オンライン面談実施中!

ニートあるある100選!ニートが就活しようと思った時にぶつかる壁

ニートあるある100選!ニートが就活しようと思った時にぶつかる壁

現在ニートの人は、この先どうやって就活したらいいのとか就活の進め方に悩んではいませんか。この記事では「ニートあるある」と、就活する際に直面することの多い問題について解説しました。ニートから社会復帰したい方は、周りのサポートを受けながら就職先を探してみてはいかがでしょうか。

ニートあるある100選

ニートあるある100選

この章では、ニートあるある100選を紹介します。

  • 生活スタイル編(25選)
  • 考え方編(41選)
  • 人間関係編(17選)
  • お金編(17選)

ニートあるある~生活スタイル編~

まずは生活スタイル編です。

  1. a
  2. b
  3. c
  4. d
  5. e

充実している!という風にはなかなかいきません。

ニートあるある~考え方編~

ニートとして過ごしているうちに、ニートならではの考え方のクセのようなものが身についてしまうことがあるようです。

  1. a
  2. b
  3. c
  4. d
  5. e

いかがでしょうか。

ニートあるある~人間関係編~

ニートならではの人間関係あるあるを紹介します。

  1. a
  2. b
  3. c
  4. d
  5. e

人と合わない期間が長引くほどこのあるあるの傾向が強くなるようです。

ニートあるある(お金編)

ニートには基本お金がありません。

  1. a
  2. b
  3. c
  4. d
  5. e

お金の不安は強いストレスに直結します。

ニートあるある ~ 就職活動編~

ニートあるある ~ 就職活動編~

この記事の本題である就職活動編のニートあるある10選を時系列順にご紹介します。

1.できることなら働きたくない

現在ニートの人の多くは、就活こそしているものの「できることなら働きたくない」という気持ちを持っています。その理由は、働くことに対してネガティブなイメージが強いからです。

現在ニートとなっている人の多くは、元々会社勤めをしていて社会人経験のある人です。しかし嫌なできごとがありニートになってしまったケースが圧倒的に多いので、「働くことが辛い」と思っており、なかなか行動に移せません。

2.たまに求人を探す

ニートの人も「このままではいけない」という気持ちはあります。そこでたまには自分にも働けそうな求人がないかを探します。しかし理想の条件に合う職場はなかなか見つからず、結局面倒になって1日を終えることがほとんどです。

3.なんとか求人にエントリーする

上記を何度も繰り返した後に、ようやく求人にエントリーをします。ニートの人が企業を選ぶ際に重視しがちなポイントは以下の通りです。

  • 自分にもできそうな仕事か
  • 条件が悪くないか(残業が少ないなど)

ニート期間中、特にやりたいことがなく毎日を過ごしてしまった人にとっては、「いかにストレスを感じずに仕事ができるか」が仕事選びの基準となります。

4.履歴書や職務経歴書に時間がかかる

履歴書や職務経歴書は仕上げるのにとても面倒な書類です。ニートは変に時間があるので、「今日やらなくてもなんとかなるか‥」と思い、なかなか作業が進みません。またニート期間の長かった人は、以下の点について考える必要があります。

  • 空白の期間をどう説明するか悩む
  • 魅力的な自己PRをする自信がない

これらの悩みが人一倍大きいので、余計に時間がかかります。

5.面接に行くのが恐怖

ニート期間中は人と話す機会が少ないので、久々に人と会話するタイミングがあると怖いです。特に面接においては面接官からあれこれ質問をされるので、特に怖いことでしょう。

特に「ニート期間中に何をしていたか」という質問をされると、とても憂鬱な気持ちになります。

6.毎日仕事に行くことを考えると辛くなる

就活中、再び社会人として毎日仕事に行くことを考えると、辛い気持ちになります。なぜなら先ほどもお伝えした通り、今ニート生活を送っている人たちは、元々仕事をしていた時に良い思い出がないからです。就職したものの、新しい環境でやっていけるのかの不安ばかりが残ります。

7.不採用になると、さらにやる気をなくす

ニート期間が長い人ほど、内定が決まりづらいです。就職に1番有利な新卒であっても、内定をもらうのは簡単なことではありません。不採用になるとやはり悲しい気持ちになり、精神的なダメージも受けます。

8.就活が上手くいかないと焦りが生じる

せっかく重い腰を上げて就活に取り組んだものの、何社も不採用になっていると自己肯定感が下がり、焦りの気持ちから再度無気力状態になってしまう人もいます。その時々で反省して改善につなげられる人は問題ありませんが、ネガティブで他責思考な人は、ここで挫折して再びニート生活に戻る人が多いです。ここで踏ん張れるかどうかがニートを脱却できるかどうかの分かれ目といえるでしょう。

9.自己啓発本を読んで、勉強しようと試みる

不採用が続くと焦りが生じます。せめて何か勉強しようと考え、自己啓発本を読み始める人も多いです。しかし思いつきで読み始めた本は、結局最後まで読み切れません。なんとなく役立ちそうだからで本を選ばず、「今の自分にどう役立つのか」を明確にして本を読むことが最後まで読み切るコツです。

やりたい仕事が見つからない

「やりたいことがないから」という理由で、就活に一歩踏み出せない人は多いです。けれど実際には「いざ就職して、仕事をしているうちに楽しくなってきた」という人も一定数います。就職してからでないと分からないことも多いので、最初は「少しでも興味が持てたら、とりあえず就職してみよう」くらいの気持ちで飛び込んでみましょう。就活に向けて前向きな行動を起こすことが何よりも大切です。

ニートの就活は転職エージェントに相談することから始めよう!

ニートの就活は転職エージェントに相談することから始めよう!

以上、ニートあるあると、ニートから就職活動をする際に直面する問題についてご紹介しました。ニート期間の長い人はその分乗り越える壁が多いですが、今は就活においては頼りにできるプロの人がたくさんいます。特に転職エージェントに相談すると、自己分析や企業分析のサポートも受けられるので、より満足できる就活ができます。気になる方はぜひ1度相談に行ってみてください。

【共通】CTAボタン