就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

女性が稼げる仕事10選!おすすめの資格や就職するためのコツも解説

女性が稼げる仕事10選!おすすめの資格や就職するためのコツも解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

女性が稼げる仕事にはどのようなものがあるのか、気になる人も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性が稼げる仕事を10選にしてご紹介しつつ、稼げる仕事に就くためのコツや就職活動が有利になる資格について解説します。

これから就職活動を考えている女性の方は参考にしてみてください。

女性が稼げる仕事の目安は?

女性が稼げる仕事の目安は?

そもそも、どれくらいの年収であれば「稼げている女性」と言えるのでしょうか。

この後ご紹介する仕事の年収相場の参考にするため、データも参考にしつつ解説していきます。

平均年収以上稼げるかどうか

大手求人サイトのdodaの調査によると、年代別の平均年収は以下のようになっています。

平均年収以上稼げるかどうか

引用「doda:平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)【最新版】

上記の表から、各年代別で女性の平均年収が分かりますので、それぞれの平均年収を超えていることが、「稼げる仕事」として最低限の条件になると言えます。

また、女性の平均年収は男性の平均年収よりも低いというデータもありますので、男性の平均年収以上稼げる仕事であれば、「女性が稼げる仕事」と言っていいでしょう。

家庭環境によって目指すべき年収は異なる

女性の場合、人生において仕事以外にも、出産や育児といったライフイベントが発生し得ますので、どれくらい仕事に集中できるかは家庭環境によって大きく異なります。

仕事で稼ぐためには、基本的にそれだけ仕事にかける時間を増やさなければなりません。

従って、置かれている環境や将来のライフプランによって、どれくらいの年収を稼ぐべきかは人それぞれ変わります。

稼げる仕事を探すのももちろんいいのですが、将来的な働き方も考えて仕事探しをしていく意識も持っておくようにしてください。

女性が稼げる仕事10選

ここからは、女性が稼げる仕事を10個ご紹介します。

特に、平均年収の部分は調査するデータによって異なりますし、求人によっては平均年収以上の収入が稼げるものもありますので、参考程度に留めるようにしてください。

営業職[女性が稼げる仕事1/10]

平均年収374万円
稼げる理由元々平均年収が高い仕事であり、歩合給がある場合もあるから
向いている人・コミュニケーション能力の高い人
・行動力がある人
あると便利な資格・秘書検定
・MOS

営業職は、法人や個人に対してモノやサービスを提案して契約を取る仕事です。

営業職そのものの平均年収が高く、成果を出せれば男女関係なく稼げるのが特徴です。

特に不動産営業や生命保険営業には活躍する女性も多く、また、契約を取れば取った分だけインセンティブ(歩合給)が発生する場合もあり、稼ぎたい人にぴったりの仕事となっています。

キャリアアドバイザー[女性が稼げる仕事2/10]

平均年収380万円
稼げる理由女性が多く活躍している仕事だから
向いている人・傾聴力が高い人
・幅広い業界知識を学べる人
あると便利な資格・キャリアコンサルタント

キャリアアドバイザーは、就職や転職を考えている個人とのコミュニケーションを通じて、就職先の提案や就職活動のアドバイスを行う仕事です。

キャリアの悩みを相談する相手として、女性の方が話しやすいというケースも少なくないことから、男女ともに活躍できる機会が多くなっています。

女性ならではの視点や、コミュニケーションの柔和さを発揮することで、男性よりも稼げているキャリアアドバイザーは少なくありません。

カスタマーサクセス[女性が稼げる仕事3/10]

平均年収357万円
稼げる理由女性の方が向いている一面のある仕事だから
向いている人・きめ細やかなサポートができる人
・相手の立場になって物事を考えられる人
あると便利な資格・TOEIC

カスタマーサクセスは、自社のサービスを契約している法人や個人に対し、サービスの利用を最大化するためのサポート業務を行う仕事です。

問い合わせへの対応や、より上手にサービスを活用するためのアドバイスを行うことがメインであり、比較的女性の方が在籍数の多い職場も少なくありません。

会社によっては営業職として分類されているケースもありますので、コミュニケーションを通じて上位のプランに契約してもらうといった、営業的な側面もありうる点には注意しましょう。

ITエンジニア[女性が稼げる仕事4/10]

