%を給与にかけた金額で算出されます。

扶養親族が年金受給者の場合、控除額の計算の仕方が変わってきます。

年金は給与ではなく雑所得に分類されるため、呼び方も公的年金等控除になります。

控除額は65歳未満か65歳以上かで変わり、65歳未満は70万円、65歳以上は120万円の金額を控除することが可能です。

公的年金等の収入金額から控除額を引いた金額が、公的年金等の所得金額となります。

65歳未満であれば年間の収入が108万円以内、65歳以上であれば158万円以内が扶養親族の条件です。

同じ扶養控除でも、給与の場合と公的年金等の収入の場合では扶養の条件を満たす金額が違っています。

ほかにも似た制度で配偶者控除がありますが、フリーターの収入の壁は103万円と130万円だということを覚えておくと便利です。

収入の壁を知らずに頑張って残業をしたり、シフトを増やして働いていると、稼いでいたつもりが103万円の壁を超えて所得税が課され、手取りが減ってしまうということも考えられます。

稼いだ分得するはずが結果的に損をすることにもなりかねないので、自分が今月いくら稼いだか、残りの月でボーダーに引っかからずあとどのくらい稼げるのかを頭に入れておくのがベストです。

130万円以上稼ぐとどうなるの?

成人になると国民年金を払う必要があり、病院にかかる際には健康保険にも入っておく必要があります。

国民年金や健康保険料は扶養に入っていれば扶養している親などの負担となり被扶養者に負担がかかることはありませんが、年間収入が130万円を超えると扶養控除の対象から外れてしまいます。

まずはフリーターが働く際に知っておきたい扶養控除の条件について、詳しく解説します。扶養控除の対象となるのは、配偶者以外の親族で6親等内の血族および3親等内の姻族です。

ほかにも同一生計であること、年間収入が130万円以下といった条件があります。

0親等は扶養している本人とその配偶者で、1親等は本人と配偶者の父母や子供、2親等は祖父母や兄弟、孫を指します。

3親等は曾祖父母や叔父叔母、甥姪となっており、かなり広い範囲の親族を扶養控除の対象とすることができます。

同一生計であることというのは、簡単にいうと同居しているかどうかです。扶養に入るには基本的に同居していることが条件となりますが、同居の必要がない親族もいます。

子や孫、兄弟などは同居している必要がなく、そのほかの親族は同居している必要があります。

子の場合、進学などで離れて暮らすこともあるので、必ず同居していなければならないとなると不便にもなることもあるからです。

扶養に入ることによるメリットは、保険料を負担することなく健康保険証をもらうことができる点です。

扶養者が入っている健康保険組合の規定によっては、被扶養者が健康診断を受けられることもあります。

インフルエンザが流行する時期の前には、健康保険に入っている人は予防接種の料金の補助を受けられることがあります。

被扶養者が予防接種を受けるときも、補助の対象になることが健康保険組合の規定によっては可能です。

扶養に入ることによって社会保険料を節約することができますが、年間の収入が130万円を少しでも超えると自分で支払わなくてはならず、負担が大きくなる可能性があります。

また扶養している人は、扶養控除によって年末調整のときに還付される税金がありますが、130万円を超えると還付される税金もなくなってしまいます。

少しだけ超えてしまって、社会保険料を支払わなければならなくなってしまったというのが、もっとも損をするパターンの一つです。

損をせず扶養内で働きたいフリーターは、130万円の壁を意識しながら稼ぐのがベストです。

だいたいの場合は手続きの関係などで、会社側からこのまま働くと130万円超えてしまいますよといったお知らせがきます。

上司との面談や人事部との面談などで、社会保険に入るかどうか相談する機会が設けられることもあります。

そうなったときに扶養内で働きたいことを相談するか、あるいはもっと前に相談しておくといいでしょう。

忙しくて人手が足りないといったような職場では、扶養のことも忘れられてしまう可能性があります。自分でしっかりと意識して、職場の上司や担当者へ事前に相談しておくと安心です。

フリーターが働く時に知っておきたいこと

フリーターとして働く際には、労働スタイルに合わせて収入をコントロールすることが大切なポイントです。

社会保険料を払わずに節約したい人は、年間の収入を130万円に抑えた労働スタイルにしましょう。

年間収入130万円は、月収にするとだいたい10万8,000円ほどです。時給1,000円なら1日5時間程度で、月20日ほどの勤務が目安になります。

所得税もなるべくなら節約したいと思う人は、年間収入103万円以下に抑えて働くのがベストです。

103万円は月収にすると約8万5,000円で、時給1,000円なら1日4時間、月20日程度の労働スタイルが目安となります。

所得税や社会保険料などの負担がかかっても稼ぎたい場合は、年間収入141万円を目指すほうがいいでしょう。

年間収入141万円は、月収にすると11万7,500円ほどになります。

社会保険料を支払わなければならない場合、稼ぐなら130万円をちょっと超えた程度よりも、141万円を超えるほうがいい場合もあります。

年間収入141万円も、実は扶養控除の壁の一つだといわれていました。

141万円というのは扶養親族ではなく、専業主婦やパートをしている主婦など、配偶者に適用される配偶者特別控除の壁です。

配偶者控除は合計所得金額が38万円以下、年間収入が103万円以下の配偶者に適用されます。

扶養控除と似ていますが、配偶者控除には段階的に税金の負担がかかっていく配偶者特別控除という制度があります。

扶養控除の場合、103万円を超えるといきなり税金の負担がかかりますが、配偶者特別控除は年間収入141万円まで徐々に税金の負担がかかるイメージです。

配偶者の場合は、この141万円の壁を超えてしまうと配偶者特別控除が受けられなくなってしまいます。

そのため扶養控除の壁の一つとして、141万円の壁という言葉もよく使われていました。配偶者控除は2018年に改正され、年間収入103万円から150万円に引き上げられました。

それに伴って配偶者特別控除も、年間収入141万円から201万円に引き上げられています。

女性の社会進出が多くなり、働きたい主婦がもっと働けるようにとの考慮から、配偶者控除は見直されることとなりました。

改正される前の配偶者控除は扶養控除と年間収入の金額は一致しており、制度自体も似ていることからよくこの2つは同じものだとして認識する人もいます。

似たようなところがありますが、配偶者控除と扶養控除は異なる制度です。

配偶者控除が改正されたので、扶養控除も改正されると誤解してしまわないように注意する必要があります。

配偶者と扶養親族では立場が異なるため、扶養控除も同じように改正されることはないといわれています。

フリーターが働くときに知っておきたいことをまとめると、自分の収入をどのくらいにするか決めて、扶養控除を意識した労働スタイルを選択することが重要です。

103万円の壁、130万円の壁といったフリーターの収入の壁とそう呼ばれる理由を知っておくことも、もう一つの重要なポイントです。

稼ぎたい場合は141万円以上を目指すなど労働スタイルを決めておきましょう。配偶者控除と間違えやすいですが、2つは違うものとして認識しておくことも大切です。

就職をすると収入の壁はなくなる!

税金や社会保険料のことを考えると、扶養控除の壁を意識して働く必要があります。

なかには103万円以内や130万円以内など収入を意識して働くよりも、扶養控除から外れてもいいからもっと稼ぎたいと考える人もいるはずです。

フリーターとして少ない収入から税金や社会保険料を引かれて生活するよりも、正社員として働いた方がいいこともあります。

正社員になるメリットとしてあげられるのは、扶養控除の壁を意識せずに働くことができることです。もっと働いて稼ぎたいのに、稼ぎすぎると税金や社会保険料で損をするという心配がなくなります。

正社員になれば年収を増やしていくことも可能ですし、自動的に社会保険に加入することになります。

アルバイトやパート、契約社員などは、ほとんどの場合雇用期間が決められています。

勤務態度や会社の経営状態などに問題がなければ、1年単位で更新されるパターンが多いでしょう。

ですが会社の経営状態によっては、突然契約を更新できないといった状況に陥ることも考えられます。

正社員は期間の定めがない雇用なので、そういった状況にも強いのがメリットです。また正社員になると、昇給や昇格の機会もあります。

アルバイトやパートの場合、昇給や昇格制度を設けているところもありますが、昇給してもわずかでしかないことがほとんどです。

昇給制度自体がないといったところも少なくないでしょう。そういった制度があると、働くモチベーションにも繋がります。

正社員のメリットとして一番大きいのは、ボーナスや退職金が支払われることです。

ボーナスはだいたい年に2回、夏と冬に支給され、月収の2倍以上の金額が支払われることもあります。

年に2回大きな収入が入ることはアルバイトやパートではほとんどありません。正社員として勤めると、退職するときには退職金が支払われます。

一般的には定年退職の際に受け取る人が多く、退職金は勤めた期間によって決められています。

長く勤めるほどもらえる退職金も多くなるので、正社員として働けば老後も退職金である程度安心した生活を送ることができそうです。

ほかにも、会社の福利厚生などの恩恵を受けられるといったメリットがあります。

会社ごとに用意された福利厚生はさまざまで、安く住める社宅を用意しているところもあれば、食事代を支給してくれる会社も存在します。

正社員になることで得られるメリットは多くありますが、そもそも正社員になること自体が大変だといわれています。

会社も正社員として雇用する場合、それなりに費用がかかりますし、会社に貢献してくれる人材を厳しく選ぶことが多いです。

フリーターから正社員を目指すのは簡単ではなく、一人ではどうしたらいいのかわからないこともあるでしょう。

そんなときは転職エージェントを頼ってみるのも、一つの方法です。

転職エージェントは希望する求人の紹介や、正社員を目指す上で生じるさまざまな疑問など、転職に関する相談に応じてくれます。

一人では踏み出せなかった正社員への一歩も、踏み出すことができるかもしれません。

カンタン
無料

就職希望地 必須
氏名 必須
フリガナ 必須
生年月日 必須
お住まいの都道府県 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須

※携帯へのメールが受信できない方はPCアドレスをご入力ください。

現在のご状況 必須

【サービス利用規約】

当規約は、株式会社ジェイックの就職・転職支援サービスへの申し込み、及び利用についての注意事項などが定めてあります。 就職・転職支援サービスのご利用にあたっては、下記についてご承諾の上でお申し込みいただきますようお願いいたします。

【就職・転職支援サービスの範囲】
就職・転職支援サービスとは、株式会社ジェイックが提供する、セミナー、コンサルティング、求人情報、および当サイトに付随する機能を指します。 (以下、本サービスという) また本サービスを提供するにあたり、利用者に対しe-mail、郵便、電話等によって各種連絡を行います。 また、就職・転職支援サービスにご登録頂いた方には、弊社が発行する「就職・転職に役立つ情報」をメールマガジンや郵送にて、 随時ご案内させて頂いております。

【利用の申し込み、申し込みの審査】
サービス利用の申し込みについては、当サイト内での案内、および所定の方法に沿って、利用者本人が申し込みを行うものとします。 所定の審査により、本サービスの利用が不適当と判断した場合には、その申込みを拒否することができるものとし、 また判断に対する質問等への回答の義務は負いません。

【申し込み内容の変更、削除、サービス利用の中止】
申し込み時の個人情報、及び付随する内容について変更が生じた場合には、速やかにその旨ご連絡ください。 また理由の如何を問わず、申込者本人からの申し出によってサービス利用の中止、及び申し込みの取り消し(削除)を行うことができます。

【個人情報の取り扱い】
個人情報の収集と利用目的 1)説明会やセミナーをご利用頂くための個人を識別します。 2)お申込みいただいた資料をご提供します。 3)お問い合わせの内容に関して、必要事項をご連絡します。 4)メルマガにて企業情報、その他の情報をご提供します。 5)プレゼント(アンケートに付随するものを含む)サービスを提供するための個人を識別します。 6)ジェイックが提供するサービスの向上を目的としたご登録者のユーザプロファイルの集計とその結果を分析します。 (※この際には、集計結果の統計情報のみの利用となりますので、個人を特定のできるデータを第三者機関へ公表することは一切ございません。)

第三者に対する個人情報の提供について ・ご本人から事前の明示的な同意・承諾があった場合 ・法令などにより開示が要求された場合

お預かりした個人情報は、円滑なサービスを提供するために一定の個人情報管理基準を満たした企業に預託する場合があります。 個人情報の提供はあくまで任意のものですが、情報を提供いただけなかった場合は、当社が提供するサービスがご利用になれないことがあります。 個人情報の開示・訂正・削除について ご本人から個人情報の開示・訂正・削除等の要請があった場合は、所定の手続きを経て速やかに対応いたします。下記までご連絡下さい。

当社の個人情報の管理者及び連絡先 株式会社ジェイック  管理部 谷中 拓生 TEL:03-5282-7600 FAX:03-5282-7607 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル 7階

【サービス内容の変更、一時停止】
以下のいずれかに該当する事由が発生した場合、利用者への事前の通知をすることなく、本サービス内容の変更、または一時停止をおこなう場合があります。

本サービスのためのシステム(以下、システム)の定期保守、更新ならびに緊急の場合。 通常講ずるべき対策では防止できない突発的なシステムの故障、被害、火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供が困難な場合。 その他、不測の事態により本サービスの提供が困難と判断した場合。

【サービスの中止、終了】
1ヶ月以上の猶予を持って利用者に告知することにより、その理由の如何を問わず本サービスを中止、または終了する場合があります。

【利用者の禁止事項】
本サービスの利用者は、利用の申し込み及びその後の利用において以下の行為を行わないものとします。

申し込みの際や、その後の変更事項として虚偽の情報を登録、または申告する行為。 他の利用者、または第三者の著作権、商標権、肖像権、その他知的所有権等の権利や、財産、名誉、プライバシーを侵害する行為。 本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版、その他私的利用の範囲を超えて使用する行為。 本サービスを利用しての営利目的の情報提供活動行為および営業活動行為。 本サービスの運営を妨げる行為、または株式会社ジェイックの信用を毀損し、もしくは財産を侵害する行為。

【利用者の除名】
株式会社ジェイックは、本サービス利用者が利用者の禁止事項に違反したと判断した場合、 またはその他の事由により不適切と判断した場合に利用者を除名することができます。

【免責事項】
本サービスの利用は申込者自身の責任において行うものとし、本サービスを利用することによって生じた損害について、 株式会社ジェイックは責任を負いかねます。

【知的財産権の取扱い】
本サービスに関する知的財産権・著作権などの権利は株式会社ジェイックまたはその情報提供者に帰属します。

【本規約の改定】
株式会社ジェイックは、利用者の承諾を得ることなく本規約を改定する場合があります。

プライバシーマーク 10861257(04)

株式会社ジェイックは
プライバシーマークを取得しています。

プライバシーポリシーについて

経歴別お役立ち情報

  • 既卒の就活

    既卒について

    既卒とは大学や大学院、短大や専門学校を卒業後の1~3年間程度、正社員としての社会経験が無い就職活動中の方を指します。

    続きはこちら

  • 第二新卒の就活

    第二新卒について

    高校・専門学校・短大・大学などの学校を卒業(もしくは中退)して就職後、2~3年で離職し、再就職を希望している方を指します。

    続きはこちら

  • 大学中退の就活

    大学中退について

    大学中退を経て、正社員での就職を考えるとき、就職活動はどのように行うべきでしょうか?

    続きはこちら

  • フリーターの就活

    フリーターについて

    フリーターの就活に特化した情報を配信するカテゴリです。就職支援のジェイックが培ってきたノウハウも公開しています。

    続きはこちら

  • 新卒の就活

    新卒について

    新卒の就職活動に役立つ情報を配信するカテゴリです。

    続きはこちら

  • ニートの就活

    ニートについて

    ニートになった方々の事情は千差万別。いざ本気でニートを脱出しようとしたとき、どんな支援が受けられるのでしょうか。知っておいて損はありません。

    続きはこちら

  • 就活ガイドの就活

    就活ガイドについて

    ここでは履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策など就活に役立つ情報を提供します。

    続きはこちら

電話でのお問い合わせ

  • 東京 0120-417-604
  • 横浜 0120-458-773
  • 名古屋 0120-936-566
  • 大阪 0120-992-849
  • 福岡 092-452-7636
女子カレッジ直通 03-6911-4780
フリーダイヤル
平日9:00~18:00 土日・祝休み
※福岡と女子カレッジは通常ダイヤルです。

お電話でのお問い合わせ

ご質問やご相談、
不安なことがありましたらお気軽にご相談ください!