就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

絶対に入らないほうがいい業界9選!やめておいた方がいい仕事・会社の特徴とは?

絶対に入らないほうがいい業界9選!やめておいた方がいい仕事・会社の特徴とは?
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

絶対に入らないほうがいい業界はどこなのか知りたいという人も多いのではないでしょうか?激務がちだったり、将来性が低かったりする業界に就職してしまうと、精神的なストレスを感じるだけでなく、場合によっては収入が低く生活水準も落ちてしまう可能性があります。

この記事では、絶対に入らないほうがいい業界を9つ紹介しつつ、ホワイト業界の見分け方についても解説します。これから就職活動を控えている人は、仕事選びの参考にしてみてください。

※離職率参考「厚生労働省:令和3年上半期雇用動向調査結果の概要」

絶対に入らないほうがいい業界9選

絶対に入らないほうがいい業界9選

早速、絶対に入らないほうがいい業界を9つご紹介します。

※ここで紹介している業界はあくまで「傾向」であり、デメリットを強調しているものです。下記に該当する業界の企業であっても、働きやすくしっかりした職場はもちろんありますし、活躍している人もたくさんいます。また、特定の業界やその企業・そこで働く人たちを否定したり、「就職してはいけない」という意図があるものではありません。

1.飲食業界

平均年収340万円
離職率15.6%
入らない方がいい理由・休みが少ない
・スキルが身につきにくいこともある
将来性厳しい

飲食業界は、居酒屋やレストラン、宅配ピザなど飲食を提供して稼ぐビジネスを行っています。

「飲食業界はブラック」という言葉を聞いたことがある人もいると思います。すべての飲食店がそうではありませんが、多忙になりやすい業界であることは間違いないでしょう。

店舗に正社員として配属されれば、アルバイトスタッフと一緒になって店舗営業を行っていくことになりますが、スタッフが常に自分の理想通りのシフトで入ってくれることはありません。

人員が確保できなかった分は代わりの人を探すか社員がカバーする必要があり、結果的に休みが少なくなってしまうのです。

事実、厚生労働省が発表している離職率でも、飲食業界の離職率はトップになっており、厳しい働き方がデータにも現れていることが分かります。

2.ブライダル業界

平均年収335万円
離職率9.7%
入らない方がいい理由・コロナを経て業績が大幅下落
・仕事の責任が大きすぎることがある
将来性厳しい

ブライダル業界は、結婚式を挙げたいパートナーに対し、結婚式のサービスをトータルコーディネートするビジネスを行っています。

新型コロナの影響や「結婚式はやらない・または小規模でいい」というカップルも増えてきたという価値観の変化を受け、深刻なダメージを負っている業界の一つであり、今後業績が回復する見込みも立ちづらいという現状に陥っています。

基本的に落ち込んでいる業界への就職は、給与などの待遇改善はもちろん、挑戦できる仕事にも大きな制限がかかることになりますのでおすすめできません。

仮に結婚式のニーズが復活したとしても、人によっては、人生に一度の結婚式を成功させるといったプレッシャーに耐えられない可能性もあります。

3.介護業界

平均年収333万円
離職率8.6%
入らない方がいい理由・体力仕事
・給料が低め
将来性高い

介護業界は、介護が必要な高齢者や障がいのある人の日常生活のサポートを提供しています。

「介護の仕事は大変」といわれやすい理由の一つとして、いわゆる「激務薄給」になりやすいことが挙げられます。利用者の介護をしている時は常に肉体労働になりますし、場合によっては利用者から心ない言葉を投げかけられることも珍しくありません。そんな中で頑張っても給料が低ければ、モチベーションも上がりづらくなってしまうでしょう。

また、人間関係に悩んで退職する人も多い業界となっているようです。介護施設によっては、仕事のハードさに加えて利用者から受けたストレスから職員がギスギスしてしまい、疲れ果てて長続きしない、というケースもあります。

4.建設業界

平均年収416万円
離職率6.0%
入らない方がいい理由・業界独自のルールを覚えるのが難しい
・現場仕事だと命の危険と隣り合わせ
将来性やや高い

建設業界は、家やビルなどの建築・建造物を作るビジネスを行っています。特に現場仕事の場合、常に劣悪な環境で働くことが多いだけでなく、命の危険と隣り合わせで働かなければならない点が厳しいポイントといえます。

また、比較的年配の男性が多い職場であり、上下関係やコミュニケーションの難しさを感じる若手社員も多く見られます。

一方、建設業界は今後も一定の市場規模を維持していくことも予想されます。

体力仕事で厳しい一面もありますが、AIなどに代替されにくいといったメリットもありますので、興味がある人は、長期的に腰を据えて働く場所として検討してみてもいいかもしれません。

5.教育業界

平均年収355万円
離職率12.4%
入らない方がいい理由・離職率が高い
・子供の数が減ってきている
将来性厳しい

教育業界は、塾や各種教室、学習教材で主に子ども向けの教育サービスを提供しています。

サービスをメインに提供する子どもの数そのものが減っているほか、顧客獲得ノルマが厳しい教室もなかにはあり、離職率が飲食業界に次いで高くなっています。ただし、教育ニーズの多様化から、今後も必要とされる業界であることには変わりはないでしょう。

独自の特色を出している教育サービスが人気の一方で、差別化ができずに苦戦しているにもかかわらず、従来のやり方を続けているところも存在します。そういった場所に入社をしても、チャレンジングな仕事ができる可能性が低く、働いていてマンネリに感じることも少なくありません。

6.アパレル業界

平均年収340万円
離職率6.9%
入らない方がいい理由・コロナによって服のニーズが減った
・大量生産企業にどうやっても勝てない
将来性厳しい

アパレル業界は、衣類やアクセサリー・小物の販売や製造を行う業界です。

元々厳しい市場ではありましたが、新型コロナの影響を受けて外出する人が減っただけでなく、リモートワークの導入が増えたことでスーツやオフィスカジュアル系の衣類の売れ行きが落ちたなど、アパレルそのものの需要が激減しました。

また、ネット通販やフリマアプリなどで安く洋服を手に入れる人も増えたなど、「洋服にあまりお金を使いたくない」という価値観の人が増えてきている傾向も見られます。

そのため、なかなか給料が上がりにくかったり、店舗の閉店が相次いでしまったりと、中長期的に働くのが難しい業界だといえます。

また、ビジネスモデル的に大量生産できる体力・工場を持っている大手か、固定ファンを持つハイブランドや人気ブランドばかりが優位に立ちやすい業界というのもポイントです。

7.出版業界

平均年収391万円
離職率11.0%
入らない方がいい理由・ネットの発展で雑誌の需要が下がっている
・本屋の数が減少している
将来性厳しい

出版業界は、雑誌や本の出版を行う業界です。言わずもがな、出版業界が出版する書籍はデジタル書籍に立場を奪われており、業界全体として低迷しているのが現実です。大手ECサイトの台頭により、出版した書籍を販売する本屋の数が減っているという流れもあります。

ネットの発展もあり、本や雑誌を買って読むよりも、無料の動画やネット記事で情報収集をするという人も、良くも悪くも増えています。

大手総合出版社や経営基盤がしっかりしている一部を除いて、出版業界の多くは今後も厳しい経営が予想されます。出版業界自体は必要ですが、小規模な出版社の場合、経営が難しくなり会社自体が無くなってしまうリスクもゼロとはいえません。

8.不動産業界

平均年収427万円
離職率7.4%
入らない方がいい理由・ブラック体質な傾向
・土地の数に限界がある
将来性やや厳しい

不動産業界は幅広い括りですが、ここではハウスメーカーを例に解説します。

ハウスメーカーと言えば、自社で建築した家を個人顧客に販売することで収益を得ていますが、家を購入できる人の数には限界があります。

従って、営業もレッドオーシャンとなっており、当然すべての企業がそうではないものの、業界全体としてブラック体質になってしまっているという特徴があります。

特に不動産営業は厳しいとされており、「駅前でひたすらビラを配る」「1日数千件のポスティングを行う」「朝から晩までテレアポする」など、行動量を求められる古い営業スタイルが強要されることも珍しくありません。

不動産営業は未経験・学歴不問で就職できる仕事として選ばれやすいのですが、しっかりと企業選びをしないと、厳しい働き方になりやすいことは理解しておく必要があります。

9.金融業界

平均年収455万円
離職率4.3%
入らない方がいい理由・成長を見込みにくいともいえる
・イメージよりも泥臭い
将来性厳しい

金融業界は、銀行や保険、証券などで金融商品を扱って手数料などを稼ぐビジネスを行っています。

数年前までは「新卒の人気企業ランキング」として金融業界は上位に位置していましたが、最近では、未だ上位の企業ももちろんありますが、認識は徐々に変わりつつあります。

その理由の一つに、将来性の不安が挙げられます。例えば銀行であれば、融資をする企業数が減っていたり、競合と常に椅子取りゲームをしなければならなかったりと、マーケットそのものが縮小してきているという傾向はひとつあります。

また、生命保険会社であれば、人口減少や家計の低下から、高額の保険に入る人が減ってきています。また、「最低の保障があれば良い」「ひとつの保険だけで十分」と考える人も多く、新規契約が取りづらい環境に陥っています。

平均年収こそ高めではありますが、働き方はイメージよりブラックになってしまうこともあり得るということは、把握しておいたほうがよさそうです。

絶対に入らないほうがいい業界の特徴

絶対に入らないほうがいい業界には、いくつか共通した特徴があります。

上記で紹介した業界以外でも、以下のような特徴を持った会社に入社するのは避けるようにしてください。

1.離職率が高い

離職率が高い業界企業にはできる限り入社しないようにすべきでしょう。

会社四季報などでは「3年後離職率」が開示されているケースも見られますが、離職率が高いことと働く環境が悪いことは基本的に相関しています。

離職率が高い業界企業には、具体的に以下のような特徴が見られます。

  • 業務量が多すぎる
  • 残業時間や休日出勤が多い
  • 休暇がとりづらい
  • 社内の人間関係が悪く、ストレスが溜まりやすい社風
  • 教育体制が整っていない
  • 給料が低い
  • ハラスメントが横行している

これらの要因は、各業界企業で根深く残っている問題であり、すぐに解消できるものではありません。

従って、離職率が高い会社に入社すれば、高い確率で上記のいずれかのストレスを感じることになるはずです。

2.将来性のない業界である

将来性が無かったり、厳しくなっている業界にわざわざ入社する必要はありません。

ここでいう将来性とは、業界全体の業績がどうなっていくかの話であり、もし将来性がない業界に勤めてしまうと、以下のようなデメリットにも繋がります。

  • 業績の低迷により給料が上がらない
  • 事業が縮小してリストラされる可能性がある
  • 携われる仕事が減ってスキルが身につけられなくなる
  • 会社のビジネスそのものが変わってしまう

もちろん、企業によってはビジネス拡大をすべく様々な取り組みを行っていますので、業界の将来性がないからといって、その業界に属する企業全てに入社すべきではないということではありません。

しかし、主要なビジネスを大幅に転換させるのはどの企業も難しく、時間がかかることというのは理解しておく必要があるでしょう。

3.収益性が低い

付加価値がつけづらく、収益性の低いビジネスを行っている業界も入らない方がいいでしょう。

例えば100円ショップが売り上げを2倍にしようとしたら、単純に2倍の商品量を売り上げなければならないように、収益性が低いとその分たくさん働かなくてはならなくなります。

イメージしやすいのは飲食業界です。飲食業界はあらかじめメニューの相場料金と原価が決まっていますので、業績を極端に改善することは難しいビジネスとなっています。売り上げを拡大するためには店舗を増やしていく必要がありますが、不人気業界であることから人手不足という問題が起こります。

結果的に一人当たりの業務量が増え、労働環境の悪化へと繋がっていってしまうのです。

ビジネスによって収益性や利益率は大まかに決まっているものですので、収益性が低い業界に入社してしまうと、激務に追われる危険性があります。

4.慢性的に求人募集をしている

どちらかというと業界というよりも企業単位の話になりますが、慢性的に求人募集をしているケースも入社をすべきではないと考えられます。

企業が求人募集をする際は「ビジネス拡大を見据えた計画的な増員募集」と「退職者による突発的な欠員補充」の2種類に分かれます。

前者であれば求人募集の期間も限定的になりますが、後者の場合は入社してくれる人が出るまで募集を続けることになります。

結果、慢性的に求人募集している企業は、「入社したいと思ってくれる人がいない」「採用してもまたすぐに退職者が出てしまっている」といった状態が考えられます。

どちらの理由にしろ、待遇がよく働ける可能性は非常に少ないと言えますので、入社すべきではありません。

5.単純作業が多い

単純作業が多い業界や企業は、一見すると気楽に働けるいい職場だと感じてしまうかもしれませんが、将来性を考えると入社すべきではないと言えます。

単純作業が多い業界で勤め続けると、以下のような末路を迎える可能性があります。

  • 他の業界で活用できるようなスキルを身につけられない
  • 単純作業のためAIやロボットに立場を奪われやすい
  • 仕事に対するモチベーションが湧きづらい
  • 給料のベースが安くなりやすい

「入社しやすそうだから」「楽そうだから」という理由だけで単純作業の多い業界・企業に入社してしまうと、長い目で見たときにデメリットが生じるかもしれません。

ホワイト業界はどこ?|絶対に入らないほうがいい業界に入社したくない人へ

絶対入らないほうがいい業界は、(業界によっては)ブラック業界と言われることもあります。

「できればホワイト業界に入社したい」と思っている人には、次のような業界がおすすめです。

食品メーカー業界

平均年収412万円
ホワイトな理由・人が生きている限りニーズがあり続ける
・メーカー全体がホワイト傾向
将来性やや高い

食品メーカー業界は、食品や加工品の企画製造を行います。

競合が多く、日々自社製品の販売を行なってくれる小売業に対してコンペが発生するなどの厳しさはあるものの、人が生きている限り食品に対するニーズは絶対にあり続けますので、将来性も一定の高さが見られます。

また、商品企画に携わる部署であれば、ヒット商品を販売できればその分反響も増え、やりがいを持って働けるというのも嬉しいポイントです。

年収や定着率も高く、新卒・中途共に人気ランキングの上位にいることも多い業界です。

インフラ業界

平均年収439万円
ホワイトな理由・人々の生活に無くてはならない
・競合が入りづらく一定の地位を持ってビジネス展開できる
将来性高い

インフラ業界は、電気・ガス・水道などの人々が生活するに当たって欠かせないサービスを提供している業界です。業界の将来性は普遍的に高く、無くならない仕事と言っても過言ではありません。

また、インフラ業界は新規参入が難しいため、高い収益性が維持し続けられるというメリットもあります。

すべての企業が働きやすいわけではありませんが、平均年収や勤続年数の高さから、インフラ業界のホワイトさが理解できるでしょう。

法人向け専門商社

平均年収408万円
ホワイトな理由・法人相手なので無理な残業や休日出勤が発生しづらい
・収益性が高くビジネスモデルとして完成されている
将来性高い

法人向け専門商社とは、法人に対して特定業界の製品の卸売をする業界です。

法人向けに営業活動を行っていきますので、個人向け営業とは異なり営業可能時間に制限があります。

従って、極端に長い残業や休日出勤などが発生しにくく、ワークライフバランスを保って働けるという特徴があります。

また、商社というビジネスモデルが「安く買って高く売る」という完成されたものになっていますので、収益性が高いというのも特徴です。

年収も安定的に上がっていく企業が多く、腰を据えて働ける業界だと言えるでしょう。

ホワイト業界の特徴|絶対に入らないほうがいい業界との違いを知ろう

ホワイト業界には、共通点となるいくつかの特徴があります。

絶対入らないほうがいい業界の特徴との違いを知ることで、求人探しに活用してみてください。

競合が少ない

ホワイト業界に属する企業は、競合の参入障壁が高いビジネスを展開しています。競合企業が多発するような業界の場合、基本的に価格競争に繋がってしまうことから、収益性が低くなります。

一方、競合が少なければ、サービスが提供する価値を正当な価格で売れるようになります。

これにより、従業員に対して高待遇という還元が可能になり、結果的に働きやすい環境へと繋がるのです。

また、収益性の高さにも繋がりますので、将来性の高いビジネス展開も期待できます。

労働集約型のビジネスモデルではない

ビジネスの経費にかかる割合として人件費が多いビジネスは、労働集約型のビジネスと呼ばれます。労働集約型の場合、従業員を働かせた分だけ売り上げが上がることになりますので、激務になりやすいブラックな働き方が強要される危険性があります。

反対に、ホワイト業界に多い知的集約型のビジネスモデルの場合、考えることそのものが業績を生み出すことに繋がります。

従って、無闇に長時間働かされるようなことにはならず、課題の本質に向き合って働くような仕事ができるようになります。

加えて、付加価値をつけたサービス提供がしやすくなることから、収益性が高くなることにも繋がります。

女性管理職割合が高い

ホワイト業界の条件として考えられる要素の一つに「働きやすさ」が挙げられますが、働きやすさを測る指標としては「女性管理職割合」を見てみると良いでしょう。

その名の通り「その企業の管理職の中で、女性管理職の割合がどれくらいいるのか」を表す数値ですが、この数値が高ければ女性も働きやすい職場であると考えられます。

女性は出産や育児など、仕事以外の場面で負荷がかかったり、生活スタイルを変えざるを得なくなったりするタイミングがどうしてもあります。そのため、時短勤務や産休育休制度の拡充などで柔軟に働ける職場でなければ、女性管理職は生まれにくくなっています。

女性管理職割合については非開示の企業も一定見られますので、もし開示されていたら確認しておくことを意識しておくのがおすすめです。(※非開示だからといってブラック企業ということではありません)

絶対に入らないほうがいい業界に入社しないための方法

絶対に入らないほうがいい業界はできるだけ避け、自分らしく働ける職場を見つけたいところです。

ここでは、そんな業界に入社しないための方法を3つ解説します。

自己分析をして選考通過率を上げる

ホワイト業界は就職活動者から人気を集めやすいため、応募をしても選考に通過する難易度が高くなります。

そんな中で選考通過率を上げていくためには、自分の魅力を最大限にアピールすべく「自己分析」を行うようにしましょう。

自己分析とは、自分の今までの経験を棚卸しして、長所と短所を明らかにし、応募先企業に効果的なアピールをするために行う分析のことを指します。

しっかり自己分析できれば、選考通過率が高まるだけでなく、自分に向いている職業探しにも役立てることが可能です。

自己分析のやり方はいくつかありますが、詳しくは以下の記事でも解説していますので、気になる人は合わせてご覧ください。

自己分析のおすすめのやり方は?転職成功や社会人を目指す人に向けて解説

企業研究をして企業や求人を見極める

絶対に入らない方がいい業界の特徴を満たしていたとしても、企業によって働きやすさや待遇に大きな違いがありますので、一社一社しっかりと企業研究をしておくことが大切になります。

企業研究とは、公開されている求人票や求人広告、採用ホームページや口コミサイトなどの調査を経て、働きやすさをイメージするといった重要なアクションです。

企業研究がしっかりできていないと、入社した後に「ブラック企業に入ってしまった」と感じかねません。

自己分析も企業研究も、正しく行うためにはコツがあります。

初めて取り組むという場合は、就職カレッジ®︎の無料就職講座でプロから教わるのがおすすめです。

就職エージェントを利用する

そもそもどんな企業や業界に向いているのかが分からないという場合は、就職エージェントの活用がおすすめです。

就職エージェントに登録すると、自分を担当してくれるエージェントがつき、以下のようなサポートが受けられるようになります。

  • キャリアカウンセリング
  • 履歴書の添削
  • 模擬面接の実施
  • 自分に合った求人の紹介
  • 企業との面接日時の調整代行
  • 年収交渉の代行

就職活動に対する知識がなかったとしても、イチから丁寧にノウハウを教えてくれますので、就職成功率を高めることにも繋がります。

なお、就職エージェントによって紹介できる求人には違いがありますので、いくつかのサービスを並行して活用していくのがおすすめです。

絶対に入らないほうがいい業界以外への就職なら就職カレッジ®︎

絶対に入らないほうがいい業界や企業を見極め、働きやすい優良企業への就職を望む方におすすめしたいのが、就職カレッジ®︎です。

ここでは、就職カレッジ®︎の4つの特徴をご紹介します。

20代の正社員就職支援に強い就職エージェント

就職カレッジ®︎は、20代の正社員就職支援に強い就職エージェントである弊社ジェイックの就職支援サービスです。

特に「フリーター、ニート、第二新卒、既卒」を専門にサポートしており、これまでの就職支援実績は23,000名以上※に上ります。

サービスの登録から内定獲得まで全て無料でご利用いただけますので、少しでも就職に興味を持ったら登録してみてください。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

自己分析や企業研究が学べる無料就職講座

就職カレッジ®︎に登録した後は、就職活動支援のプロが教える「無料就職講座」が受講できます。

この講座では、以下のようなカリキュラムを集中的に教わることが可能です。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析の方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の書き方
  • 面接の個別対策

いずれもホワイト業界への就職に大切な内容となっていますので、絶対に入らないほうがいい業界の企業に就職したくないという方は受講がおすすめです。

この講座の実施もあり、就職カレッジ®︎利用者の就職率は81.1%※と高い水準になっています。できるだけ確実に就職したいという方は、就職カレッジ®︎をぜひご活用ください。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

集団面接会で企業に直接働き方を聞ける

無料就職講座の受講後は、就職カレッジ®︎が独自で主催する「集団面接会」に参加できるようになります。

集団面接会には、未経験者を積極的に採用したいと思っている企業しか参加しませんので、社会人経験に自信がないという方でも安心して選考に進むことができます。

また、書類選考を免除していきなり企業と面接できるのも特徴です。企業の担当者に直接働き方が聞けますので、その企業に入るべきかどうかを事前に知れるのは嬉しいポイントではないでしょうか。

就職後定着率9割超の安心サポート体制

就職カレッジ®︎では、登録から内定まではもちろん、就職後のサポート体制も徹底されています。

「入社してみたら思っていた職場と違った」「人間関係が悪く、ブラック気質だった」など、悩み事を感じたらいつでも無料で専任のアドバイザーに相談可能です。

このような徹底的なサポート体制もあり、就職カレッジ®︎で就職した方の定着率は91.5%※と非常に高い実績を誇っています。

安心できる職場に就職したいという方は、ぜひ就職カレッジ®︎に登録してみてください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

絶対に入らないほうがいい業界にはいくつかの特徴があります。この記事で紹介した業界以外でも該当しないか注意して求人を比較しておきましょう。ただし、今回ご紹介した内容はあくまでひとつの目安です。業界自体が不安視されていても、職場環境が整備された企業、将来性が見込める企業はもちろんありますので、気になる業界がある方は最初から除外せず、調べてから検討しましょう。

また、「できればホワイトな業界・企業に就職したい」という方には、就職カレッジ®︎の利用がおすすめです。

以下のリンクから30秒程度で登録できますので、気になる方はチェックしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター