大学中退理由を就職面接でどう説明するか?中退を強みに変える方法

大学中退理由を就職面接でどう説明するか?中退を強みに変える方法

大学中退理由を正社員就活の面接で説明する方法をご紹介します。経済的理由や学業不振などありますが、中退を強みに変えて自己PRに使える方法もお伝えします。中退を書かない・隠すのはリスクが高いです。コンプレックスに感じすぎないことも大切です。

 

大学中退した理由の説明は面接で確実に聞かれる

大学を中退した人は、面接で中退の理由を必ず聞かれると思ってください。「大学中退」という言葉に良い印象を持っている面接官は少ないです。

「うちの会社も辞めてしまうのではないか?」「継続力のない人ではないか?」と思うからです。

ですが、「大学中退」が決め手になって不採用になることはあまり多くありません。大学中退の理由をきちんと説明できて、面接官が納得すれば問題はありません。

大学中退の理由は自己紹介で話してしまう

大学中退の理由を話すコツは、面接序盤の自己紹介で話してしまうことです。

ネガティブな話題は先に済ませてしまって、残りの時間をポジティブな時間に使いましょう。

中退の理由はポジティブな未来の話で締める

大学中退の理由は正直に話し、反省している点があれば反省を伝え、これからどうしていくかを伝えます。

中退後にがんばったことや、現在頑張っていることなどでポジティブな印象を与えます。

大学中退というネガティブなテーマの後には必ずポジティブな内容で話を締めましょう。「失敗から立ち上がった人」という印象を持たれれば高評価です。

企業がほしいのは失敗しない人ではなく、失敗から立ち上がれる人だからです。大学中退という弱みは、話し方によっては強みに変えられるのです。

大学中退の理由別!面接での説明方法

大学中退の理由別の面接での説明方法をご紹介します。

ちなみに、代表的な大学中退理由は、

  • 経済的理由
  • 学業不振
  • 大学が合わなかった
  • 就職したかった
  • 他の大学や専門学校に転学した
  • 病気やケガ
  • 海外留学

などがあります。特に多い中退理由「経済的理由」「学業不振」「大学が合わなかった」の面接での説明方法をご紹介します。

経済的理由

経済的理由で大学を中退した場合は、正直に理由を伝えてください。あなた本人の理由ではなく、親など外的要因の場合は、面接官もわかってくれます。

ただし、「経済的理由で中退しました」だけだと、ただの説明で終わってしまいます。前述のとおり「大学中退は強みに変えられる」を忘れずに一言つけくわえましょう。

「経済的理由です」という説明だけで終わるより何倍も面接官の印象は良いです。

「私は親に怒ったりはしませんでした。むしろここまで育ててくれたことに感謝しています。これからは親孝行ができるよう御社でしっかり働きたいです」

「経済的理由で中退になってしまいましたが、大学の同級生たちよりも早く社会人になれるため、むしろチャンスだと思っています」

学業不振

学業不振とは、

  • 大学の授業についていけなかった
  • アルバイトに精を出しすぎて単位を落としてしまった

などです。先ほどの「経済的理由」の外的要因の中退とは違い、あきらかに「自分が原因で中退」になっているケースです。

「自分のせいで中退した」ということを隠したり言い訳するのではなく、素直に認めて反省していることを伝えてください。

中退をきっかけに気づいたことや感じたことを伝え、これからどうしていくか、今何を頑張っているかなどを伝えましょう。

私は高校生のときに将来のことを深く考えず安易に大学を選んでしまいました。それが原因で大学の講義に全くついていくことができませんでした。

将来のことを深く考えるべきだったことや大学のリサーチをもっとすべきだったと強く反省しました。

ですので、今回の就職活動では過去の失敗を活かし、自分にできることを洗い出し、自分が長く働きたい会社を深くリサーチすることに注力しました。

リサーチの結果、御社の〇〇事業にとても興味を持ったため御社を志望します。御社の業務をするにあたって△△はまだ不足しているすきるだと感じたため、現在△△の勉強をしています。

過去の失敗から気づいたことを伝えて、深く反省していることを伝え、今何を頑張っているかを伝えていますよね。

「リサーチせずに大学選びを失敗してしまった」という失敗経験があるからこそ「今回は深くリサーチしている」という説明に説得力がでます。

大学が合わなかった

「大学が合わなかった」という中退理由でも、きちんと説明すれば大丈夫です。説明の基本線は上記の「学業不振」と似ています。

私は高校生のころに「入りたい大学」ではなく「入れる大学」を選んで進学してしまいました。それが原因でまったく大学の講義に興味を持てず中退してしまいました。

もっと自分の学びたいことをきちんととらえて、大学のリサーチをしっかりして選ぶべきだったと猛省しています。

ですから、今回の就職活動では自分を見つめなおすことと企業選びを慎重に行っています。慎重に企業選びをする中で御社を見つけました。

御社のリサーチをしたところ、自分に得意な〇〇ができて御社に貢献したと思ったため御社を志望します。

大学選びに失敗している過去があるからこそ「今回の就職活動では企業選びを慎重に行っている」という言葉に重みがありますよね。大学中退という弱みは強みに変えられるのです。

 

大学中退を面接で説明する注意点

大学中退を面接で説明するときの注意点をいくつかまとめました。

前述のとおり、面接官は「大学中退」にあまり良いイメージを持っていませんので、一歩間違うとネガティブな印象で面接が終わってしまうことがあります。

嘘を吐かない

嘘の大学中退の理由を伝えるのはやめましょう。経歴詐称は立派な詐欺です。

あなたも経験があるかもしれませんが、嘘を1つつくと嘘を隠すための嘘を重ねなければいけません。大変ストレスですし、嘘がバレたときは取り返しがつきません。

面接官は人を見るプロです。深掘りする質問をされれば必ずボロがでます。嘘がバレたら100%不採用です。

企業にとってもっとも危険な社員は「嘘をつく社員」だからです。また、面接で運よく嘘がバレずに入社できたとしても、入社後にずっと嘘をつき続けて仕事をしていかなければいけません。

中退したことを自己PRに使う

前述のとおり「大学中退」という弱みは強みに変えられます。

自分が理由で中退してしまった場合は、反省を伝えることで「失敗を反省できる人」という印象付けができます。

  • もっと大学選びを慎重にすべきだった
  • やりたくないからといって大学をやめてしまったことは反省している
  • 社会人になったらやりたいことだけをやれるわけではないから、興味がないことではあったが大学は卒業すればよかった

など反省していることを素直に話しましょう。あなたが反省している様は、あなたより年上の面接官に印象が良く映っています。そして、心を入れ替えたことをアピールしましょう。

  • 失敗を取り返すために〇〇の勉強をしている
  • アルバイトで〇〇という成果を出した
  • 〇〇の資格をとった

など、中退後に心を入れ替えた証拠も話しましょう。証拠があれば面接官は「あ、ほんとに反省して変わったんだな」と理解してくれます。

「反省を活かして成長できる人」であることが伝われば、失敗していない人よりもむしろ好印象です。あなたの方が採用される確率が高くなるでしょう。

面接官はあなたの過去で合否を決めたりしません。過去を参考に「現在と将来性」を見ているのです。だから、大学中退を強みに変えたことをきちんと説明すれば特に問題ありません。

中退の経歴をコンプレックスに感じない

面接官はあなたの「現在と将来性」を重視しているわけですから、大学中退は原因で不採用になることは少ないです。

そもそも、書類選考を通っている時点で面接官はあなたに興味があるのです。本当に興味がなかったら書類選考で落としています。

「大学中退」をコンプレックスに感じる人がいますが、社会人になってしまえば学歴はほとんど関係ありません。

不採用になってしまったときに「俺は大学中退だから…」と、大学中退が原因で不採用になったと感じる人がいますが、不採用になるのはもっと他の原因があったはずです。

  • 挨拶や返事はきちんとできていたか?
  • 面接官の聞きたいことに答えていたか?
  • 志望動機が弱くなかったか?
  • 自己PRはちゃんと伝わっていたか?

など、中退以外の反省点もあるはずです。ちなみに、最終学歴が大学中退で活躍している人たちはたくさんいます。大学中退を強くコンプレックスに感じる必要はありません。

大学中退理由と志望動機はセットで考える

大学中退の人ほど志望動機をしっかり準備しましょう。中退理由をしっかり話せても志望動機が甘いと一気に説得力がなくなります。

「大学を中退したからこそ学んだことがあり、学んだことを活かすために御社に入社したい」というように、大学中退理由と志望動機はセットで考えましょう。物語形式になるので説得力があり、わかりやすいです。

志望動機とは「なぜ御社なのか?」を伝えることですが、最高の志望動機は「なぜ御社でなければいけないのか?」です。「それってうちの会社じゃなくてもいいよね?」と突っ込んで聞いてくる面接官もいます。

他の会社にも言えるような志望動機はまだ準備不足です。「御社でなければいけない志望動機」を作るコツは3つです。

  • 自分のことを徹底的に調べる
  • 企業のことを徹底的に調べる
  • 自分と企業の合致している点を見つける

徹底的に調べるほど「御社でなければいけない理由」が明確になりますので、面倒くさがらずに丁寧に調べましょう。

また、中退後にアルバイトをした人はアルバイトでの実務経験も有効活用しましょう。

アルバイトでの実務経験が応募する企業の即戦力になりそうなスキルなら、積極的にアピールしましょう。

企業は即戦力人材ほど欲しがります。「私がアルバイトでつちかった〇〇の実務経験で御社に貢献したいです」などは良いアピールになるでしょう。

大学中退からの就職は、
就職成功率91.5%
セカンドカレッジにおまかせ!
大学中退者を専門にした
就職支援で、
利用者の内定率は91.5%
驚異の高さ!

中退カレッジの特徴
  • 大学中退者を専門にした就活講座
  • 内定率91.5%の面接対策
  • 94.3%の利用者が長く働けている

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから