就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

大学を中退したら女性は就職できない?おすすめの職種や就職を目指す方法も解説

大学を中退したら女性は就職できない?おすすめの職種や就職を目指す方法も解説
中退FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合(セカンドカレッジ)
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

大学中退した女性として、就職を目指すことはできるの?民間企業・公務員に進めるのか心配…」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、大学を中退した女性が、一般企業や公務員として就職できるのか、具体的な進路やおすすめの職種、そして就職を目指す際のポイントを解説します。

さらに、自身ひとりで就職活動をするのではなく、就職率を上げることが期待できる就職支援サービスの紹介もしていきます。

この記事を読んで、一般企業や公務員への就職を目指していきましょう!

大学を中退した女性は就職できない?

大学を中退した女性は就職できない?

大学を中退した女性でも、適切な就職活動を実施すれば、就職を成功させられます大学中退にはマイナスなイメージを持たれがちですが、人によっては様々な事情があるため、採用側からネガティブに捉えられるケースばかりではありません。

そのため、大学を中退したからといって、まったく就職できなくなるわけではありません。ただし、大学を卒業した人に比べて、中退した場合は就職の難易度が高くなります

ここでは、大学を中退した女性が就職できないと言われてしまう原因について解説します。

最終学歴が高卒になる

大学を中退した場合、最終学歴は「大学中退」ではなく「高卒」となります。どんなに優秀な大学に入学していても、卒業していなければ経歴には「高卒」と記載することになります。

つまり、企業の求人募集に「大卒・専門学校卒以上」と記載されている場合、大学を中退している人は原則的には応募ができません。希望する求人が大卒以上しか募集していない場合は、デメリットと言えるでしょう。

「継続力がない」と捉えられる

大学を中退していることで、採用担当者から「継続力がない人間だ」と思われてしまう恐れがあります。止むを得ない事情で大学を中退した場合でも、書類選考の段階で「入社後、対応中の仕事を途中で投げ出すのではないか」と不安視されることもあるでしょう。

また、大学を中退した場合、面接時にその理由を問われます。どのような事情があっても、面接担当者がプラスに捉えなければ、内定に至らない可能性が高いです。企業の採用方針によっては、どれだけ良い人材でも大学を中退したというだけで採用に繋がらないケースもありえます。

中退後に空白期間が存在する

大学を中退している場合、中退時から次のアクションを起こすまでは空白の期間(学歴も職歴も無い期間)となります。中退理由と同様、空白期間に関しても面接時に質問される可能性が高いです。

空白期間が長ければ長いほど、面接官に「計画性や行動力が無い人なのでは?」と思われてしまいます。中退後に発生する空白期間の影響で、高校・大学卒業者よりも就職が困難になる原因になるかも知れません。

大学を中退した女性の進路

大学を中退した女性の進路

大学を中退したからといって、必ずしも就職しなければならないわけではありません。人によって目指している進路は異なるため、様々な選択肢が存在します

ここでは、大学を中退した女性の進路について解説します。主な選択肢は、以下の4つです。

  • フリーター
  • 専門学校・大学に編入
  • 職業訓練校へ入学
  • 民間企業へ就職

それでは、詳しく見ていきましょう。

フリーター

アルバイトは正社員として就職するよりも難易度が低いため、大学中退後に始める人が多いようです。社会人の経験がない状態で就職活動を始めるよりも、フリーターとして何らかの業務経験を積みながら就活した方が良いケースもあります。

また、フリーターの場合は就職活動を優先しながら働けるため、後述する進学や就職活動の幅も広がります。

しかし、いずれ就職を考えている場合、フリーターとしての勤務期間があまりにも長くなると、就活がスムーズに進まなくなる恐れがあります。自由なフリーター生活は居心地が良く、就職活動に集中できなくなる可能性があるからです。進学や就職など具体的な計画を考えている場合は、フリーター生活を終わらせる期限を定め、長期化しないように活動すると良いでしょう。

専門学校・大学に編入

大学中退後に、専門学校や別の大学を目指す進路もあります。

大学中退では最終学歴が「高卒」となるため、大学卒業以上で求人を出している企業への応募が難しくなります。就職したい企業が応募条件に定める最終学歴が大卒以上の場合は、他の大学に編入することも視野に入れておきましょう。別の大学に編入することで、中退した大学で取得した単位をそのまま利用できる場合もあります。

また、将来就きたい仕事に専門的な知識や技術が必要な場合、専門学校への進学も検討してみましょう。専門的な知識・技術は、独学で取得が困難なケースも多いです。希望する職種に関する専門学校がある場合は、入学に関する情報を集めておくと良いでしょう。

ただし、別の大学や専門学校に入学・編入するためには、費用と学力が求められます。入学・編入試験に合格し、入学金や授業料を支払う必要があります。専門学校・大学への入学や編入を検討する際は、事前に様々な要素を考慮した上で判断しましょう。

職業訓練校へ入学

大学中退後に、職業訓練校へ進むという選択肢もあります。職業訓練校とは、国や地方自治体が運営する、転職時に役立つスキルや資格を身につけられる施設のことです。

原則として受講料は無料で、様々な講座が用意されています。例えば、Word・Excelなど基本的なPCソフトの使い方や、ビジネス・マナー、プログラミング、ファッションなど、多岐にわたるスキルを身につけられます。

また、「学卒者訓練」と呼ばれる、中学・高卒者を中心とした、有料の公共職業訓練が存在します。学卒者訓練は入学金と授業料が必要なものの、専門性の高い知識・技術を習得できます。

ただし、職業訓練校で学んでも、必ず就職できるというわけではありません。多くの企業が求めているのは、スキルだけではなく「実務経験」です。

職業訓練校は、希望する職種に専門性が必要な場合や特定の資格を取得する場合には有益ですが、いち早く企業に就職したい場合は最適とは言えない可能性があります。

また、いつでも・誰でも入学できるわけではないため、よく調べてから入学を検討すると良いでしょう。

民間企業へ就職

大学中退後、民間企業への就職を目指す道もあります。中退後すぐに就職活動を始めれば、比較的に早く就職できる可能性があります。最終学歴は「高卒」と見なされるかも知れませんが、高卒以上で人材募集をしている企業は多く存在します。ベンチャー企業や中小企業だけでなく、東証一部上場の企業にも高卒の求人枠を設けていることがあります。

面接でも大学を中退した理由をきちんと説明できれば、あなた自身のポテンシャルを評価してくれる企業もあるでしょう。

ただ、全く準備せずに勢いだけで就活を進めてしまい、失敗するケースも多いようです。事前にしっかりと準備を行なった上で、就職活動を進めましょう。

【大学中退した女性必見】未経験からでも就職しやすい職種

【大学中退した女性必見】未経験からでも就職しやすい職種

続いては、大学中退の女性におすすめの未経験からでも就職しやすい職種を紹介します。職種によって業務内容・雰囲気が異なります。自分に合った職種を見つけて、就職を成功させましょう。

事務職

一般事務や営業事務など、デスクワークを中心とした職種です。資格や専門性の高いスキルを保有していなくても応募できるケースが多く、初めて就職する場合におすすめです。

書類整理やPCを利用した書類作成、電話・来客対応が事務職の主な業務となります。顧客に対する営業活動や売上目標などのノルマがないため、未経験でも挑戦しやすい点がメリットです。デスクワークが得意な人は、事務職に向いていると言えるでしょう。

ただ、特別なスキル・資格が必要とされないことから、近年は事務職を派遣社員や契約社員などに任せる傾向もあります。民間企業で事務職に就職したい場合は、基本的なPCスキルや簿記などの資格を取得していると有利になる場合もあります。

販売職

スーパーや百貨店の販売員など、主に店舗で商品を販売する仕事です。店舗へ来店した顧客に応対し、商品の説明・レジ対応などを行います。顧客の商品購入をサポートするだけではなく、商品の品出しや在庫管理なども販売員の業務です。顧客との接点が多いため、コミュニケーションスキルや取扱商品に関する知識が求められます。

学歴や資格ではなく、実務経験や人柄を重視する傾向にあるため、大学中退者でも比較的採用されやすいです。商品の特性を丁寧に説明できる人や、顧客とコミュニケーションを取る仕事をしたい人におすすめの職種と言えるでしょう。

ただ、販売職は勤続年数に応じたキャリアアップの機会が少なく、成果を上げても年収に反映されない場合もあります。また、店舗の運営状況によって働き方が左右される傾向にあります。基本的に顧客の来店が多い土日祝日は出勤となり、人員が少なければ休日出勤を求められることもあります。そのため、土日祝日に休みたい人や、安定した勤務環境を求める場人には適さないでしょう。一方、販売職で得たコミュニケーションスキルや運営視点は、別の職種でも役立つため、実務経験の取得やキャリアアップのために活用する、という考え方もあります。

営業職

顧客に対して自社商品・サービスを提案し、成約につなげる仕事です。法人営業と、個人向けの営業があります。顧客との距離が近いことから売上や企業貢献を実感しやすく、インセンティブがある企業であれば、成果に応じて高収入が期待できます。

また、良い印象を与えられる清潔感や、顧客ニーズを把握するヒアリング能力が重要です。

求人の募集要項は緩くしている企業が多く、コミュニケーションスキルや人柄を重視する傾向にあります。

ただ、企業によっては売上ノルマが設定されていたり、飛び込み営業を実施している場合もあり、業務自体が精神的負担になることもあります。目標達成に満足を感じるタイプの人や、接客が得意な人にはおすすめです。

公務員

国や地方自治体に勤務し、社会全体の公共サービスを運営する仕事です。たとえば、市役所の職員や公立学校の教員、警察官、裁判官などが公務員にあたります。

公務員は「国家公務員」・「地方公務員」・「国際公務員」の3つに分類され、公務員試験に合格すれば就職が可能です。

公務員はワークライフバランスや働きやすさを重視しており、有給休暇や福利厚生が充実しています。また、女性の働きやすさ向上にも注力しており、2017年における育児休業取得率は99.7%となっています。

一方で部署間の異動が多く、成果を出しても給与額が変わることはありません。副業も禁止されており、より高い収入やインセンティブを求める人には向いていない可能性があります。

社会に貢献したい人や地域への愛着がある人に、向いている仕事と言えるでしょう。

参考:人事院資料「育児休業等実態調査の結果」

介護スタッフ

高齢者施設やデイサービスなどで、顧客のケアを行う仕事です。ケアプランに基づいた食事や入浴補助、着替えや移動などのサポートが主な業務内容となります。

日本は年を追うごとに高齢社会となることから、介護スタッフの需要が高まっています。介護関連の資格も存在していますが、圧倒的に人手不足のため未経験者でも就職が可能です。

年齢や性別・学歴を問わずに人材を募集していることが多く、勤務時間の融通が利きやすい事も特徴です。介護関連の資格を取得することで、給与やキャリアアップを目指すこともできます。

しかし、介護スタッフの平均年収は低く、他の国家資格に比べても給与が低い傾向にあります。介助業務は体力的な負担が大きいことも、知っておくべきポイントです。

ただ、人の役に立つことに働く喜びを感じる人には、やりがいを実感できる職種です。今後も需要が増加すると考えられるため、興味がある場合は資格を取得していると就職を有利に進められます。

IT・Webエンジニア

Webサイトやスマホ・アプリケーションの設計・開発を行う仕事です。システムの構築やWebサイト制作、サイトの保守管理など、ITに関連する様々な業務に携わります。

年々需要が高まっている職種であり、スキルがあれば高年収も期待できます。また、リモートワークを中心に働くことも可能です。リモートワークやIT関連の仕事に興味がある人には、おすすめの職種と言えるでしょう。

しかし、IT・Webエンジニアとして働くためには、プログラミングスキルが必要です。HTML・cssをはじめとするプログラミング言語に関する理解がなければ、IT・Webエンジニアとして働くことはできません。プログラミングスクールや職業訓練校でスキルを得る必要があるでしょう。

IT・Webエンジニアを目指す場合は、Webサイトやアプリなど、ポートフォリオを作成しておくことで、就職成功率を高められます。

大学を中退した女性の就職・結婚に関する現実

大学を中退したからといって、「絶対に就職できない」「結婚できなくなる」などの事実はありません。しかし、大学を中退したことで、就職活動や結婚に多少の影響が生じる場合もあるようです。ここでは、大学を中退した女性の就職・結婚に関する現実を解説していきます。

結婚できる可能性が低下する

大学を中退した後、民間企業にすぐ就職するのではなく、アルバイトや契約社員として働く人が一定数存在します。

日本労働組合総連合会が調査した結果、非正規雇用と正社員の結婚率には大きな差があることが判明しました。最初に就いた仕事が正社員の女性の結婚率は70.9%、非正規の場合は26.9%となります。非正規雇用で働く女性の結婚率が低い理由は様々ですが、最大の要因としては「男性側も女性に経済力を求める傾向がある」ためです。

また、契約社員として働いている場合、同じ職場に短期間しか勤務しないため、職場での出会いがそもそも少なかったり、人間関係が深まらない・継続しづらいとも考えられます。

参考:非正規雇用で働く女性に関する調査2017

就活が長引くと就職が難しくなる

大学中退後の就活が長引いた場合、就職がより難しくなる傾向にあります。

独立行政法人 労働政策研究・研修機構による調査では、6ヶ月以内の就活でフリーターから正社員になれた女性の割合は約50%です。一方、4年以上の場合は約15%と急激に低下しています。フリーターである期間が長期化してしまうと、正社員になれる可能性が低くなっていくと言えるでしょう。

フリーターをしながら就職活動する場合は、早期に活動をスタートして成功率を高めることを意識しましょう。

参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構『大都市の若者の就業行動と意識の分化−「第4回 若者のワークスタイル調査から」−』

大学を中退した女性が就職を目指すポイント

大学を中退した女性でも、ポイントを抑えて就活することで成功率を高められます。ここでは、大学を中退した女性が就職を目指す際のポイントを解説します。

中退後すぐに行動する

大学中退後は、できるだけ早く就職活動を開始しましょう前述の通り、フリーター期間が長期化すると、就職成功率が低下してしまいます。早めに希望する職種などについて調べ、就職までの目標期間を定めて活動を始めることが成功につながります。

ただ、あまり調査や検討をしないまま就活を始めても、うまくいく可能性は低いです。就職はできても、労働環境が整っていないブラック企業だったというような事態を避けるため、事前によく調査した上で計画的に行動しましょう。

中退後の空白期間を埋める

大学中退後の就職活動は、履歴書の空白期間を埋めることが重要です。ニート・フリーター生活による空白期間が長ければ長いほど、面接官にマイナスなイメージを与えてしまいます。一日も早く就活を開始することで、空白期間を短縮できます。できれば1年以内に就職できるように行動しましょう。

スキル・資格を取得する

大学中退後に就職を目指す場合、スキル・資格の取得を検討しましょう。もちろん、資格がなくても就職は可能ですが、保有しておくことで選択の幅が広がります希望職種に関連するスキルや資格を取得すれば、職歴がない場合でも採用される可能性が高まります。

特に女性の場合は、以下3つの資格取得がおすすめです。

  • 医療事務
  • 保育士
  • 介護事務

それぞれの特徴を解説していきます。

医療事務

病院の受付や事務職に就く場合、活用できる民間の資格です。

「医療事務技能認定試験」や「医療事務検定試験」などがあります。基本的にどの資格も受験資格が必要ないため、受験料さえ支払えば誰でも受験できます。多くの資格で学科と実技試験が行われており、それぞれの知識・技術が必要です。

学習方法は独学や通信講座・通学など、様々な手段が存在するため、自身のペースに合わせて取得を目指すと良いでしょう。

保育士

児童養護施設・知的障害児の支援施設などで働くために必要な国家資格です。

資格を取得することで、児童の生活に関するサポートや心身発達を促す仕事を目指せます。

保育士の資格を取得するためには、高校や大学・専門学校卒業後、保育士養成機関に入学した上で、保育士資格試験に合格する必要があります。大学中退後に再度専門学校へ入学する必要があるため、保育に関する職種に就きたい場合は、資格取得を検討してみてください。

介護事務

介護保険や介護関連業務の事務作業を適切に行える人材であることを証明する民間資格です。資格を取得しておくことで、レセプト(介護給付費明細書)やケアマネージャーのサポートができます。

独学や通信講座で取得を目指せるため、合格難易度は比較的低めです。資格保有者はデイサービスや訪問看護ステーションの就職で有利になるため、介護関連に就職したい場合はおすすめの資格です。

中退理由や空白期間について説明できるようにする

大学中退後に就職を目指す場合、中退理由や空白期間についてしっかり説明できるようにしておきましょう。面接時は中退理由や空白期間について質問される可能性が非常に高いため、スムーズに回答できなければマイナスなイメージを与える恐れがあります。

中退理由や空白期間について自分なりにまとめて、前向きに回答することで、過去の経験を活かして成長できる人材だとアピールできるでしょう。

学歴不問・未経験歓迎の求人に応募する

大学中退後の就活は、高卒の中途採用枠で就職を目指すことになります。

社会人としての実務経験がないことから学歴不問・未経験歓迎としている企業の方が採用される可能性が高いです。気になる企業が実績を重視するなら、関連職種で経験を積んでから転職もできます。そのため、経験やスキルを得るためにも、学歴不問・未経験歓迎の求人に応募するようにしましょう。

女性が活躍している職場を狙う

大学を中退して就職を目指す場合、女性が活躍している職場を狙うと良いでしょう。特にアパレル・美容関連の職種は女性が活躍しているケースが多く、未経験でも就職できる傾向にあります。他にも、女性が活躍している職種を積極的に狙うと良いでしょう。

就職支援サービスを利用する

大学を中退した後に就職を目指す場合、就職支援サービスを利用してみましょう。自分ひとりでも就活は進められますが、客観的に自身の強みや印象を把握するのは難しいです。

転職支援サービスなら、専門的な知識を持ったアドバイザーが就職を支援するため、効率的に就活を進められます

また、就職支援サービスならではのアドバイスや求人紹介を受けられるため、単独で就活するよりもスムーズに活動できるでしょう。

就職カレッジ® 中退者コースを利用して就職にチャレンジ

就職支援サービスを検討しているなら、就職カレッジ® 中退者コースの利用がおすすめです。就職カレッジ® 中退者コースとは、中退者の就職に特化した支援サービスです。大学や専門学校を中退した人を対象としているため、他にはない就活サポートを提供します。

さらに、就職アドバイザーが各種サポートを提供しているため、安心して就職活動を始められるでしょう。下記にて、就職カレッジ® 中退者コースのおすすめポイントを解説します。

大学中退者に特化した就職サポート

就職カレッジ® 中退者コースは中退者に特化したサービスを提供しているため、既卒者が対象のサービスにはない就職サポートが受けられます。中退からの就職成功に繋がるノウハウに加え、社会人の基礎も学べるため、社会経験がなくても安心して就活できます。

また、大学中退者の正社員就職率は約26%ですが、就職カレッジ® 中退者コースでは約3倍の90%以上の就職成功率を実現しています。

参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「2015年 大学等中退者の就労と意識に関する研究

無料の就職講座を開催

就職カレッジ® 中退者コースでは、大学中退者を中心とした無料の就職講座を開催しています。ただ就職するためのポイントを解説するのではなく、中退という経歴を活かす就職活動について学べます。

経歴との向き合い方ビジネスマナー履歴書の添削・面接対策まで実施しています。そのため、大学中退をマイナスに捉えることなく、前向きに就活を進められるでしょう。

入社後も充実のサポートを提供

就職カレッジ® 中退者コースでは、入社後1年以上もサポート体制があります困ったことや悩みがあれば、専任の就職アドバイザーが相談に応じます。中退を経験し、正社員での就職を成功させたスタッフも在籍しているため、新生活に馴染めるよう応援します。就職カレッジ® 中退者コースの利用者は入社後に高い確率で定着しているため、安心して利用できるでしょう。

まとめ

大学を中退した女性が民間企業や公務員として就職できるのか、具体的な進路やおすすめの職種、就職を目指す際のポイントを解説してきました。適切な就職活動を行えば、成功率を高めることができます。

しかし、ニート・フリーターの生活が長期化すると、就職がより困難になっていきます。このような場合は、就職カレッジ® 中退者コースの利用がおすすめです。

就職カレッジ® 中退者コースでは、社会人経験が少ない中退者に特化して、正社員での就職をサポートしているため、就活が初めてでも安心して利用できます

この記事で、大学中退後の就職に関する女性の現実を把握し、就職カレッジ® 中退者コースを利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。勇気を出して、一歩を踏み出しましょう!

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

小久保 友寛シニアマネージャー
株式会社ジェイックシニアマネージャー/中退者専門就職支援サービス「セカンドカレッジ®」事業責任者/「日本の中退を変える!」をモットーに、中退経験者のキャリア支援を続けています/中退経験をバネに、一緒に就活頑張りましょう!!