向いてる仕事の探し方を解説!就職・転職成功に必要な自己分析も紹介

向いてる仕事の探し方を解説!就職・転職成功に必要な自己分析も紹介

向いてる仕事の探し方が分からずに、就職活動に苦戦してしまう人や向いていない仕事を続けている人は多いです。

就職・転職できるか自信がない」「プライベートで仕事のことを思い出すたび憂鬱な気分になる」といった傾向が現れがちです。

しかし、就活市場は現在売り手市場になので、フリーターや第二新卒など経験が少ない人にも十分な需要があります。

向いてる仕事さえ見つけられたら就職・転職がしやすい状況なので、この記事では、就職・転職をする際に、自分に向いてる仕事の探し方を解説します。

また、本記事を監修している株式会社ジェイックは、未経験者やフリーター向けの就職支援を10年以上提供していて、80.3%の利用者が就職成功という実績もあります。

ジェイックでは向いてる仕事を発見するための就職相談会やセミナーを開催中ですので、プロと一緒に自己分析をしたい方は下のボタンから申し込んでください。

 

自分は今の仕事に向いてる?不満を感じる人に良くある傾向

自分は今の仕事に向いてる?不満を感じる人に良くある傾向

仕事が苦痛で毎日のストレスになっているとき、自分に向いてる仕事で働けているとは言えないでしょう。

向いていない仕事をしていると、能力適性が低いため、向いてる仕事に比べて仕事の上達が遅く成果が上がりにくくなります。

そうなれば、上司から注意される機会も増えますし、同期にコンプレックスを感じることもあります。

何より、働くのが面白くないので仕事にモチベーションが上がりません。その結果、ますます仕事が嫌になりスキルが身につかないという悪循環に陥ります。

向いてる仕事を探すためには、適職診断や就職カウンセリングの利用もオススメです。以下の記事では、診断やカウンセリングの上手な活用方法についてまとめてあります。

 

一人で行いやすい自己分析などに関しても詳しく触れているので、参考にしてみてください。

向いてる仕事じゃないかも?職場に満足できないケースとは

仕事や職場に満足できないと感じる状況の具体例を3つ紹介します。もし、2つ以上当てはまる場合は、転職を検討するのもよいかもしれません。

自分の長所や才能がわからない

今いる職場で、自分を活かせる能力がないと満足は得られません。しかし、自分の強みに無自覚なまま就職してしまうこともあります。

そんなとき、職場に満足はできなくてもほかに目指す道がわからないので、向いてる仕事を探すことなく、仕事を続けてしまいがちです。

他の仕事がよく見えてしまう

別の会社や業種が過度にうらやましく映るのは、現在の職場で満足できていない証です。本当に向いてる仕事ができている職場なら、向いてる仕事の探し方に悩む暇もないからです。

社風に違和感を覚える

会社ごとに雰囲気やルールはさまざまです。上下関係がゆるい会社もあれば、年功序列が色濃く残っている会社もあるでしょう。

そうした社風が受け入れられず、不満が募っていくのは自分に合っていないサインです。根本的に仕事を愛せていないからこそ、細かいしきたりが引っかかってしまうのです。

 

向いてる仕事の探し方で重要なポイント

向いてる仕事の探し方で重要なポイント

いざ転職のために向いてる仕事を探すにしても、「探し方のポイント」を抑えていかないといつまでたっても向いてる仕事に出会うことは難しいです。

ここでは、向いてる仕事を探すうえで重要なポイントを解説していきます。

POINT1:適職診断で正確な自己分析を行う

向いてる仕事の探し方としての自己分析ですが、企業選びにおいても、面接対策としても、正確な自己分析は非常に効果的です。

面接では転職の動機やキャリアについて、深く質問をされますが、自己分析によって自分の気持ちが明らかになると、どんな質問が来てもすぐに答えられるようになります。

転職の方向性を決め、向いてる仕事を探すためにも、自己分析は欠かせないプロセスなのです。

ホランド分析で精度の高い自己分析を行う

自己分析の精度を上げるためには、専門的な理論を活用してみるのもひとつの方法です。中でも「ホランド理論」は適職診断で頻繁に用いられています。

ホランド理論では、職業適性を6つの性格タイプに分類しています。診断はさまざまな項目について「好き」「ある程度好き」「好きではない」と答えることで行われ、最終的にはどの性格タイプに関する点数が高かったのかを確認します。

いずれのタイプに自分が属するかを知るのが重要である一方で、苦手分野も明確になるので自己分析にはぴったりの理論です。

また、特定のタイプにだけ点数が集中していたり、すべてのタイプで万遍なく点数を稼いでいたりと、配点のバランスからも性格が見えてきます。

ものづくりに向いているRタイプ

ホランド理論において、Rタイプは現実的な性格であると診断されています。抽象的な思考を苦手としているかわりに、手で対象に触れて行う作業には適性があります。

また、動物の世話をしたり、体を動かしたりすることも好きです。転職活動では、工場勤務やドライバー、伝統工芸の職人といった職場向きです。

スキルを高めるための向上心があるので、適性のある職場では真面目にコツコツと努力できます。

理論を追求したいIタイプ

6つの中でもっとも理論的な性格がIタイプです。Iタイプは物事で妥協を許さず、結論が出るまで追求する特徴を持っています。

数学的な思考力が高く、複雑な事象も整理して答えを導き出せます。また、一度覚えた公式や法則の応用力があるのもIタイプの長所です。

Iタイプに向いているのは研究所や調査などの仕事です。そのほか、数字と向き合うことが得意なのでマーケティング部門でも成功しやすいでしょう。

想像力で勝負のAタイプ

芸術作品や娯楽作品を鑑賞するのが好きで、自身も想像力豊かなのがAタイプです。Aタイプは発想にオリジナリティがあり、独自の目線で周囲に刺激を与えます。

感性が繊細なのもAタイプの個性で、ほかの人が見逃してしまうような些細な点から強く刺激され、創作活動に活かせます。

そのため、デザインや執筆活動、芸術関係の仕事がぴったりです。ノウハウが決められた作業は苦手でも、答えのない仕事になれば活き活きと働けます。

コミュニケーション能力の高いSタイプ

社交性があり、コミュニケーションを円滑にできる人はSタイプに入ります。初対面の人間とも仲良くでき、人間関係で調和を重んじるのがSタイプの特徴です。

人あたりがいいので誰かを指導したり、教育したりすることが得意です。向いている仕事としては、塾講師やインストラクターなどがあてはまるでしょう。

また、他人に尽くす仕事でもストレスを感じにくいため、福祉関係にも適性があります。

勝ち負けにこだわるのはEタイプ

他人との競争を恐れず、評価されることで自信と誇りを持てるのがEタイプです。Eタイプの強みは目標が明確で、そこから逆算して行動を決められることです。

上昇志向が強いため、努力した分の報酬が得られる仕事に向いています。たとえば、営業職や企画職などで成功する人にはEタイプが多いといえるでしょう。

Eタイプはリーダーとしての振る舞いを求められても堂々と受け入れられるため、転職をするならキャリアアップを重要視するのもひとつの選択肢です。

堅実な仕事ぶりのCタイプ

真面目で混乱を嫌う性格がCタイプです。Cタイプはマニュアルや風習を受け入れるまでが早く、決められた作業を決められた通りに行えます。

それゆえ、作業の精度は非常に高く、長時間にわたって集中力も持続します。

そのほか、自分で何かを生み出す仕事には苦手意識があるものの、ルーティーンワークにおいては秀でた才能を見せます。

データ入力などの事務作業や校正作業、マニュアルを用いてのプログラミングやオペレーション業務に向いているといえるでしょう。

 

POINT2:自分で気軽にできる自己分析

本格な適職診断もやってみたいけど、まずは自分でできる気軽な自己分析から始めたい方向けに、向いてる仕事ややりたい仕事を探すヒントになる自己分析を紹介します。

自分でできる自己分析「自分年表」のやりかた

ここでは自分で気軽にできる自己分析である、「自分年表」を紹介します。1人でも向いてる仕事のヒントを得られる探し方といえるでしょう。

生まれてから現在にいたるまで、どんな人生を歩んできたかを年表形式で書き連ねて、どんな時にどんな気持ちになったのかをメモしていきましょう。

学校を卒業したり、会社に就職したりといった大きなイベントだけではなく、思いだせる限りの小さな出来事も無視せず年表に含めます。

そうすると、どんな出来事が自分に影響を与え、原動力になっているのかが浮かび上がってきます。

その結果、自分でも気づかなかった願望や関心が自覚できることも珍しくありません。

自己分析ができていないと、企業の知名度や給料面だけを重視して、本当に向いてる仕事ややりたい仕事を見逃してしまう恐れが出てきます。

ネガティブな面とも向き合う自己分析で向いてない仕事を明らかに

大前提として、自己分析は誰かに内容を見せるものではありません。あくまでも、自分で自分を知るためだけの作業です。

普段は他人に見せられないような弱みや苦手分野も、自己分析では向き合ってみましょう。

例えば、自分の過去で失敗した思い出や、克服できなかった欠点などもリストアップしていきます。

それらは、現在苦手意識を持っていたり向いてないことを明らかにしてくれる、大切な記憶です。

逆をいえば、失敗体験からかけ離れた分野ならやりがいを持って働ける可能性もあるということです。

時に自己分析はつらい体験さえ蘇らせなくてはいけない時間となるものの、前向きに転職活動を続けるには避けて通れない道です。

成功体験が向いてる仕事へと導いてくれる

失敗体験以外にも、成功体験は自己分析の鍵を握る要素です。

これまで人から褒められたり、特別感を抱いたりした記憶は積極的に書き出していきましょう。

成功体験は何も、派手な記憶ばかりとは限りません。他人の印象に残りにくい出来事でも、本人には大きな意味を持つことがあります。

たとえば、「小さい頃、お絵かきを先生から褒められた思い出」がきっかけで、クリエイティブな才能が目覚めた可能性もありえるのです。

成功体験をつなぎあわせていくと、自分が何にモチベーションを抱き、努力してきたかが判明します。そして、転職先を選ぶうえでの大事な基準となるでしょう。

好きなことを大事にしよう

目に見える成功や利益はなくても、自己分析では趣味や好きなことも大事にしましょう。単なる趣味だからといって、まったく仕事に関係がないとも言い切れません。

長年続けている趣味は人格に強い影響を与えています。どうして趣味を続けていて、これからどうなっていきたいのかを掘り下げていくと、転職活動のヒントにもなりえるでしょう。

たとえば、趣味で料理をずっと続けていたとします。どうして料理が好きなのかを考えてみると、「スキルを磨いて、人が喜んでくれるのがうれしい」からだとわかりました。

つまり、自分はコツコツと努力ができる人間であり、人と関わる仕事が向いているのだといえます。今まで夢中になってきたものは、仕事とプライベートで区別せず自己分析に活かしましょう。

 

向いてる仕事を探す過程で、「やりたい仕事」も見えてくる

向いてる仕事を探す過程で、「やりたい仕事」も見えてくる

転職を決意し、向いてる仕事の探し方を実践する過程では、「自分のやりたい仕事は何なのか?」が気になる方も多いです。

ここでは、向いてる仕事ではなく、やりたい仕事の探し方も紹介します。

また、以下の記事では、就職支援会社ジェイックの就職アドバイザーがオススメするやりたい仕事の見つけ方も紹介しています。

 

この記事とあわせて、やりたい仕事を探す参考にしてみてください。

優先順位によってやりたい仕事を絞り込む

まずは、職場に求める要素からやりたい仕事を見つける方法を紹介します。

今の職場の何が受け入れられず、どんな職場だったら頑張れそうかを考えてみましょう。そして、思いついた要素に順位をつけていきます。

優先順位の高い要素を満たしている業種や業態こそ、自分に向いた職場です。転職活動では、優先順位に沿った形でさまざまな企業を分析していきましょう。

優先順位にする要素としては、例えば以下のようなものがあります。

  • 自分と価値観が合っている
  • 雰囲気がいい
  • 責任あるポジションを任せられる
  • 最低限の福利厚生が整っている

これらについて、1つずつ解説します。

自分と価値観が合っている

とにかくお金を稼ぎたいのか、ワークライフバランスを大切にしたいのか、お客様への貢献度合いを大事にするのかなど、会社によって社風や価値観は異なります

200時間残業してでもお金を稼ぎたい人が、ワークライフバランスを大事にしたい企業に入社しても価値観が違いすぎて充実した社会人生活は過ごせないでしょう。

企業の採用サイトなどに掲載されている企業理念などをチェックして、自己分析で明らかになった自分の価値観と照らし合わせてみましょう。

雰囲気がいい

同僚との仲がよく、上下関係がそれほど厳しくない職場では楽しく働けます。人間関係で悩んだ経験があるなら、押さえておきたいポイントです。

責任あるポジションを任せられる

現在の職場で実力が評価されていないと感じるなら、転職によるキャリアアップを目指しましょう。責任こそ大きくなるものの、その分、やりがいを感じられます。

最低限の福利厚生が整っている

せっかく就職をするなら、仕事以外のメリットも得たいところです。福利厚生が整っている企業なら気持ちよく働けます。妻子がいる人は家族サービスもしてあげられるでしょう。

やりたくないことを明確にする

やりたくない仕事はたくさん挙げられるにもかかわらず、やりたい仕事になるとまったく思いつかない人もいます。

特に、特別な資格や経験のない社会人は、具体的な目標を持って仕事ができない場合も多いでしょう。

そんなときはとりあえず、やりたくないことを片っ端から思い浮かべてみましょう。頭の中を整理するためにも紙にリストアップします。

一通り書き出したら、今度はリストを眺めて書かれていないことを考えます。

もしも書かれていないことに抵抗がないようなら、少なくとも現在の環境よりは前向きになれる仕事です。

このように、消去法によって自分の将来を見据えるのも、決して間違いとはいえないのです。

向いてる仕事の探し方をマスターして転職活動を進めよう

向いてる仕事の探し方をマスターして転職活動を進めよう

「転職をしたい」「今の仕事が嫌だ」と感じるときは、必ず原因があるはずです。原因を追究しないまま勢いだけで転職活動を始めても、向いてる仕事を探すことはできません

しかし、自己分析によって自分を知り、適性や目標を踏まえた探し方をすれば相性のいい企業が見つけやすくなります。

自己分析ではホランド理論をはじめとする適職診断を利用するのが得策です。また、客観的な意見が聞きたい場合は、私たちジェイックのような就職支援サービスに相談するのもいいでしょう。

未経験でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

未経験から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから