就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

専門学校でも休学できる!主な休学理由と成功する過ごし方を紹介!

専門学校でも休学できる!主な休学理由と成功する過ごし方を紹介!
中退FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合(セカンドカレッジ)
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「専門学校でも休学できるの?」「休学した場合、就職で不利になるの?不利にならないようにするにはどうすればいいの?」と、悩んでいる専門学生もいるでしょう。

この記事では、専門学校でも休学できるのか、どのような理由で休学しているのかについて詳しく解説します。さらに、就職活動でマイナスにならない休学経験の伝え方も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

専門学校でも休学することはできる!

専門学校でも休学することはできる!

専門学校に入ってみたはいいものの、実際に勉強してみると内容が自分には合っていないと感じたり、進路変更を検討したりする方もいるのではないでしょうか。

そのような場合、いきなり中退するのではなく休学を検討する方、担任の先生に「中退しようと思っている」と相談したら休学をすすめられた方もいるはずです。

では、このような場合、専門学校を休学することはできるのか詳しく解説します。

休学制度のある専門学校が多い

結論からいうと、休学制度を設けている専門学校は多く存在します。

そもそも休学制度とは、学校に在籍したまま休むことができる制度のことで、専門学校を休学するためには、通っている専門学校に休学制度が整っていることが大前提となります。

ほとんどの専門学校には休学制度が設けられているため、理由次第で休学を認めてもらうことが可能です。

稀に休学制度が設けられていない専門学校も存在しますが、その場合は休学を認めてもらえない可能性が高いといえます。休学制度があるかどうかは専門学校によって異なるため、通っている専門学校に休学制度があるか確認しておくと良いでしょう。

休学制度は誰でも利用できるわけではない

専門学校に休学制度が設けられていたとしても誰でも利用できるわけではなく、以下のようなステップを踏まなければなりません。

  • 1、担任との面談
  • 2、その後、校長から許可をもらう
  • 3、専門学校に休学届を提出
  • 4、受理されれば休学が認められる

もし「授業内容が学びたいことと合っていなかった」「授業内容に興味関心がない」などの理由で休学を希望した場合、担任から興味を持てるように説得される可能性もあります。

また、休学しているということは、その期間中の授業を受けないため、学習がストップしてしまいます。そのため、復学するタイミングについても担任と話し合っておく必要があるでしょう。

休学中の学費諸費用はどうなるの?

休学した場合、その期間通学せずに籍だけを残すことになります。つまり、専門学校の学生であることには変わりありませんが、授業を欠席する期間ができるということです。

休学中の学費諸費用は、通っている専門学校によって規定が異なります。例えば、学費の一部または教材費のみ支払いが必要な専門学校もあれば、事務手数料などが発生する専門学校もあります。

いずれにしても「休学=学費諸費用がゼロ」というわけではないことを覚えておくと良いでしょう。

そもそも専門学校の休学と留年って何が違うの?

専門学校に通っている方の中には、休学と留年の違いについて知りたいと思っている方もいるでしょう。

そこで、ここでは専門学校の休学と留年の特徴や違いについて紹介します。

休学とは

そもそも休学とは、通っている専門学校に許可をもらって一定期間その学校を休むことです。

休学期間中は在学期間には含まれず、単位の取得もできません。また、専門学校の授業料は免除されますが、在籍費用または休学費用と称して別途費用を支払わなければならないケースもあります。

留年とは

一方、留年とは必要単位数を取得していないため進級卒業できず、原級にとどまることです。

留年中も在学期間に含まれるため、留年を繰り返して在学期間の限度に達した場合には退学になってしまいます。この在学期間ですが4年程度の専門学校が多いですが、中には8年程度に設定している専門学校もあります。

留年中も在学中なので授業料などの学費は通常通り支払う必要がありますが、基本的に留年に必要な手続きはありません。

休学と留年の違い

専門学校の休学と留年の違いは以下の通りです。

休学留年
在学期間含まない含む
各費用授業料などは免除別途、在籍費用・休学費用が請求通常通り
事前申請必要不要
制度を利用する主な理由一般留学長期インターン など単位不足出席日数不足留年帰りで就活が間に合わない など

このように、専門学校の休学と留年には在学期間や各費用など、いくつかの点で異なるのです。

専門学校を休学する主な理由

そもそも専門学校に通っている人は、どのような理由で休学しているのでしょうか。

文部科学省が平成24年に発表した「学生の中途退学や休学等の状況について」から、主な休学理由と休学者に占める割合を見てみましょう。

学業不振4.4%
学校生活不適応3.0%
海外留学15.0%
病気・ケガ14.6%
経済的理由15.5%
その他47.6%

専門学校だけではなく大学や短大も含まれているデータですが、経済的理由・海外留学・病気やケガが比較的多く、その他が約半数を占めているのが分かります。ここでいう「その他」として考えられるのは、長期インターンへの参加や起業、ワーキングホリデーへの参加などが考えられるでしょう。

ここでは専門学校を休学する主な理由を7つ紹介します。

主な休学理由と休学者に占める割合は「学生の中途退学や休学等の状況について」を参考にしています。

引用:学生の中途退学や休学等の状況について|文部科学省

留学する

専門学校を休学する主な理由の1つ目は「留学する」です。

夏休みの期間を利用して留学する場合は休学の必要はありませんが、長期間の留学を検討している場合は休学せざるを得ません。この場合、1年遅れで専門学校を卒業することになりますが、明確な目的があるので就職活動で不利になることはほとんどありません。

同級生と同時期に就職活動することは不可能なので、事前に計画を立てておいた方がスムーズに行えます。もし留学のために休学した場合は、帰国後の就職活動をどうするか考えておいた方が良いでしょう。

体調不良

専門学校を休学する主な理由の2つ目は「体調不良」です。

例えば、数ヶ月の入院が必要になった精神的な病気や事故などが原因で専門学校に通学できなくなったなど、病気やケガの治療のために休学する人もいます。もし当事者が休学手続きをすることが困難な場合、親や代理人を立てて手続きすることも可能です。

学生起業したい

専門学校を休学する主な理由の3つ目は「学生起業したい」です。

起業のために休学する理由として「準備に時間がかかる勉強しながらだと集中できないお金を工面する必要がある」などが考えられます。起業自体は誰でも挑戦できますが、成功させるためには努力が必要です。そのため、中途半端な環境では取り組めないと考えて休学する人もいるのです。

学生企業を理由に休学する場合は、揺るぎない目的が必要になりますが、万が一うまくいかなかったことを考えて中退ではなく休学にしておいた方が良いでしょう。

勉強意欲の低下

専門学校を休学する主な理由の4つ目は「勉強意欲の低下」です。

授業が難しくてついていけない授業内容に興味関心がないなどの理由で、専門学校へのモチベーションが低下するケースもあります。

最初は「なんとなく退屈だな」程度だったのが、時間が経つにつれてだんだん授業に行かなくなり、最終的に単位を落として手遅れになる可能性があります。そのため、事前にしっかり対処したいものです。

また、休学している間にこれまでの授業内容を復習するなど、計画性を持って過ごせば有意義な休学となりますが、無計画だと先が不透明なので何かしらの対処が必要となります。

家庭経済的な理由

専門学校を休学する主な理由の5つ目は「家庭経済的な理由」です。

「親が働けなくなって学費を支払うことが困難になった」など、家庭の事情などで専門学校の学費が支払えなくなるケースもあります。専門学校の休学中も基本的にお金が発生するため、奨学金などがないか調べるのも良いでしょう。

自分の人生を見直したい

専門学校を休学する主な理由の6つ目は「自分の人生を見直したい」です。

  • やりたいことを見つけたい
  • さまざまなことに挑戦したい
  • 大学を辞めたいが迷っている
  • 大学が合わない

上記のような理由によって、自分の人生を見直したいと考えている方もいるでしょう。

休学するという手段は、厳しい言い方をすると「逃げている」ことと同じになってしまうこともあります。専門学校によっては自由な時間も比較的多いため、学業と両立しながら自分の人生を見直すこともできるからです。

なんとなく、またはネガティブな理由で休学してしまうと復学後の就職に悪い影響を与えてしまう可能性があるため注意してください。

国際協力ボランティアへの参加

専門学校を休学する主な理由の7つ目は「国際協力ボランティアへの参加」です。

東南アジアアフリカなどへ国際協力ボランティアをしに行く専門学生もいます。自分の専攻科目について調査したい現地の貧困問題を肌で感じられるといった理由から、学生の間で人気の高い休学理由の1つです。

国際協力の場合、団体によってお金がもらえるところも存在しますが、ボランティアの場合は文字通り基本的に無報酬で行います。いずれにしても日本では経験できないことばかりなので、貴重な時間が過ごせるでしょう。

専門学校を休学するメリット・デメリット

ここからは、専門学校を休学するメリット・デメリットを紹介します。

専門学校を休学するメリット

専門学校を休学するメリットは以下の3つです。

  • 自分を見つめ直すきっかけになる
  • 専門学校では出会いない人と繋がれる
  • 専門学校では得られないスキルが身につく

それぞれ詳しく解説します。

自分を見つめ直すきっかけになる

専門学校を休学するメリットの1つ目は「自分を見つめ直すきっかけになる」ことです。

将来やりたいことがないまま就職活動をしてしまうと、志望動機に軸がなくて就職活動がうまくいかなかったり、就職できたとしても自分にマッチしておらずに早期退職してしまったりといった問題が発生してしまいます。

このような問題が発生しないためにも、自分を見つめ直すきっかけとして専門学校を休学する人もいます。なぜなら、国内外でインターンやボランティアをして、社会と関わる中で自分が本当にしたいことが認識できるからです。

休学中にさまざまなことに挑戦することで、自分が何に興味を持っているのか客観的に知ることができるといったメリットがあります。

専門学校では出会えない人と繋がれる

専門学校を休学するメリットの2つ目は「専門学校では出会えない人と繋がれる」ことです。

休学中は自由な時間が増えるため、さまざまなことに挑戦できます。そのときに、専門学校では出会えないような、企業の社長や社員海外で働いている日本人や現地人などと繋がれます。

普通の専門学校に通っているだけでは出会えなかった面白い人たちと繋がることができるため、生き方の多様性も学ぶことができるでしょう。また、自分の人生だからやりたいことをやって良いと気付け、周りに流されずに自分のやりたいことを貫ける精神も身につけられます。

このように専門学校を休学すると、新たな価値観を知ることができ、将来の生き方に影響を与えられるでしょう。

専門学校では得られないスキルが身につく

専門学校を休学するメリットの3つ目は「専門学校では得られないスキルが身につく」ことです。

専門学校の休学中は時間をたくさん確保できますが、自分でやることを決めて行動しなければ無駄な時間で終わってしまいます。休学中にやりたいことをしっかり決め、それに向かっていれば専門学校では得られないスキルを身につけることが可能です。

専門学校を休学するデメリット

専門学校を休学するデメリットは以下の通りです。

  • 社会人になるタイミングが遅れる
  • 何もしないと就活で不利になる可能性がある
  • 復学後、学校に友達がいなくて寂しい思いをする

それぞれ詳しく解説します。

社会人になるタイミングが遅れる

専門学校を休学するデメリットの1つ目は「社会人になるタイミングが遅れる」ことです。

休学により就職のタイミングが遅れるので、社会人としての経験給料などが1年分少なくなってしまいます。専門学生のときは実感しにくいのですが、社会人として経験やお金など多くのものが獲得できる時期が遅くなってしまうのは休学におけるデメリットといえます。

何もしないと就活で不利になる可能性がある

専門学校を休学するデメリットの2つ目は「何もしないと就活で不利になる可能性がある」ことです。

目的もなく休学期間を過ごしてしまうと、就職活動で不利になる可能性が高いです。なぜなら、面接時には休学理由と活動内容について必ず聞かれるため、休学に目的を持っていなかったり何をしたか答えられなかったりすると採用される可能性が下がります。

逆に、休学中頑張った経験を伝えることができれば、他の専門学生との差別化に繋がって就職が有利にもなるでしょう。

復学後、学校に友達がいなくて寂しい思いをする

専門学校を休学するデメリットの3つ目は「復学後、学校に友達がいなくて寂しい思いをする」ことです。

休学すると年下の学生と一緒に専門学校生活を送ることになるため、復学後に孤独を感じる人もいます。復学後の孤独は必ずついてくるものなので、寂しがり屋の方は事前に検討しておくべきだといえます。

専門学校を休学した場合のベストな過ごし方

専門学校を休学した場合のベストな過ごし方は以下の通りです。

  • 初めての経験を増やす
  • いろいろな価値観に触れる
  • スキルアップに時間を使う

それでは詳しく見ていきましょう。

初めての経験を増やす

専門学校を休学した場合、自由に使える時間が増えるため、そのうちに初めての経験を増やしておくことがベストです。

例えば、行ったことのない地域に行ったり、気になっていたところに行くもしくは挑戦してみたりするなどです。何事も初めて行う経験は刺激になり、幸福度も高めてくれるため、積極的に挑戦してみると良いでしょう。

いろいろな価値観に触れる

専門学校を休学した場合、将来の幅を広げるためにもいろいろな価値観に触れておくこともベストな過ごし方です。

いろいろな価値観に触れたいからといって海外に行ったり新しく人脈を作る必要はなく、読書で充分です。本には、いろいろな価値観や考え方が詰まっているため、本を読んで価値観を広げると良いでしょう。

スキルアップに時間を使う

専門学校を休学した場合、スキルアップに時間を使うことも有効です。

例えば「TOEICや簿記などの資格を取得するプログラミングやデザインなどの知識を身につける」など、将来に役立つスキルを身につけると良いでしょう。専門学校を休学すると自由に使える時間がたくさんあるため、その時間を最大限に活用して就職で不利にならないような取り組みをしてください。

専門学校を休学した場合の成功事例7選

専門学校を休学した場合の成功事例は以下の7つです。

  • 労働+貯金
  • 旅行+メディア
  • YouTuber+ブロガー
  • 起業準備+学生起業
  • 特技追求+海外定住
  • IT英語+ビジネス留学
  • デザイン修得+フリーランス

将来に繋がる休学期間のサンプルとして、ぜひ参考にしてください。

労働+貯金

専門学校の休学期間を利用して、働いて貯金するのも良いでしょう。

お金はいくらあっても困ることはなく、卒業後すぐに必要になる可能性や数年後に転職する場合に必要になる可能性、フリーランスや独立する場合に必要になる可能性があります。来たるべきときに備えて貯金することは実社会の経験となり、お金では買えないほど貴重な経験をすることも可能です。

旅行+メディア

専門学校の休学期間を利用して、国内一周や世界一周などの旅行をして、その体験をSNSやブログの同時運営でメディア発信するのもおすすめです。

旅行をするだけでは思い出しか残りませんが、グルメやチャレンジなどのテーマを決めてメディア発信することでビジネスに繋げることができます。話題になるような旅や自分自身のブランドを創り上げてメディアの主役になることで、今後の活動において大きな名刺代わりとなるでしょう。

YouTuber+ブロガー

専門学校の休学期間を利用して、YouTuberブロガーとして活動するのも良いでしょう。

大衆の話題となる動画ブログをアップし続けることで、1年後には月間数万円程度の安定した収入を実現できるはずです。その結果、Webマーケティングの知識が修得できるため、ITマーケティング関連の仕事に向いているかどうかが分かります。

現役の専門学生が実益を生み出せるユニークなオウンドメディア企画運営を達成していることは、ITWeb関連会社への大きなアピールとなるでしょう。

起業準備+学生起業

最近ではパソコン1台でビジネスを始められるので、専門学校の休学期間を利用して起業するのも良いでしょう。

事業計画実際の運営営業マーケティングなどは、実際にやってみないと分からないことばかりです。事業自体がうまくいかない場合でも起業したという経験は、企業側に興味をもたれやすいので就職の際、有利に進められます。

特技追求+海外留学

専門学校の休学期間に特技を追求するために海外に行くのも良いでしょう。

企業は、その人の継続力こだわり力を見ています。単なる語学留学だけではなく、趣味のためだけの留学特技にこだわりまくった時間の選択をすることで企業側に良い印象を与えられるはずです。

こだわり力は集中力に置き換えて評価できるので、趣味や特技を追求する留学は就職において有利になるでしょう。

IT英語+ビジネス留学

専門学校の休学期間を利用して、ビジネス留学するのも良いでしょう。

英語留学だけでは飽きてしまう学生もいるかもしれませんが、英語留学に加え就職に強いプログラミングWeb関連の知識を同時に習得できるIT留学もおすすめです。また、就職や独立の後ろ盾となるビジネスの知見も深めるトリプル複合留学という手もあります。

デザイン修得+フリーランス

専門学校の休学期間を利用して、Webデザインコーディングの細かい仕事を行うプチフリーランスになるのもおすすめです。

就職活動の際、Web制作会社に実績を持った状態で面接に臨めるため、他の学生と差別化が図れます。ただ単に「知り合いに頼まれてデザインした」という内輪の話ではなく、「独立に挑戦して〇〇株式会社様のWebサイトをデザインした」という正式なポートフォリオを持っている方が就職で有利になります。

【専門学校を休学】就職で不利になるかどうかは過ごし方次第

専門学校を休学した場合、就職活動で不利になるかどうかは休学期間の過ごし方次第です。

なぜ、学期間の過ごし方次第で就職活動で不利になるのか、その理由を詳しく紹介します。

休学経験は企業側に懸念を与える

専門学校を休学していた事実がある以上「入社しても休職するのではないか」といった懸念を企業側に与えてしまいます。

そのため、企業側が納得して懸念を解消できるような休学理由をきちんと説明しなければなりません。「なぜ休学したのか、休学期間どのようなことをしていたのか、休学期間でどう成長したのか」など、事前に整理しておくと良いでしょう。

休学経験がマイナスになるかどうかは伝え方次第

専門学校を休学した経験が就職活動でマイナスになるかどうかは、休学理由と伝え方次第でプラスにすることができます。企業側が評価の基準として見ているのは、休学そのものではなく休学するに至った理由なので、休学自体は就職でマイナスになることはありません。

しかし、淡々と休学の理由だけを伝えるだけでは企業側は納得できません。休学を決断した理由を具体的に伝えた上で、休学期間中どのような経験をして、どのような成長をしたかを合わせて伝えることが大切です。

専門学校の休学経験を就活で上手く伝えるためのコツ

先ほども述べたように休学経験がある場合、企業側は入社しても休職するのではないかといった懸念を感じています。こうした懸念を解消するために、企業側は面接の際に休学理由を尋ねるのです。

企業側の懸念を解消できるような休学理由を伝えるためには、ポイントを意識しながら休学に関する内容を事前に整理しておくことが大切です。

ここでは、専門学校の休学経験を就職活動で上手く伝えるためのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

休学を決断した理由を整理しておく

休学理由を伝える上で意識するべきことは、休学をしなければならなかったということに説得力を持たせることです。そのため、休学理由を順序立てて説明できるように準備整理しておく必要があります。

企業側に納得させる上で非常に重要なポイントなので、どのような思いや経緯を経て休学を決断したのか整理しておきましょう。

このとき、目的意識や理由が欠如した休学という印象を与えてしまうとネガティブな評価に繋がるため、休学経験が自分にとって必要な過程であったことを裏付けられる理由を考えておきましょう。

休学期間中は何をしていたのかを整理しておく

要点を絞って完結に説明できるように、専門学校の休学期間中は何をしていたのかを整理しておく必要があります。

一口に休学と言っても、さまざまな経験をしているはずです。例えば、海外留学では語学の壁に苦しんだ経験や日本では出会えない文化に触れて影響を受けた経験など、さまざまでしょう。

つまり、海外留学といっても、あなたならではの海外留学の切り口があるはずです。そのため、休学経験の中で印象的だった出来事を一つひとつエピソードとして整理してみましょう。そうすることで、企業側からさまざまな質問をされても、スムーズに答えられるでしょう。

休学は短期間ではなく、数ヶ月から1年以上と長期間になるため、そのまとまった期間で何をしていたのかを整理することで「成長した部分のリストアップ」に繋がります。そのため、まずは印象に残っていることを箇条書きなどで書けるだけ書き出してみると良いでしょう。

休学期間中の経験から得たもの、磨いたものを明確にしておく

次に、その際に成長した部分はどこなのかリストアップしていきます。休学していた理由とともに、どのような成長が得られたのかを説明できれば、企業側も意味のある休学であると判断してくれます。

些細なことでもいいので、自分なりに成長した部分を思いつく限りリストアップしてみましょう。

成長した部分を仕事にどう活かせるかを考えておく

企業側としては就職活動を終えたその先にある「入社後、いかに貢献してくれるか」という部分も大事にしています。

そのため、休学を通して得られた成長の説明だけではなく「成長した部分を仕事にどう活かせるか」を考え、具体的に説明できるように準備しなければなりません。志望企業のホームページから事業内容を確認し、仕事内容をイメージしながら成長した部分の活かし方を考えてみると良いでしょう。

専門学校休学者で就職したいなら就職カレッジ®の利用がおすすめ!

専門学校休学者で就職したいと考えている場合、就職カレッジ®を利用しての就職活動がおすすめです。

就職カレッジ®は20代に強く、以下3つの部門で3冠を達成している就職エージェントである弊社ジェイックの就職支援サービスです。

  • 安心して相談できると思う就職エージェントNo.1
  • 就活が初めての方におすすめしたい就職エージェントNo.1
  • 自分に合う仕事が何かを一緒に考えてくれると思う就職エージェントNo.1

今回はより詳しく、就職カレッジ®をおすすめする理由を紹介します。

未経験の正社員就職に特化

就職カレッジ®は、フリーター、既卒、ニート、中退、第二新卒など、正社員経験のない・少ない人に特化した就職支援を行っています。そのため、学歴や正社員経験を気にすることなく、就職先を探すことが可能です。

さらに、就職カレッジ®でしか紹介しない独占求人も保有しているほか、未経験歓迎・学歴を重要視しない企業が多いので、フリーターや第二新卒の方でも、就職に成功しやすい環境が整っています。

就職成功率が80%以上と高い

就職カレッジ®では、ヒアリングから就職まで徹底したサポートを実施していることもあり、就職成功率が80%以上と驚異的な数字を残しています。マイナビによると、既卒者の就職成功率(内定保有率)は42.4%なので、普通に就職活動を行うより約2倍も就職しやすいことになります。

日本では、大学を卒業した後に一括採用することが多いため、そのレートから外れてしまうと就職が困難になってしまう傾向にあります。しかし、就職カレッジ®を利用した場合、専門のコンサルタントが徹底的にサポートするため、高い就職成功率につながっているのです。

既卒の就職成功率は「2021年度 既卒者の就職活動に関する調査」を参考にしています。

就職前から就職後まで徹底サポート

就職カレッジ®では、就職するまではゴールではなく、就職してから安心して社会人生活を過ごすことをゴールとしています。そのため、就職後も手厚いサポートが受けられます。

就職支援を担当しているキャリアアドバイザーが就職後もサポートします。就職後も手厚いサポートがあるため、就職することへの不安も軽減でき、安心して長く働くことが可能です。

また、就職カレッジ®では「就職支援講座」も受講できるため、ビジネスマナー自己分析、企業研究、履歴書の書き方、面接対策などについても学べます。

まとめ

今回は、専門学校の休学について詳しく解説しました。

専門学校のほとんどが休学制度を設けているため、理由によっては休学することが可能です。誰でも利用できる制度ではなく、さらに専門学校の費用がゼロになるというわけではないため、親や担任との相談が必要になります。

就職において専門学校の休学経験は必ずしも不利になるというわけではなく、休学期間中どのように過ごしたかが大切です。将来を見越してスキルアップ資格取得などに時間を使うことと、就職においてプラスになる可能性が高いです。

もし専門学校を休学しており、どのように志望企業にアピールすればいいのか分からないという方は就職カレッジ®を活用するのがおすすめです。履歴書の添削や面接対策も行ってくれるため、就職成功できる確率をグッと高めることができるでしょう。

専門学校を休学しようか迷っている方や、現在休学していて中退して就職しようと考えている方などは、就職カレッジ®のキャリアアドバイザーにぜひ一度ご相談ください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

小久保 友寛シニアマネージャー
株式会社ジェイックシニアマネージャー/中退者専門就職支援サービス「セカンドカレッジ®」事業責任者/「日本の中退を変える!」をモットーに、中退経験者のキャリア支援を続けています/中退経験をバネに、一緒に就活頑張りましょう!!