WEB説明会だと企業の社風がわかりづらい?-就活生が知るべき活用方法-

WEB説明会だと企業の社風がわかりづらい?-就活生が知るべき活用方法-

WEB説明会を新型コロナウイルスの影響により企業がWEBでの実施を進めています。就活生にとって、直接企業を見ることで感じることができる社風などはわかりづらくなるのでしょうか。この記事では、WEB説明会で就活生が知るべき情報や活用方法について紹介します。

WEB説明会とは

WEB説明会とは

近年、WEBでの説明会の実施が進んでいます。WEBでの説明会や面接の経験がない学生も多いのではないでしょうか。ここでは、WEB説明会についてと通常の説明会とはどのような違いがあるのかについて紹介します。

WEB説明会とは

WEB説明会を実施している企業が増えてきています。ここでは、WEB説明会については、実際に今後の就活がどうなるのかについて紹介します。

WEB説明会について紹介

WEB説明会とは、インターネット上で行われる会社説明会のことを指します。

企業側も学生側もメリットが多く、現在では録画した説明会を配信する企業もあります。そのため、時間や距離を超えて就活生は多くの企業を知ることが出来、企業側も地方学生など今まで採用活動をすることが出来ていなかった地域の学生の採用活動も進めれるようになりつつあります。

新型コロナウイルスを背景にWEB化が加速

WEB説明会を実施している企業の多くが今までは大手企業に限られていました。しかし、新型コロナウイルスの影響により、リクナビ・マイナビの合同説明会の中止・延期。そして、都市部ではイベントの自粛が進んでいるために中小企業でも会社説明会をWEBで進めている背景があります。

今後の就活はWEB化が進む?

5Gなどに向けて、少しずつWEB化が進んでいた新卒の就職活動ですが、これを機に大きな転換期になるかもしれません。実際に、WEB面接を実施している企業も多く就活生はWEBに対応できるように準備を進め、WEB対策もする必要があるでしょう。

新型コロナウイルスの影響で就活がどうなるのかについて詳しく知りたい就活生は以下の記事に詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

新型コロナウイルスの影響により、イレギュラーな動きが就活生・企業共に求められています。就活生は新型コロナウイルスの影響でうまく就活が出来なかったとならないように対策をしておきましょう。

WEB説明会の種類

次にWEB説明会の種類について紹介します。以下の3つの方法で企業はWEB説明会を実施てしています。

  • LIVE型WEB説明会
  • Video型WEB説明会

それぞれで特徴や注意点があるので紹介していきます。

LIVE型WEB説明会

LIVE型でのWEB説明会とは、指定の時間からリアルタイムで実施されるWEB説明会のことを指します。LIVE型だと、機能によっては、チャットを設けている企業もあり、就活生の質問にリアルタイムで企業が答えることができるのが特徴の一つです。

リアルタイムでの説明会なので、説明をする人が複数いる場合は、社員同士のやり取りも見ることが出来、対面の説明会ほどではないですが、社風や雰囲気を就活生は見ることが出来るでしょう。

Video型WEB説明会

Video型でのWEB説明会とは、企業側が予め事前に撮影していた録画をインターネット上に公開しているWEB説明会を指します。就活生にとっては、好きな時間に説明会を見ることが出来、また繰り返し説明会を聞くことができるので企業分析にも役立つことが特徴です。

LIVE型とは異なり、チャット形式での就活生からの質疑応答などをすることができないのがデメリットにはなりますが、企業側も事前に作成している内容になるので説明会の内容は就活生にとって充実したものであることが多いことも特徴の一つでしょう。

対面型の説明会との違い

最後に、対面での説明会とWEBでの説明会の違いについて紹介します。主な違いは以下の3つでしょう。

  • 企業の雰囲気が伝わりづらい
  • 事前の準備が就活生にも必要になる
  • 定員がない説明会が多くなる

それぞれについて紹介します。

違い1.企業の雰囲気が伝わりづらい

社風や組織風土を就活の軸にしている就活生にとっては、WEBでの会社説明会では社風がわかりづらいというのは大きな違いになるでしょう。しかし、実は企業側も就活生の雰囲気や自社に適した人材かを見極めることが難しくなっているのも事実です。

説明会での印象が、その後の面接官に伝わっているケースも多く対面の会社説明会だとありました。ただ、WEBでの説明会だと定員がないケースが多いため多くの就活生が参加します。そのため、その後面接や適性検査で評価されることが多くなる可能性もWEBではあるでしょう。

違い2.事前の準備が就活生に必要になる

今までの対面の説明会だと筆記用具やメモ帳があれば身一つで会社の説明会に参加可能でした。しかし、WEBでの説明会だとネット環境や企業によっては、カメラで就活生のことを見て、どのような印象なのかを見たいと考えている企業もあるでしょう。

そのため、ネット環境やパソコンの準備などWEB説明会のための準備をする必要があります。特にこれからはWEBでの企業面接も多くなるとは考えられるので早めに準備をしておくことをおすすめします。

違い3.定員がない説明会が多くなる

最後に対面での説明会の場合は会場の大きさによっては、定員が制限されているケースが今まではありました。しかし、WEBでの開催によって定員が制限されない説明会が多くなるでしょう。

ただし、企業側としても就活生の説明会での受講態度や質疑応答に答えるために定員を制限する場合が、LIVE型での会社説明会だとあるでしょう。VIDEO型の場合は、定員のことを気にせずに説明会を聞くことができるので自分の気になる会社がどのような体制で会社説明会を行っているのか事前に調べておきましょう。

対面での説明会について詳しく知りたい就活生は以下の記事で紹介しています。

対面の場合は、参加する時のマナーなどがWEBとは異なります。対策しておきましょう。

WEB説明会のメリットとデメリット

WEB説明会のメリットとデメリット

次に、WEB説明会のメリットとデメリットを就活生側と企業側のそれぞれで解説します。就活生は、企業側がどのような意図で説明会をWEB化しているのかも確認して、自分に合った企業を探してみましょう。

就活生のメリットとデメリット

先に就活生にとっての説明会のWEB化におけるメリットとデメリットについて解説します。

就活生側のメリット

メリットについて解説していきます。

1.時間や距離の制限がなくなる

対面での説明会だと、交通費がかかることやスケジュール調整が難しく、移動時間も込みで考えなければなりません。初めて行く会社だと予め早めに行くこともあるので、1日に行ける会社説明会には限界がありました。

しかし、WEBになったことにより、時間や距離の制限がなくなく就活生は多くの企業を知る機会を多くなったということが挙げられます。LIVE型だと多少のスケジュール調整は必要になりますが、優先順位を決めて企業の説明会を受けてみましょう。

2.自宅で説明会を見ることができる

上記で説明した距離に関わる内容ですが、自宅で説明会を見ることができるのが大きなメリットになるでしょう。

特にこのメリットの関しては地方大学生にとっては大きなメリットになるでしょう。都市部で就職活動をするためには、交通費や宿泊費を自分で持つ必要があります。現在では、上京したいと考えている就活生のためのサービスもありますが、それほど多くはありません。

都市部へ上京したいと考えている就活生は是非WEB説明会を活用して就職活動を進めていきましょう。都市部で就活をしている学生も、自宅で説明会を見ることができる分、今までの新卒とは異なり多くの企業を知ることができます。

3.多くの企業と出会える可能性が高くなる

最後の説明会を多く受けれる可能性が高くなったということは多くの企業と出会える可能性が高まったことを意味します。

特に就活生はイメージで就活をしぎちな傾向があるので、自分が知らない業界や仕事を知るためにもあえて多種多様な説明会を聞いてみるのも一つの手でしょう。それがWEB説明会で可能になったので、就活生はWEB化が進んだことを悲観的に捉えるのではなくメリットを最大限活かせるようにしましょう。

就活生側のデメリット

デメリットについて解説していきます。

1.質問ができない場合がある

VIDEO配信の場合は、質疑応答がないのでメールでの質疑応答になってしまうのでデメリットになります。

また、WEB説明会で定員の上限がなくなった分、多くの受講生が説明会に参加しています。そのため、「聞きたいことが聞けなかった」という事態が起きてしまう可能性があります。就活生は、面接などでの逆質問のネタが出来たと考えて、聞きたい内容をしっかりとメモしておきましょう。

2.企業の社風が伝わりづらい

これが、WEB化の一番のデメリットだと感じている就活生も多いのではないでしょうか。対面での会社説明会で知ることができる雰囲気や社風が掴めなくなり、就活生にとって自分に合っている企業なのか見分けることが難しくなるでしょう。

社風に関しては、面接や面談が進むにつれてわかる部分もあるので、WEBでの説明会では自分が興味ある仕事なのか。自分が働く姿が想像できるかなどの自分の評価軸を持って説明会を見るようにしましょう。

3.通信費用や環境が必要になる

メリットで紹介した時間や距離の制限が無くなる分、他の準備が必要になります。ネット環境が整備出来ていないと、スムーズに説明会を見ることができなかったり、停止してしまう可能性もあります。

また、LIVE型の説明会だと、就活生側の見え方にも気を付けなければなりません。背景がきれいかどうかなども就活生の印象に影響を与えてしまうのでその対策をする必要があるのもデメリットの一つでしょう。

企業側のメリットとデメリット

次に、企業側のWEB説明会のメリットとデメリットについて紹介します。企業側のデメリットを知ることで就活生の対応も変わる可能性もあります。参考にしてみましょう。

企業側のメリット

企業側のメリットには主に3つのメリットがあります

1.時間とコストを節約できる

時間やコストを大きく節約できるのが企業側の最大のメリットになるでしょう。特に、会場を押さえる必要がなくなるので、その分コストを別の採用活動への費用に回ることができます。

時間も節約でき、特に新卒の採用活動の場合はパネルディスカッション等を実施する場合は、トップセールスの社員や活躍している社員をアテンドして就活生への魅力付けを行います。

VIDEO型の場合は、一度だけ撮影を行い使いまわすことができるので、企業側にとっては手間を省くことができます。

2.多くの就活生に会社を知ってもらう機会がある

今までは会場の関係で多くの企業が就活生の人数を制限していました。その制限の方法や学歴フィルターと呼ばれる手法などもあり社会問題となっていたのも事実です。しかし、WEB化が進んだことで企業側は制限をせずに多くの就活生に自社を知ってもらう機会を作ることができています。

3.今まで採用活動が出来なかった地域の学生の確保できる

企業によっては、都市部でのもの採用活動のみをしており、獲得したい地方学生がいたとしても就活生側から都市部や本社を来てもらう必要性がありました。しかし、WEB化が進んだことで地方学生の獲得も可能となり、面接も1次や2次ならWEBで可能になります。

最終面接や内定前の面談のみ本社などに就活生に来社してもらうことで、最終決定をすればよくなります。そのため企業側にとっても大きなメリットがあることがわかるでしょう。

企業側のデメリット

次にデメリットについて紹介します。

1.就活生の反応が見えづらい

会社説明会を中小企業などは10名近くの少人数で行っているケースがあるので、実際に話ながら直接質問が適宜もらう形式で行っている企業もあります。そのため、その時にいる就活生が興味のあること、聞きたいことを伝えることができていました。

しかし、WEB化をすることにより、企業側も今までは異なる対応が求められています。特に実施を以前からしていた企業よりも、新型コロナウイルスの影響で説明会をWEBでせざるおえない企業ならなおさらです。そのため就活生の反応が見えづらく会社説明会をやりづらいというの企業側のデメリットになります。

2.社風が伝わりにくい

社風が伝わりづらく中小企業にとっては大きなデメリットになっています。特に仕事内容が一見地味に見えるが、やりがいのある仕事や社風・人間関係が良好な組織であることが就活生に伝えたい内容である企業にとっては、魅力付けが難しくなってしまいます。

3.WEB化の環境を整える必要がある

以前から実施していた企業は別として、今回の新型コロナウイルスの影響でWEBへ切り替る必要があった企業から見ると対応が大変苦労している現状があります。

なぜなら、目の前の売上も確実に落ちている中でそちらの対応をする必要があり、加えてWEB化を進める準備や契約周りも同時並行で進めていく必要があるためです。特に中小企業だと営業と人事を兼務しているケースもあるので、両方を見切れないという状態になっている企業も少なくありません。

WEB説明会における活用方法と注意点を紹介

WEB説明会における活用方法と注意点を紹介

最後に、就活生が知るべきWEB説明会の活用方法や注意点を紹介します。前述した通り企業も緊急対応に追われており、WEBにせざるおえない状態にあります。WEBだと社風がわかりづらいから、新型コロナウイルスの影響が落ち着いてから就活を再開してしまうと多くの企業が採用をもう終えている可能性もあります。就活生は今の就活状況に合わせて就活を進めていきましょう。

WEB説明会の活用方法

活用方法について紹介します。

活用方法1.より多くの企業を知る

WEB化が一気に加速したのは、企業側も想定外でした。その中でも企業は多くの就活生に知ってもらうためにWEB化を進めています。確かに、WEBだと社風などが見えづらくなってしまいますが、社風をより知れる工夫や選考における面談のセットなどの対策を企業も進めています。

なので、就活生がするべきことは、WEB化の前と同様で、多くの企業を知り、自分似合ってそうな会社ややってみたい仕事などを見つけることです。WEBでの説明会はそういった意味では、多くの企業と巡り合うことができるツールになるので最大限活用していきましょう。

活用方法2.面接や面談のWEB化に備える

WEBになるのは、説明会だけではなく、その先の面接や面談も同様です。内定前に企業側の就活生のことを直接話したいとは必ず思います。しかし、それまではWEBで進める可能性があるので、就活生は今の内にWEBでの面接や面談対策をしておきましょう。

WEB面接の対策やマナーについての情報は以下の記事で紹介しているので、就活生は対策を進めましょう。

WEB化になり、戸惑っているのは就活生、企業両方です。条件は同じなので早め早めの対策を進めましょう。

WEB説明会の注意点

WEB説明会の注意点についても紹介します。対面での説明会とは異なる注意もあるので就活生は意識してしないようにしましょう。

注意1.キャンセルの場合は、手続きが必ず行う

対面での説明会と同様ですが、必ずキャンセルの場合は、手続きをしましょう。WEBでの方が、手軽に見ることができるために予約も手軽になります。しかし、情報は全て企業側へわたっているので、手続きは必ず行っておきましょう。説明会や面接の前から印象を悪くするのは、就活を進めていく上で好ましくありません。

注意2.WEBでも対面と同様に遅刻・無断欠席

上記で紹介した通り、情報は全て企業へわたっているので遅刻・無断結成はNGになります。欠席をせざるおえない場合は、メールもしくは電話ですぐに対応しましょう。基本的には電話で行うことがマナーになります。

仮に、電話で繋がらない場合はメールを送っておきましょう。遅刻や欠席することを伝え、氏名・大学名・電話番号などを署名に入れて送っておきましょう。人気の大手企業の場合は、LIVEの場合は定員を決めている企業もあります。

キャンセル待ちで待っている就活生もいる可能性があるので、必ず連絡するようにしてください。

注意3.アカウントの名前に注意

説明会のやり方によりますが、場合によってはYoutubeやGoogleのアカウントを利用する場合もあります。その時にプライベートのアカウント名を企業に見られる可能性があるので、説明会を受ける前に必ず確認をしておきましょう。

説明会から企業の印象が決まってしまいます。基本的には本名をフルネームで表示できるようにして、企業からアナウンスがあるかどうか確認をしておきましょう。

注意4.LIVE型はアーカイブが残らない可能性がある

企業によって対応が異なりますが、LIVE型のWEB説明会をアーカイブしない可能性があります。アーカイブとは、動画を保存し、ネット上に公開することを指します。

なぜなら、企業のよってはその時の就活生に合わせた情報提供しているケースがあり、その説明会の情報が会社全ての情報ではないためです。また、LIVEで企業がする意図は、就活生の生の声や雰囲気を見るためでもあります。そういった企業では、アーカイブは行わない可能性があるのでスケジュールはLIVE型の時は空けておきましょう。

注意5.WEBでの説明会を避ける

一番注意した方がいいのは、WEBでは雰囲気が掴めないから一切WEB説明会を受講しないということです。時代はどんどんWEB化を進めています。確かに雰囲気はわかりづらい点もありますが、企業も対策をしており、なにより就活生のその時の生の声を求めています。

そこで、実際に意見を出せる就活生は対策を自ら主体的に打てる学生を企業は求めているので、出来ることを精一杯しておくことを就活生にはおすすめします。

まとめ

新型コロナウイルスの影響により、WEB化が急激に進んでいます。就活生は、例年とは異なる動きになっているので戸惑うこともあるかもしれません。しかし、企業も同様に対応に追われています。その中でも少しでも就活生に情報提供するためにWEBでの説明会を実施ているので情報を就活生は自分で取りにいけるようにしましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC