就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

施工管理の年収事情-稼げる人と稼げない人の違いとは-

施工管理の年収事情-稼げる人と稼げない人の違いとは-
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「施工管理の年収が他よりも高いと言われる理由って何?施工管理の仕事に就きたいけど、どれくらい給与がもらえるのか知りたい…。」と悩んでいる方も多いと思います。

この記事では、施工管理の仕事内容から平均年収、他に比べて給与が高いと言われる理由を解説します。また、年収をアップさせる方法や施工管理を目指すメリット・デメリットについても紹介しています。

更に、自身だけで施工管理に就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。

この記事を読んで、就職を勝ち取りましょう!

施工管理はどんな仕事?

施工管理はどんな仕事?

施工管理とは、施工スケジュールや予算組み、安全面の配慮など工事現場全体の管理を行う仕事です。工事現場全体をマネジメントして、安全かつスケジュール通りに工事を完了させることが目的です。

現場監督と類似する仕事ではありますが、具体的な業務内容が異なります。現場監督は工事現場の作業員に対しての指示や管理がメインです。一方、施工管理は、現場の指示だけではなく関連の書類提出など、工事に関わる全てを管理します。

また、施工管理は定められた納期までに工事が完成するように現場の人員配置や進捗管理を実施し、完成した部分から「出来形管理」を行います。指定された材質・強度を満たしているか確認する「品質管理」や現場で安全に作業できるか点検する「安全管理」なども施工管理の仕事です。

施工管理は工事に関連する知識以外にも、現場内で複数の作業員とコミュニケーションを取り、現場を指揮するリーダーシップも求められます。スケジュール通りに作業を進めるマネジメント能力なども必要となるため、施工管理は様々なスキルが求められる仕事と言えるでしょう。

施工管理の詳しい仕事内容が知りたい場合は、下記記事をチェックしてみてください。

施工管理とは?仕事内容や資格、必要なスキルなどをわかりやすく解説

施工管理の平均年収

様々なスキルが求められる施工管理ですが、年収はどれくらいなのでしょうか、施工管理の平均年収は469万円となり、月給で換算すると39万円程度です。

日々の業務量や求められる内容が多いことから、他の職種から見ても平均年収は高いと言えるでしょう。施工管理は資格を保有していない場合でも、就職できる仕事です。ただし、関連する資格の有無で年収は大きく異なるため、年収アップには必須と言えるでしょう。

また、施工管理の年収は年齢も影響します。下記にて、20代と30代以降の年収について詳しく解説します。

引用:求人ボックス

20代の年収

施工管理20代の平均年収は366万円となり、全体平均よりも約100万円低い数値です。20代の場合は、施工管理として働き始めてから経験も浅く、資格を保有しているケースも少ないことから平均よりも低いようです。

また、施工管理として経験が浅い場合、小さい現場でも一人で対応するケースは少なく、ベテラン施工管理士と一緒に行動することが多いです。一人で現場の管理・対応ができない点が、年収に響いていると言えるでしょう。

そのため、小規模の現場でも一人で管理できるようになれば、大きく年収アップが期待できます。

引用:転職会議

30代以降の年収

施工管理30代以降の平均年収は537万円となり、全体平均よりも約100万円高い数値です。20代は一人で現場管理ができないことから全体平均よりも低い数値でしたが、30代以降は施工管理士の中でもある程度経験を積んだ従業員です。

一人で現場を管理するのはもちろんのこと、若手従業員の業務をサポートする役割があります。さらに、施工管理として資格を取得しているケースが多いことから、平均年収が高いです。

20代から30代にかけて施工管理としての経験を積むことで、飛躍的に年収をアップさせられるでしょう。

引用:転職会議

施工管理の年収事情-給与が高いといわれる理由とは-

施工管理は20代からでも経験を積むことで、他業種よりも高い年収を獲得できます。しかし、施工管理の給与が高いと言われる理由は何なのでしょうか。

ここでは、施工管理の給与が高いと言われる理由や具体的な年収事情について解説します。

経験年数

施工管理は経験年数によって、年収が異なります。上記でも紹介した通り、20代は360万円前後の年収ですが、30代になると530万円までアップします。経験によって施工管理の年収が上がる最大の理由は、業務内容を1年・2年では完璧にこなすことが難しいためです。

施工管理は現場での管理業務だけではなく、工程会議や書類関連のデスクワークなど、様々な業務をこなすスキルが求められます。20代のうちは対応に追われてしまいますが、30代以降は無理なくこなせるようになるため、経験年数によって年収が高くなります。

また、国税庁の調査によると日本の平均年収は436万円に対して、施工管理の平均年収は469万円です。全体的な平均年収を見ても、施工管理の方が高いと言えます。

さらに、施工管理として現場で働く場合、建設を予定していた建物が完成します。大きなトラブルが発生することもなく、工期に遅れがなければ施工管理としての実績を大きく積み上げることが可能です。

このように、何度も現場をこなしていく内に施工管理としての実績も積み上がるため、経験による年収アップの影響は大きいと言えるでしょう。

引用:民間給与実態調査

役職

施工管理の仕事は、役職により大きく年収が異なります。施工管理に就職したばかりの役職は、補助技術者となるため年収も350〜500万円程度です。しかし、経験を積み役職が主任技術者や監理技術者になることで、年収を500〜800万円までアップさせられます。

また、多くの現場経験を積み、必要な資格を取得することで現場代理人(所長)まで役職を上げることができます。現場代理人は、工事の規模に関わらず配置が必要な職種となるため、平均年収は600〜800万円となり、大幅アップも見込めるでしょう。

引用:国土交通省「適正な施工確保のための技術者制度検討会」

現場の規模

施工管理はメインで対応する現場の規模に応じて、年収が変動するケースも多いです。施工管理の仕事は現場パトロールから各種管理、工事関係の書類作成・発注など、現場の規模が大きくなればなるほど業務量が増え得ます。

また、業務だけではなく現場を管理する責任も大きくなることから、規模に応じて年収が変動します。大きな現場であるほど、小さなスケジュールのズレやミスが発生しただけでも、後々工事に影響を与えるため、神経質になりながら仕事を進める必要があるでしょう。

会社の規模

施工管理の仕事は現場だけでなく、所属する会社の規模でも変動します。国税庁が発表した「民間給与実態統計調査結果(令和2年分)」によると、資本金が2,000万円未満の企業はm平均年収が約395万円に対して、1億円以上は約575万円、10億円以上は約735万円となります。

また、事業規模で確認してみると従業員数が10人未満の場合、平均年収は約370万円、1,000人以上は約692万円、5,000人以上は約743万円です。この通り、従業員数や事業規模が小さい企業ほど年収が低く、大きい企業であるほど高くなるようです。

会社の希望が大きければ、大きい現場案件を獲得することが多いことから、従業員に対して還元できます。そのため、大きい企業であるほど施工管理の年収は高いと言えるでしょう。

引用:国税庁「民間給与実態統計調査結果(令和2年分)」

資格の有無

施工管理の年収は、保有する資格によっても大きく異なります。施工管理に関連する資格を保有していると、会社から「資格手当」が支給されることが多いです。

関連する資格の中でも最も需要が高い施工管理技士」を保有している場合、工事に関する知識だけではなく、現場におけるマネジメント・リーダーシップを発揮できる存在として重宝されます。

また、施工管理技士の上位資格である1級を保有している場合は、20代でも高年収を獲得可能です。専用の資格が存在していることから、施工管理の給与は、他業種よりも高いケースが多いと言えるでしょう。

施工管理の年収をアップする方法

他業種よりも平均年収が高い施工管理職ですが、ただ就職しただけでは給与を上げることはできません。ここでは、具体的に施工管理の年収アップを狙う方法について解説します。

規模の大きい会社・業種に就職する

施工管理として年収をアップさせたい場合は、規模の大きい会社・業種を狙って就職しましょう。上記でも解説した通り、施工管理は企業規模や資本金額に応じて、年収が大きく異なります。

資本金が2,000万円未満と10億円以上では約300万円の差があり、事業規模も10人未満と5,000人以上では、約350万円以上の差が出ています。規模の大きい会社であるほど、高年収が目指せると言えるでしょう。

また、施工管理の中にも業種が存在しており、全て同じ年収ではありません、プラント・エネルギー関連の企業が平均年収725万円に対して、建築・土木の平均年収は575万円となります。

プラント・エネルギーやゼネコン、ディベロッパーなどは、比較的企業規模が大きく、需要のある業種であることから平均年収が高い傾向にあります。一方、サブコンやハウスメーカー・工務店などは、市場は大きいものの企業規模が小さい傾向にあるため、平均年収も低いです、

そのため、施工管理として年収をアップさせたい場合は、プラント・エネルギーやゼネコンなどで企業規模の大きいところを狙うと良いでしょう。

引用:国税庁「民間給与実態統計調査結果(令和2年分)」

引用:建設・求人データベース

資格を取得する

施工管理で高年収を狙うなら、積極的に資格を取得しましょう。資格を保有していると多くの企業で「資格手当」が支給されるため、大幅に年収アップが見込めます。

施工管理として取得することで、年収アップが見込める資格は以下の3つです。

  • 施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 建築施工管理技士

それぞれ順に解説していきます。

施工管理技士

施工管理技士は国家資格の一つで、工事現場で専任技術者として活動できます。資格には1級と2級があり、2級は現場で専任の技術者や主任技術士として活動が可能です。1級を取得した場合、2級の範囲に加えて、各現場に配置される「監理技術者」になれます。

監理技術者は現場の規模に関わらず配置が必要な責任者であり、非常に重要な役割を持ちます。施工管理技士は工事現場において需要が高く、資格手当が発生する企業も多いです。

監理技術者や主任技術者になることができれば、スキルアップや年収アップも見込めます。一般建設業や特定建設業のいずれも必要とされる資格であるため、就職・転職の幅も広げられる資格と言えるでしょう。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士は国家資格の一つで、建設や増設で必要になる電気関連の工事や施工計画が可能になります。施工管理技士と同様に需要の高い資格であり、保有しておくことで即戦力として就職が可能です。

また、電気工事施工管理技士は1級と2級があり、2級では4,000万円未満の案件対応、1級では4,000万円以上の大規模案件に参画できます。多くの建築物は電気を使用していることから、施工管理として働く上では電気工事施工管理技士が不必要になることはありません。

一定の需要が存在するため、多くの企業が資格手当を支給してくれるため、年収アップを狙うなら、施工管理技師と同じく積極的に取得を目指すと良いでしょう。

建築施工管理技士

建築施工管理技士は国家資格の一つで、設計図の確認や工程把握・スケジュール管理が可能になる資格です。1級と2級が存在しており、2級では主任御術者として活動が可能で、中期の案件対応が可能になります。

一方、1級を取得することで全建設工事の施工管理が可能になります。非常に取得確率は低いものの、施工管理に必要な知識・技術を身につけられます。施工管理として年収アップを目指すなら、取得獲得を目指すと良いでしょう。

起業する

施工管理としての経験や専門的な知識を保有している場合、起業するのも一つの手です。一般的な企業に所属して施工管理として働く場合、収入の上限は限られています。どれだけ大きい企業でも800万円以上の年収を目指すのは難しく、成功したとしても40代・50代以降になるケースが多いです。

一方、自身で施工管理として起業した場合、収入の上限は存在しなくなります。施工管理技士1級を保有する場合は、どのような工事現場でも働くことができるため、仕事を獲得できれば、1,000万円以上の高年収を目指すことが可能です。

しかし、個人で施工管理の企業を立ち上げた場合、年収よりもデメリットが多い傾向にあります。仕事の安定した受注や雇用の安定が難しいことから、成功するまでに時間がかかる可能性が高いです。

施工管理で高年収を目指す場合は、建設会社に就職して、経験を積んだり専門資格を取得したりする方が安定するでしょう。

施工管理を目指すメリットとは

自身の努力次第で年収アップが目指せる施工管理ですが、目指すメリットとは一体何なのでしょうか。就職した人の中には業務量が多く労働時間が長いことから「施工管理を辞めたい」と考える人も多いようです。

ここでは、施工管理を目指すメリットについて解説します。

また、施工管理に就職する詳しいメリットを知りたい場合は、下記記事もチェックして下さい。

施工管理の仕事内容を職種別にどこよりもわかりやすく徹底解説!

平均年収が高い

施工管理は他の業種に比べても平均年収が高く、稼ぎやすい仕事です。日本の平均年収は436万円に対して、施工管理の平均年収は469万円となるため、順当にキャリアを積み上げることで高年収を目指せます。

20代・30代の内から、比較的高い給与をもらえる会社に就職したい場合、施工管理はメリットの大きい仕事と言えます。また、専門的な資格が多く、需要が高いものは国家資格となります。

取得した施工管理関連の国家資格は、他の資格よりも資格手当てが高く、年収アップが可能です。業務内容がきついと言われる施工管理ですが、体力に自信がありマネジメント能力がある場合は最適な仕事です。

引用:国税庁「民間給与実態統計調査結果(令和2年分)」

キャリア形成も可能

施工管理として働いた経験は、幅広い場面で活用が可能です。例えば、施工管理技士1級を保有した状態で工務店に就職し、数年間キャリアを積めば、大手ゼネコンやエネルギー・プラント関連の企業に転職できます。

企業規模が大きければ得られる収入も大きくなることから、施工管理として働くメリットは非常に大きいです。高年収を目指したい場合や起業したいと考えている人でも、施工管理は需要の高い仕事であるため、将来的なキャリアを形成しやすいです。

また、資格を保有した状態で施工管理としての経験年数が長くなれば、自然と大規模な案件を任せられることになるため、給与面でも高待遇を目指せるでしょう。

未経験からでも挑戦できる

施工管理は全く経験がない状態でも、就職を目指せる仕事です。資格の取得や経験を積むのは就職してからでも、全く問題ありません。施工管理は建設工事をはじめとする、インフラに関連した案件に対応しているため、常に需要が高いです。

インターネットやAIによって仕事が減少すると言われている現代でも、インフラ関係の仕事がなくなる可能性は低いです。そのため、施工管理は未経験からでも非常に挑戦しやすく、採用してもらえるケースが多いです。

未経験でも就職できて、需要の高い仕事を探している場合、施工管理は最適と言えるでしょう。

施工管理を目指すデメリット

メリットの多い施工管理ですが、デメリットも存在します。ここでは、施工管理を目指すデメリットについて解説します。

業務内容が過酷

施工管理は現場での対応から書類作成・申請対応など、幅広い業務を対応することから過酷です。朝から夕方にかけて現場で管理業務を実施した後、オフィスに戻り書類関連の業務を進めることも少なくありません。

また、工事現場では安全確認や仕様書の条件を満たしているかパトロールを進めるため、業務中に危険が存在します。一般的な仕事よりも高い給与を得られる分、過酷で危険な業務をこなす必要があるのです。

そのため、マルチタスクや体力に自信がない人にとって施工管理で働くことはデメリットと言えるでしょう。

残業時間が長い

施工管理は業務内容が過酷なだけではなく、残業時間も長い仕事です。厚生労働省が発表しているデータでは、1会社員全体の1ヶ月の残業時間が13.0時間に対して、施工管理は38.5時間と算出されています。

つまり、年間計算すると462時間残業していることになり、一般的な企業よりも3倍以上も働いているのです。施工管理は朝が早い仕事となるため、夜遅くまで残業しているとパフォーマンスが落ちてしまい、事故に遭う危険性も高くなります。

さらに、夜遅くまで残業したり、休日出勤を繰り返しているとプライベートな時間も取れなくなります。施工管理に就職してから関連資格の取得を目指す場合は、残業時間の多さから難易度が高いです。そのため、プライベートを充実させたい場合は、施工管理の就職はデメリットです。

コミュニケーション能力が求められる

施工管理は複数の業務をこなすスキルだけではなく、あらゆる業種の作業員と連携を取るコミュニケーションスキルも求められます。工事現場は一人で業務を進めることはできず、専門性の高い人材と一緒にスケジュールを組む必要があります。

一方で、施工管理が受注したクライアントからの要望も満たす必要があることから、現場の人材と念密にコミュニケーションが求められるのです。コミュニケーションが取れていなければ、現場の内部状況を正しく判断できず、納期に間に合わない場合や大きなトラブルが発生するリスクがあります。

そのため、コミュニケーションが苦手な人にとって、施工管理はデメリットの多い仕事と言えるでしょう。

施工管理が向いてる人・向いてない人の違い

施工管理にはメリットとデメリットが存在しますが、仕事に向いてる人であればデメリットを克服できます。しかし、施工管理の仕事が向いていない人は、就職自体をおすすめできません。

続いては、施工管理が向いている人・向いていない人の違いについて解説します。

また、施工管理の仕事はどのような人に向いてるのか・向いていないのか詳しく知りたい人とは、下記記事をチェックしてみてください。

施工管理に向いてない人の特徴30選!向いてないか自分の適性を考える。

向いてる人

施工管理に向いてる人は、コミュニケーションスキルがあり、マネジメント能力が高い人です。前述の通り、施工管理はクライアントと現場の要望を把握した上で、最適な状態で業務を進める必要があります。

現場の作業員と積極的にコミュニケーションを取りながら、スケジュール通りにマネジメントする能力が求められます。施工管理は現場だけではなく、期日までに必要な書類を作成して提出する、デスクワークも業務の一つです。

工事以外にも同時並行で進める必要があるため、マネジメント能力がある人には向いている仕事と言えるでしょう。

向いてない人

施工管理に向いていない人は、体力や気力が少なく、マルチタスクが苦手な人です。施工管理は朝早くから夜遅くまで残業することも多いため、ある程度の体力が必要とされます。体力がなければ、仕事中に体調を崩してしまったり、現場で事故に遭うリスクが高くなります。

また、施工管理は現場とオフィスの業務を並行して進めた上で、期日までに完了させる必要があります。マルチタスクがなければ、多岐にわたる施工管理の業務をスケジュール通りに進めることができず、トラブルに発展してしまいます。

そのため、一定以上の体力と気力を持った上で、施工管理の様々な業務を並行してこなせるマルチタスク能力がない人は、向いていないと言えるでしょう。

就職カレッジ®を利用して施工管理にチャレンジ

施工管理を目指している人の中で「自分は施工管理に向いていないのかな…。」と考えている方も多いでしょう。自分が施工管理に向いているか確認したい場合は、自己分析がおすすめです。

自己分析を行うことで、自身の長所や短所、他にはない特徴を洗い出せます。しかし、自己分析を一人で行うには難しく、うまくいかない可能性が高いです。このような場合は、就職サポートサービスの利用がおすすめです。

特に就職カレッジ®は20代に特化したサービスを提供しており、フリーターやニートにも強いサポートを実施します。専任アドバイザーによる自己分析も行なっているため、客観的にスキルの棚卸しが可能です。

下記にて、就職カレッジ®の特徴を3つ解説します。

高い就職成功率

フリーター既卒で自分一人の力で就職活動を行う場合、就職成功率34.4%ですが、就職カレッジ®は約80%以上となるため、通常よりも約2倍も就職しやすいと言えます。また、就職カレッジ®では、フリーターや第二新卒など、社会人経験のない人材でも、安心して働けるようサポートしています。

そのため、就職カレッジ®は経験がなくても挑戦できる施工管理と、非常に相性の良いサービスと言えるでしょう。

引用:2020年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

アドバイザーが自己分析をサポート

就職カレッジ®には、専任のアドバイザーが在籍しており、利用者の自己分析をサポートしてくれます。自分一人で自己分析を実施するよりも、客観的な意見をもらえることから、自信を持って就活が可能です。

また、定期的に無料の就活講座を実施しており、ビジネスマナー・企業研究・履歴書や面接対応の個別対策を提供しています。

社会人未経験の利用者に特化した内容となるため、受講することで就職活動を有利に進められるでしょう。

就職後も充実したサポートを提供

就職カレッジ®は利用中だけではなく、就職した後も充実したサポートを提供しています。サポート期間は1年以上となり、就職サポートサービスの中でもトップクラスに長い期間です。

専任アドバイザーによる、企業で働いていく上でのアドバイスや相談を実施しているため、安心して希望する企業に就職できるでしょう。

まとめ

以上、施工管理の仕事内容から平均年収、他に比べて給与が高いと言われる理由を解説しました。施工管理は他の業種よりも平均年収が高く、自分の努力次第で給与アップも目指せます。

しかし、施工管理に向いていない場合は、就職したとしてもすぐに離職する可能性が高いです。このような場合は、就職サポートサービスによる自己分析を行いましょう。特に就職カレッジ®を利用することで、自分自身の長所や短所・保有しているスキルを再認識できます。そのため、施工管理が自分に向いているか把握するにはおすすめです。

この記事で、施工管理の年収や他に比べて給与が高いと言われる理由を把握し、就職カレッジ®を利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン