就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

やめておいた方がいい仕事10選!ホワイト企業の特徴や就職するポイントも解説

やめておいた方がいい仕事10選!ホワイト企業の特徴や就職するポイントも解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

やめておいた方がいい仕事って何があるの?ホワイト企業に就職したいけど、自分でもできるのか心配…。」と悩んでいる方も多いと思います。この記事では、やめておいた方がいい仕事10選や特徴を解説します。自分に合った仕事に就職する方法についても紹介しています。

更に、自身だけで社会貢献できる仕事に就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。この記事を読んで、就職を勝ち取りましょう!

やめておいた方がいい仕事10選

やめておいた方がいい仕事10選

やめておいた方がいい仕事とホワイト企業が存在しますが「実際にやめておいた方がいい仕事って何?」と疑問をお持ちの方も多いでしょう。

具体的にやめておいた方がいい仕事は、以下の通りです。

  • 介護士
  • 看護士
  • 工事現場の仕事
  • 原発現場の仕事
  • トラック運転手
  • 引越しの仕事
  • ホテル関連の仕事
  • システムエンジニア
  • 不動産営業
  • 学校教員

上記のような仕事は、この後に紹介するやめておいた方がいい仕事の特徴に当てはまります。全体的に長時間労働や肉体労働がメインとなり、負担を感じる仕事が多いです。

また、業界全体が衰退していることで、労働内容と給与が見合っていないケースも存在します。業務環境も悪いことから、やめておいた方がいい仕事と言えるでしょう。

やめておいた方がいい仕事の特徴

やめておいた方がいい仕事には、特徴が存在しています。ここでは、やめておいた方がいい仕事の特徴について、詳しく解説していきます。

長時間労働

長時間労働が常態化している場合、やめておいた方がいい仕事になります。不動産営業やシステムエンジニアなどは、長時間労働が多く発生する仕事です。労働基準法では、1日の労働時間は8時間、1週間で40時間以上の勤務は禁止されています。

基本的に長時間労働が常態化している仕事は、1日8時間の勤務に加えて、2〜3時間の残業を行うケースが多いです。1日8時間以上働き続けると肉体だけではなく、精神的にも辛くなる可能性があります。

肉体精神面にダメージを追い続けると、自分で気づかないうちにうつ病などの精神疾患を発症してしまいます。うつ病を発症すると、完治から社会復帰までに一定以上の時間が必要となるため、できる限り避けましょう。

長時間労働でやめておいた方がいい仕事の中には、残業代を支払わないケースがあります。このような仕事に就いてしまった場合、肉体精神的に壊れる前に辞めるようにしましょう。

肉体労働がメイン

肉体労働がメインとなる仕事は、やめておいた方が良いでしょう。工事現場の仕事などは肉体労働がメインとなり、働くだけでも大きく体力を消耗してしまうでしょう。

デスクワークを中心とする仕事は疲労が少ないですが、体力が少ない体が弱い人は肉体労働に向いていない可能性が高いです。

ただし、肉体労働がメインの仕事自体が必ずしも悪いわけではありません。体力があり体が強い人は、向いている仕事の可能性があります。肉体労働メインの仕事は、自分に合っているかあらかじめ把握しておくと良いでしょう。

衰退産業業界

衰退産業業界は、やめておいた方がいい仕事の特徴です。デジタル関連の業界は世界的に盛り上がりを見せていますが、紙媒体やテレビ業界などは衰退産業業界と言えるでしょう。

衰退している業界産業は年々顧客が減少するため、仕事がなくなり、従業員に十分な給与を支払えないことがあります。予算が縮小することで勤務環境も悪くなることから、衰退産業業界はやめておいた方がいい仕事と言えます。

衰退産業業界の中に、自分とマッチした仕事がある場合は、新しい業界を探しながら活動すると良いでしょう。

労働と給与が見合っていない

労働した内容と給与が見合っていない仕事は、やめておいた方が良いでしょう。1日何時間も残業したり、実際に成果を出しているにも関わらず評価されない仕事は、どれだけ頑張っても報われないことがあります。

特に何時間も残業しているにも関わらず残業代が支払われていない場合は、法的な手続きを進めて、できる限り早く退職しましょう。

評価されない労働を続けていると、精神的に大きなダメージを負ってしまいます。同じ勤務内容成果を出すことで評価される企業は多く存在していますので、労働と給与が見合わない場合は転職活動を始めると良いでしょう。

パワハラが発生しやすい

上司や同僚からのパワハラが発生している職場は、やめておいた方がいい仕事です。パワハラには様々な種類が存在しており、肉体攻撃型や精神攻撃型が存在します。たとえば職場で意図的に孤立させられたり、上司の立場を利用してプライベートな内容を詮索する行為もパワハラです。

パワハラは実際に入社してみなければ実態を把握することができないため、事前に避けられないケースがあります。入社後にパワハラを感じた場合は我慢を続けず、早めにほかの先輩や上司・人事に相談する、解消できない場合は異動や転職を検討する、などの対応を取りましょう。

やめておいた方がいい業界の仕事

続いては、やめておいた方がいい業界の仕事について解説します。

誰でもできる仕事

誰でもできる仕事は、やめておいた方がいい業界です。誰でもできる仕事とは、スーパーのレジや工場作業員などを指します。近年はAI技術が発展しているため、単純作業を基本とする仕事は代替えされる可能性が高いです。

自動レジや高性能ロボットの導入など、人件費がかからないことから、企業はAIを積極的に取り入れる傾向にあります。一定のスキルや知識がなければ、誰でもできる仕事はすぐにAIに奪われてしまうでしょう。

また、従業員を直接雇用するのではなく、外部企業にアウトソーシングする動きも増えています。誰でもできる仕事はすぐにAIや外部企業にポジションを取られる危険性があるため、できる限りやめておいた方がいいと言えるでしょう。

スキルが身につきづらい仕事

スキルが身につきづらい仕事は、やめておいた方がいい業界です。コンビニのアルバイトや倉庫整理などは、自分で行動するわけではないため、新しいスキルが身につきづらいです。

自身で考えて仕事を進めることがなければ、思考停止状態が続き、企業から求められない人材になってしまいます。また、AIの導入が進めば、自分から行動できない人材は切り捨てられてしまうでしょう。

そのため、働いていてもスキルが身につかない仕事は、やめておいた方が良いでしょう。

ルーティンワークがメインの仕事

基本的に毎日同じ仕事を続ける、ルーティンワークがメインの仕事はやめておいた方がいい業界の仕事です。店舗従業員や事務職などは、毎日やるべき業務が固定されています。

新たな仕事に取り組むこともなく、毎日同じ仕事を行なっていても、成長することはありません。ルーティンワークをこなすことが目的となってしまうため、これからも求められる人材となるには、やめておいた方がいい業界の仕事と言えるでしょう。

就いてよかった仕事の特徴

やめておいたいい仕事以外にも、就いてよかった仕事が存在します。就いてよかったと思える仕事の特徴は、以下の通りです。

  • 営業職
  • ITエンジニア
  • マーケター
  • Webデザイナー
  • 公務員

就いてよかったと感じる仕事は、自分で業務内容を考えるクリエイティブ職と職場環境が整った仕事に分かれます。マーケターやWebデザイナーは自分自身で業務内容を考えるため、クリエイティブ職と言えるでしょう。

一方、職場環境と労働環境が適正化されている公務員なども人気があります。業務内でやりがいを感じる場合や職場環境が整っている場合、就いてよかったと感じる可能性が高いです。

取得しておいてよかった資格

BrushUp学びが調査した結果、取得しておいてよかった資格は以下の通りです。

  • 簿記
  • MOS
  • 介護職員
  • 初任者研修
  • TOEIC®
  • 宅建士
  • 医療事務
  • 看護師
  • 保育士
  • 情報処理技術者
  • 介護福祉士

取得後の満足度が高い資格の多くは、実務で利用できるケースが多いです。保育士や介護福祉士などは、取得していなければ仕事に就くことができないため需要が高いようです。

また、簿記や宅建士などの資格も、保有することでステップアップが見込めます。取得難易度の高い資格も多い一方で、保有しているだけでも選択の幅が広がるため、興味のある内容があれば目指してみると良いでしょう。

参考:BrushUp学び

就いてよかった仕事ランキング

続いては、就いてよかったと言われる仕事を3つ紹介します。なぜこの業界がホワイト企業と言われるのかについても解説していきます。詳しくは、以下の記事でも紹介していますので、抜粋でこちらでは紹介します。

就いてよかった仕事ランキング!男性・女性・副業などジャンル別に紹介

1位:食品業界

食品業界は参入障壁が高く、需要が安定しているため、長時間労働が少ないことから就いてよかったと感じる人が多い業界です。食品関連は人が生活するためになくてはならない仕事であるため、既存の企業も安定性が期待できます。

また、IT関連企業は少ない資本で利益を生み出せることから参入障壁が低い傾向にありますが、食品業界に参入するためには、需要を供給するための安定した資本力が求められます。

資本力が高い企業は事業投資だけではなく、人材が安心して働ける環境にも投資するケースが多いです。そのため、食品業界はホワイト企業が多く、就いてよかったと感じる人の多い業界と言えるでしょう。

2位:インフラ業界

インフラ業界も、就いてよかったと感じる人の多い業界です。インフラとは、水や電気ガスなどを扱う仕事です。食品業界と同様に、インフラ業界も人が生活する上でなくてはならい仕事です。

常に社会から求められ続ける業界であるため、景気に左右される可能性が低く、企業自体も安定している傾向にあります。また、インフラ業界は飲食業界以上に参入障壁が高いことから、競合が発生しづらいです。

そのため、インフラ業界は獲得した利益を従業員に還元することで、就いてよかったと感じる人が多いと言えるでしょう。

3位:地方公務員

地方公務員も、就いてよかったと感じる人が多い業界です。公務員と聞くと残業が多く、副業ができないことから「満足度の低業界じゃないの?」と考える人も多いでしょう。

しかし、地方公務員と国家公務員の働き方は大きく異なります。国家公務員は業務量が多く、残業などの長時間労働により就いてよかったと感じることは少ないでしょう。

一方、地方公務員は業量自体が比較的少なく、残業の続く部署は少ない可能性が高いです。そのため、国家公務員に比べてもホワイトな職場環境で働けます。業務量のマイナスを除けば、地方公務員は年々給与が上がり、ボーナスアップも期待できます。

中小企業から大企業まで倒産の可能性はありますが、公務員がなくなるケースも非常に少ないです。普通に勤務していれば解雇されることもまずないため、地方公務員は安定した環境と言えるでしょう。

ホワイト企業の特徴

やめておいた方がいい仕事だけではなく、ホワイト企業にも特徴が存在します。続いては、ホワイト企業の特徴について解説します。

参入障壁が高い

参入障壁が高い業界は、ホワイト企業の可能性が高いです。参入障壁が高ければ、ベンチャー企業による流入が少ないため、企業間競争が発生しづらいです。

例えば、食品業界やインフラ業界は、ビジネスを起こすまでに莫大な資本力が求められるため、ベンチャー企業では競合他社のビジネスに参入することはできません。

また、参入障壁が高い業界のノウハウは、高い専門性技術力を伴うため、コスト面を解消するだけでは対応できない可能性が高いです。参入障壁が高いと業界自体の競争が安定するため、長時間労働や給与の未払いなどの問題発生を抑えられます。

競争に巻き込まれない環境に身をおくことで、安定した職場で働けるでしょう。

成長している産業

業界全体が成長している産業は、ホワイト企業の可能性が高いです。IT関連の仕事は年々成長しており、職場環境の充実に力を入れている傾向にあります。

成長産業を支えるのは人的資本であるため、福利厚生に力を入れて従業員を大切に大切にしてくれます。さらに、成果を出せばその分、賞与や特別報酬を設けている企業も増えているため、従業員満足も高いです。

特にBtoBをメインとしたIT業界はBtoCビジネスに比べて顧客数が少ないため、広告宣伝費などのコストを抑えて運営が可能です。BtoCビジネス以上に利益が発生しやすいことから、従業員に還元するケースも増えています。

そのため、成長している産業はホワイト企業の可能性が高いです。

数字以外を重視している

数字以外を重視している職場は、ホワイト企業の特徴です。日々の売り上げや獲得顧客数など、数字を必要以上に重視している場合、ブラック企業の可能性があります。

常に従業員の数字を気にしている企業は、業績が安定していない傾向にあります。売り上げが安定していなければ従業員に対して利益を還元できないため、職場環境が悪くなる可能性が高いです。

しかし、勤務態度や会社への貢献度など、数字以外の部分を重視している企業はホワイト企業の傾向があります。業績が安定していることから、従業員への福利厚生や職場環境を充実させることが可能です。

ホワイト企業に就職するポイント

安定した環境で働くことができるホワイト企業ですが「実際どうやってホワイト企業に就職すればいいかわからない」と考えている方も多いでしょう。

続いては、ホワイト企業に就職するポイントについて解説します。

ホワイトな職種を選ぶ

ホワイト企業に就職するためには、上記で紹介したようなホワイトな職種を選択しましょう。特に参入障壁が高い食品業界やインフラ関係は、ホワイト企業の可能性が高いです。

やめておいた方がいい仕事の特徴に当てはまる会社は、できるだけ避けることで、心身とも安定した状態で働くことができます。ホワイト企業を探す場合は、やめておいた方がいい仕事の特徴に当てはまらないか確認が重要です。

大企業や上場企業でなくても、ホワイトな企業は数多く存在します。やめておいた方がいい仕事に就職してしまわないよう、特徴を把握しておくと良いでしょう、

企業の口コミをチェックする

ホワイト企業に就職したい場合は、企業の口コミを入念にチェックするようにしましょう。企業名や就活専用サイトなどを活用することで、気になる企業に勤めている従業員の口コミを確認できます。

口コミを確認する際は、長時間労働やパワハラなどの「やめておいた方がいい仕事の特徴」に当てはまらないかチェックしましょう。

確認するサイトによっては、企業内の具体的な職場環境を投稿していることがあります。給与や福利厚生以外の職場環境に関する情報をチェックすることで、入社後のギャップを減らして仕事に取り組むことができるでしょう。

企業情報を十分に研究する

気になる企業を見つけた場合は、企業情報を十分に研究しましょう。企業研究とは、企業の特徴を理解し、自分との相性や将来性を見極めることです。企業研究に取り組むことで、同業界での立ち位置や将来性を把握できます。

また、企業の特徴をより深く認識できるため、自分が活躍できる環境なのか、育成環境は整っているのかなど、入社後も円満に働けるかを確認可能です。

自分が求めるポイントと企業の特徴が当てはまっているのであれば、積極的に就職活動に取り組むことができます。そのため、ホワイト企業に就職したい場合は、企業研究を必ず行いましょう。

絶対にホワイト企業へ就職すべき?

やめておいた方がいい仕事が存在することから、ホワイト企業への就職が求められています。しかし、「絶対にホワイト企業に就職した方がいいの?」と考える人も多いでしょう。

ここでは、絶対にホワイト企業に就職するべきなのかについて解説します。

全体的な労働時間は減少している

労働時間が長くブラック企業と言われる、やめておいた方がいい仕事ですが、社会全体の労働時間は大幅に減少しています。リクルートワークス研究所が発表したデータでは、1週間のうち1999〜2004年卒業の社会人労働時間は49.6時間でした。

一方、2019〜2021年卒業の社会人は44.4時間となります。このデータを確認すると、15〜20年間で労働時間が減少していると言えるでしょう。やめておいた方がいい仕事の特徴である長時間労働ですが、年々減少しているのです。

また、労働時間以外にも仕事に関連する負担感も同調査期間では、仕事量業務難易度人間関係のストレスも低下しています。つまり、ホワイト企業ブラック企業に関わらず、職場環境が充実している傾向にあるのです。

仕事に関連する負担が大幅に減少したことで、過度な働き方を強制する企業以外は、ホワイト企業と呼ばれつつあります。

参考:リクルートワークス研究所「大手企業新入社会人の就労状況定量調査」

叱られたことのない社員が増えている

労働時間や仕事に関する負担低下だけではなく、勤務中に叱られたことがない社員も増えています。リクルートワークス研究所が発表したデータによると、1999〜2004年卒業の社会人で叱責されたことが一度もない割合は9.6%でした。

一方、2019〜2021年卒業の社会人は約3倍の25.2%となります。これらのデータから分かるとおり、社会全体の職場環境が改善されており、働きやすい企業が増えているのです。

また、同調査結果によると「休みがとりやすい」「失敗しても許される」と答える割合が高くなっています。どのような業界企業でも、長時間労働は減少し、従業員にとって緩い環境が構築されていると言えるでしょう。

参考:リクルートワークス研究所「大手企業新入社会人の就労状況定量調査」

最も重要なのは「自分の目的」

リクルートワークス研究所の発表したデータから分かる通り、ホワイト企業とブラック企業の垣根は減少しています。就職活動を実施する際は、ホワイト企業の特徴を確認して探すのではなく「自分は何がしたいのか、どんな仕事に就きたいのか」を明確にすることが重要です。

完全にブラック企業がなくなったわけではありませんが、自分の目的に合わせて探すことで、最適な仕事が見つかります。例えば、ブラック企業でもスキルを身につけるために就職退職した場合、意味がなかったわけではありません。

スキルを身につけるという明確な目的があることから、これからのキャリアに役立てることが可能です。このようにブラック企業やホワイト企業で決めるのではなく、自分の目的を明確にして仕事を選択すると良いでしょう。

自分の目的に合った仕事に就職する方法

今後の就職活動は、自分の目的に合わせた行動が重要です。しかし、「自分の目的ってどうやって見つけたらいいの?」と考えている方も多いでしょう。ここでは、自分の目的に合った仕事を見つける方法について解説します。

自己分析を実施する

自分の目的に合った仕事を見つける際は、自己分析を実施しましょう。自己分析とは、自分にどんな特徴があり、他の人とは何が違うのかなどを分析することを指します。

自己分析を実施することで、自分に最適な仕事や強みを活かせる職場を把握可能です。また、自己分析で自身の強み弱みを知ることで、キャリアプランの形成もできるでしょう。

例えば、漠然としたキャリア目標を立てることで、どんな仕事に就くべきなのかがわかります。そのため、自己分析は自分の目的を知るだけではなく、キャリアプランの形成にも繋げられる手段と言えるでしょう。

就職エージェントを利用する

自分の目的を知るためにも最適な自己分析ですが「どうやって自己分析をしたらいいの?」と考えているのではないでしょうか。自己分析の実施経験がない場合、本当に合っているのか、どのように活かせばいいのかわからないケースが多いです。

このような場合は、就職エージェントの利用がおすすめです。就職エージェントを利用して自己分析を実施することで、就職活動のプロが全面的にサポートしてくれます。

また、自己分析の結果に加えて、就職活動のプロならではの意見を得られます。自分一人だけではなく、友人や家族と自己分析を実施するよりも、より実用的な結果を把握可能です。

さらに、自己分析の結果を踏まえて、どんな業界職種が最適なのかを教えてくれます。就職に関する様々なサポートを実施しているため、自己分析の方法がわからない場合は就職エージェントを利用してみると良いでしょう。

就職カレッジ®を利用してホワイト企業にチャレンジ

自己分析をはじめとする、就職に関する様々なサポートをしてくれる就職エージェントですが、どのサービスを選べばいいかわからない人も多いでしょう。

就職エージェントを利用するなら、弊社ジェイックの就職カレッジ®がおすすめです。就職カレッジ®とは、20代の就職に強い就職エージェントであるジェイックが実施する就職支援サービスです。フリーターや大学中退、第二新卒などの就職サポートを実施しています。

また、就職カレッジ®には専門的な知識を持ったアドバイザーが在籍しているため、利用者の自己分析を全面的にサポートしてくれます。自己分析完了後の企業分析や面接練習もサポートしてくれるため、初めて就職活動する場合でも安心です。

下記にて、就職カレッジ®のおすすめポイントを3つ解説します。

無料で就職サポートを受けられる

就職カレッジ®では、無料で就職サポートを受けられます。フリーターや第二新卒に関わらずサポートを受けられるため、コストをかけることなく就職活動が可能です。

また、就職カレッジ®は定期的に無料の就職講座を開催しています。就職講座では、ビジネスマナーや履歴書の書き方、面接対策まで、実用的なスキルを身につけることが可能です。専任のアドバイザーによる自己分析サポートも提供していることから、就職カレッジ®は高い内定率を誇ります。

さらに、自己分析をもとにした企業選定研究もサポートしてくれるため、初めての就職活動でも自分に合った企業を選択できるでしょう。

書類選考なしで面接できる

就職カレッジ®では、数十社以上と書類選考なしで面接できる機会があります。面接する企業は、就職カレッジ®を運営している株式会社ジェイックが実際に確認しているため、未経験社を採用したい優良企業のみです。

書類選考を省いて面接を実施するため、うまくいけば最短2週間で内定を獲得できます。できるだけ早く企業へ就職したいと考えている場合でも、最適なサービスと言えるでしょう。

就職後の1年間も手厚いサポートあり

就職カレッジ®は、就職後1年間も手厚いサポートを提供しています。多くの就職エージェントは、就職成功後3ヶ月〜半年程度です。

一方、就職カレッジ®は1年間の相談やサポートを実施しているため、安心してご利用いただけます。就職後も新入社員向け講座も開催していますので、今改善したい悩みに対応させていただくことが可能です。

まとめ

以上、やめておいた方がいい仕事10選や特徴を解説しました。長時間労働や肉体労働がメインの仕事は、向いていなければ肉体的精神的なダメージを感じてしまいます。心身ともにダメージが蓄積すると、精神疾患を発病して社会復帰が難しくなるケースが多いです。このような結果を防ぐためには、やめておいた方が仕事の特徴を把握する必要があります。このような状況から、やめておいた方がいい仕事ではなく、ホワイト企業への就職を目指す人が増えています。

しかし、必ずしもホワイト企業への就職が最適なわけではありません。ブラック企業とホワイト企業の垣根は年々なくなりつつあるため、自分の目的に合わせて仕事を選択しましょう。

自分の目的に最適な仕事を選択するためには、自己分析を行いましょう。自己分析を苦手としている場合は、就職カレッジ®がおすすめです。就職カレッジ®では、専任アドバイザーが自己分析から、企業研究面接対応までサポートしてくれます。

この記事で、やめておいた方がいい仕事の特徴を把握し、就職カレッジ®を利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等