大学中退したら年収って下がるの?正社員の年収と比較してみた

大学中退したら年収って下がるの?正社員の年収と比較してみた

様々な事情があって大学中退を決めたという場合、気になるのはこれからのことです。もし大学中退の場合には、正社員で就職したとしたときには、賃金はどうなるのでしょうか。
大学中退でも、大学卒業者と同じ年収を手に入れることはできるのでしょうか。
気になる大学中退者と大学卒業者の年収を比較してみました。

 

学歴によって賃金差は大きい

学歴によって、収入に差があることは、世間一般の常識で意識されているかと思います。しかし、実際にはどのくらいの差があるのでしょうか?厚生労働省が2016年に行った調査では以下の結果が出ています。

学歴別平均月収

学歴別平均月収

参考:厚生労働省

大学・大学院卒の男性の場合、月の賃金の平均は男性で39万9700円、女性で28万8700円となっています。これに対して、高専や短大卒の場合では、男性が30万6000円、女性が25万5600円、高卒の場合では、男性が28万8100円、女性は20万8300円です。

このように大学・大学院卒と高卒では、男性の場合、賃金に10万円以上の差が生まれてしまいます。
それでは大学中退と比べた場合はどうなのでしょうか。

「大学中退」ではなく「高卒」扱い

実は、厚生労働省の調査では「大学中退」「高校中退」という区別は行われていません。調査に際しては、あくまでも入社において申告した学歴が基準となっています。つまり、大学中退であっても、公式な最終学歴である「高校卒業」と判断されています。
また大学中退の場合、就職活動のほとんどの場合、中退した大学のことは考慮されず、「高卒」とひとくくりにされてしまいます。そのため、大学中退といえども、実際は高卒の扱いとして給与が決められます。

仮に中退したのが、東大といった有名大学や、海外の一流大学であれば、中退した大学の学歴を考慮されることもありますが、多くの大学中退者は「高卒」とくくられてしまうため、どうしても大卒よりも賃金は低くなってしまうでしょう。

 

生涯賃金ではどのぐらいの差が出る?

これまではひと月の給与に関してみてきましたが、それでは学歴によって一生のトータル収入である生涯賃金にはどのような差が生まれるのでしょうか。

5,000万円以上の差が出る

労働政策研究研修機構の調査である「ユースフル労働統計 2014」によれば、以下のような結果が出ています。

学歴別平均年収

学歴別平均年収

参考:労働政策研究研修機構

大学・大学院卒の場合、男性の生涯賃金は2億5440万円、女性が1億9,750万円、高専・短大卒では男性が2億370万円、女性が1億5800万円、高卒では男性が1億9240万円、女性1億2550万円

仮に大学中退の男性が高卒として就職した場合、大学や大学院を卒業した人との間には、生涯で5000万円以上の賃金の格差が生まれるということになります。

退職金を計算に入れると更に差が広がる

しかし実際には、高卒と大卒・大学院卒との間には、これ以上の賃金差が生まれます。というのも、この調査では退職金が考慮されていないためです。もしも大企業など、きちんと勤続年数や、退職時の役職に応じた退職金が支給される会社の場合、この差はさらに拡大することとなります。

また、大学中退の場合、新卒での採用ではなく中途採用として扱われるため、勤続年数でいえば、新卒で入社して定年まで勤めた人に比べて短い傾向があります。さらに入社までフリーターなどの期間が合った大学中退者はどうしても正社員として働く年数が短くなってしまうため、退職金の金額も少なく、生涯賃金はさらに低下してしまいます。

大学中退は職種や業種も限られる

さらに、この統計では全業種の平均が算出されていますが、大学中退者の場合、大卒資格が必要だったり、四年制大学の卒業が受験資格となっている国家試験などを受けたりといったができないため、入社できる業界や職種が限られるという問題もあります。

大卒資格が必要な会社もある

たとえば、教育分野などでは、四大卒の学歴や教員免許の所持などが入社の条件になっている会社もあります。しかし、大学中退の場合、教員免許の取得も困難なため、これらの企業では入社の面接を受けることすらできません。

中退者を採用する会社は賃金が低い会社が多い

一方、入社時の経験や資格の不要なことが多いサービスや飲食といった業界では、大学中退でも正社員としての採用機会は増えます。しかし、これらの職種は全業種の中でも、比較的賃金が低く、勤続年数や経験による賃金の上昇もゆるやかです。

大学中退者は大学卒業者に比べると、どうしても低賃金で働かなくてはならないということになります。

 

大学中退者が高い収入を得るには

それでは、大学中退してしまうと、一生低賃金で我慢して働かなければならないのでしょうか。

実はそうではありません。大学中退であっても、高い賃金を手に入れる可能性は十分にあります。

採用する企業が中退者の採用を活発に行うように

その理由のひとつは、採用側の意識の変化です。
これまで、大学中退は「高卒」と同じくくりにされていましたが、近年の少子化や求人状況による売り手市場、人手不足などによって、企業側は大学中退した人の中にも有能な人材がいることに注目するようになりました。

そのため、大学中退であっても、すぐに「高卒」と同じくくりにすることなく、ある程度賃金に差をつけて採用するというケースも珍しくなくなっています。

給与体系は要チェック

大学卒業者よりも賃金は少なくなりますが、高卒に比べると高くなるため、以前のような大きな賃金の格差は生まれないということになります。
このようなケースもあるため、大学中退の人が正社員として入社するときには、自分の給与がどのような扱いになるのか、しっかり確認しておく必要があります。

転職によって収入をアップすることも

しかし、大学中退として認められても、大卒者よりも賃金は安くなります。これはあきらめるしかないのでしょうか?
実は、ここでもそうだとは言い切れません。
大学中退者が最初に正社員として就職した会社が、高卒扱いの賃金しか与えないと言う場合には、スキルや経験を身につけ、転職によって給与をアップさせていくという方法があります。

特にITの分野や技術職などでは、学歴よりも実績や能力、アイデアなどが評価される傾向にあります。また、最初に大企業に就職した人の場合、転職先がどうしても中小企業になりがちなことに比べ、中小の企業で技術や経験を磨いてきた人の場合、大企業からのヘッドハンティングや引き抜きが行われる可能性も高くなります。
そのため、最初は納得できなくても、まず入社した会社で技術や経験、知識を学び、人脈を広げていけば、やがては同世代の大卒よりもはるかに高い収入を得ることもまったく不可能ではありません。

 

おわりに

現実的に見て、大学中退の場合、大学卒業者よりもどうしても最初の収入は劣ることが少なくありません。しかし、そこで終わりというわけではなく、努力によって収入をアップさせることは十分に可能です。
一生同じ会社で働くのではなく、転職によってキャリアをアップさせていくのはもはや常識。そういう時代だからこそ、大学中退でも高い収入を手に入れるチャンスは残っているのです。

大学中退でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

大学中退からの就職は、
就職成功率91.5%
セカンドカレッジにおまかせ!
大学中退者を専門にした
就職支援で、
利用者の内定率は91.5%
驚異の高さ!

中退カレッジの特徴
  • 大学中退者を専門にした就活講座
  • 内定率91.5%の面接対策
  • 94.3%の利用者が長く働けている

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから