大学留年か中退どっちかで迷ったら!就職活動やその後の生活への影響を解説します

大学留年と大学中退、どっちにした方が良いのか、その後の就職活動や生活はどうしたらいいのか。バイトに行きすぎて卒業に必要な単位を取れなそうな時や、学生生活がなんとなくつまらなくなった時に、ふと留年や中退を心配する人もいるでしょう。今回は、留年か中退、どっちが良いのか悩む人に是非参考にして欲しい考え方と、就活への影響をまとめてみました。

留年か中退どっち?悩む前に考えるべきこと3つ

大学留年するべきか、大学中退するべきかどっちなのか迷ったら、就職活動やその後の生活について考える前に、まずは以下の3つの点を振り返ってみましょう。

留年、中退しそうな理由(単位など)を整理

「大学留年と中退、するならどっちなのか?」を選択する基準を作るために、まずは留年、中退しそうな理由を整理しましょう。
例えば、

  • アルバイトをしすぎて大学に行かなかったので、単位が取れなかった
  • 大学で学びたいことが専攻と違って、今の大学に行く気がなくなった
  • 学費が払えなかった
  • 大学生活に馴染めなかった

などいろいろなケースがあります。理由は1つだけでなく、色んな理由が積み重なって卒業が出来なくなっている場合が多いでしょう。

それらの理由を「中退したら解決する理由」と「留年したら解決する理由」に分けて整理していくと、留年して大学生活を続けた方が良いのか、中退して就職活動のことを考えた方がいいのか、どっちなのかが分かってくるでしょう。

例えば、「アルバイトをしすぎて大学に行かなかったので、単位が取れなかった」なら、今の大学に残りたい気持ちがあれば留年し、その後の就職活動に備えた方が良いかもしれません。

一方、「大学生活に馴染めなかった」という理由であれば、留年しても大学生活に馴染めるようになるわけではないので、どっちかと言えば中退する方が良い人生を送れるかもしれません。

そもそも大学の勉強は好き?

中退せずに留年するならば、大学に残って単位未取得の科目の勉強をしなければなりません。また、学費も留年した分多く払う必要があります。未取得の科目はいくつあり、どれくらいの時間や労力をかけたらすべての単位がとれそうですか?また、学費は留年する分払えそうですか?時間や労力、お金をかけてでも大学卒業の資格が必要と判断したなら、その後の生活を考えて中退せずに留年した方が賢明です。

就職への意欲はどれぐらい?

卒業に必要な単位を取り切れず留年しそうな人の中には、アルバイトのやり過ぎで大学に行かなかったという人も少なくありません。アルバイトの方が大学生活よりも楽しくて、ついアルバイトばかりしてしまったなら、留年と中退、どっちか迷いどころです。

しかし、早く就職して社会に出たいと思っていたり、自分や家族の生活費を稼ぐためにバイトに行くしかなかったりした人は、留年して大学に残るよりも、中退して就職活動をした方がその後の生活が充実するかもしれません。

下のグラフは、大学生と高校生が学校を中退する理由を、文部科学省がまとめたものです。

中退者割合

中退の理由で一番多いのは20.4%の「経済的理由」で、「就職」も13.4%とかなり多いです。大学を中退してアルバイトを続ける人もいますが、経済的理由や社会に早く出たいがために中退する場合は、安定した収入が見込める正社員での就職をオススメします。しかし、留年・中退どっちであっても、就職活動の難易度は新卒よりもかなり高いことは覚悟しておきましょう。

留年と中退、どっちが良い?就職活動や、その後の生活への影響

大学留年と中退、どっちにしたら良いのか選択する基準を説明したので、次は就職活動への影響を紹介します。前述した通り、就職活動では、留年と中退どっちであっても普通の就職活動と比べてハンデを背負うことになります。就職活動やその後の生活にどのような影響が出るのか、大学を留年した場合と中退した場合に分けて説明します。

大学留年で就職!その後の生活は?

就職活動において、留年と中退で大きく異なるのは「大学卒」の資格がある点です。多くの企業は大卒、短大卒、高卒など、学歴毎で採用計画や初任給を決めています。つまり、採用さえされれば大学を留年していてもしていなくても、初任給は変わりません。生活水準は留年せずに就職した人と変わらないでしょう。ただし入社後の待遇が通常の大卒と変わらないだけですので、選考段階では「留年の理由」が合否を左右することは覚えておかねばなりません。

大学中退で就職!その後の生活は?

一方、大学中退での就職は高卒扱いとされ、給与面で大卒より低く設定される可能性があります。企業によっては、学歴に加え入社時の年齢を考えて高卒初任給より高く設定するところもありますが、実績を上げて給与が上がるまで、生活が少し気びくなる可能性はあります。

ただし、これも入社後の話です。選考段階では、留年と中退どっちであっても差をつけられることはあまりありません。結局、行きつくところは「中退の理由」です。留年同様、面接官は「途中でやる気をなくしたのか?」「粘り強さに欠けるのでは?」と考えてしまいます。

留年と中退、どっちでも面接では避けて通れない「留年(中退)の理由」をどう説明するか、次で説明します。

留年または中退した時、就職活動でどう説明するか?理由別の例

就職活動において、留年と中退どっちであっても「理由」を適切に説明することが重要であると、お分かり頂けたかと思います。

面接官はどうしても「留年や中退をしたということは、学校生活の中で何か問題があったのでは?」と気になり、詳しい部分まで質問をします。面接官をごまかしきることは難しいので、留年でも中退でもどっちでも、就職活動ではごまかさずに正直に理由を答えましょう。

それでは、実際の就職活動ではどのように大学留年や大学中退の理由を説明したら良いのか、留年/中退の理由別に例を紹介します。

経済的理由

留年よりも、中退した人に特に多いのが経済的理由です。

家計や家族の生活を支えるために大学中退して働くことにした

単位が取れず留年が決まり、学費が払えずに大学中退を決意した

など、自分ではどうしようもない中退理由から、頑張ればどうにかなった中退理由まで様々ですが、就職活動中は偽らずに面接で伝えましょう。

どんな経済的理由でも面接でPRしていきたいのは、「経済的に苦労して中退したからこそ、その後の社会人生活は高い意欲を持って仕事に打ち込んでいく」という意気込みです。

企業が若者を採用する決め手に多いのは「積極性」や「働く意欲」です。それらを伝えられるように、中退した事実に触れつつもポジティブに説明しましょう。

体調のトラブル

体調のトラブルでの留年・中退とは、例えば以下のようなケースを指します。

けがで入院していて、そのまま中退した

病気を治すために療養していて、留年した

このように体調不良が理由で出席日数を確保できずに単位を落として留年したり、そのまま中退したりするケースもあるでしょう。

この場合、留年と中退どっちでも面接官が気になるのは、「病気やけがを治しても、その後の生活や就職後の仕事に影響があるか?」です。

外科的な事情だと後遺症は大丈夫か、内科的・精神的な事情だと再発の危険がないかなどと心配されますので、事実の説明を十分に行いましょう。

体調不良が原因の大学留年や大学中退はどうしようもないケースが多いので、現在は治っていることと、その後の生活や就職後の仕事に悪影響が無いことを正直に伝えたら、問題はありません。

家庭的な事情

家庭的な事情での留年や中退は、例えば次のような場合でしょう。

介護に時間を取られ、学業に専念できずに留年や中退した

家業の手伝いをせざるを得なく、中退してしまった

介護や家業の手伝いといった、家庭の事情が原因の大学留年・大学中退した後に就職活動をする場合も、言える範囲で良いので事実を面接官に伝えましょう。

このような場合だと、留年、退学どっちであっても、自分ではどうしようもないケースが多いです。
「現在は就職活動や、その後の仕事に集中できる」ことを留年、中退した理由に付け加えて必ず伝えましょう。

やる気がなかった

いちばん厄介なのが「やる気がなかったので大学を留年(中退)した」場合です。

面倒で大学に行かなかったら単位を落とした

大学生活がつまらなくて勉強しなかった

このような場合だと、就職活動で正直に留年や中退の理由を説明して良いのか悩むかもしれません。悩むかもしれませんが、正直に伝えましょう。

「自分の思い描いていた大学生活とギャップがあった」「このまま大学にいても、その後の就職活動や仕事に活かせそうではなかった」
などごまかしたり綺麗に言い換えたりすることも出来ますが、どっちにしろ面接官相手に通用はしづらいでしょう。

それよりも、「やる気が出ずに大学を留年(中退)してしまったが、社会人では中途半端になることなく仕事に取り組みたい」という社会人生活に対する意欲を示す方が賢明です。

しかし、「大学の時はやる気が出なかったなら、社会人になっても変わらないのでは?」と疑ってしまう面接官もいます。
面接官に納得してもらうためにも、アルバイトなど何かを頑張りきった経験を自己PRすることが必要です。

「そんな経験、ないな・・・」と悩んでしまう場合は、就職支援会社でのキャリアカウンセリングもオススメです。
自分だけでは練習できない自己PRや面接の対策が行えて、就職活動の成功率が高まります。

大学留年と大学中退どっちでも前向きに捉えて就職活動をしましょう

大学留年か中退か迷ったら、まずは卒業できなくなってしまった理由を振り返りましょう。留年したら解決する問題なのか、中退しなければ解決しないのか、その後の生活や就職活動のことも考えて判断しましょう。

大学留年と中退、どっちであっても就職活動は苦労します。大切なのは、留年や中退の理由をごまかさずに「留年(中退)したからこそ出来た経験があり、それを社会人生活で活かす」とポジティブに伝える事です。

留年と中退、どっちを選択したとしても、前向きに捉えて就職活動やその後の生活に臨みましょう。

大学中退からの就職は、
就職成功率91.5%
セカンドカレッジにおまかせ!
大学中退者を専門にした
就職支援で、
利用者の内定率は91.5%
驚異の高さ!

中退カレッジの特徴
  • 大学中退者を専門にした就活講座
  • 内定率91.5%の面接対策
  • 94.3%の利用者が長く働けている

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから