大学中退のフリーターが就職するための準備や秘訣を解説!

大学中退のフリーターが就職するための準備や秘訣を解説!

大学中退後、就職先がなくフリーターをしている人も大勢いるでしょう。

ただ、フリーターは正社員よりもデメリットが大きく、フリーター期間が長ければ長いほど、就職が難しくなってしまうので注意しなければなりません。

ただ、きちんとポイントを押さえれば、大学中退者でも正社員就職を目指すのは十分可能です。ここでは、大学中退のフリーターが就職するために必要なことを紹介します。

 

大学中退したフリーターが意識したい4つの就活準備

大学中退したフリーターが意識したい4つの就活準備

就活を始めるとなると、様々な準備が必要になります。

就活準備が忙しいからといってフリーターを辞めてしまうと、収入がゼロになってしまうので、フリーターを続けながら就活準備をするのがベストです。

仕事を続けながら就活準備をすることは十分可能なので、まずは出来るところから準備を始めていきましょう。

自己分析をする【就活準備その1】

就活を成功させるためには、自己分析が欠かせません。

自己分析をすることによって、自分の価値観や長所・短所などが明確になり、面接を受ける際に自分を積極的にアピールできるようになります。

大学中退した人に自己分析が必要な理由

また、大学中退した人が正社員就職を目指すとなれば、必ずといっていいほど「なぜ大学を中退したのですか?なぜ今から正社員になりたいのですか?」と面接で質問されます。

中退理由や正社員になりたい理由を面接官が納得するように説明するためには、自分の価値観や考え方を言語化できている必要があります。

まずはバイト先の人からフィードバックをもらって自己分析

ただ、これまで一度も就活をしたことがない人だと、自己分析といっても何から始めたら良いのかわからない人も多いでしょう

そんなときは、アルバイト先の店長や同僚からフィードバックをもらいましょう。一緒に働いているときに気づいた自分の長所や短所、働きぶりなどを教えてもらえば、就活の自己分析に活用することができます。

自分では短所と思っていたことも、他人から見たら長所だと思われているかもしれません。他人に意見を聞くことによって、今まで気づかなかった自分の魅力を知ることができ、より深い自己分析ができるようになります。

責任感のある仕事をやる【就活準備その2】

大学中退をしたかどうかは関係なく、企業の面接を受けるときは、過去にどんな仕事をしてきたのか、どんな実績があるのか質問されます。

単に大学中退後にフリーターとして働いていただけでは、面接の際にうまくアピールすることができないので、何か責任感が求められる仕事を任せてもらいましょう。

仕事上の責任が増えることで実績も高まりますし、正社員になった後のキャリアプランも考えやすいです。

責任感が求められる仕事で得たことを面接の際に効果的にPRすることができれば、採用担当者の評価が高くなり、結果的に正社員への転職も可能になります。

生活費を貯める【就活準備その3】

就活を始めると決めたのであれば、その日から節約を心がけましょう。

いったん就活を始めてしまうと、交通費だけでも高くつくため、事前に貯金しておかないと満足のいく就活ができなくなってしまいます。

交通費の他にも、飲食代やスーツ代など様々なお金が必要になるので、早めに貯金を始めるようにしましょう。

フリーターを辞めると、当然ながら収入もなくなってしまうので、入社後の生活費を貯めておかなければなりません。

後悔することがないように、今のうちから生活費を切り詰める努力をしましょう。

空き時間を活用する【就活準備その4】

就活を始める前に、空き時間を見つけておきましょう。

通勤時間や昼休み、休憩時間など、空き時間を有効活用して就活準備を進めれば、仕事と就活の両立が可能になります。

バイトが終わってから準備しようと思っても、疲れて手が回らない可能性が高いので、空き時間を活用したほうが効率良く準備を進めていくことができます。

時間がないからといって睡眠時間を削ってしまうと、就活準備だけでなく、バイトにも悪影響が出てしまうので要注意です。

睡眠時間は削らないようにして、毎日の生活の中で空いた時間がないか探してみましょう。

 

中退フリーターから正社員を目指す就職活動の5大ポイント

中退フリーターから正社員を目指す就職活動の5大ポイント

フリーターだからといって就活時に焦る必要はありません。

大学中退のフリーターでも、就職活動に意識すべき5つのポイントをしっかりおさえておけば、正社員への転職が可能になります。

  • 人手不足の業界を目指す
  • 大学中退の理由をしっかり説明する
  • ハローワークを活用
  • 就職エージェント(大学中退者向け)を利用する
  • 期間を決めて計画的に進める

以上のポイントについて、1つずつ解説していきます。

人手不足の業界が狙い目[中退フリーターの就活ポイント1]

スキルや経験のないフリーターでも、学歴不問の求人や人手不足の業界であれば、やる気次第で正社員の採用確率も高くなります。

特に建設業界や介護業界、運輸業界は人手不足の状態が続いているため、未経験でも積極的に採用してくれる企業が多くあります。

営業職や販売職も学歴不問であることが多いので、大学中退でも就職することは十分可能です。

これらの職業は入社後の成績を重視する傾向にあるので、自己アピールをしっかり行えば、大学中退の経歴は関係なく高い確率で採用してもらうことができるでしょう。

中退した理由をしっかり説明する[中退フリーターの就活ポイント2]

前述したとおり、大学中退者は面接時に中退した理由を聞かれることが多いです。しっかり説明できるようにあらかじめ準備をしておきましょう。

中退したことは、どの企業の面接官にとっても気になるポイントなので、「ごまかせばいい」などという安易な考えを持つのは禁物です。

「大学中退者=すぐに辞める」というようにイメージしている面接官も少なくないので、中退した理由は隠さずにしっかり伝えましょう。

マイナス印象を持たせずに中退の理由を説明し、その経験をどのように活かしたいのか今の気持ちを伝えることができれば、イメージを挽回することができます。

大学中退が必ずしもデメリットになるわけではないので、しっかり準備を行いましょう。

中退者向け就職エージェントを活用[中退フリーターの就活ポイント3]

就職エージェントに登録すると、一人一人に担当者がついて就活を最初から最後までサポートし、求人探しもしてくれるので、自分で探す手間がかかりません。

ハローワークと同様に、就職エージェントも無料で利用できるため、お金がない人でも安心して利用することができます。

職場の雰囲気や人間関係など、企業の内情も教えてくれるため、様々な情報を比較した上でベストな選択をすることができます。

自分で調べても手に入らない情報が得られるのは、求職者にとって大きなメリットだと言えるでしょう。

応募書類の作成や面接対策など、きめ細やかなサポートを受けることができるため、登録しておいて損はありません。

ここで注意しておくべきなのが、新卒向けや経験豊富な社会人向けの就職エージェントではなく、大学中退者に特化しているサービスを利用するということです。

新卒や転職者向けのエージェントに登録しても、メインの支援層ではない大学中退者は対応の優先度がどうしても低くなってしまいます。

 

ハローワークを活用する[中退フリーターの就活ポイント4]

ハローワークは全国540ヶ所以上に拠点がある公的施設なので、誰でも無料で利用することができます。

地元求人の数が多いため、地元就職を考えている人には最適だと言えるでしょう。

ハローワークではパソコンを使って求人情報を検索できるだけでなく、相談員にアドバイスを求めることができるため、困ったときに役立ちます。

ハローワークのホームページで求人情報を探すこともできるので、就活時は積極的に活用してみましょう。

期間を決めて計画的に進める[中退フリーターの就活ポイント5]

就活を始めると決めたら、最初に期間を決めておきましょう。

期間が決まれば、いつまでに何をすべきかスケジュールが立てやすくなり、効率よく就活を進めていくことができます。

無理な計画を立ててしまうと、自分を追い込んでしまい、精神的にも肉体的にも辛くなるので注意が必要です。

就活の進め方がわからないときは、ハローワークやエージェントに相談して、適切なアドバイスをもらいましょう。

フリーター生活が長ければ就活が難しくなる!?

フリーター生活が長ければ就活が難しくなる!?

フリーター生活の期間が長ければ長いほど、正社員になれる可能性は低くなってしまいます。

「いつか就活をすればいい」などと呑気にかまえていると、あとで痛い目に合うので注意しましょう。

フリーター期間が長いと離脱成功率が下がる

正社員になれるかどうかは、フリーター期間が大きく影響してきます。

「労働政策研究報告書」によると、フリーター6か月未満で正社員になれた割合は男女合計64%、7カ月~1年で58.3%、1~2年で52.2%となっており、フリーター期間が長引くほど正社員になれる割合が減少傾向にあります。

女性はさらに離脱率が下がる

フリーター期間が長いと、男性よりも女性のほうが離脱率が下がる傾向にあります。

女性の場合、結婚や出産などのイベントを控えているため、企業側が採用をためらうだけでなく、女性本人も離脱をためらってしまうのです。

年齢の影響も大きい

就活が成功するかどうかは、年齢も大きく関わっています。

どの企業も若い人材を欲しているため、大卒であっても歳を取れば転職は難しくなります。

フリーター期間が長引いて歳を取ってしまうと、正社員になることが難しくなってしまうので、若いうちにフリーター生活をやめる決断をしなければなりません。

大学中退者であっても、年齢が若いというだけで多くの企業が興味を持ってくれるので、自分に引け目を感じずに就活に積極的に挑戦しましょう。

 

大学中退後にフリーターを続けることのデメリットとは

大学中退後にフリーターを続けることのデメリットとは

大学中退後にフリーターを続けることには、メリットだけでなくデメリットもあります。何となくフリーター生活を続けていると、将来後悔することになるので注意しなければなりません。

正社員と比べて年収が低い

正社員にはボーナスや昇給、賞与がありますが、アルバイトにはほとんどありません。

年齢を重ねるにつれて正社員は給与が増していきますが、フリーターは低い給与のままなので、歳を取るほど正社員とフリーターの年収に大きな差が出るようになります。

自分と友達では、おそらく20代での給料にそれほど格差はありません。しかし、30代に差し掛かるにつれ、月収は10万、20万と離されていくでしょう。

収入が不安定

フリーターは会社の都合で簡単に解雇されてしまうため、安定した収入を得ることは困難です。

自分は頑張って働きたいと思っても、会社側の都合でシフトを減らされてしまえば、給与も安くなってしまいます。

いつ解雇されるのかわからない心配が常につきまとうため、ストレスを抱えながら働き続けることになります。

収入が不安定なままだと、将来が暗くなってしまい、最終的に生活保護にすがる可能性も出てくるので注意しましょう。

生活レベルが上がらない

フリーターにはボーナスがないため、毎月の給与だけで家計をやり繰りしていく必要があります。

働き続けても生活レベルが上がらず、満足に貯金することもできません。病気やケガを抱えてしまうと、生活レベルが一気に下がり、貧困になる可能性もあるので注意が必要です。

スキルが身につかない

アルバイトやパートは単純作業が多いため、高度なスキルを身につける機会はほとんどありません。

そのため、いつまで経っても単純作業の仕事から抜け出すことができず、給与も安いまま生活していくことになります。

結婚・子育てが難しくなる

フリーターのままだと、自分を養うのに精一杯なので、結婚して家族を養うことが難しくなります。

夫婦で共働きすれば結婚して生活していくことも可能ですが、妻が働き続ける限り、出産して子育てすることができません。

子供が産まれれば、養育費が必要になるため、フリーターだけの収入で暮らしていくのは困難です。

将来、結婚を考えているのであれば、早いうちにフリーター生活に見切りをつけましょう。

年齢による焦りが出てくる

年齢の節目ごとに、就職に関して焦る場面が出てくることもあります。

22歳になると、大学の同級生たちが正社員で就職するため、中退した自分がフリーターであることに引け目を感じることもあるでしょう。

20代半ばになると、何年もフリーターを続けている自分に焦りを感じやすくなります。

20代後半になれば、周囲が結婚し始めるため、結婚できる見込みがない自分と比較してしまうこともあるでしょう。

30代へ突入すると、親など周囲から早期の就職を求められ、精神的に追い込まれていくようになります。

年齢を重ねると求人が少なくなる

20代のうちは求人数が豊富でも、歳を重ねるにつれて求人数がどんどん減っていき、仕事を得ることが難しくなってしまいます。

特に30代に突入すると、求人数が一気に減ってしまい、すぐに仕事を得ることが難しくなるので注意が必要です。

そのことに気づいてから準備を初めても遅いので、20代のうちに就活をスタートさせましょう。

 

大学中退フリーターでも正社員は目指せる!

大学中退フリーターでも正社員は目指せる!

大学を中退した後、ずっとフリーターで働いていたとしても、正社員を目指すことは十分可能です。

人材不足の業界や学歴不問の求人であれば、大学中退者でも積極的に採用してくれるところが多いので、就活時に狙ってみましょう。

「就活が面倒だから」といってフリーター生活を続けていても、良いことはありません。

フリーターのままだと給与が上がらず、専門的なスキルも身につかないので、早めに就活の準備を始めましょう。

フリーター生活が長くなってしまうと就職が難しくなるため、若いうちに決断することが大事です。

就活がうまくできるかどうか心配な人は、ハローワークや就職エージェントを積極的に活用してみましょう。

フリーターに強い専門のエージェントを活用すると、就職できる可能性が高くなります。

就活について相談できる人がいれば、不安になったときもすぐにサポートしてくれるため安心です。

就活を始めるときは、最初にスケジュールを立てて、計画性を持って行動していくようにしましょう。

大学中退でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

大学中退からの就職は、
就職成功率91.5%
セカンドカレッジにおまかせ!
大学中退者を専門にした
就職支援で、
利用者の内定率は91.5%
驚異の高さ!

中退カレッジの特徴
  • 大学中退者を専門にした就活講座
  • 内定率91.5%の面接対策
  • 94.3%の利用者が長く働けている

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

あなたにおすすめな記事

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから