就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

ニートで転職エージェントは利用できる?おすすめのエージェントも紹介!

ニートで転職エージェントは利用できる?おすすめのエージェントも紹介!
ニートFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

ニートでも転職エージェントを利用できるのか気になる方もいるのではないでしょうか?転職エージェントには様々な求職者の状況に特化したエージェントがあり、ニートに特化したエージェントもあります。この記事では、ニートに特化したエージェントの紹介や利用する際のコツなどを解説しています。転職エージェントを利用したいと考えているニートの方は是非、参考にしてみてください。

ニートでも転職エージェントを利用できる

ニートでも転職エージェントを利用できる

ニートが、転職エージェントを利用することは可能です。その理由やニート向けの転職エージェントについて、解説していきます。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、民間企業が運営する転職支援サービスのことを指します。基本的には無料で利用でき、登録後はキャリアアドバイザーの面談があるのが一般的です。これまでの経歴や職歴、希望している仕事や転職時期などについて話します。

転職エージェントでは非公開求人の紹介をはじめ、自己分析や書類・面接対策のアドバイス、企業との日程調整や条件交渉などもしてもらうことが可能です。転職にまつわるあらゆるサポートをしてもらえるため転職活動に集中できる、担当アドバイザーがつくなどきめ細かい支援を受けることで自分に合った企業を見つけやすいといった特徴があります。

職歴なしでも転職エージェントは利用できる

転職エージェントというと、社会人経験がある人しか利用できないイメージがあります。しかし、職歴なしでも利用できる転職エージェントもあります。すべてのエージェントではありませんが、正社員経験がない・または少ない人も対象としている転職エージェントはあります。

未経験者の就職・社会人経験のある転職の両方をサポートしているエージェントもあります。「ニートだから転職エージェントは使えない」と思い込まず、利用できるエージェントを探してみましょう。

ニートに特化した転職エージェントがおすすめ

ニートがエージェントを利用して転職したい場合、ニートへの支援に特化している転職エージェントを選ぶのがもっとも効率的です。なぜならば、ニートという一見転職に不利な経歴があっても、その人の人間性やポテンシャルなどを評価して採用したいと考える企業もあるからです。そういった企業のなかには、エージェントを利用し、本当に良い人材・将来に期待できる人材を採用したいと考えている企業もあります。

弊社ジェイックも転職エージェントとして、ニートやフリーター、既卒者、第二新卒を対象とした「就職カレッジ®」、主に大学などの中退者を対象とした「セカンドカレッジ®」、女性のキャリアチェンジに特化した「女子カレッジ®」の、3つのサービスを提供しています。

ジェイックのサービスには、以下の特徴があります。

  • ニートなど職歴なしからの就職実績も豊富
  • 就職活動がはじめての人でも安心のサポート
  • 未経験の業種・職種への転職も可能

ニートの方を対象としている就職カレッジ®の詳細は、記事の最後でご紹介しています。

ニートが就職できない理由

「ニートは就職できない」というイメージを持つ方がいたり、実際になかなか就職先が決まらないというケースもあります。ニートの就職が難しくなりがちな3つの理由について、ご紹介します。

面接と履歴書の対策方法がわからない

就職活動では、ほぼ必ずといってよいほど書類選考と面接があります。いずれも、企業側が限られた時間で応募者を知るための手法であり、効果的に自分をアピールする必要があります。

就職や就活の経験がないニートの場合、書類や面接で以下のような問題が起きてしまうことがあります。

  • 言葉遣いが間違っている
  • 基本的なマナーが理解できていない
  • 志望動機や自己PRの内容が薄い
  • 企業ごとの対策ができていない
  • 準備不足である

どんなに良い人材であっても、それが企業に伝わらなければ、残念ながら採用したいとは思ってもらえないでしょう。基本的な部分を理解できていないと「やっぱりニートを採用するのは不安」と思われる要因にもなりかねないのです。

就職へのやる気がない

本気で就職する気がない、就職活動をしようとはしているがなかなか進まない、一向に企業に応募しないなど、「就職」そのものへのやる気がなければ当然、就職成功は遠ざかってしまいます。

就職や転職は、新卒や社会人経験者であっても簡単にできるものではありません。それがニートであれば、なおさら準備や努力が必要です。企業にとって「ニートという経歴があってもぜひ採用したい」と思ってもらう必要があるからです。

実家暮らしのニートの場合は特に、働かなくても最低限生活はできてしまうため、就職のための行動をする気が起きにくく、重い腰を上げずに時が経ってしまうケースもあります。

自己分析ができていない

自分の強みを理解できていないニートの方も多くいます。「どうせ自分なんて」と卑下していたり、自分の長所がなかなか思い浮かばないなど、自信を喪失している状況の人も少なくありません。

しかし、自分の強みを適切に理解していることは、就職には必須です。強みを活かせる職種や、自分の性質に合った企業を選ぶことで就職成功にもつながりやすく、入社後の活躍も期待できます。

時間をかけて自己分析に取り組み、自分の適性や強み・弱み、価値観などを深く理解することは、就職活動のみならずこれからの長い社会人生活においても必要なことです。

ニートが転職エージェントを選ぶポイント

ニートの方が転職エージェントを選ぶ際には、以下のようなポイントを意識してみましょう。

エージェントの特徴を知る

同じニート向けの転職エージェントであっても、エージェントごとに特徴はさまざまです。エージェントによっては以下のような可能性もあるため、注意が必要です。

  • あまり求人を紹介してもらえない
  • 契約社員など正社員以外の求人が多い
  • 希望する職種の求人がない

表向きには「未経験でもOK」とうたっていても、実際には求人の紹介数が少ない、紹介してもらっても自分の希望とかけ離れているケースもあります。そうなると、せっかくエージェントに登録したのに思うような転職活動ができず、かえってストレスになってしまうこともあり得ます。

実際に利用した人の体験談を見る

転職エージェントを実際に利用した人の声を見てみるのはおすすめです。インターネット上には、エージェントでどのようなサービスを受けたか、アドバイザーの印象、満足度などに関するユーザーの感想が掲載されています。いわゆる「生の声」を知ることは、エージェント選びの参考になります。鵜呑みにしすぎないようにはすべきですが、ひとつの目安にはなるでしょう。

また、実際の就職成功率などのデータも見ておきましょう。特に「定着率」は参考になります。就職はさせているが、利用者の早期離職が多いというエージェントである可能性もゼロではありません。エージェント利用者の定着率が高ければ、それだけその人に合った就職・転職ができていることの証明になります。

サポート体制などを見る

各転職エージェントのサポート体制もチェックしておきましょう。たとえば、以下のような要素です。

  • 担当者が親身になってくれそうか
  • 具体的な提案があるか
  • 自分に合ったアドバイスをもらえそうか

エージェントのなかには、登録や面談をしてもあまり連絡がない、求人紹介はあるが書類選考・面接や自己分析などに関するアドバイスはあまりしてもらえないなど、十分なサポート体制が整っていないところも残念ながらあります。

どの程度サポートを受けられそうなのか、不安としていることや相談に乗ってもらいたいことなどに対する支援が適切か、必ず見ておきましょう。

ニートが転職エージェントを利用する際のコツ

ニートが転職エージェントを利用して就職・転職を成功させるにはコツがあります。以下のような行動を取るようにしましょう。

意欲をもって行う

転職エージェントを利用するとしても、最終的に就職活動をするのは自分自身です。転職エージェントは希望を叶えるためのサポートはしてもらえますが、本人のやる気がなければどうすることもできません。就職を成功できるかどうかは、最終的には自分次第だということは理解しておきましょう。

本気で就職・転職をしたいのであれば、積極的に準備や相談をしていくことが大切です。「〇ヶ月以内に内定をもらう」と具体的に期限を設定したり、応募する企業数を自分で決めてみたりするのも良い方法です。

仕事の希望はしっかり伝える

ニートで職歴なしだからといって、仕事を選んではいけないということはありません。ある程度就職先や職種が限られる可能性が高いことは事実ですが、自分の意に沿わないところへ就職しても、結局はミスマッチになってしまいます。

希望する業界や職種などがあるならば、遠慮せず担当のキャリアアドバイザーにしっかりと伝えておきましょう。理想通りの求人はなかなかなくとも、理想に近かったり優先事項を満たした求人を紹介してもらえる可能性が高まります。特に希望する仕事がない場合には、「これだけは避けたい」ということを伝えておくのも良いでしょう。たとえば「飛び込み営業の仕事は避けたい」「自宅から遠すぎる勤務地は避けたい」などです。

アドバイザーと連絡を取る

転職エージェントの場合、基本的に一人につき、専任のアドバイザーがつくことが多くなっています。しかし、アドバイザーは複数の求職者を担当していることもあり、あきらかにやる気がなさそうな人よりも、意欲的な人のほうが力になりたいと思ってもらいやすいでしょう。

アドバイザーとのやりとりはなるべくこまめに行い、レスポンスきちんと返すことを心がけましょう。約束を守る、やらなければいけないことはきちんとやる、といった基本的なことが大切です。ひとつひとつの小さなやりとりの積み重ねが信頼につながり、「この人の就職を成功させてあげたい」という気持ちになってもらえるでしょう。

ニートに就職カレッジ®をおすすめする3つの理由

最後に、ニートの方の就職をサポートしている弊社ジェイックの「就職カレッジ®」をおすすめしたい3つの理由について、それぞれ解説します。

未経験者の就職に特化した就職支援サービス

就職カレッジ®は、未経験者の正社員就職に強いサービスです。職歴なしのニートや、正社員経験がない人・または浅い人、アルバイト経験のみの人などが、自分に合った企業に就職し、社会人として活躍できるまでのサポートをしています。無料就職講座では、短期集中で自己分析やビジネスマナー、面接対策など、就職活動に必要なことを学ぶことが可能です。

就職カレッジ®参加者の就職成功率は81.1%(※)となっており、通常のニートやフリーターからの就職の2倍以上の成功率です。そのため、「ニートだから正社員就職できるか心配」という方でもご利用いただけます。

※2019年2月1日~7月31日のうち、当社面接会参加者のうち把握している就職決定者の割合

書類選考なしで優良企業20社と面接

就職カレッジ®では、就職講座の終了後に、書類選考免除の合同面接会を実施しています。この合同面接会では書類選考が必要ないため、職歴などを重視しない優良企業と、確実に面接ができます。場合によってはスピード内定も可能なため、なるべく早く就職先を決めたい方にも効率的です。

ニートの場合、人柄に問題はなくとも、その経歴で書類選考を通過できないケースも残念ながらあります。ですが、こちらの合同面接会ではその心配がありません。自信を持って、企業へ自分の強みをアピールできます。

就職後もサポート

転職エージェントの多くは、「就職が決まるまで」のサポートがメインです。一方、弊社ジェイックでは、「就業後のフォロー」も手厚くなっているのが特徴です。

就職後、仕事の不安や悩み、わからないことが出てきたら、専任のアドバイザーに相談ができます。また、就職後は1年超、複数回の研修なども実施しています。「就職したら終わり」ではなく、「定着し、長期的に活躍できるまで」をゴールとしていますので、ニートからのはじめての就職でも安心です。

まとめ

ニートが利用できる転職エージェントはあります。どのようなサービスやサポートが受けられそうなのか、自分に合いそうかなどを見たうえで利用することをおすすめします。また、転職エージェントを利用すれば就職・転職ができるわけではありません。最終的には自分の行動にかかってきますので、しっかりと取り組みましょう。

「ニートから就職したい」「職歴なしだが正社員として働きたい」という方は、以下のフォームよりお気軽にご登録ください。プロのキャリアアドバイザーがアドバイスさせていただきます。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

池本 駿
株式会社ジェイックマーケティング開発部。2016年慶応義塾大学経済学部卒業。2018年慶應義塾大学大学院経済学研究科修了(修士課程)。2019年慶應義塾大学大学院理工学研究科修了(修士課程)。元・三菱経済研究所研究員。著書「教育経済学の実証分析: 小中学校の不登校・高校における中途退学の要因分析」