大学中退して公務員になるために!考えるべき3つのこと

大学中退して公務員になるために!考えるべき3つのこと

大学を中退してから公務員になるのは難しいのでは、と思っている方も多いかもしれません。しかし、実は中退してからだと学歴重視の民間企業より、公務員の方が就職しやすい場合もあるのです。ここでは、公務員の職種、メリット・デメリットなどの概要と、大学を中退してから公務員になる方法をご紹介していきます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

公務員とは

一口に公務員といっても、大学中退者が目指す公務員は様々あります。
そもそも公務員とは、どのようなものなのでしょうか。

公務員の特徴

公務員の仕事は、社会全体への奉仕、つまり対価を目的としないサービスを目的としています。分かりやすく言えば、民間企業とは違い活動目的が「国民」であるということです。

そのため、災害などの危険が起きた際には国民第一に働かなければならず、社会問題が起きた際には社会全体を考えた業務を行う必要があります。

民間企業との違い

上でも書いた通り、民間企業との一番の違いは「活動目的」の違いです。民間企業の場合は、その最大の目的は「自社の利益」にあります。そのため、常に他社との競争の中、新しいアイデアや技術を開発していき、宣伝も熱心に行います。
公務員の場合は活動目的が「国民」であるため、他との競争はそれほどありませんし、民間企業と比べて「落ち着いた」イメージになります。また民間企業は経済活動によって成立しているため、その成果によって従業員の給与や設備などが変わってきます。
一方で公務員は、予算は国や地方公共団体からの支給によって成り立っているため、その活動の良否によって給与が変わることは基本的にはありません。

公務員の種類

公務員は、国家公務員と地方公務員で分けることができます。
それぞれで業務の対象ややりがいなどが異なり、国家公務員が国家の運営に関連した業務を行うのに対し、地方公務員は住民の生活に密着した業務を行います。

国家公務員

国家公務員とは、中央省庁や国会・外局・裁判所などの国家機関に勤務する職員のことを指します。全国を視野に入れた企画の立案・執行に携わるため、その仕事のスケールも大きなものとなります。

具体的には、政策の立案、法令の整備、予算の編成、国会対応などの国家の運営に直結する大きな業務に携わります。

地方公務員

地方公務員とは、県庁や市役所をはじめとする自治体組織に勤務する職員のことを指します。地方行政から企画の立案・執行に携わるため、国家公務員と比べると仕事のスケールは小さくなりますが、より地域住民に密着した仕事ができるという特徴があります。

具体的には、環境整備、健康の促進、教育・福祉の充実、文化やスポーツ活動の促進など、住民の生活をよりよくするための仕事に携わっていきます。

また地方公務員の中からも、都道府県庁と市役所・区役所・政令都市で分類することができます。その規模によって携わる公共事業の大きさは変わりますが、地域住民に密着した業務という点では変わりありません。

公務員のメリット・デメリットは?

公務員には、民間企業と比べた時、そして国家公務員と地方公務員を比べた時など、それぞれに準じた以下のようなメリット・デメリットがあります。

民間企業の比べた時の公務員のメリット

  • 給与・雇用が安定している
  • 福利厚生が充実している
  • 育児休暇が充実している
  • 異動がある場合が多く、様々な業務を経験できる

民間企業と比べた時の公務員のデメリット

  • 単調な仕事が多い
  • 職種によっては激務
  • 異動がある場合は、慣れるのが大変
  • 前例に則って業務を処理しなければならないことが多い

国家公務員のメリット

  • 「日本全土」に及ぶスケールの大きな仕事に携われる
  • 分野毎に省庁が分かれているため、希望の省庁局に入ればやりたい仕事に専念できる

国家公務員のデメリット

  • 激務であることが多い
  • 所属省庁・機関によるが、全国への転勤が多い
  • 本省以外だと、一般行政の場合地方公務員より薄給

地方公務員のメリット

  • 住民との距離が近い分、喜びの声をダイレクトに聞ける
  • 規模が小さい分、仕事の成果を実感しやすい
  • 引っ越しを伴う転勤はほとんどない

地方公務員のデメリット

  • 国と比べると、実質的な裁量権が小さい
  • 単調な仕事が非常に多い
  • 部署によっては残業や土日出勤もある

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

大学を中退してから公務員になる方法は?

これまでご紹介した公務員の中で、実はほぼすべてが大学中退者でも受験できます。募集要項などに、高卒程度や大卒程度という表記があることがありますが、これはテストのレベルを示すためのものなので年齢制限さえ満たしていれば受験は可能なのです。では、大学中退者が公務員になるために、まずするべき3つのことは何でしょうか?

試験に向けて勉強

公務員試験には、筆記試験と面接試験があります。そのため、まずするべきこととしてはそれらの試験対策です。独学でも公務員試験に合格する人はいますが、より的確に効率よく勉強するためにも、まずは公務員予備校に通って勉強することが得策と言えます。

筆記試験

一般的に公務員の筆記試験は、「教養択一試験」「専門択一試験」「論文試験(教養)」があります。
「教養択一試験」とは、現代文などの文章理解と、算数などの数的処理、さらに人文科学、自然科学、社会科学などの暗記科目の試験です。まずは文章理解、数的処理を対策しつつ、それらが終わった後に暗記科目を勉強すると効率的です。
「専門択一試験」とは、「法律系」と「経済系」、「行政系」に分かれ、出題範囲は膨大です。しかし、受験先によって出題範囲は異なるので、受験情報を調べながら優先順位を付けて勉強をするといいでしょう。
「論文試験」とは、論文によって論理性や思考力が問われる試験です。文章による表現力だけでなく受験生の人物的な面も評価されます。

受験先の試験傾向を掴む

テーマや形式は、受験先によって大きく異なるため、やはり模擬試験で傾向を掴むことが必要です。また「教養択一試験」「専門択一試験」と比べると優先順位はそれほど高くないですが、面接対策にもつながるためできるだけ早めの対策が重要と言えます。

試験によっては専門択一試験がない場合や、専門記述試験や適性検査が課せられることもありますので受験先の要項で確認するようにしてください。

応募をする

十分な試験対策をしても、応募を忘れてしまったら受験すらできません。受験資格や応募期間、応募方法を受験案内でよく確認して、間違いがないように応募をしましょう。採用期間になるとホームページなどで受験要項が掲示されるので、こまめに確認しておくことが大切です。

直前の対策

筆記試験の直前には、実際に過去問を解いたりして実践的な勉強をしていきましょう。問題数が多い場合は、時間を測りながら解くなど、自分のペースを作ることが大切です。
また無事に筆記試験に合格した場合は、喜ぶ暇もなくすぐに面接対策をはじめる必要があります。話す内容やエピソードなどは事前にしっかりとまとめてあると思いますが、直前には緊張感に慣れるために実践的な面接対策をしていきましょう。
予備校の講師や、就活講座などを利用しながら、客観的な意見を取り入れた対策が重要となります。

 

おわりに

員は、年齢制限さえクリアすれば学歴などが問われることはありません。そのためより効率的にしっかりと勉強をすれば、どんな人にも内定をもらえるチャンスはあるのです。まずは自分に合った職種を探し、そしてそれに合った勉強法を見つけていきましょう。

大学中退でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

大学中退からの就職は、
就職成功率90.7%
セカンドカレッジにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31のセカンドカレッジ面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

中退者を専門にした
就職支援で、
利用者の内定率は90.7%
驚異の高さ!

セカンドカレッジの特徴
  • 中退者を専門にした就活講座
  • 就職成功率90.7%の面接対策
  • 91.3%の利用者が長く働けている

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

あなたにおすすめな記事

© JAIC