就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

工場正社員は楽?仕事内容・平均年収・就職するコツまで徹底解説!

工場正社員は楽?仕事内容・平均年収・就職するコツまで徹底解説!
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「工場の正社員は楽なの?」「具体的な仕事内容や平均年収が知りたい」などと疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、工場の正社員は楽なのか、仕事内容・平均年収などを詳しく解説します。また、未経験から工場正社員を目指している方に向けて就職するコツまで紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

工場正社員は楽なのか

工場正社員は楽なのか

まずは「工場正社員正社員は楽なのか」について、詳しく解説します。

仕事は簡単なの?

「工場の仕事は楽」というイメージを持っている人もいます。これは間違いではありませんが、少なくともダラダラとやれるような仕事ではありません。1~2歩移動するのにも規定通りの動きを求める工場もあるほど、効率が求められる業務が多いので「楽な仕事」というイメージは持たない方が良いでしょう。

しかし、すべて業務が厳格であるというわけではなく、単純作業を繰り返すルーチンワークがメインの工場も多くあります。そもそも、工場の多くはオートメーション化されており、機械ではできない部分を人間が担っています。たとえばベルトコンベアから流れてくる製品で、指定された状態のものを取り除く仕事は、人間の目で確認しながら行わなければなりません。休憩はありますが、こうした作業を数時間続けることになり、楽と感じるかどうかは人それぞれでしょう。

正社員であれば単純作業だけではない

正社員になると「単純作業だけ」というわけにはいかなくなります。スキルアップが求められたり、管理業務を任される場合もあるでしょう。これは正社員ならではの役割なので、「責任が重くなってつらい」と後ろ向きに捉えないようにしましょう。

正社員であってもパートやアルバイトでもできる業務ばかりを続けていると、何かあれば真っ先にリストラ要員になるおそれがあります。自分なりにスキルを身につけて、より長く必要とされる人材であるように心掛けましょう。

「正社員」でれば、工場に限らずどの職種においても向上心が求められます。たとえば、以下のようなスキル・資格を得ると、工場で重宝される人材になるでしょう。

  • フォークリフトが運転できるようになる
  • 衛生管理や安全管理に関する知識・スキル・資格を得る など

正社員ともなると、一定の単純作業をこなすだけでは不十分とされる場合があります。もちろん、入社当初は単純作業をメインに行う可能性が高く、業務に慣れるために全体のみならず個別のことに関してもある程度の経験を積んだ方がよいでしょう。なぜなら、工場の正社員には個々の業務以上のことが求められるからです。そういった意味では「工場=楽」とは言い難いでしょう。しかし「やりがいのある仕事」とも言えますし、経験やスキルが認められれば昇給などの期待も高まります。ミスを発生させないだけでも立派なことなので、小さな実績をコツコツと積み上げていくことが大切です。

工場正社員の具体的な仕事内容

続いて、工場正社員の具体的な仕事内容を紹介します。

  • 工場のラインで働く場合
  • 工場の生産・品質の管理を行う場合
  • 工場の管理職として働く場合

それでは、詳しく解説していきます。

工場のラインで働く場合

工場正社員は、一般的にまず「ライン」と呼ばれる製造現場に配属されます。ラインとは、ベルトコンベアで流れてくる製品の加工・梱包・検品などを行う部署です。たとえば自動車の製造ラインでは部品の組立・チェック作業を行い、食品工場では食品のカット・弁当の箱詰めなどを行います。なかには、梱包・検品・仕分けだけを行うところもあります。

新人の工場正社員が製造ラインに携わる理由は、将来の管理職や工場長になることを期待しているため、まずはその会社の事業・各部署の業務内容を知ってもらうために製造現場に配属されるのです。一通りの研修を終えて立派な戦力になった正社員は、ライン作業だけではなく、現場をまとめる役割も担います。

  • 有期契約・非正規労働者が多い製造現場では、長期間フルタイムで働くリーダー
  • 管理職ではない若手の場合は、自らもライン作業を行うプレイングマネージャー

また、有期契約の多い製造現場では持ち場の知識しかない従業員がほとんどなので、現場の人材育成・教育も担っています。

工場の生産・品質の管理を行う場合

多くの工場には、他の業種と同じように人事・経理・総務などの間接部門もあります。工場の総務・庶務では、正社員・パートの間に大きな違いはありません。雇用形態も多彩で、契約満了による離職・新規採用も多い工場では、ほとんどが正社員となるホワイトカラーの業種などと比較して事務作業が多いことが特徴です。

また、大手企業の事務所では経理の仕事がない代わりに、本社スタッフとのやり取りを行う業務も発生します。このように工場の間接部門では、臨機応変に動くオールラウンダーが多い傾向です。

工場の管理職として働く場合

工場には、他の業種と同じように管理職などの役職も設けられています。正社員のキャリアアップによって就ける役職で、重労働中心の工場では係長・課長以上の役職となると同時に、現場を離れることが多い傾向です。

製造業における各管理職の役割・一般的な仕事内容は、以下で詳しく解説します。

係長の仕事内容

工場の係長とはプレイングマネージャーのことです。具体的な仕事内容は、以下の通りです。

  • 挨拶などの指導
  • 工程管理
  • 作業管理
  • 行動管理
  • 人材育成 など

一般的な製造現場では係長が正社員・派遣社員・パートなどを含めた20人以上のチームをマネジメントします。

課長の仕事内容

工場の課長になると、部・課のように管理対象の規模が大きくなります。昇進によって現場を離れた課長は、以下のような仕事を行います。

  • 稟議書や届出書の承認
  • 従業員の評価面談 など

また、課長は現場の責任者でもあるため、お客様やメーカーなどとの体外対応・新たなプロジェクトの創出なども行います。

部長の仕事内容

工場の部長になると、管理よりも事業経営の当事者として意思決定する仕事が多くなります。たとえば、現場の問題に対して改善方法・戦略の策定を行うなどです。係長・課長のような従業員個人を対象とした業務よりも、組織全体を動かす仕事が中心となることが特徴です。

工場長の仕事内容

工場長は工場の最高責任者ともいえ、現場からの叩き上げで就任する人が多いです。細かな序列は企業によって異なりますが、工場長を現場の長・部長を経営側の長と位置づける企業が多い傾向です。業務をすべて取り仕切る工場長は、以下のような仕事を行います。

  • 全体の目標設定
  • 働きやすい環境づくり など

また、工場内で労働災害が起きた場合、総責任者として責任をとることも工場長の役割です。

工場正社員の平均年収とは

ここからは、工場正社員の平均年収について厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査」を参考に解説します。

参考:厚生労働省

年代別でみる工場正社員の平均年収

工場正社員(男女計)の平均年収は以下の通りです。

年代別でみる工場正社員の平均年収

※平均年収は「決まって支給する現金給与額×12ヶ月」に「年間賞与+その他特別給与額」を加えた合算値しています。

上記の表を見ると、年齢が上がるにつれて平均年収も上がり、50代後半でピークを迎えることがわかります。工場の正社員は他の業種に比べて手当が充実しているので、年収が高くなりやすい傾向があります。

一般的な正社員と比べると年収は低い?高い?

他の業種と比較した場合、工場正社員の平均年収はどうなのでしょうか。

他の業種と比較した場合、工場正社員の平均年収

※平均年収は「決まって支給する現金給与額×12ヶ月」に「年間賞与+その他特別給与額」を加えた合算値しています。

工場の平均年収は約552万円なので、電気・ガス・熱供給・水道業や情報通信業、金融業・保険業などと比べると低く、建設業と同程度の水準です。また、運輸業・郵便業や宿泊業・飲食サービス業、生活関連サービス業・娯楽業などと比べると高い年収が望めるでしょう。

工場正社員の年収以外の待遇とは

ここからは、工場正社員の待遇について紹介します。

  • 休日
  • 福利厚生

それぞれ詳しく解説しますので、気になる方はぜひチェックしてください。

休日について

工場正社員の休日は、以下のように工場の稼働状況によって取り方が変わります。

  • 稼働が平日のみの場合:土日祝日が休み
  • 24時間365日稼働の場合:シフト制の勤務

その他にも、3日働いて1日休みの「3勤交代制」・4日働いて2日休む「4勤2休」など、工場によってさまざまな働き方があります。正社員として勤務する場合、工場の休日がどのように設定されているのか確認するようにしましょう。

福利厚生について

工場正社員は、福利厚生が充実しています。具体的な待遇は、以下の通りです。

  • 残業手当・深夜手当
  • 経験者手当
  • 資格・技能手当
  • 皆勤手当
  • 通勤手当
  • 寮費無料・住宅手当
  • 食費支給・食費補助

もちろんメーカーによって手当の有無・金額の差はあります。たとえ基本給が低くても、これらの手当を合わせると年収も高くなるため、求人を比較検討する場合は手当までしっかりと確認するようにしましょう。

工場勤務の正社員と派遣社員の違い

ここからは、工場勤務の正社員と派遣社員の違いを以下の項目別に紹介します。

  • 仕事内容
  • 給与体系
  • 昇進
  • 福利厚生
  • 雇用期間

それでは、詳しく見ていきましょう。

仕事内容

正社員と派遣社員では、仕事内容にどのような違いがあるのでしょうか。

工場での正社員と派遣社員の仕事内容の違い

正社員の場合、主に管理の仕事が中心となります。昇進で現場作業が少なくなる場合もありますが、仕事に対しての責任が求められます。一方、派遣社員の場合は決められたことを守る責任はありますが、大きな責任を追うことまではあまりありません。

給与体系

正社員は月給制で働く場合が多いですが、派遣社員の場合は時給制がほとんどです。もちろん派遣会社によっては月給制・日給制・年俸制で契約しているところもありますが、働いた時間によって収入が変わる場合が多いです。

昇進

正社員は、会社の中で昇進して従業員・工場をマネージメントする役職に就けます。具体的には、チームリーダー・班長・課長などです。一方で派遣社員は昇進することはないため、もしマネージャー職を目指したい場合は正社員を目指すとよいでしょう。

福利厚生

福利厚生は、正社員・派遣社員ともに基本的なものは揃っています。たとえば通勤手当・社会保険などです。

一方、資格取得の補助・研修制度などは、以下のように差があります。

  • 正社員:資格試験費用・学費の一部・OJT研修などの補助が出る
  • 派遣社員:なし

しかし、派遣会社によって独自の資格取得支援があるところもあります。また、資格によっては派遣会社を通して補助金を受け取れる可能性もあるので確認しておきましょう。

雇用期間

正社員は雇用期間が定められていないため、基本的に定年まで働けます。そのため、安定したライフスタイルの設計が可能です。

一方、派遣社員は契約期間によって、働ける期間が定められています。また、法律によって同じ事業所で3年以上働けないため、そのタイミングで別の派遣先への移動が発生します。

正社員として工場で働くメリット

正社員として工場で働くメリットは以下の通りです。

  • 給料が比較的高い
  • 福利厚生が充実している
  • 学歴に関係なく実力次第で出世できる

以下で詳しく解説します。

給料が比較的高い

工場正社員の給料は、比較的高い傾向となっています。たとえば24時間稼働している工場で深夜に働けば「深夜手当」がもらえ、繁忙期などに残業すると「残業手当」がもらえます。新入社員であっても各種手当がつくことで、同年代よりも高い給料がもらえる可能性もあるでしょう。

福利厚生が充実している

工場正社員は、福利厚生が充実していることが多いこともメリットです。働く工場によって差はありますが、以下のような手当が受けられます。

  • 入社祝い金
  • 家族手当
  • 健康診断の補助
  • スポーツクラブの会員補助
  • 結婚祝い金
  • 出産祝い金 など

なかには寮・社食を完備している会社もあり、それらを利用することで家賃・光熱費・食費を安く抑えることができます。

学歴に関係なく実力次第で出世できる

工場の仕事は、学歴に左右されません。他の業種であれば、学歴によって入社時の待遇から出世まで影響する可能性もあります。しかし、工場の場合は学歴に関係なく、実力次第で昇給・出世も可能です。そのため、たとえ高卒であっても頑張り次第で工場長・管理職に就くこともできます。

正社員として工場で働くデメリット

正社員として工場で働くデメリットは以下の通りです。

  • 体力が必要
  • 残業・休日出勤がある可能性がある
  • 精神的なストレスも多い

以下で詳しく解説します。

体力が必要

工場の仕事は、体力が必要な作業が多いです。仕事中は立ちっぱなしで作業することも珍しくなく、とくに若いうちは仕事を覚えるために現場で働くことが多いので、仕事がハードだと感じる場合もあります。

管理職になれば現場作業も少なくなりますが、現場で働き続ける場合は年齢とともに仕事がつらく感じる可能性もあります。

残業・休日出勤がある可能性がある

工場では、繁忙期になると残業が増える場合があります。ときには休日出勤しなければならない可能性もあるでしょう。シフト制の場合は、日によって日勤・夜勤が入れ替わるため、プライベートの予定が立てにくい・生活リズムが崩れやすいといったデメリットがあります。

大手企業では残業・休日出勤などがないところもあります。しかし、中小企業では残業・休日出勤の可能性があると考えておくとよいでしょう。

精神的なストレスも多い

工場正社員は、精神的なストレスが多くなります。とくに新入社員のうちはパート・アルバイトの人たちと一緒に現場で働くこともありますが、たとえ同じ仕事をしていても正社員の方が責任が重くなります。

現場で働き続けるパート・アルバイトと、これから昇進して管理職になる正社員との違いといえばそれまでですが、責任の重さが負担になって「つらい」と感じることもあるでしょう。

未経験でも工場正社員になれる?

工場は、社会に必要なものが次々と生み出されており、ほとんどの工場では随時求人が行われています。その多くは「未経験可」「未経験者歓迎」というもので、さらに正社員登用への道が開かれています。未経験者がいきなり正社員となることは難しい工場であっても、見習い・パート・アルバイトから始めて仕事を覚えていくことは可能です。

正社員への登用は特別な施策ではなく一般的なもので、通常は年2回ほど正社員登用試験が実施され、規定の条件をクリアすれば正社員として働けます。工場正社員になるための基準は、会社によって異なりますが、基本的な条件は以下の通りです。

  • ルールが遵守できているか
  • 試験で所定以上の成績がとれているか
  • 勤務態度は良好か
  • 基本的な技能が身についているか など

上記のような正社員登用の規定は、工場で働く人にとっては当然満たすべき条件であるといえます。

工場正社員になるには、その企業の一員として長く働ける人材であると期待されなければなりません。いつ辞めてしまうかわからない人材だとみなされてしまうと、企業は安心して採用できません。逆をいえば、たとえ未経験であっても仕事を真面目に行い、ルールを守って働ける人であれば、正社員登用のチャンスは大いにあるといえるでしょう。

未経験から工場正社員になるコツ

未経験から工場正社員になるコツは以下の4つです。

  • 条件だけにとらわれない
  • 志望動機を明確にしておく
  • 徹底的に企業研究を行う
  • エージェントを利用する

未経験から工場正社員を目指している方は、ぜひチェックしてください。

条件だけにとらわれない

工場の仕事を探していると、以下のようにさまざまな条件の求人情報があります。

  • 週に4日勤務で〇〇円
  • 勤務日は自由 など

せっかく高収入も狙える工場に就職・転職するなら、できるだけ収入が高いところや、休日が取りやすいところを選びたいものです。また、安定して働きたい場合、派遣社員・契約社員・アルバイトからのスタートであっても、将来は正社員として雇用される可能性はあるのか確認しておくことも大切です。

未経験で始めた場合、まず最初は製造ラインで技術をしっかり習得し、その後は製造ラインのサブリーダー・リーダー・現場を統括する役職へとステップアップすることが一般的なキャリアプランです。入社後どのようなキャリアを積めるのか、面接の場合にきっちり確認しておくとよいでしょう。

志望動機を明確にしておく

未経験から工場正社員を目指す場合、志望動機を明確にしておくことが大切です。

自分の強みをアピールする

志望動機を伝える場合、自分の強みがいかにその仕事・企業にマッチしているかをアピールすることが重要です。工場勤務の場合にぴったりな強みは、以下の通りです。

  • 体力に自信があるから力仕事が得意
  • 単純作業を延々と繰り返すことが得意
  • 正確かつスピーディーな作業ができる など

強みをアピールする場合、工場の仕事に関連する内容を選ぶとよいでしょう。

健康面・勤勉さをアピールする

工場の仕事は、単調かつ体力が必要です。そのため、工場勤務に向いている人の特徴は、以下に該当する人でしょう。

  • 体力に自信がある
  • 真面目にコツコツ作業ができる
  • 風邪を引くことがほとんどなく、欠勤が少ない など

上記はどの業種でも求められることではありますが、工場の場合は他の業種と比べてとくに体力面が重視されるため、体力や勤勉さに自信があるというアピールの根拠となる事例を積極的に盛り込むとよいでしょう。

どの企業にも当てはまるアピールはしない

工場正社員を目指す場合、その工場・企業に当てはまるアピールを考えなければなりません。たとえば、以下のような言い回しは一見「理にかなっている」と思われがちです。

  • 〇〇という御社の経営理念に共感して……
  • 自分の信念と会社の方針が〇〇の面で一致していて…… など

しかし、裏を返せばいかにも就活対策本に書いてありそうな決まり文句でもあるのです。そのため「どの企業にも同じように志望動機を伝えているのだろうな」と、採用担当者が見抜いてしまう可能性があります。

志望動機には、その企業・工場だけに通用する内容を盛り込むことが大切です。応募先の企業に合わせた志望動機は、以下のステップを参考に考えているとよいでしょう。

  • 企業理念を読み込む
  • 企業独自のポリシーを見つける
  • 自分が共感した理由を具体例と合わせて伝える

上記ステップを参考に志望動機を考えれば、その企業だけに向けた熱い志望動機が見つけられるでしょう。

勤務条件を志望動機にしない

休日数が多い・同業他社よりも給料がよいなど、勤務条件を志望動機にしない方がよいでしょう。なぜなら、企業側から以下のようなネガティブイメージを抱かれるからです。

  • 仕事内容ではなく、条件にこだわりがある
  • 会社に対して愛情・熱意を持ってくれる感じがしない
  • 条件のよい会社が見つかればすぐに辞めそう など

志望動機を伝える場合、条件面に関して触れない方が無難といえます。

スキルアップ・職場環境を理由にしない

企業が採用したいと思う人材は「会社に貢献したい」という気持ちを強く持っている人です。もちろん仕事に向いているかも重要ですが、いくらスキルがあっても会社への思いがなければ採用したいとは思いません。

  • 〇〇のスキルを身につけられるから
  • 〇〇の実績を積めるから など

上記のような志望動機はよさそうに聞こえるかもしれません。しかし、結局は自分本位な志望動機でしかないため、スキルアップ・職場環境を理由にしたい場合は以下がおすすめです。

  • 〇〇の実績を積んで御社の〇〇に関わる部署で活躍したい
  • 〇〇のスキルを身につけて将来的には御社の〇〇に関わりたい など

企業側は「せっかく採用するなら長く会社に貢献したいと考える人がいい」と考えるため、上記のような伝え方をするとよいでしょう。

徹底的に企業研究を行う

効果的な志望動機を考える場合に欠かせないことが「企業研究」です。志望動機を見れば、上辺だけではなく深い部分までしっかり理解した上で、その企業を志望しているかどうかがわかります。そのため、徹底的な企業研究を行うことが大切です。

企業研究を行う場合のポイントは、以下のようになっています。

  • 企業理念を読み込む
  • 事業内容に不明点がないようにしておく
  • 企業の基本情報を書き出して暗記する

志望動機は履歴書・職務経歴書に記入するだけではなく、面接でも必ず聞かれる項目です。そのため、うまく記入すればいいというものではなく、面接の場合に困らないようにきちんと頭に入れておきましょう。

エージェントを利用する

工場正社員への就職・転職をする場合、エージェントの利用がおすすめです。なぜなら、以下のようなメリットが得られるからです。

  • 求人票にない情報を入手できる
  • 好条件の求人を紹介してもらえる

また、就職・転職に関するあらゆるサポートが受けられるため、就職・転職が始めてという方におすすめです。

正社員を目指すなら就職カレッジ®がおすすめ

正社員を目指す場合、未経験に強い就職エージェントである「就職カレッジ®」の利用がおすすめです。

  • 未経験の正社員就職に特化
  • 総合的なサポートで就職成功率が通常の2倍
  • 就職後まで充実サポートで入社後の定着率90%以上

以下で詳しく解説します。

未経験の正社員就職に特化

就職カレッジ®は、フリーター・第二新卒・未経験などの就職に特化したサービスです。正社員経験がない人・少ない人の就職支援に特化しているため、最終学歴・正社員経験の有無を気にすることなく就職先を探せます。

また、就職カレッジ®でしか紹介されない独占求人が豊富という特徴もあります。さらに、掲載されている求人も「未経験者歓迎」という企業が多いです。そのため、就職カレッジ®には未経験者でも就職に成功しやすい環境が整っているのです。

総合的なサポートで就職成功率が通常の2倍

就職カレッジ®には、以下のようなことが学べる無料の就職講座が用意されています。

  • ビジネスマナー
  • 履歴書作成や面接対策
  • 自己分析や企業研究のやり方

就職する前に自己分析・企業研究ができるため、ミスマッチのリスクを軽減することが可能です。こうした手厚いサポートがあるため、就職カレッジ®の就職成功率は驚異の80%を超えています。一般的なフリーター・既卒の就職成功率は約34.4%なので、80%以上という数字がいかに驚異的かがわかるでしょう。一般的な方法で就職するより、就職カレッジ®を利用した方が2倍以上も成功率が高まるため、内定確率を少しでも高めたい方にもおすすめです。

就職後まで充実サポートで入社後の定着率90%以上

就職カレッジ®では就職前はもちろんのこと、就職後まで充実したサポートが受けられます。なぜなら「就職してからも安心して社会人生活を過ごすこと」をゴールに設定し、就職支援を行ってくれるからです。そのため、就職した後もこれまで担当してくれた専任アドバイザーに無料で相談することができます。

就職カレッジ®では、充実したアフターフォローを受けられることもあり、入社後の定着率が90%を超えています。就職カレッジ®を利用した就職・転職は、早期離職するリスクも減らせるため、キャリアを無駄に傷つけないというメリットもあるのです。

まとめ

工場正社員の仕事を楽と感じるかどうかは人それぞれですが、派遣社員やアルバイトなどより責任を追わなければならない立場となります。

とはいえ、工場正社員は手当が充実しているため、他の業種よりも高い年収を期待できるというメリットがあります。また未経験からでも工場正社員に就けるため、目指している方もいるのではないでしょうか。

工場正社員は、一般的な就職・転職方法でも行えますが、エージェントを利用することで成功率をグッと高めることが可能です。

今回紹介したことを参考に、就活カレッジ®を利用して工場正社員を目指してみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター