就職した先輩と企業の声 正社員として働いている先輩と企業の声です

株式会社ゴルフダイジェスト社に就職したK・Yさん(入社7ヵ月)

自分の先行きが不安でした。
それがセカンドカレッジに入って世界が開けました。
仲間も頑張っていたから自分も頑張れました。

仕事はどうですか?
楽しい。7割楽しくて3割しんどい。
何が楽しいって一番はゴルフが好きだから。入社動機もゴルフが好きだからということ。休日も月3回ラウンドしています。父親やおじいちゃんとも交流するようになりました。

仕事の半分くらい取材。締め切りが近づくと忙しくなります。先輩たちも良い人ばかりで、人間関係もすごく良いです。ミスも多いし、文章力がないから、めちゃめちゃ怒られるけど、できる人たちばかりだからついて行こうって思います。

仕事していると、自分でも中退したこと忘れています。周りからもそんな目で見られることは一切ありません。
セカンドカレッジに参加して良かったこと
セカンドカレッジは出会いの場でした。会社との出会い。自分だけで探したら、ゴルフダイジェストへは絶対入れなかったと思います。

セカンドカレッジに行く前は、自分自身に劣等感をすごく感じていました。ずっとバイトを続けていくのかと思って、将来の道がないと思っていました。自分の先行きが不安でした。それがセカンドカレッジに入って世界が開けました。

仲間も頑張っていたから自分も頑張れました。メンバーとは、今も、月に1回はあっています。気持ちも変わりました。モチベーションも上がりました。
今から就活をする中退者へのメッセージ
一歩踏み出す勇気があれば、明るい未来が待っています。

株式会社ゴルフダイジェスト社 採用担当 長島 光明 様

中退者に対してもともと持っていた印象は?
最初は中退者に対して「大学ぐらい、入学したんだったら卒業しろよ」って思っていました。

社会でも面白くないこともありますが、やりきらなきゃいけないことが多いですし、
大学も、最後に卒業することは必要だと思います。これは今でも思っています。

ただ、それでもセカンドカレッジに参加しようと思ったのは、
彼らはまだ若いですし、一度の失敗で、その人の人格全てを計るのできないと思ったからですね。

それよりも、辞めた理由、辞めてしまった自分に対する自己認識が大事だと考えています。
セカンドカレッジの集団面接会に参加した感想は?
エネルギーを持った人たちが多いですね。

大学中退者は王道を歩くよりは少し外れた人たちではありますが、でも、もう一度チャレンジして山を乗り越えようと思った人達です。セカンドカレッジの研修を乗り越えたわけですから、それだけの集中力とエネルギーを持っているんだと思います。

エネルギーというのは、何かあった時、想定外になったとき、その次の一歩として力強く踏み出そうというエネルギーのこと。

採用には媒体も利用していますが、なんとなく就職や転職を考えている人もいますし、能力的には優秀な人でも自己認識が甘く、イメージに流されて転職している人もいますが、そういう人は踏ん張りがきかないですよね。

それに比べるとセカンドカレッジ生はエネルギーが強い人が多いですね。
そういうエネルギーがある人達を集めるのは一番難しいと思うのです。
エネルギーというのは経歴のように絞り込むこともできませんし、書類選考では見極められないものですから。

セカンドカレッジは、エネルギーある人が多いという意味で他にはないサービスだと思います。
実際セカンドカレッジ生を採用してみていかがですか
今は現場ではなくてはならない存在になりました。

ゴルフ好きだし、彼だからできるキャラクターも良いです。
へこたれずに頑張ってくれて、期待以上です。
育て甲斐もありますし、厳しいことを言っても真剣に受け止めてくれているので、成長意欲も感じられますね。

仕事では担当のページを持っいて、責任感を強く持ってやっています。
先月号も数ページ担当していましたし、今月は巻末9ページを担当します。
まだ入社7か月目ですが、すでに戦力になってくれています。

スタートを切った最初の一年としてはまずは取り組み姿勢が良いです。

いかがでしたか? 次はあなたの番です!

あなたも新たな社会人生活をスタートさせてみませんか?
まずはお気軽にお申し込みください