面接で自己紹介を求められたら?気を付けたいポイントやコツを紹介!

面接で自己紹介を求められたら?気を付けたいポイントやコツを紹介!

初めての就職・転職活動の場合、面接における自己紹介をどのように行えばいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。

自己紹介は自分の第一印象を決める重要な部分なので、準備すべきことや気をつけたいポイントなどを押さえておくことが大切です。話す内容とともに態度にも気をつけなければなりません。今回は、面接での自己紹介の仕方を説明します。

 

面接で自己紹介を求められる理由

面接で自己紹介を求められる理由

面接で自己紹介を求められるのには、もちろん理由があります。1つではないので、ここでしっかり確認していきましょう。

活躍できるか判断するため

企業面接で自己紹介が求められる理由の1つは、応募者が会社で活躍できるかどうかをチェックするためです。

自己紹介では、応募者の持っているスキルや学んできたこと、経験・実績などを企業側に知ってもらえます。これらのポイントが企業側の求めている人材とマッチしているかをチェックすることで、活躍できるかどうかが判断されます。

最低限のビジネススキルやマナーをチェックするため

自己紹介を通して、応募者の基本的なビジネススキルやマナーがチェックされていることも少なくありません。話す様子や仕草などからコミュニケーションがしっかり取れていることをチェックします。

さらに、ビジネスパーソンとしての敬語の使い方や目線といった細かいポイントをチェックする企業もあります。

その他の理由

他にも、緊張している応募者の気持ちを少しでも和らげるために、自己紹介の時間を設けているケースもあります。この場合、応募者に自由に話してもらうことで、そのあとの質疑応答もスムーズに行ってもらうことが目的です。

面接における自己紹介と他の質問の違い

面接における自己紹介と他の質問の違い

自己紹介を求められる理由はいかがだったでしょうか。ここからは自己紹介はほかの質問とはどのように違うのかを解説していきます。

自己紹介と自己PRは異なる

自己紹介は自分の基本的な情報を知ってもらうことが主な目的です。氏名や経歴などのほか、持っているスキルや知識、特技などにも触れながら自分の特徴を伝えます。

自己紹介のために設けられる時間は短いことが多いので、こららの情報は要点をまとめて簡潔に伝えなければなりません。応募者の中には、自己紹介の際に自己PRもしてしまう人がいます。

企業側の求めている情報とは違うことを話してしまうと、ネガティブな印象を持たれてしまう恐れがあるので注意しましょう。自己PRは自己紹介のあとに聞かれる可能性があるため、それぞれの回答は分けることが重要です。

自己紹介は他の質問のきっかけづくり

自己紹介で触れた情報は、自己PRや質疑応答などで採用担当者から質問されることもあります。そのため、自分がアピールしたい内容があれば、自己紹介で触れておきましょう。より深く採用担当者の方から質問してもらえる可能性があります。

情報に触れる際は、必要なワードのみを出すよう注意しなければなりません。あまり長く話すと自己PRになってしまいます。

 

面接の自己紹介で特に意識したいこと

 

面接の自己紹介は一番初めに行うことが多いため、応募者の第一印象を決定づける重要なポイントとなっています。ここでは重要なポイントである自己紹介で意識すべきことをご紹介していきます。

最低限のビジネスマナーは意識する

採用担当者に自分がどのような人間かがわかるよう、知ってもらいたいことははっきり伝えることが大切です。さらに、話す内容以外にも、態度や面接担当者への対応・話し方などもチェックされているケースは少なくありません。ネガティブなイメージを持たれないためにも、最低限のビジネスマナーは身につけておきましょう。

自己紹介でつまづくと後に響く

面接開始後は緊張してうまく話せないことも多いです。自己紹介でつまずいてしまうと、そのあとの自己PRや質疑応答でうまく話せない応募者もいます。自己紹介は事前にしっかり練習して、スムーズに話せるよう練習しておく必要があります。内容は簡潔にまとめて、長くは話さないよう意識しましょう。長くなってしまうと、重要なポイントがわからなくなり、採用担当者に伝わらない恐れがあります。

面接での自己紹介で必ず伝えたい内容

面接での自己紹介で必ず伝えたい内容

自己紹介で意識すべきことはいかがだったでしょうか。ここからは自己紹介で必ず伝えたい内容をお伝えします。

最後に意気込みを添える

自己紹介では、まず氏名と現在の所属先について話します。所属先については、採用担当者に現在どのようなことをしているのかイメージしてもらうためにも、伝えておかなければなりません。具体的には、大学名と学部・学科・研究室などです。

さらに、自己紹介の締めでは応募時の意気込みを添えると、より自分のイメージを印象づけられます。ここを自己紹介で伝えておくことで、自己PRや志望動機などにもつなげやすくなります。

あえて詳しく話さない

プロフィールは詳細に伝えるのではなく、要点を大まかにまとめておくことが重要です。プロフィールをあまり詳しく話しすぎると、採用担当者が質問するスキを作りづらくなります。

質問してほしいポイントを大まかに伝えることで、採用担当者から質問されやすくなります。例えば、学生時代の部活動に関して話す場合、何をどのように工夫して頑張ったかを盛り込むのではなく、目標や成果を簡潔に伝えます。

こうすることで、目標達成のために何を工夫したのかなどを質問してもらえる可能性があります。

面接での自己紹介に盛り込むと効果的な内容

面接での自己紹介に盛り込むと効果的な内容

ここからはなくてもよい情報になりますが、伝えられればより効果的にアピールできる内容になりますので、是非確認していきましょう。

自分のスキル

これまでの経験で数字としてはっきり示せる実績があれば、自己紹介に盛り込んでみましょう。大きな強みは自己PRにも活かすことができるほか、採用担当者に興味を持ってもらえるポイントにもなります。

裏付けできる数字がない場合、リーダーシップや交渉力など自分のスキルに関するワードを端的に伝えます。ただし、自分の性格に関連する強みは、具体的に仕事へどう活かせるのかイメージしてもらいにくい場合は避けて話したほうが賢明です。

可能であれば、応募先の企業・職種で役に立つスキル・経験があれば一言で伝えましょう。より自分に興味を持ってもらった状態で、自己紹介以降の話を聞いてもらえる可能性があります。

仕事に関連する内容

自己紹介は時間が限られています。そのため、仕事に関連する内容は厳選しなければなりません。内容を選ぶときは、企業・職種と自分のスキル・知識に関する共通点で絞ります。

この共通点は企業側の求める人材像とマッチしやすいため、採用担当者に興味を持ってもらいやすいです。さらに、企業・職種ごとの特徴を捉え、応募先ごとに内容を変化させると、より効果的にポジティブな印象を持ってもらえる自己紹介となります。

 

面接の自己紹介の長さ

面接の自己紹介の長さ

自己紹介は一方的なものになりますので、その長さには注意をしましょう。ここでは目安となる一般的な長さをお伝えしますので、参考にしてみてください。

一般的には1分以内

面接における自己紹介の一般的な長さは、1分以内です。採用担当者からもこの時間内で自己紹介を済ませるよう求められることも多いので、練習する際はこの時間を目安に行いましょう。

1分間の自己紹介を文字数にすると250~300文字程度です。早口になりすぎるとこの文字数は30~40秒程度で話し終わってしまうので、口に出して落ち着いて話せる練習をしておきましょう。ただしこれは時間だけの問題ではなく、ゆっくり話すことで内容が伝わりやすくなります。

企業によって異なる

企業によっては求められる自己紹介の長さが違います。30秒や2分といった時間を指定されるケースもあるので、数パターンの自己紹介を練習しておくことが大切です。

また、職種にもよりますが、時間が指定されている場合でも数秒程度のオーバーであれば悪い印象を持たれる心配はありません。採用担当者に理解してもらえることを重視した話し方・早さで自己紹介を行いましょう。

面接の印象をアップさせる自己紹介の伝え方

面接の印象をアップさせる自己紹介の伝え方

ここからは自己紹介の印象をアップさせる方法をお伝えしますが、実はこれらの内容は自己紹介に限ったことではありません。面接全体に生きてくる内容になりますので、必ず確認しておきましょう。

返事をする

面接で自分の印象をアップさせるには、明るい人や前向きな人をイメージしてもらえる伝え方を意識することが重要です。

具体的には、まず「自己紹介してください」と採用担当者から言われると、「はい」とはっきり返事をします。笑顔で答えることにより、明るく元気のある人という印象を与えやすくなります。

さらに、返事をしたうえで話し始めると、受け答えがしっかりした人と思ってもらいやすいです。緊張してうまくできない場合は、練習のときから返事の発声も行っておきましょう。

姿勢を正す

自己紹介は声や顔の明るさだけではポジティブな印象を持たれません。背筋を伸ばし、姿勢をよくして話すというのも意識することが重要です。

背中が曲がっていたり、落ち着きなく手足を動かしたりしていると、だらしない印象を持たれかねません。手の位置に関して、男性の場合は手を軽く握った状態で膝の上に添えます。

女性は左手を前、右手を後ろにして組み、膝の前方へ添えるのが綺麗な形です。

基本情報は最初に伝える

氏名や出身地などについても、適切な伝え方があります。

氏名などは自分の基本的な情報となっているため、自己紹介の最初に伝えておくのがマナーです。基本的な情報を話さずに自己紹介を始めるのはマナー違反なので、ネガティブな印象を持たれる可能性があります。

基本情報にプラスアルファの情報を伝える

氏名などの情報のあとに出身地を加えると、適度にユーモアのある自己紹介が可能です。出身地には特産品や有名な土地なども付け加えると、より具体的に採用担当者がイメージできます。

応募者としての評価には関係のない話ですが、緊張をほぐしたり、その場の空気を和ませたりする効果に期待できます。また、面接は採用してもらうことが目的なので、志望理由についても少し触れると効果的です。

面接での自己紹介で気を付けたいこと

面接での自己紹介で気を付けたいこと

自己紹介をする際に気を付けたいことをまとめてみました。是非確認してみましょう。

聞かれたことのみ答える

面接では採用担当者から聞かれたことだけに答えるのが基本です。「お名前を教えてください」などと言われた場合は氏名だけを答えます。そこから話を広げて、無理に自己紹介を始める必要はありません。

さらに、情報を伝えることだけに気をとられないことも大切です。笑顔を見せつつハキハキ話すといった印象の良い話し方も心がけましょう。

また、情報を詰め込みすぎるのも、控えるようにしなければなりません。時間が足らなくなり、本当に伝えたいことが話せない恐れもあります。

丸暗記しない

他にも、用意した内容を暗記して思い出しながら話すのではなく、自分の言葉でオリジナルの内容を話すことが重要です。採用担当者は人材を募集している時期、毎日のように応募者の面接をしています。

そのため、暗記をしたマニュアルに則ったような自己紹介は他の応募者との差が生まれにくく、印象に残らない可能性もあります。自分だからこそ言える内容にこだわり、他の応募者と差をつけましょう。

 

面接の自己紹介で評価が下がるとき

面接の自己紹介で評価が下がるとき

内容の良い自己紹介でも、長すぎると評価が下がる恐れがあります。長い話は採用担当者に飽きられてしまうほか、話をまとめられない人という印象を持たれかねません。要点をまとめて、スマートな内容を心がけましょう。

謙虚すぎる

謙虚すぎる内容はマイナスの評価につながるので控えなければなりません。謙虚な姿勢は好印象につながりますが、度が過ぎるとネガティブな発言にも聞こえてしまい、後ろ向きな人と評価される可能性があります。

ネガティブな内容になっている場合は、長所や強みに言い換えることが大切です。ラフすぎる内容は真面目に話していると思われない恐れがあり、社会人としてのマナーを問題視されることにもつながります。

適度なユーモアであれば、ポジティブな印象にもつながるので問題ありません。

ラフすぎる

また、敬語・言葉遣いには特に気をつけましょう。基本的な敬語や言葉遣いに誤りがあると、社会人として最低限のビジネススキルを持っていないと判断されることもあります。

緊張のしすぎで普段通りの言葉が出てしまうケースもあるので、しっかり練習を行い自然に敬語を話せるよう準備することが重要です。

過度な笑み

自己紹介中は笑顔を作りながら話すことも重要ですが、あからさまに笑うのは避けましょう。真面目な印象を与えられず、面接への真剣味が足りないと判断されることもあります。

面接での自己紹介でよくある失敗例

面接での自己紹介でよくある失敗例

自己紹介の際にやってしまいがちな、よくある失敗例をまとめてみました。事前に予防できることなので、確認しておきましょう。

仕事とは関係のない内容で終わる

面接での自己紹介は仕事と関係のない、プライベートな内容だけで終わってはいけません。採用担当者の知りたいことは、仕事に活かせる経験や能力があるかどうかです。

人となりを伝えるために、プライベートな内容を盛り込むことも大切ですが、採用担当者の知りたいことも考えて話しましょう。

さらに、仕事に関係するスキル・経験を伝える際は、どのように活かせるのかまで話すとより効果的です。これにより、採用担当者は応募者が入社してからの働き方までイメージできます。活躍できると判断されれば、次の選考に進める可能性もあります。

話がまとまらずに頭が真っ白になる

自分の経歴は全て時系列で話してはいけません。自己紹介に時間がかかりすぎるので、要点をピックアップして伝えたいことのみを話す必要があります。

ピックアップすべき内容は、志望する企業や職種の特徴も踏まえて考えると、採用担当者に興味を持ってもらいやすいです。

もし、自己紹介中に緊張で頭が真っ白になってしまったら、エントリーシートや履歴書に記載した内容を思い出しましょう。考えてきたことを忘れても、落ち着いてこれらを思い出すことで、自己紹介の内容を思い出しやすくなります。

面接対策では自己紹介にも力を入れよう

面接対策では自己紹介にも力を入れよう

自己紹介は面接で応募者の第一印象を決める重要な役割があります。自己PRや志望動機なども大切ですが、自己紹介も面接対策として準備しておかなければなりません。

事前に練習を行い、当日は緊張することなく話せるようにしておく必要がります。自分の経験やスキルなどがアピールできる自己紹介を用意して、内定を目指しましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC