就活は6月からでは遅い?企業から内定をもらう方法やスケジュールも解説

就活は6月からでは遅い?企業から内定をもらう方法やスケジュールも解説

「就活の選考解禁は4年生の6月から」というのが現在の一般的な流れですが、実際には、この時期にはすでに内定をもらっている学生が一定数存在します。事情があり就活を6月頃からスタートした学生は「いまからの就活で内定をもらえるだろうか」と不安になっている人もいるかもしれません。この記事では、就活のスケジュールや就活ですべきこと、出遅れた場合の対処方法などをご紹介します。

就活で内定を4年生の6月までにもらうには

就活で内定を6月までにもらうには

就活で4年生の6月までに内定をもらうことを目指した就活スケジュールや、やるべきことなどについて知りましょう。

2021卒・2022卒の就活スケジュール

2021卒・2022卒の一般的な就活スケジュールを把握し、流れに沿った就活が実現できるように計画を立てておきましょう。

まず、大学3年生6月頃から就活の準備を始めていきます。この就活準備期間では、自己分析や業界・企業研究などに徹底的に取り組み、必要に応じてインターンシップへの参加もおこないます。

大学3年生の3月になると、プレエントリーや会社説明会が始まります。自分が興味を持った企業にプレエントリーをして、企業側に「興味がある」と意思表示をすることによって、企業説明会や面接など、内定を獲得するうえで必要な情報が入手しやすくなるのです。

その後、大学4年生の6月頃になると企業ごとに選考が開始され、順次内々定が出始めるという流れで就活は進んでいきます。このときなかなか内定が出ないと、なかには「内定が出るならどの企業でもいい」などという考えを持つ人も少なからず見られるようになります。

しかし、就活の目的は、あくまでも自分の価値観に合った企業から内定をもらうことです。そのため、なかなか内定が出なくてもあきらめず就活を続けていくことが大切です。

企業にもよりますが、大学4年生の9月以降には内定が出て、その年の10月1日に内定式を行う企業もあります。

3年生の6月からやるべき就活準備

就活をスムーズに進めていきたいなら、大学3年生の6月頃から各種準備を始めていくのが望ましいといえます。ここからは、就活に必要な6つの準備をご紹介します。

インターンへの参加

就職を希望する企業がある場合は、インターンにも積極的に参加してみましょう。インターンは「インターンシップ」とも呼ばれ、インターンに参加して実際の仕事を経験してみることが、直接の合否に影響することもあります。業界や企業の内情などをよりくわしく知るためにも、参加してみるとよいでしょう。

自己分析

就活をする場合、正しいやり方で自己分析を行うことは非常に重要です。自己分析をすると、自分の価値観や能力、興味・関心があるものの対象、判断の傾向などが正確に理解できるようになります。自己分析に取り組めば自分の強みや弱みもわかってくるので、手順としてはESや面接対枠をおこなう前に、自己分析にチャレンジしてみることがポイントです。

業界研究

3年生で就活を始める前は、それぞれの業界に対して間違ったイメージを持っていることも少なくありません。あいまいな情報やイメージに流されて就職先を決めてしまうと、早期離職につながる恐れさえあります。

そのため、就活準備の段階で業界研究をしておき、自分が興味を持っている業界について、基本的な知識や情報を収集しておきましょう。業界研究をする場合、はじめから業界を絞り込む必要はありません。興味がある業界の情報は広く収集しておき、のちのち志望業界を絞り込むときに役立てましょう。

企業研究

興味がある業界がある程度絞り込めたら、具体的に企業をピックアップしていき、さらなる情報収集を行います。業界ごとの特徴は比較的簡単に比較することができます。

しかし最終的にどの企業にエントリーするかは、自分の価値観などをもとにして判断しなければなりません。企業選びで迷ったときには自己分析の結果を考慮したうえで、企業を絞り込んでいくことがポイントです。

面接の傾向を知る

何も準備をせずに面接を受けてしまうと、スムーズな受け答えができずに面接が終わってしまう可能性があります。

企業面接では、高頻度で聞かれる質問がいくつかあります。そのため、よく聞かれる質問はあらかじめ把握しておき自分なりの回答を用意しておくと、面接で焦る可能性は低いでしょう。早い段階で回答を用意し、面接日までにブラッシュアップしておくのが理想的です。

就活マナーをチェック

就活では、社会人としてのマナーが求められます。身だしなみや企業訪問のやり方など、選考前に慌てて覚えたとしても、長年採用活動にかかわっている面接官にあたると、簡単に見破られてしまう可能性が高いといえます。

そのため、社会人としてのマナーは必ず確認しておき、自信を持って就活を進めていけるようにしましょう。

4年生の6月から選考開始でも実態は異なる

いまのところ、2021年と2022年卒の学生の就活は、4年生の6月から選考が開始する予定です。しかし実際のところは、毎年4年生の5~6月が内定のピークといわれています。

つまり、3年生の3月頃に企業にエントリーをした学生の多くが、4年生の5~6月頃の比較的早い時期に内定を獲得しているのです。ただし企業によって選考時期は異なるため、自分が志望する企業が明確な場合、徹底した情報収集を心がけましょう。

4年生の6月までにしておくべきこと

一般的なスケジュールで就活を進めていく場合、3年生の2月までに自己分析や業界研究、企業研究を済ませておくことが欠かせません。

たとえば、どの企業を志望する場合でも、面接などで志望動機は必ず質問されます。そのため、3年生の2月頃には志望する企業で自分が働く姿を想像し「自分はどのような形で会社に貢献できるのか」などを自分自身の言葉でしっかりと話せるようになっておくことが大切です。

また、4年生の6月までに内定を得たいのであれば、エントリーのタイミングも重視する必要があります。3年生の3月に各企業の採用情報が解禁されるので、本命の企業だけでなく、その他興味がある企業にもエントリーしておくようにしましょう。

株式会社ディスコが実施した「2019年卒4月1日時点の就職活動調査<速報>」によると、エントリー社数は1人あたり26.2社となっています。このデータを参考にし、27社程度を目安としてエントリーしておくとよいでしょう。

エントリーしたすべての企業に、面接まで進めるわけではありません。余裕を持って就職活動を展開するためにも、採用面接に進めるだけの企業数を確保しておくほうが安心です。

就活を4年生の6月から開始する際の注意点

就活を4年生の6月から開始する際の注意点

就活できなかった事情があるなどして、4年生の6月頃から就活を開始することになった学生が、内定をもらうための対策などについてご紹介します。

就活に出遅れたらどうする?

4年生の6月頃になってから就活を開始する場合、早期から就活をスタートした場合とくらべると、それなりに厳しい状況になることもあると理解しておきましょう。

業界研究・企業研究にしっかりと取り組んでいる人の場合は、早く内定を得るためにも、一社でも多くの面接やグループディスカッションなどを経験しておくようにしましょう。ただし、4年生の6月の段階で就活の準備をしていない人の場合は、まずは早急に自己分析に取り組むことが欠かせません。

自己分析は、志望業界や企業を選ぶとき、ES・面接対策などの場面で非常に役立つため、時間がない場合でも必ず取り組むようにしましょう。

また、4年生の6月に就活をするなら、企業説明会は1日5~10社程度は参加するのが理想的です。しかし、6月は合同説明会などがそれほどひんぱんには実施されていません。

そのため、どの業界・企業の説明会でも積極的に参加して、多くの情報を収集することが大切です。実際に選考を受ける企業は2~5社程度に絞り、面接やESの対策に徹底的に取り組んだうえで、早期内定獲得を目指しましょう。

就活に出遅れてしまった人の理由と対策

就活に出遅れてしまった人には、それぞれの理由があります。たとえば、家庭の事情や自分の病気・ケガ、経済的な理由でアルバイトに注力していた、留学していたなど、やむを得ない事情もあるでしょう。

また、趣味やサークルなどに没頭していた、就活せず遊んでいた、やる気が出ず就活していなかった、などという人もいるかもしれません。もちろん、就活に出遅れたからといって内定がもらえないわけではありませんし、チャンスはあります。

ただし、4年生の6月頃から就活を始める学生の多くが、就活のスケジュールややり方などを正しく理解していないことが、結果として出遅れてしまう原因となっていることはめずらしくありません。

なかには、自己分析などを行っていないために「自分がやりたい仕事が何かわからない」「自分がマッチする企業がわからない」などの理由から、就活を始められない人もいます。

ほかに、4年生の6月は公務員や教員を志望していた学生が、一般企業への就活へと進路変更する時期でもあります。公務員や教員になりたいと熱意を持って活動していた学生のなかには非常に優秀な人材も多いため、就活関連の具体的な取り組みをしてこなかった学生は、選考で苦戦することになるケースもあるでしょう。

遅い時期の企業選びのポイント

「優良企業に就職したい」というのは、多くの学生が願うことです。優良企業に出会うためには、たくさんの会社説明会に実際に参加してみて、自分自身の目で見極めていくことが大切です。

また、企業選びでは、給与や福利厚生などの条件面をもっとも重視する人は少なくありません。しかし、企業分析や企業訪問などをしたうえで「本当によい」と感じた企業は、将来的に、自分にとって優良企業となる可能性が高いといえます。

4年生の6月頃などの時期に企業選びをする場合、就活エージェントサービスや選考イベントなどをフルに活用するという方法があります。

これらのサービスを使えば、6月でもエントリーできる企業を手早く見つけることが可能です。逆求人サイトに無料登録をして、受動的にエントリー数が増やせるというサービスを活用してもよいでしょう。

通常の就活生がおこなうようなESの提出、面接を受けるなどの一般的な流れで就活を続けていくと、エントリーできる企業が限られる可能性が高く、なかなか内定が出ないこともあるため、注意が必要です。

4年生の6月から巻き返すコツ

4年生の6月から就活を行う場合は巻き返すコツを把握しておき、スピード感や的確な分析を意識しながら活動を進めていきましょう。

まずは自己分析をおこないます。自己分析は、志望する業界・企業選びに欠かせないものです。加えて、面接・ES対策にも自己分析は必要であるため、6月の初旬には必ず取り組むようにしましょう。

自己分析が終わったら、興味がある分野の業界研究や企業研究をおこないます。そして、志望する企業を探したうえで、説明会に参加してみましょう。遅めの就活では、ES作成に多くの時間を充てるのが難しいという側面があります。そのため、面接練習などを重点的に行い、実際の面接に備えることがポイントです。

7月には、ESの作成をして、実際に選考に参加します。面接を経験すると少しずつ慣れてくるので、企業面接に慣れてきたタイミングで第一志望の選考に臨むようにしましょう。

このように、4年生の6月以降に就活に取り組む場合はスケジュールがかなりハードになるため、計画的に進めることが大切です。

4年生の6月から就活に取り組む学生が内定をもらう方法

就活に6月から取り組む学生が内定をもらう方法

企業の夏採用を受ける方法、なかなか内定が出ないときの心の持ちようなど、4年生の6月頃から就活に取り組む学生が知っておいたほうがよいことをご紹介します。

夏採用とは

日本では、たくさんの企業が夏採用を実施しています。6月下旬から8月の終わりまで続く採用活動が「夏採用」と呼ばれるものです。

世の中の状況などにより変化はあるものの、日本はここ数年は就活生が有利とされる売り手市場であったため、複数の内定を獲得したあとに1社にしぼり、そのうえで内定辞退する学生もいます。そのため「当初予定していた採用人数が集められない」ことに悩む企業は、一定数存在します。

ただし、夏採用にエントリーする場合でも7月初旬までで締め切ってしまう企業もあるため、夏採用を視野に入れている人は、タイミングを逃さないように気をつけましょう。

夏採用で採用が決まった場合でも採用時期は来年の4月となるケースが多いため、遅めの就活をするのであれば、夏採用にチャレンジしてみてもよいでしょう。

夏採用で内定をとるコツ

夏採用にいどむ場合は、面接などで「なぜ春に選考を受けなかったのか」という主旨の質問はほぼされることが考えられます。

当然のことですが、春と比較すると夏採用のほうが採用枠は少ないため、企業としては、その応募者を夏採用を受けた理由が気になっています。春に選考を受けなかった理由を明確にしておくことが重要です。

また「就職活動を続けていて内定は出たか」という質問にも答えられるようにしておきましょう。内定の有無は正直に答え、そのうえで4年生の夏まで内定が出なかったことに対する理由や反省点などがあれば、はっきりとさせておくことがポイントです。

さらに、夏採用で内定を得たいならば、大手企業だけにこだわった就活をしてはいけません。ベンチャー企業や業績がよい中小企業など、視野を広げて就活をしたほうが内定につながりやすいといえます。

就活で心が折れかけたら

4年生の6月頃からおこなう就活では、早期にスタートした場合とくらべると内定をもらうまでに時間がかかることもあるため「このまま内定が出なかったらどうしよう」と、精神的に追い詰められてしまう人もいるかもしれません。

気持ちが落ち込んだときには「自分がしたいことは何か」という原点に立ち戻って考えてみるのもよいでしょう。すると、企業側にも熱意が伝わる可能性が高く、希薄な理由で選考を受けていないことがアピールしやすくなります。

また、採用担当者は、学生の目が輝いているかどうかに注目しています。そのため、毎日接している家族や友人などと会話をする時間も大切にして、心が折れないよう努力することも必要です。

加えて、就活では他者と比較する学生はたくさんいますが、就活は競争ではありません。内定を獲得したいなら、人の言葉に簡単に流されず、自分の価値観をもとに本当に働きたい会社を見つけられるかどうかが重要です。

企業選びでは、大手企業や一部上場企業にこだわりすぎる人もいます。しかし、仕事内容をしっかりと把握したうえで、自分の意志で会社選びができるように注力してみると、就活の取り組み方が変わってくる場合があります。

一度就活に失敗した程度で人生が終わるわけではもちろんなく、逆にいえば、就活に成功しても、入社した企業が自分の人生に責任を取ってくれるわけではありません。就活の成功や失敗は、長い人生のできごとのうちのひとつでしかないのです。

志望する企業に落ちて別の企業に入社しても、そこでやりがいを持って働けることもありますし、別にやりたいことができた場合は、将来的に転職も可能です。

また、万が一卒業までに内定が出なかったとしても、既卒向けの就活エージェントなど就職するためのサービスもあるため、落ち着いて取り組みましょう。まずは、自分が納得できる企業で採用が決まるよう最大限の努力をしましょう。

就活に出遅れたと思ってもあきらめないで

就活に出遅れる理由は人それぞれですが、やむを得ない事情ももちろんあるでしょう。出遅れたとしてもそのことを気にして行動しないのではなく、積極的に地道にチャレンジする姿勢が大切であり、内定への近道です。また、企業によっては夏採用を実施しているところも多いため、自己分析や企業研究などをしっかりおこなったうえでエントリーするという選択肢もあります。就職先が決まるまでに時間がかかったとしてもできることに最大限集中して取り組み、内定を目指しましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC