「大学中退」を履歴書に書かないのはあり?-最終学歴が中退の場合の書き方を紹介-

「大学中退」を履歴書に書かないのはNG?-学歴の書き方を知り就職を成功させよう-

大学中退の場合は履歴書にどう書けばいいのか」と迷っている方もいるかもしれません。大学中退を履歴書に書かないのは学歴詐称となるため、どのような場合でも避けるべきです。履歴書に理由を書くケースと書かないケースがありますが、面接では「なぜ卒業せず退学したのか」は必ず聞かれる質問です。この記事では、大学中退を履歴書に書くべき理由や具体的な書き方、就職活動に不安がある大学中退者の方の対策についてご紹介します。

「大学中退を履歴書に書かない」はあり?

「大学中退を履歴書に書かない」はあり?

「大学中退の経歴を履歴書に書かない」ということはできません。履歴書に最終学歴をどのように記載するのかと、その理由についてあらためて知りましょう。

最終学歴が中退の場合は「高卒」扱いになる

結論から言うと、大学中退者の最終学歴は「高卒」です。大学1年生で入学間もないころに中退しても、大学4年生で中退しても、いずれも高卒となります。

最終学歴とは、その人の中で“卒業をした”、最も高い教育機関の経歴のことをいいます。

例えば、大学の学部を卒業した後に、専門学校へ進学した場合、最終学歴は大学卒です。
最終学歴と聞くと、その言葉のイメージから、最後に卒業した学校のことだと思われがちですが、正式には異なるのです。

また、語学や資格を取得するためのスクール、職業訓練校や予備校といった学校は、一般的には最終学歴として認められていません。そのため、大学中退後にこれらのような学校に入学し、卒業をしても、最終学歴は高卒になってしまいます。

大学中退をした場合、履歴書には必ず書かなければいけない

大学中退をした場合、履歴書には必ずその旨を記載しなければいけません。大学を中退したにもかかわらず「〇〇大学 卒業」などと履歴書に記載することは学歴詐称です。いかなる理由があっても絶対にやめましょう。

また、大卒と高卒では給料が違う企業もあります。大学中退の場合は高卒扱いとして選考する必要がありますが、中退していることを履歴書に書かないと、企業側が「大卒なのか高卒なのかどちらなんだろう」と混乱し、余計な手間をかけさせてしまう恐れがあります。

大学中退をした場合の履歴書の書き方を解説

大学中退をした場合の履歴書の書き方を解説

大学中退をした場合の履歴書の書き方と、その理由をどのように書くべきかについてご紹介します。

大学中退をした場合の履歴書の書き方

大学中退者の学歴の書き方は以下の通りです。

平成○○年 ○月 ◇◇高等学校 入学
平成○○年 ○月 ◇◇高等学校 卒業
平成○○年 ○月 ◇◇大学××学部△△学科 入学
平成○○年 ○月 ◇◇大学××学部△△学科 中途退学

ここで着目したいのは、正式名称で「中途退学」と記載することです。中退は略語ですから、お硬い人事の方だとこういった細かいところで他との差をつける人もいます。

大学中退した理由も履歴書に書いたほうがいい

大学中退の理由は、基本的には履歴書に書いたほうがよいでしょう。

企業には「大学中退=根気がなさそう、仕事が続かなそう」などのイメージを持つ担当者もなかにはいます。中退の理由が経済的なことやケガ・病気などのやむを得ない事情の場合は、誤解されないように履歴書にも記載しておいたほうがよいでしょう。

一方で「大学になじめなかった」「勉強についていけず単位が取れなかった/進級できなかった」など学生生活への不適応や学業不振による中退の場合、その理由自体をプラスに捉えてもらえる可能性は極めて低くなります。

たとえ履歴書には記載しなくても面接では必ず中退理由を聞かれることになるため、面接のときまでに中退理由について話せるよう、自分のなかで整理しておきましょう。

大学中退の一般的な理由として考えられるものとしては、以下があります。

  • 経済的困窮
  • 学生生活不適応・修学意欲低下
  • 就職・起業
  • 転学
  • 海外留学
  • 病気・けが・死亡
  • 心身耗弱・疾患

大学中退の理由について、以下の記事でくわしくご紹介しています。

大学中退の理由にはどのようなものが多いのか、面接でどう伝えればよいのか具体的に知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、履歴書に中退理由を書く場合は、以下のように履歴書には書きましょう。

平成○○年 ○月 ◇◇高等学校 入学
平成○○年 ○月 ◇◇高等学校 卒業
平成○○年 ○月 ◇◇大学××学部△△学科 入学
平成○○年 ○月 ◇◇大学××学部△△学科 中途退学(経済的困窮のため)

上記のような書き方をしておくことで、面接を受ける前から面接官はあなたの中退理由を履歴書で把握し、面接でも深堀りができるようになります。

大学中退をして履歴書に不安があるときは…?

大学中退をして履歴書に不安があるときは…?

大学中退という経歴は履歴書に書く必要はありますが、書類選考の段階で中退したことを企業に知られてしまうことで採用に影響しないか心配という方もいるかもしれません。ここでは、大学中退の経歴が不安な方の対策をご紹介します。

中退理由が明確であれば不安になる必要はない

自分の意思で大学を中退したとしても、大学続けたかったが中退せざるを得なかったとしても、大学を中退した「理由」が明確であれば、中退という経歴を履歴書に書くことに対して過剰に不安になることはありません。

履歴書に記入する経歴の中では、いずれにしても「中退」という事実を記載することになります。事情があって中退したのであれば、それをきちんと企業側に伝えればよいだけです。

「ただなんとなく中退した」「やる気がなくなって辞めた」などのネガティブな理由だった場合には、まずはいまの自分に自信を持てるようにすることからはじめましょう。

大学中退の就職について、以下の記事でくわしくご紹介しています。

「大学中退後の就職が心配」という方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

中退して得られたことを伝える

中退したことで気づいたことや見えてきたこと、考えたことというのは必ずあったはずです。「中退したことは、総合的に考えてみればあのときの最良の決断だった」「中退して大学を離れたからこそ、自分の今後について真剣に考えられるようになった」という人もいるかもしれません。

中退という結果は同じでも、その経験を自分がどうとらえているかで企業側の心象は大きく変わります。履歴書には細かく記入する欄はありませんが、面接で聞かれたときにアピールできます。反省点はもちろん、中退経験を通じてプラスに変化した部分や仕事に活かしていけそうな部分を伝えるようにしましょう。

就職支援サービスを利用する

効率的に就職活動ができる就職支援サービスを利用することもおすすめです。就職支援サービスのなかには、新卒・既卒・第二新卒・中退・フリーターなどを専門とする若者向けの就職支援サービスもあります。

おすすめなのが、私たちジェイックが提供する中退者専門の就活支援サービスです。大学中退者の就職成功率は80%を越えており、就職して社会人として活躍するために必要な講座もすべて無料で受講できます。また、書類選考不要の企業との面接会も実施しているだけでなく、入社後のサポートも万全です。あなたの強い味方となり、大学中退後の正社員就職を全面的に支援します。「大学中退の経歴をどう企業に伝えればよいのか」とお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

大学中退の就職について

あなたにおすすめな記事

© JAIC