コロナ中退119番

コロナ中退119番

中退者に特化した就職支援サービス『セカンドカレッジ』(株式会社ジェイック)は、「コロナの影響を受け中退せざるを得なくなった大学生、または中退を検討している大学生」の就職に関する相談窓口『コロナ中退119番』を2020年5月13日より開始しました。

今後の進路に迷われている学生の方には、電話やWebで、専門相談員が今後の進路や中退後の就職についての相談・情報収集のサポートをいたしますので、是非お気軽にご相談下さい。

コロナ中退119番の設置背景

2020年から日本国内でも猛威をふるっている新型コロナウイルス感染拡大は、大学生にも大きな影響を与えています。学生団体「高等教育無償化プロジェクトFREE」が2020年4月に行った調査結果によると、「退学を考えている」と回答した学生は20.3%、つまり5人に1人の割合に上ることがわかりました。この調査は引き続き行われていますが、「5人に1人」という状況は現在でも変わらないようです。

コロナウイルスの影響を受けている学生は非常に多く、実際に私たちジェイックにも以下のような相談が数多く寄せられています。

  • アルバイトのシフトに入れず、学費や生活費が稼げない
  • 親が雇止めにあってしまい、学費の支払が厳しい

ジェイックでは以前より、大学生の方が中退検討やその後の就職について相談できる窓口を用意して、学生一人一人のご状況に合わせたアドバイスを行ってまいりましたが、この度の新型コロナウイルスの影響で前述したようなご相談内容が急増していることから、大学生のための『コロナ中退119番』の設置をいたしました。

コロナ中退119番のサポート内容

コロナ中退119番は、「中退するか悩んでいる方」と「すでに中退された方」のどちらもサポートしています。

中退するか悩んでいる方へ

私たちジェイックは中退を検討されている方の相談実績が数多くありますので、これまでのノウハウを生かしてサポートさせていただきます。

中退した(すると決めた)方へ

大学中退者の正社員就職率は約26%(※1)と言われている中、私たちジェイックは大学中退者の就職成功率は90.7%という実績があります。

※1 独立行政法人 労働政策研究・研修機構「2015年 大学等中退者の就労と意識に関する研究」より
※2 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

中退者ならではの就活テクニックをお伝えいたしますので、弊社に在籍しているプロのアドバイザーに是非相談してみてください!

さいごに

ジェイックは中退者に特化した就職支援サービス『セカンドカレッジ』の発足以来、中退を検討中の方や、中退してしまった方に特化した、専任のアドバイザーを擁し、多くの方々に寄り添ってきました。

独りで抱え込んでいては、考えはどんどんネガティヴな方向に向かってしまいます。まずはどんな些細な悩みでも構いませんので、ジェイックに在籍するプロのアドバイザーに相談してみてください!

【共通】CTAボタン

自己分析が不安な人にオススメ
向いてる仕事を見つける