平均年収385万円
稼げる理由性別に関わらず実力主義の仕事だから
向いている人・勤勉家な人
・論理的思考力に長けた人
あると便利な資格・ITパスポート

ITエンジニアは、プログラミングスキルを活用してアプリやシステムの開発・運用を行う仕事です。

実力主義の仕事としても知られており、性別はもちろん、学歴や年齢に関係なく活躍するチャンスがあるというのが特徴です。

女性ITエンジニアの数も増えてきており、スキルさえあれば在宅でリモート勤務でも働けるなど、柔軟な働き方も人気となっています。

プログラミングスキルの習得には一定の時間が必要ですが、稼ぎたい女性は挑戦してみるのがおすすめです。

Webデザイナー[女性が稼げる仕事5/10]

平均年収340万円
稼げる理由男性のセンスと女性のセンスでデザインが大きく変わり、女性が求められる案件も多いから
向いている人・情報を分かりやすく伝えられる人
・地道な作業も苦ではない人
あると便利な資格・ウェブデザイン技能検定

Webデザイナーは、Webサイトの構成や内容をデザインし、実装する仕事です。

「デザイナー」という単語はついていますが、美大入学経験や芸術的センスについては必要ありません。

女性をターゲットにしたWebサイトの案件も多いことから、女性のWebデザイナーが求められるケースも多く見られます。

Webサイト制作のニーズは年々高まっていますので、スキルや実績を積んでいけば、やがてフリーランスとしてさらに稼げるようになるかもしれません。

コンサルタント[女性が稼げる仕事6/10]

平均年収514万円
稼げる理由コンサルタントそのものが稼げる仕事でありつつ、女性も活躍しやすいから
向いている人・データ分析や論理的思考力に強みがある人
・高いコミュニケーション能力がある人
あると便利な資格・中小企業診断士
・公認会計士

コンサルタントは、クライアント企業の課題を分析し、適切な解決策を提示する仕事です。

求められるスキルが高く、また幅広いということもあり、コンサルタントという仕事そのものの平均年収は非常に高いです。

論理的な思考力や、データ分析などのスキルを高いレベルで持っていれば、女性であってもコンサルタントとして入社することは十分可能です。

「とにかく働いて稼ぎたい」と考えているのであれば、ぜひ検討してほしい仕事の一つです。

ファイナンシャルプランナー[女性が稼げる仕事7/10]

平均年収342万円
稼げる理由独立して仕事に取り組むこともできるから
向いている人・数字で論理的にコミュニケーションができる人
・物事を分かりやすく伝えられる人
あると便利な資格・ファイナンシャルプランナー検定
・税理士

ファイナンシャルプランナーは、主に個人に対して資産形成の計画書を作成し、アドバイスを行っていく仕事です。

お金に対する幅広い知識が求められますので、数値を使った仕事に就きたいという女性に向いています。

税制などの難しい知識を分かりやすく伝えることも求められますので、勉強だけでなくコミュニケーション能力も必要です。

美容系職種[女性が稼げる仕事8/10]

平均年収278万円
稼げる理由技能やセンスがあれば独立できるから
向いている人・人の喜ぶ顔が見たい人
・美意識が高い人
あると便利な資格・ビューティーアドバイザー
・認定エステティシャン

美容系職種は、ネイリストやエステティシャンなど、美容サービスの実務を行う仕事です。

自分の興味のある分野で働き続けることができますので、長く勤務して着実に年収を上げていくことも可能です。

また、経験を積んだら将来的に独立開業することもでき、さらに稼ぎを増やすのも目指せる仕事と言えます。

企画職[女性が稼げる仕事9/10]

平均年収438万円
稼げる理由男女に関わらず平均年収が高い仕事だから
向いている人・物事のどこに課題があるのかを見つけるのが得意な人
・アイデアを形にできる人
あると便利な資格・商品プランナー

企画職は、社内に存在する課題に対し、企画立案を経て解決に導いていく仕事です。

企画する内容によって、商品企画・営業企画・事業企画などの種類に分かれていきます。

企画職は考えることが仕事であり、男女関係なく仕事で活躍する機会が持てますので、平均年収も高くなっているのが特徴です。

「新しいモノを生み出してみたい」「考えることが好き」という人は、企画職の応募も検討してみると良いでしょう。

企業によっては未経験者でも企画職の募集をかけているケースも見られます。

公務員[女性が稼げる仕事10/10]

平均年収548万円
稼げる理由年功序列で男女関係なく年収が上がっていくから
向いている人・ルールに則った仕事をしたい人
・できる限り安定した職場で仕事を続けていきたい人
あると便利な資格MOS

公務員は、市役所や公共施設に在籍して公務を行う仕事です。

平均年収は女性でも高いですが、難易度の高い公務員試験に合格しなければならないということは認識しておきましょう。

公務員自体はリストラがなく、非常に安定して働ける仕事です。

また、年功序列で年収が上がる傾向にありますので、腰を据えて働きながら稼ぎたいという女性にぴったりな仕事と言えるでしょう。

女性が稼げる仕事の特徴

女性が稼げる仕事は、上述した以外にも数多く存在します。

ここでは、女性が稼げる仕事の特徴について解説します。

インセンティブ(歩合給)が設けられている

毎月の収入は、基本給や残業代、各種手当などで構成されていますが、会社や職種によってはインセンティブ(歩合給)が設けられている場合があります。

インセンティブとは、業績貢献の度合いによって臨時に支給される収入であり、成果さえ出せれば性別に関係なく稼ぐことが可能です。

特に営業職などでインセンティブが用意されている傾向にあります。

契約金額が大きな商材を扱う営業職であれば、その分契約1件に対するインセンティブも大きくなりやすいので、仕事選びの参考にしてみてください。

肉体労働ではない

データを見る限り、女性よりも男性の方が平均年収が高いのが現実です。

そのことから考えると、女性が稼ぐためには少なくとも男性と同じ、もしくはそれ以上のパフォーマンスを発揮する必要があります。

ただ、肉体労働は男女の体力の違いから考えて、どうしても男性には勝てないでしょう。

つまり、肉体労働の仕事だと活躍するのが難しく、同時に稼ぎづらいと言えます。

肉体労働の仕事としては以下のようなものが挙げられます。

  • 土木作業員
  • 施工管理
  • ドライバー
  • ビルメンテナンス
  • 引越業者

これらの仕事を正社員として女性が目指すのであれば、求人票などをしっかりと分析した上で、相応の覚悟を持って臨む必要があるでしょう。

職場の女性管理職比率が高い

職場の女性管理職比率が高いということは、その会社は男女に関係なく評価する風土があることの裏返しだと考えられます。

管理職になればもちろん収入は上がりますので、自分も成果を出せれば管理職としてステップアップがしやすい会社だと言えるでしょう。

また、管理職の女性が多いことは、女性が働きやすい職場だということも言えます。

腰を据えて仕事と向き合っていきたいのであれば、女性管理職比率の高さをアピールしている企業を中心に見ていくのがおすすめです。

稼げる仕事に向いている女性

お金はいくらあっても困りませんので、誰しもが稼げる仕事に就きたいと思うでしょう。

しかし、稼げる仕事には相応の大変さや求められるスキルがあります。

ここでは、稼げる仕事で働くのに向いている女性の特徴について解説します。

1.論理的思考力が得意

コンサルタントやITエンジニアなど、稼げる仕事の多くは論理的思考力が求められます。

つまり、単純作業ばかりを繰り返すような仕事ではなく、頭でじっくり考えて行動をするような仕事の方が、平均年収が高くなる傾向にあります。

考えることそのものに男女差はありません。

思考力の高さが平均年収の高さに相関していることを考えると、論理的思考力を持っていることは、稼げる仕事で活躍しやすい資質にもなり得るでしょう。

2.コミュニケーション能力が高い人

稼げる仕事は、生み出す利益が大きいといった共通点があります。

ビジネスで利益を最大化させるためには、人と人との協力が不可欠ということもありますので、必然的にコミュニケーション能力が求められます。

従って、稼げる仕事で活躍していくには、コミュニケーション能力の高さが重要になってきます。

仕事で必要になるコミュニケーション能力とは、その場を盛り上げるようなものではなく、「伝える力」「聞き出す力」「巻き込む力」になります。

仕事で求められるコミュニケーション能力については、詳しくは以下の記事でも解説していますので、合わせてご覧ください。

仕事におけるコミュニケーションの重要性とは?苦手でも克服する方法を解説

3.スキルを身につける意欲のある人

稼げる仕事は、一般的に高いスキルや能力が求められます。

ただ、誰でも最初はスキルを持っていませんし、企業はそれを理解しています。

未経験からでもしっかりとスキルを身につけられるよう、仕事にしっかり向き合える人は、昇進や昇格、キャリアアップ目的の転職を成功させられます。

反対に、「楽して稼げるようになりたい」としか考えていないような人は、いつまでたっても稼ぐことは難しいでしょう。

稼げる仕事に向いていない女性

続いては、稼げる仕事に向いていない女性の特徴について解説します。

以下のような特徴に当てはまる場合は、働く目的を「稼ぐ」こと以外に置くことも検討した方がいいかもしれません。

1.自己中心的な人

独立して開業する場合を除き、基本的に組織でチームワークを意識して行動できないような人は、仕事で活躍することができません。

会社では多くの人がそれぞれのミッションのために働いていますので、互いの立場や役割を理解した上で働くことが大切です。

個人プレーしかできないような自己中心的な人は、重要な仕事を任されにくくなってしまい、昇給・昇格も遠のいてしまいます。

どうしても自分一人の力だけで稼げるようになりたいという場合は、組織で行動しないような社風の会社で営業職や、独立開業を目指せる仕事を目指すのがおすすめです。

2.ワークライフバランスを最重視したい人

仕事は仕事、プライベートはプライベートと切り分け、ワークライフバランスを最重視したい人も稼げる仕事には向かないかもしれません。

もちろんワークライフバランスを追求することそのものが悪いというわけではありませんが、稼げる仕事は相応の仕事量になると考えられます。

残業時間が多くなってしまうケースもありますので、仕事とプライベートの両立が難しくなることもあるでしょう。

3.単純作業しかしたくない人

単純作業しかしたくないと考えている人も、稼げる仕事で働くのは向いていないでしょう。

先ほど解説した通り、稼げる仕事では「考えること」が非常に大切になってきます。

毎日違うことに取り組む必要があるため、誰かから指示を受けてその作業だけをすればいいということはありません。

単純作業しかしない仕事は、総じて収入が低くなりやすいだけでなく、将来的にAIやロボットに仕事を奪われやすいといったデメリットがあります。

もしこの記事の内容を読んで、給料が高くなくてもいいから精神的に楽な仕事に就きたいと感じた場合は、以下の記事で紹介している仕事を検討してみるとよいでしょう。

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事15選|就職のコツも解説!

女性が稼げる仕事に就くなら取得しておきたい資格

女性が稼げる仕事は、人気が集まりやすく競争倍率も高くなる傾向にあります。

選考でしっかり魅力をアピールしていきたいなら、以下のような資格を取得してみるのもおすすめです。

日商簿記検定

日商簿記検定は、財務や経理における一定の知識があることを証明する資格です。

試験内容商業簿記(3級)
販売活動や購買活動など、企業外部との取引を記録計算する技能についての試験
試験勉強目安時間100時間
合格率67.2%(3級/第157回実績
資格を活用した仕事ファイナンシャルプランナー
営業職

3級であれば合格率は70%近くなっていますので、ある程度まとまった勉強時間が取れれば

、勉強が苦手な人でも合格は十分目指せます。

また、日商簿記検定を取得することで、基本的な計数理解があることの証明にもなりますので、面接でも評価されやすくなるでしょう。

ちなみに試験には電卓を持ち込むことが可能ですので、計算に自信がない人でも安心して受験することができます。

秘書検定

秘書検定は、秘書として恥ずかしくないマナーが備わっていることを証明する仕事です。

試験内容基本的な職場常識を問われる級です。
上司が効率よく仕事を遂行するためには,秘書はどんなことに気を利かせる必要があるか,またどのように対応すれば感じがよいと思ってもらえるかの基本部分を問う級です。
(3級/引用「ビジネス系検定:秘書検定とは
試験勉強目安時間30時間
合格率70.2%(3級/第124回実績
資格を活用した仕事営業職
カスタマーサクセス
美容系職種

「秘書検定」という名前ではありますが、秘書の仕事以外でも活用できるようなビジネスマナーの知識を中心に問われます。

秘書検定を持っていれば、高いビジネスマナースキルがあることの証明として使えます。

ビジネスマナーはどんな仕事においても重要ですので、顧客と直接対峙するような仕事で幅広く活用できるのがポイントです。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSは、ワードやエクセル、パワーポイントを始めとした「オフィス系ソフト」を使いこなすスキルがあることを証明する資格です。

試験内容Word(文書作成ソフト)
Excel(表計算ソフト)
PowerPoint(プレゼンテーションソフト)
Access(データベース管理ソフト)
Outlook(電子メール情報管理ソフト)
5つのオフィス系ソフトが一定水準のレベルで使えるかを問う試験
試験勉強目安時間40-80時間
合格率約80%(一般/正式には非公表)
資格を活用した仕事営業職
公務員

会社員になれば、オフィス系ソフトをほぼ100%使うことになります。

MOSを持っていることで基本的なパソコンスキルがあることを証明できます。

合格率も高くなっていますので、気になる人は受験してみるのがおすすめです。

女性が稼げる仕事に就く時の注意点

ここからは、女性が稼げる仕事に就く時に理解しておきたい注意点について解説します。

女性従業員比率を確認する

稼げるようになるための方法の一つとして、昇格することが挙げられます。

しかし、昇格をするためにはある程度長い年数の経験を積まなければなりません。

長く働ける職場に勤めるためにも、求人に応募する時は女性従業員比率を意識するようにしましょう。

女性従業員比率が高ければ、その分女性が働きやすい職場ということが言えますし、男性優位の評価になりづらいといったメリットもあります。

企業によっては女性従業員比率を公開していない場合もありますので、後ほどご紹介する就職エージェントなどを活用して、非公開情報を収集していくことがおすすめです。

口コミなどで企業研究を行う

働きやすい職場で働くことが収入アップに必要だと考えると、口コミなどで企業の評判を調査しておくことも忘れないようにすべきです。

口コミサイトでは、「この企業の社風は○○だ」「女性もしっかり評価される会社」など、実際に働いている人の口コミを見ることができます。

ただし、口コミの情報に振り回されすぎてしまうと、就職活動に悪影響をもたらすかもしれませんので、参考程度に留めておくようにするのがコツです。

就職エージェントを使うようにする

稼げる仕事は就職倍率が高くなりやすいので、少しでも就職成功率を上げるためにも就職エージェントの活用を検討しましょう。

就職エージェントに登録することで、以下のようなサービスを無料で受けられるようになります。

  • キャリアカウンセリング
  • 自分に合った求人の紹介
  • 履歴書の添削
  • 模擬面接の実施
  • 企業との面接日時の調整代行
  • 年収交渉の代行

就職活動を全面的にサポートしてもらえますので、就職成功率が上がることはもちろん、現職やプライベートが忙しくても効率的に就職活動が進められるのが特徴です。

就職エージェントによって紹介を受けられる求人は異なりますので、気になるサービスを見つけたら複数並行して利用するのがおすすめです。

女性が稼げる仕事に就職したいなら女子カレッジ®︎がおすすめ

女性が稼げる仕事に就職したい方におすすめなのが、女子カレッジ®︎です。

ここでは、女子カレッジ®︎の4つの特徴についてご紹介します。

女性の正社員就職支援に強い就職エージェント

女子カレッジ®︎は、女性の正社員就職支援に強い就職エージェントです。

第二新卒やフリーターの方を専門にサポートしており、今までの就職支援実績は23,000名以上※に上ります。

登録から利用、内定獲得に至るまですべて無料ですので、就職に興味を持ったらとりあえず登録しておくのがおすすめです。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

女性に特化した就職講座を受講できる

女子カレッジ®︎に登録した後は、就職活動支援のプロが教える、女性限定の就職講座に参加できます。

この講座では、以下のようなカリキュラムを集中的に学べます。

  • キャリアプランの立て方
  • 就活メイク
  • 企業の選び方
  • 面接や履歴書の指導

いずれも就職活動の成功率を高めるのに重要な内容です。

就職講座の実施もあり、女子カレッジ®︎を利用した方の就職率は81.1%※と高くなっています。

必ず稼げる仕事に就きたいと思っている方は、ぜひ講座を活用してみてください。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

数十社といきなり面接できる

就職講座の受講後は、女子カレッジ®︎が独自で主催する集団面接会に参加可能です。

この面接会では、女性が働きやすい優良企業数十社が一度に参加しますので、稼げる仕事も見つけやすいのがポイントです。

また、書類選考をパスしていきなり企業と直接面接できるといった特典もあります。

企業担当者に直接働き方や稼ぎ方を聞きたいという方にぴったりの機会と言えるでしょう。

徹底的なサポート体制で就職活動も安心

女子カレッジ®︎では、登録から内定獲得まではもちろん、就職後のサポート体制まで徹底しています。

「就職してみたけど、自分には合わなかった」「人間関係が悪く、女性に対して当たりが強い職場だった」など、就職してから悩み事が発生したら、いつでも無料で専任アドバイザーに相談できます。

こうした徹底的なサポート体制もあり、女子カレッジ®︎で就職した方の定着率は91.5%※と非常に高い実績を誇っています。

稼げる仕事だけでなく、安心して働ける仕事に就きたいという方は、女子カレッジ®︎の利用を検討してみてください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

女性が稼げる仕事には共通している特徴や、働くことの向き不向きがありますので、この記事の内容をしっかり理解して就職活動に臨みましょう。

少しでも就職成功率を上げたいという方は、女子カレッジ®︎の利用がおすすめです。

以下のリンクから30秒程度で登録できますので、気になる方はチェックしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター