自分に合う仕事ってどんな仕事?就活では様々な視点から適職を探そう!

自分に合う仕事ってどんな仕事?就活では様々な視点から適職を探そう!

就職するなら自分に合った仕事に就きたい、そう考えている方が大多数です。しかし、自分に合った仕事とは何か、考えてみたけれど分からないという方も多く居ます。この記事では自分に合った仕事を見つけるために有効的な手段の一つである、自己分析方法をご紹介します。さらに、自分に合った仕事を見つけるためのポイントも紹介するので、就職活動の参考にしてください。

自分に合う仕事の見つけ方

自分に合う仕事の見つけ方

見つけ方その1:自己分析

自分に合う仕事を見つけるうえで欠かせないのが自己分析です。就職活動を始める前に、まずは自己分析を行い自分の長所や能力、価値観や所持しているスキルを正確に理解しましょう。自己分析で判明した自分の特性は、仕事内容や職場環境、企業が求める人材と照らし合わせる材料となります。マッチング率が高ければ高いほど、自分に合う仕事であると判断できます。自分の特性の探し方は、まず過去の印象的な出来事を複数思い出して書き出します。次に、その出来事に対して取り組んだ内容や出来事に至った経緯、エピソードや困難だったこと、解決のために行った対策方法、出来事を通じて学んだことやよかった思い出を書き出していきましょう。最後に、分析内容を整理します。複数のエピソードで共通点を見つけてその内容を整理することで、自分の持つ特性が明確になってくるのです。幼少期から現在までの自分史を作り、自分の特性を探してみましょう。

見つけ方その2:他己分析

周りの人に自分の特性を聞いてみるのも一つの手段です。自分を客観視するのは難しいですが、他社の長所は比較的目に入りやすく、印象に残ります。自分では気が付かなかった意外な特性が見つかるかもしれません。特に親しい人なら忌憚のない意見が聞けるので、自分のいいところはどこか質問してみましょう。普段あまり関わりのない人に質問をしても表面的な部分しか見えていないので自己分析に使える回答は期待できませんし、社交辞令でまったく違う特性を言われてしまうかもしれません。親しい人から聞いて理解した特性を、仕事内容や企業が求める人材像、職場環境といった要素と照らし合わせてみましょう。マッチング率が高ければ自分に合う仕事と判断できます。

見つけ方その3:診断ツール

おすすめの自己分析方法に、適性診断に取り組む方法が挙げられます。適性診断のやり方にはいくつかあります。適性診断の書籍や就職・転職サイトが提供しているサービスの一つに適性診断があります。これらの方法を活用して、適性診断に取り組むのも自分に合う仕事を探すひとつの方法です。それ以外にも、自分の特性や適性を診断してくれるサービスがあります。より正確な検査が可能です。手軽に使えますし自分を考えるきっかけになる適性診断ですが、診断結果は必ずしもすべて正解というわけではありません。鵜呑みにしないよう注意しましょう。

自分に合う仕事を探すヒント

自分に合う仕事を探すヒント

ヒントその1:自分の長所を活かせるか

自分に合う仕事を探すポイントの一つが、自分の長所を活かせるかどうかです。長所というのは持っているスキルやできることだけでなく、性格上の長所も重要となります。長所は上手く活かせば自分の強みとなり、仕事を進める上で強力なサポーターになるでしょう。長所は人によってさまざまで、他人と話すのが好き、細かい作業を正確にできるなど、その人にしかない長所があります。就職活動を進める前に、まず自分のことをよく振り返ってみましょう。今まで気が付かなかった新たな長所が見つかるかもしれません。自分で自分の長所を探すのは難しいという方は、家族や友人など周りの人に聞いてみるといいでしょう。このような長所を活かせる仕事というのは、いわば強みを活かせると同義で、自分に合っている仕事の可能性が高いと言えます。既に持っている性質を活躍させられるのは仕事内容にギャップやズレを感じにくく、ストレスがほとんどありません。

ヒントその2:自分のスキルを活かせるか

自分の性格や価値観も大切ですが、これまで身に付けたスキルや能力にも注目してみましょう。スキルや能力を積極的に活かせる仕事は成果が出やすく、達成感も得やすいです。何かしらの資格を持っているならその資格に関連する仕事を探すのも一つの方法で、マッチング率が高くなります。資格を持っているということはある程度その方面のジャンルに興味を持っているという証で、これは仕事のモチベーションにつながります。長く安定した仕事に就くためには、仕事に対しての興味ややる気も重要な要素との一つとなるのです。また、資格を取得できるだけの実力があるという証拠でもあるので、現場で即戦力として活躍できるかもしれません。

ヒントその3:憧れていた仕事であるか

自分の夢を仕事にするのはなかなか難しいこと、というイメージがありますが、憧れは仕事へのモチベーションとやる気につながる重要なポイントです。子どもの頃から憧れている職業や、これまでの人生の中で新たに興味を持った職業は、自分に合う仕事を考える上で大きな助けとなります。憧れを持っているということはそのジャンルに対して強い興味を持っているという証拠でもあり、興味は知識や技術の修得へつながり仕事をする上で大きな手助けとなるでしょう。自分に合う仕事を探すなら、今まで憧れていた仕事や業界を視野に入れた転職活動をするのも有効的な手段です。憧れの仕事に完全にマッチするのは困難でも、関連職業や近いジャンルも視野に入れれば、憧れていた職業に関わることができます。

ヒントその4:自分が望むことと一致しているか

自分が望んでいることと企業が提示している条件がマッチすれば、その仕事は自分に合っていると言えます。自分が本当に望むものは何か、今一度振り返ってみましょう。これだけは譲れない、こんな働き方をしたいという希望を具体的にリストアップしてみてください。その上で、企業が望んでいる働き方と企業が提供する職場環境をチェックしてみましょう。リストアップした内容とマッチング率が高ければ高いほど、自分に合う仕事である可能性は高いです。自分の望むことがはっきりと分からない場合は、過去を思い出してみてください。自分が最も自分らしく居られ、なおかつ成果を出していた時期を振り返ります。そのとき、周りはどのような環境でどのような条件があったかを思い出してみると、自然と自分が望むことが見えてきます。それでもはっきりと判断できないのであれば、自己分析などで明らかにしてみましょう。

ヒントその5:貢献できると感じられるか

自分の特性や長所を活かせる仕事でなくても、貢献できていると感じられる仕事は長続きしやすいです。自分に合う仕事を探す際には、貢献できるかどうかという視点で探してみるのも有効的な手段と言えます。具体的に貢献できる仕事と言うのは、仕事を通じて社会や地域の人たち、仕事関係の仲間や取引先など、社会の役に立っているということを感じられる仕事のことです。仕事をする上で関わるすべての人たちに対して、何かしらの部分でプラスに働いていれば貢献できていると判断できます。他者への貢献度は自身の幸福度の高さにつながります。貢献度が高ければ高いほど幸福度も比例して大きくなり、仕事に対するやる気の源となります。貢献できると感じられる場面が多い仕事は長く続けられるので、自分に合う仕事であると言えるでしょう。

ヒントその6:社風や理念に共感できるか

職場の社風や理念に共感できるかどうか、この点も仕事が自分に合っているかどうかを判断する重要な材料の一つです。現場の社風や理念への共感度が高ければ高いほど、自分の理想とする働き方に自然と近付けるでしょう。企業全体の理念は企業の公式ホームページで確認できます。公式ホームページがない場合、求人情報に掲載されているので確認しましょう。企業理念を知っておくと書類選考や面接にも活かせるので、積極的に調べて覚えておいてください。一方、職場単位での理念や社風は表に出ている情報だけでは分からないところが多々あるので、OB訪問やセミナーを積極的に活用しましょう。企業の公式ホームページに掲載されている社員インタビューも参考になります。

ヒントその7:自分が成長できるか

仕事をするのはお金を稼ぐため、と完全に割り切るのは難しく、お金のためだけで合っていない仕事を長く続けられるケースは稀です。お金だけでなく、仕事を通じて自分の糧になるものがあるか、仕事を通じて自分が成長できるかという点も、自分に合う仕事かどうか判断する一つの基準になります。職場の雰囲気がよく企業理念に共感できたとしても、得られるものがお金以外になければ長続きは難しいでしょう。自分のキャリアプランを実現するために必要な能力や経験が得られるか、という視点に立って仕事を探す方法が有効的です。自ずと自分に合う仕事が探し出せるでしょう。理想とするキャリアプランを持っていない方やキャリアプランが曖昧な方は、自己分析を進めると同時にキャリアプランの詳細を立てるのがおすすめです。

自分に合った仕事を探す際の注意点

自分に合った仕事を探す際の注意点

注意点その1:視野を広く持つ

就職活動を進める上で注意したいのが、視野が自然と狭まってしまうことです。「自分に合いそうな仕事」や「自分に合いそうな企業の特徴」など、希望を1つに絞ってしまうと視野がどんどん狭くなってしまいます。自分の希望と企業の提示する条件のマッチ数が少なくなるほど自分に合う仕事からは遠ざかり、早期離職の可能性が高くなってしまうでしょう。また、希望を絞りすぎると応募した企業にすべて落ちてしまった場合、最初から業界研究を行わなければならず非効率的です。このような事態を防ぐためにも、就職活動中は常に視野を広く持つよう意識することが大切です。また希望している就職先の特徴を幅広く考えておくことで、自分が予想もしていなかった意外な企業や職種との出会いの可能性が高まります。

注意点その2:完璧に合う仕事を追い求めない

日本国内では未だに新卒至上主義の考えが浸透しており、既卒や第二新卒、転職組の活動を狭めているケースは珍しくありません。このような風潮から、ここで失敗したら後がないと精神的に追い詰められてしまう方が多く居ます。しかし、失敗を恐れるあまり就職活動で完璧を求めすぎるのはデメリットです。失敗を防ぐためには完璧に自分に合う仕事でなければならない、という考えを持ってしまうと些細なことが気になり応募すらできない危険性が出てきます。就職活動が遅々として進まず、結果的に就職活動の阻害要因となってしまうのです。

もし、完璧に自分に合うと思った企業を見つけたとしても、入社後にミスマッチが見つかると大きなストレスとなります。完璧に自分に合う企業が見つかるのはかなり稀なことで、思い込みのケースの方が圧倒的に多いのです。転職によるキャリアアップが珍しくなくなってきた現在、昔より転職活動がやりやすい環境になっています。入社後にうまくいかなかったとしてもやり直しのチャンスはあるので、就職活動で完璧を求めすぎないように気を付けましょう。

自分に合う仕事を探すメリット

自分に合う仕事を探すメリット

メリットその1:ミスマッチを防ぐ

自分に合う仕事を探すことで、企業とのミスマッチを防げます。入社後のミスマッチはわずか数年で離職してしまう理由の一つで、これを未然に防ぐことで長く安定した働き方が可能です。実際に、仕事が自分に合わないという理由で初職を辞めてしまう方は多く見られます。自分に合う仕事を探すことで早期離職の防止につながり、自分だけでなく企業側にもメリットが生まれるのです。その仕事が本当に自分に合っているかどうか、実際に働いてみないと分からない部分も多々あります。それでも、自分に合う仕事かどうか、事前にある程度予測するとしないとでは大違いです。予測しておけば入社後に起こり得るトラブル回避法をあらかじめ用意でき、正しく対処できます。入社前の予測は、ミスマッチの発覚を未然に防ぐ有効的な手段の一つなのです。

メリットその2:自己アピールに説得力が増す

自分に合う仕事を探す2つ目のメリットは、自己アピールに説得力が増すという点です。自分に合う仕事を探すなかで、必然的に自分の特徴を探ることになります。この過程で自分の持っている特徴を正確に把握し言語化することで、履歴書やエントリーシート、面接で使えるようになります。今まで何となく感じていた自分の特徴をはっきりと言語化する機会はなかなかありません。言語化する作業はかなり重要なポイントで、説得力と真実味がある自己アピールができるようになります。自己アピールに説得力が増せば採用担当者に強く訴えかけることができ、合格率をアップできます。採用担当者は就活生の自己アピールを重要視しているパターンが多く、自己アピール力を磨いておけば結果的に就活成功につながっていくのです。

自分に合う仕事を探そう!迷ったらプロに相談もあり

自分に合う仕事を探そう!迷ったらプロに相談もあり

自分に合う仕事を探すことは自分について知ることでもあります。自分を知ることは就活に置いて重要な要素です。しかし、自分を知る過程で不安が出てくる場合もあります。そんなときは就活のプロに相談するのも一つの方法です。就職エージェントサービスのジェイックは入社後の定着率が91.3%と非常に高く、このようなサービスを利用するのはかなり効果的と言えます。困ったらプロに相談して、自分に合った仕事を探してみましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC