就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

正社員と派遣社員はどっちがいいの?それぞれのメリット・デメリットを解説

正社員と派遣社員はどっちがいいの?それぞれのメリット・デメリットを解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

正社員と派遣社員ってどっちがいいの?どっちの方が稼げるのか、安定しているのかわからないから心配…。」と悩んでいる方も多いと思います。

この記事では、正社員と派遣社員どっちがいいの?正社員・派遣社員として働くメリット・デメリットについて解説します。正社員から派遣社員になることで後悔する理由やそれぞれのおすすめの人についても紹介します。

更に、自身だけで就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。 この記事を読んで、就職を勝ち取りましょう!

正社員と派遣社員どっちがいいの?

正社員と派遣社員どっちがいいの?

正社員と派遣社員のどちらがいいのかは、本人の状況や目的によって大きく異なります。正社員が向いている人がいれば、向いていない人も存在しているため、一概に「正社員として勤めるべき」といった考えは誤っていると言えるでしょう。

特に金銭面、働き方など人によって変わってきているため、人によって異なります。例えば、安定した収入や労働環境を確保したい場合は正社員、時間・やりたいことを優先したい場合は派遣社員の方が向いている可能性が高いです。

自分にとって最も優先するべき内容や状況に合わせて、正社員・派遣社員どちらかを選択することで後悔なく活動できるでしょう。

正社員と派遣社員は自分の軸を定めて決めよう!

正社員と派遣社員どちらを選択するべきかは、自分の軸を定めることで決めやすくなります。例えば、積極的にキャリアアップを狙い、気になる企業へ転職を考えているなら、派遣社員より正社員として勤める方がいい可能性が高いです。

一方、プライベートの充実や子育てにじっくり時間をかけたいなら、正社員ではなく派遣社員として勤めた方が活動しやすいでしょう。

軸にする内容は人によって異なるため、他の人と全く同じになることはありません。何を自分が優先したいのか軸を決めてから優先したいことが叶う働き方を選択することが重要です。

正社員と派遣社員はどっちの方が稼げる?

正社員と派遣社員では、正社員の方が稼げる可能性が高いです。厚生労働省が実施した「賃金構造基本統計調査結果の概要(6) 雇用形態別にみた賃金」によると、2020年時点で正社員の平均賃金は約32万円に対して、非正規社員の平均賃金は約21万円です。

正社員は給与から税金や年金・保険料などが差し引かれていますが、非正規社員は社会保険料以外は自分自身で払う必要があります。21万円の賃金から年金や税金を支払うと、実質的な給与は12万〜15万円前後と考えられるでしょう。

また、正社員と非正規社員を比較すると、約10万円の差が開いていることがわかります。非正規社員にはボーナスを始めとする特別報酬がない点や役職についていないケースが多いことから、非正規社員は正社員よりも給与が稼げない可能性が高いです。

引用元:「賃金構造基本統計調査結果の概要(6) 雇用形態別にみた賃金」

正社員と派遣社員 給料の逆転現象が起きている

前述の通り、基本的に派遣社員よりも正社員として働く方が稼げます。しかし、近年は正社員と派遣社員における、給与の逆転現象が起きています。

労働契約法の改正により、パーソルテンプスタッフやマンパワーグループなどの大手人材派遣会社では、一般事務派遣の時給を大幅にアップさせているのです。改正された労働契約法では、5年を超える有期雇用の派遣社員を無期雇用に転換する必要があるため、実質的に正社員と同様の形で雇用することになります。

また、無期雇用の間は次の派遣先が決定するまで、企業側が給与を支払う必要があり、これまで以上にコストがかかります。

さらに、社会的に非正規社員の給与を含めた待遇の低さが問題視されており、さまざまな面で待遇アップが実施されているのです。

正社員よりも非正規社員の需要が高まっていることも追い風となり、給与の逆転現象が起きています。

そのため、時給計算すると正社員よりも派遣社員の方が高いケースも増えており、効率的な働き方が進んでいます。働き方によっては正社員より派遣社員の方が稼げる可能性があるでしょう。

正社員として働くメリット・デメリット

給与の逆転現象が発生している正社員ですが、派遣社員にはないメリットが存在します。ここでは、正社員として働くメリット・デメリットについて解説します。

正社員として働くメリット

正社員として働くメリットは、以下の通りです。

  • 雇用環境が安定している
  • 昇給・ボーナスを得られることが多い
  • 業務の中核を任せられる

正社員として働く最大のメリットは、安定した雇用環境が確保されることです。基本的に派遣社員は限定された期間だけ企業に勤めるため、契約期間が終了すれば、別の会社で働くことになります。

一方、正社員は希望する企業に就職するため、契約期間は存在しません。契約期間の終了と同時に仕事がなくなることがないため、安心して働き続けられます。

また、正社員として働く場合、昇給・ボーナスを得られる可能性が高いです。派遣社員は限られた期間での査定となるため、企業での就業が決定した段階でボーナスがないと定められているケースもあります。

さらに、派遣社員は限られた期間での業務となるため、事務的な仕事を任せられる可能性が高いです。正社員は勤続年数や過去の実績を反映させて、業務の中核を任せられることもあります。

そのため、一つの企業でキャリアを積み上げていきたいと考えている場合は、正社員として働くメリットは大きいでしょ。

正社員として働くデメリット

正社員として働くことは、メリットだけではありません。正社員として働くデメリットは、以下の通りです。

  • 転勤や出張がある
  • 業務に関連する責任が増える
  • スキルがアップが期待できない

正社員として働く場合、転勤や出張が発生する可能性が高いです。もちろん、企業によっては転勤や出張の希望を断わることもできますが、積極的にキャリアアップを目指すなら断り辛い部分と言えます。

また、正社員は業務の中核を任せられるメリットがある分、業務に関連する責任が増えます。企業によっては一定の成果が求められたり、残業も余儀なくされるでしょう。プロジェクトが完了する達成感があるものの、完了までにストレスを感じる可能性が高いです。

さらに、クリエイティブな仕事であれば、スキルアップが見込めるものの、ルーティンワークがメインの仕事は、スキルアップが期待できないデメリットがあります。正社員でもスキルアップを目指すなら、クリエイティブ職に就く必要があるでしょう。

派遣社員として働くメリット・デメリット

派遣社員は正社員にないメリットが存在する分、デメリットも多い働き方です。続いては、派遣社員として働くメリット・デメリットについて解説します。

派遣社員として働くメリット

派遣社員として働くメリットは、大きく分けて以下の通りです。

  • 事前に業務内容を把握できる
  • 自分のスキルを最大限活かせる
  • 小回りの効いた働き方ができる

派遣社員は希望する企業に面接してから入社するわけではなく、派遣会社と契約を行い、勤務時間・業種を選択した上で働き始めます。もちろん働く企業によって業務内容は異なりますが、雇用期間前に業務内容が説明されます。

また、派遣社員は就業前に業種を選択できるため、自分のスキルを最大限活かせます。派遣会社から仕事を紹介してもらう前に、自分の持ち合わせている経歴やスキルをどのように活用できるか模索することもできるでしょう。

派遣社員は有期雇用となるため、コマ割りきいた働き方ができる点が特徴です。半年や1年間など、期間を区切って働けることで、様々な仕事や職場を経験できます。キャリアアップを目指すための経験として、派遣社員を続けることが可能です。

さらに、派遣社員の仕事は未経験でも働けるケースが多いです。出産や育児などで社会から離れてしまった場合でも、派遣社員として働きながら正社員への就職を目指すこともできます。自分のキャリアプランや生活状況に合わせて、小回りの効いた働き方を選択できるのは派遣社員として働くメリットと言えるでしょう。

派遣社員として働くデメリット

派遣社員として働くデメリットは、以下の通りです。

  • 雇用・収入が不安定
  • 責任のある仕事を任せられることが少ない
  • 一つの職場でキャリアアップが難しい

派遣社員は有期雇用契約となるため、あらかじめ派遣会社から紹介された企業で働ける期間が決まっています。定められた契約期間が終了するタイミングで、就業企業と面談が行われてから、状況に合わせて継続して働くかを決定します。

契約期間を継続するか判断する際に、契約更新ができなければ次の派遣先を紹介してもらうまで、無職となってしまうのです。正社員として働く場合は、契約期間が存在しないため、安定した雇用状態で働くことになります。

また、正社員として働く場合は、業務の中核を担ったり、長期間会社に貢献したりすることで、給与アップや賞与などが期待できるでしょう。一方、派遣社員には給与アップや賞与の支給がないことから、正社員よりも雇用・収入が不安定と言えます。

さらに、働ける期間が決まっていることから、責任のある仕事を任せられない可能性が高いです。責任のある仕事に関しては正社員が引き受ける形となるため、派遣社員として一つの職場でキャリアアップを目指すのは難しいと言えるでしょう。

正社員から派遣社員になり後悔?

比較的雇用や収入が安定していることから派遣社員から正社員を目指す人が多い一方で、正社員から派遣社員になる人もいます。派遣社員は正社員に無いメリットがあるため、キャリアプランや状況によっては、正社員から派遣社員になることでプラスになるケースも多いです。

しかし、中には正社員から派遣社員に転向したことで後悔する人もいます。ここでは、正社員から派遣社員になる人の割合や理由、口コミについて解説していきます。

正社員から派遣社員になる人は多い?

正社員から派遣社員に転向する人は、実際どの程度いるのでしょうか、一般財団法人日本人材派遣協会が調査したデータによると、派遣以外に経験した就業形態で「正社員のみ経験」と解凍した割合が24.8%、「正社員とその他の就業形態を経験」と回答した割合が57.6%でした。

つまり、約80%以上の人が派遣社員として働くまでに、正社員雇用を経験しているということになります。派遣社員として働いている人の全体の8割以上が正社員を経験をしていることから、一定数の人が働き方を転向したことに後悔している可能性が高いです。

ただし、全ての人が正社員から派遣社員へ転向したことに後悔しているわけではありません。本人の生活環境や状況に応じて派遣社員へ転向しているケースが多く、仕事のプレッシャーや残業時間など、正社員のデメリット部分を派遣社員になることで解消できるメリットがあります。

そのため、正社員としての働き方に不満や疑問を感じている人は、派遣社員として働く手段もあると、考えておくとストレスなく活動できるでしょう。

引用元:一般財団法人日本人材派遣協会「派遣社員WEBアンケート調査」

正社員から派遣社員になる理由

前述の通り、派遣社員として働いている人の約8割が正社員としての経験があります。正社員から派遣社員になる理由は、以下の通りです。

  • 業務のプレッシャーから解放されるため
  • 労働条件の改善のため
  • 人間関係の悩みを改善するため
  • ライフスタイルに合わせて働くため
  • 仕事を辞めやすいため

正社員は安定した雇用と給与を得られるメリットがありますが、業務に関連するプレッシャーや長時間残業などのデメリットがあります。派遣社員には昇給や賞与などがない分、¥業務に関連するストレスを大幅に軽減できることから、正社員から派遣社員に転向する人も多いようです。

また、派遣社員の場合、残業も少なく期間中の人間関係がメインとなるため、契約期間が終了すれば前職の人と一切関わらなくなることも少なくありません。仕事をプライベートに持ち越さないため、自分のやりたいことに最大限時間を使うことが可能です。

プライベートをメインにしたり、ライフスタイルに合わせて働いたりしたい人は、正社員から派遣社員に転校するケースが多いと言えるでしょう。

正社員から派遣社員になった人の口コミ

正社員から派遣社員へ転向することで、派遣社員のメリット・デメリットを享受できます。ここでは、正社員から派遣社員になった人の口コミを紹介します。

正社員でしたが、転勤族の国家公務員の人と結婚したので、

派遣に切り替えました。

切り替えてよかったです。

引用元:Yahoo!知恵袋

自分の場合は派遣会社の正社員から別の派遣会社の派遣社員になりました。

後悔していますよ今は、派遣会社の正社員から普通の企業の正社員の方にその時転職していたらまだよかったとおもっています。

派遣の経験は職歴扱い余りされないので、現在はアルバイトで生活してます。

引用元:Yahoo!知恵袋

めっちゃ後悔します。ボーナスでないし。また正社員になりたくてもいまの日本の市場じゃなれません。

引用元:Yahoo!知恵袋

上記の口コミの通り、正社員から派遣社員になった人の中には、後悔している人と充実している人が存在します。傾向として、プライベートやライフプランを重視している人は、正社員から派遣社員に切り替えても後悔しているケースが少ないです。

一方、給与や賞与などを重視している場合、正社員から派遣社員に転向すると後悔する可能性があります。業務内容やポジション面でも派遣社員は正社員に比べて低い傾向にあります。そのため、どうしても給与や賞与は派遣社員の方が低くなってしまうのです。

正社員から派遣社員になるのは勿体無い?

正社員から派遣社員へ転向することで後悔する人がいることから「正社員から派遣社員になるのは勿体無いの?」と考える人も多いでしょう。しかし、一概に正社員から派遣社員になることが勿体無いわけではありません。

人によっては正社員から派遣社員になることで、豊かな生活を送れることがあります。例えば、正社員として長時間残業・上司からパワハラなど、業務環境が悪い場合、派遣社員に転向した方が肉体的・精神的に安定した生活を送ることが可能です。

正社員としての雇用を重視しすぎてしまうと、肉体的・精神的に大きな負担を感じてしまい、体調を崩してしまうでしょう。精神的な不調をきたしてしまうと、最悪の場合は社旗復帰まで数年時間がかかることになります。そのため、正社員から派遣社員になることは勿体無いわけではないと言えるでしょう。

自分のキャリアプランに合わせた選択が重要

正社員から派遣社員へ転向を考えている場合は、自分のキャリアプランに合わせて選択が必要です。正社員として働いている場合でも、職場環境や人間関係など、様々な問題が発生します。正社員として働くことにこだわり、長期間ストレスを抱えてしまうと、働くことが困難になるため注意が必要です。

また、正社員から派遣社員になった場合でも、今後のキャリアプランに合わせて再度正社員を目指すこともできます。つまり、「正社員から派遣社員になったら後悔しかしない」と考えるのではなく、自分自身の状況に合わせて選択することが重要と言えるでしょう。

「正社員から派遣社員になって後悔するのか?」を深堀した記事もありますので、気になる方はこちらの記事も参考にしてみて下さい。

正社員から派遣になっても大丈夫!理由やメリットなどをご紹介

正社員と派遣社員がそれぞれおすすめな人

正社員と派遣社員には、それぞれメリット・デメリットが存在するため、自分に合った働き方を選ぶ必要があります。ここでは、正社員と派遣社員それぞれにおすすめな人の特徴について解説します。

正社員がおすすめな人

正社員として雇用されるのがおすすめな人の特徴は、以下の通りです。

  • 安定した雇用・収入を求める人
  • 社会的信頼度を求める人
  • 充実した教育を受けながら仕事を進めたい人

正社員は雇用契約に期間が定められていないため、急に仕事がなくなることもありません。毎日出勤していれば一定の給与を得られることから、安定を求める場合は正社員の方が最適と言えるでしょう。

また、正社員は社会的な信用度が高く、信用情報が必要になる場面では大きなメリットとなります。例えば、クレジットカードや住宅ローンの審査などは、社会的信用度が高ければ高いほど「返済能力がある」と見なされるため、融資を受けられる可能性が高いです。

さらに、正社員として企業に入社すれば、充実した教育を受けながらキャリアアップを目指せます。社会生活において、長期的に必要なスキルを入社した企業で身につけたいと考えているなら、正社員雇用がおすすめと言えるでしょう。

派遣社員がおすすめな人

派遣社員としての雇用がおすすめな人は、以下の通りです。

  • プライベートを充実させたい人
  • スキルアップに専念したい人
  • 兼業や副業に時間を使いたい人

正社員として働く場合は、急な仕事が発生したことで早出や残業が要求されることがあります。一方、派遣社員として働く場合、企業に時間を縛られる可能性が低く、プライベートの時間を充実させられます。

また、派遣社員は様々な企業で働けるため、複数のスキルを身につけられます。パートやアルバイトなどの働き方に比べて、派遣社員はスキルアップしやすい環境です。未経験の業界に就業する場合でも、派遣会社側が業務を説明してくれたり、企業側が働ける環境を整えてくれます。

さらに、派遣社員の企業に拘束される時間は正社員に比べて短いため、他にメインで取り組んでいる仕事や副業に力を入れたい場合にもおすすめです。一つに企業に縛られることなく、フレキシブルに働きたいと考えているなら派遣社員は最適と言えるでしょう。

派遣社員から正社員を目指す方法

正社員から派遣社員へ転向する人がいる一方で、派遣社員から正社員を目指す人も存在します。ここでは、派遣社員から正社員を目指す方法について解説します。

既存の職場で紹介派遣を狙う

派遣社員から正社員を目指すなら、既存の職場で紹介派遣を狙う方法があります。紹介派遣とは、派遣社員として働きながら、派遣先企業で正社員を目指せる働き方です。最長6ヶ月間の派遣社員期間が終了した後、本人と派遣先企業が合意すれば正社員として働けます。

就業者は派遣社員として働きながら、正社員を目指しつつマッチする企業なのか見極められます。派遣先企業も自社に合った人材なのか判断した上で採用を決定できるため、非常にマッチング率が高い点が特徴です。

正社員としての雇用を前提として働くため、効率的に正社員を目指せます。ただし、6ヶ月の契約期間が終了した場合でも、必ず正社員になれるわけではありません。契約を打ち切られるケースや期間が延長することもあるため、あらかじめ注意しましょう。

無期雇用派遣も検討する

派遣社員から正社員になる方法は、紹介派遣として働くだけではなく無期雇用派遣も存在します。無期雇用派遣とは、契約期間を設けることなく派遣先企業に就業する働き方です。就業した派遣先企業での契約が切れた場合でも、待機期間中に給与が支払われるメリットがあります。

また、派遣先企業も長期間の雇用を想定しているため、就業者の働きぶりがマッチすれば、正社員として雇用される可能性が高いです。積極的に紹介企業へ自身の魅力をアピールすることで、正社員として雇用を目指せるでしょう。

転職活動を実施する

派遣社員として働きながら、転職活動を行うことでも正社員は目指せます。一般的な就職活動と同様に、気になる企業へ応募して、面接を実施した後に合否が発表されるため、派遣社員として活動しながらでも十分正社員として就職が可能です。

また、派遣社員としての経歴が応募企業とマッチしていれば、中途採用としてすぐに就職が決定することもあります。転職活動は派遣社員から正社員を目指す、最もシンプルな方法と言えるでしょう。

就職エージェントを利用する

派遣社員から正社員を目指す方法には、就職エージェントを利用する方法があります。就職エージェントを利用することで、専任アドバイザーが利用者に最適な方法で就職サポートしてくれます。

また、多くの就職エージェントは無料でサービスを提供しており、コストをかけることなく就職活動が可能です。自分自身で就職活動を行いながら、履歴書の添削や面接対応など、客観的なサポートを就職エージェントで受ける方法もあります。

効率的に派遣社員から正社員を目指すなら、就職エージェントの活用がおすすめと言えるでしょう。

就職活動するなら就職カレッジ®がおすすめ

就職エージェントを利用することで効率的に派遣社員から正社員を目指せるものの、「就職エージェントがありすぎてどれを選べばいいかわからない」と考えている人も多いでしょう。このような場合は、就職カレッジ®の利用がおすすめです。

就職カレッジ®は就職活動未経験者や第二新卒に特化した就職支援サービスを提供しており、専任アドバイザーが利用者に特化したサポートを行います。サービス自体も完全無料で利用できるため、費用面の心配をする必要もありません。高い就職成功率を誇る就職カレッジ®なら、高確率で気になる企業への就職を目指せるでしょう。

就職カレッジ®を利用して正社員として就職にチャレンジ

派遣社員から正社員を目指す際、就職カレッジ®を利用するメリットは、以下の3つです。

  • 初めての就職活動もサポートしてもらえる
  • 就活に使える就活支援講座を開催
  • 就職後もアドバイザーに悩みを聞いてもらえる

就職カレッジ®には、他の就職エージェントにはない充実したサポートを提供しています。下記にて、就職カレッジ®3つのおすすめポイントを詳しく解説します。

初めての就職活動もサポートしてもらえる

就職カレッジ®は就職活動未経験者や第二新卒に特化したサポートを提供しているため、初めて就職活動を実施する場合でも安心してサービスを利用できます。

また、就職カレッジ®の利用者には専任アドバイザーが付くため、サービスを利用する際の不明点や不安な部分をすぐに相談できます。就職活動に特化したアドバイザーのサポートを受けることで、効果的に就職成功を目指せるでしょう。

就活に使える就活支援講座を開催

就職カレッジ®では、定期的に就活に使える就活支援講座を開催しています。就活支援講座では、履歴書の書き方や面接対応、志望動機の伝え方など、就職活動に役立つ情報を身につけられます。

また、派遣社員として活動してきたキャリアの活かし方などもアドバイスしてもらえるため、積極的に自分の強みを企業へアピールできるでしょう。

就職後もアドバイザーに悩みを聞いてもらえる

就職カレッジ®は、利用者なら就職後最大1年間はアドバイザーがサポートを実施しています。就職後の不安点や仕事に関する相談に乗ってくれるため、安心して働き続けることが可能です。

また、就職した人向けの支援講座も定期的に開催しているため、正社員として覚えるべきことも学べるでしょう。

まとめ

以上、正社員と派遣社員どっちがいいの?正社員・派遣社員として働くメリット・デメリットについて解説しました。

正社員と派遣社員は自分の軸を定めて決めることで、後悔なく活動を進められます。また、派遣社員から正社員を目指すなら、就職エージェントの利用がおすすめです。特に就職カレッジ®では、専任アドバイザーが自己分析から、企業研究・面接対応までサポートしてくれます。

この記事で、自分の軸を明確にし、就職カレッジ®を利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター