体育会系企業の特徴は?就活中の体育会系の学生に合う業界も紹介!

体育会系企業の特徴は?就活中の体育会系の学生に合う業界も紹介!

体育会系の学生は体力があったり礼儀が身についていたりすることから、就活では企業から重宝されることも少なくありません。一方で体育会系企業は、人によって合う・合わないが大きいため注意しましょう。この記事では、体育会系の強みや体育会系企業の特徴、体育会系の学生に合う業界などについて解説します。

体育会系とは

体育会系とは

体育会系とは、根性を大切にしたり上下関係に厳しかったりする気質のことです。体育会系の定義などについて解説します。

体育会系の定義とは?

体育会系とは、ただ運動をするのが好きだったり、定期的に運動をしたりしている人のことを指すわけではありません。基本的には、スポーツ系の部活やサークルに所属していた人のことを体育会系と呼びます。

日本だとスポーツ系の部活・サークルは上下関係に厳しく「とにかく練習!」というように、理屈抜きに根性で乗り切ろうとする傾向があります。大人になってからもこのような持論を持っている人は実際に運動系の部活・サークルに所属していた経験が多いことから、上下関係に厳しく、根性論を唱える傾向がある人・企業のことを体育会系といいます。

無理に体育会系企業に行く必要はない

これまでは体育会系企業の特徴を紹介しましたが、体育会系企業の体質が合わないという人は無理に体育会系企業へ行く必要はありません。現代は働き方改革が進み、フレックスタイム制やリモートワークなどプライベートと両立しやすい環境を整えている企業も多く存在しています。就職活動の際に、企業の知名度や待遇などを重視して無理に体育会系企業に就職したけれども、鬱など精神系の病気になってしまったというケースも少なくありません。

また、上下関係が厳しいため、上司を追い抜いて出世していきたいと思っている場合も、体育会系企業は難しい傾向があります。体育会系とは真逆の社風の企業も多いため、上下関係の厳しい環境が合わないならば無理をせず、実力主義だったり、ポジションに関係なく活躍の場を与えてくれたりする社風の企業を目指したほうがよいでしょう。

体育会系の強みや体育会系企業の特徴・注意点

体育会系の強みや体育会系企業の特徴・注意点

体育会系の強みや、体育会系企業の特徴・注意点について解説します。

体育会系の強み

体育会系の人の強みは、以下が考えられます。

体育会系の強み1:礼儀正しい

体育会系の部活・サークルは上下関係に厳しいことから、社会人になってからも自分より立場が上の人に対する礼儀やマナーを徹底する人が多い傾向にあります。先輩から指示されたことは遵守する、挨拶はしっかりするなどといった気質があるため、目上の人からかわいがられやすいでしょう。

体育会系の強み2:チームワークを大切にしている

スポーツは、個人競技でも団体競技でも、仲間を大切にし、励まし合ったり、連携を取ったりして勝利をつかみ取るものです。社会人になってからも仕事をするうえでチームワークはとても大切なものであり、チームワークを大切にできる人材は組織を運営していくためにも欠かせません。

年齢や序列に関係なくコミュニケーションをとることができる人は、組織の潤滑油としての活躍が期待できるでしょう。

体育会系の強み3:メンタルが強い

スポーツでは過酷な練習を日々積み重ねることから、幼い頃から強い精神力が養われている人が多くいます。精神力は、簡単に身につけることができるものではありません。

社会人になれば、精神的に辛い状況に追い込まれてしまう場面も少なくありません。現代は少子高齢化によって求職者が気軽に働く企業を選べる時代となっています。そのため、少し辛いと仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

メンタルが強く、根性や気合の精神を持っている学生は、多少のことで追い込まれないどころか、逆境を逆に追い風に変え、長く働いて会社に貢献できる人材に成長できるでしょう。

体育会系の強み4:体力がある

スポーツをしていると、日々の過酷な練習によって体力がつきます。また、結果を出すために努力をコツコツ積み重ねることもできます。

仕事をするにあたっては、頭だけでなく体力も必要です。特に繁忙期は残業続きになってしまうこともあり、それに耐えられるだけの体力があるというだけでも強みになるでしょう。

体育会系の企業の特徴

体育会系企業には、おもに以下のような特徴があります。

上下関係が厳しい

体育会系企業は、世間一般からは上下関係が厳しいというイメージを持たれています。実際に上下関係には厳しく、基本的に仕事をするなら自分の上の立場の人の意見を重んじる、挨拶やマナーを重視するなどといった傾向があります。日本の企業は古くから年功序列制を採用しており、目上の人の意見を重んじることが重要視されてきました。

徐々に実力主義にシフトチェンジしようとする企業が増えてきていますが、年功序列の考え方は根強く残っています。特に、企業のトップが体育会系気質だと、自然と会社全体が上下関係を重んじる社風となり、採用に関しても年功序列など上下関係を重んじる体育会系の人を重んじる傾向があります。

文化系の部活動など、上下関係が比較的緩い環境で育ってきたため、ハキハキと喋らなければいけないなど上下関係が厳しすぎる環境に慣れていない人や、そもそも上下関係が嫌いな人などには、体育会系の企業は向いていないといえるでしょう。実際に、体育会系の企業に入社後、「社風と合わない」などといった理由で辞めてしまう人も中にはいます。

成果への要求レベルが高い

体育会系の企業は「人一倍努力するのが当たり前」という社風があり、ポジションに関係なく高い成果を求められます。結果を求められるものの、できない人に対しては根性を求める面が強く、体力のある人は問題ありませんが、体力が無かったりメンタルが弱かったりする人からすると辛いかもしれません。

ただ、結果を出すことができれば評価され、早い段階で管理職に抜擢されるケースも多くあります。

社内イベントが多い

体育会系はイベントが好きな人が多いゆえに、体育会系企業は飲み会や運動会などの社内イベントが多い傾向があります。中には、社長の誕生日会を企画する企業も存在します。

体育会系企業は飲み会が多い傾向があり、お酒が好きだと上司と良い関係を築きやすい企業もあります。また、新卒社員がイベントの企画を行うこともよくあります。イベントを企画するにあたって上司の好みなどをリサーチすることができる人は、結果として上司に気に入られやすいというケースもあります。

すべてではありませんが、求人をチェックしたときに、社内イベントを前面に出している企業は体育会系企業である傾向が考えられます。中には休日をイベントに費やす企業も存在するため、休みの日は仕事から離れたいという考えの人は要注意です。

体育会系企業の注意点

体育会系企業には向き不向きがあるため、注意点についてあらかじめ知っておきましょう。

精神論・根性論になる

体育会系企業は仕事ができないと強固な精神論がアダとなって、できないことに対する原因追及を行わずに「努力が足りない」と精神論・根性論で解決しようとしてしまう人が多い傾向があります。

日本ではこのような体育会系の根性論は社会問題となっていますが、幼少期から部活やサークルで培われた「努力すれば何とかなる」という考え方を変えるのは難しいといえます。起こっている問題の背景や原因を良く考えずに、ただ努力だけで解決しようとするのは効率が悪いといえるでしょう。

そのため、しっかりと自分の中で理論を立て、効率良く仕事がしたいという人には体育会系企業は向いていないと言えます。

ルールに囚われがちになる

先ほど解説した通り、上下関係が厳しい故に、基本的に上司の指示に従って仕事をすることとなります。そのため、上司や先輩がずっと昔に作り出したルールを重んじる傾向があり、他の方法の方が効率的だったとしても、意図のわからない古いルールにとらわれがちです。

現代においては、時代の変化に合わせて柔軟に対応する必要があるでしょう。しかし、体育会系企業だと自分なりのやり方を確立しようとしても、ルールから外れているとして、古いルールに基づいて仕事に取り組むように指示されてしまうこともあります。

また、ルールを作る立場になった場合は、現行のルールを確認し、現場のニーズ・意見を汲み取って改善していく必要があるといえるでしょう。ただし、体育会系企業だと保守的であるがために、ルールを新しく作ったり、改正したりすることに対する批判が出る可能性が高く注意が必要です。

体育会系が向いている業界

体育会系の人が向いている業界には、おもに以下のようなジャンルが考えられます。

金融

金融業界はお金を取り扱うことから保守的な面もありますが、景気に左右されやすく、変化が激しい業界のため、時代の変化に合わせて積極的に専門知識やスキルを身に着けようとすることも求められます。

また、良くも悪くも成果主義であり、仕事の成果が悪かった時に耐えられる精神力に加え、忙しい中で勉強をする時間も確保するタフさも求められる業界でもあることから、体育会系の人に向いているといえるでしょう。それに加え、特に銀行や証券会社は顧客を大切にしなければいけないため、上下関係を重んじる礼儀正しさが身についている人材は重宝されます。

銀行などで働いていると、スポーツ関連企業やスポーツ団体と取引することもあります。そんな時には、自分が今までやってきたスポーツの経験が役に立つ可能性も0ではありません。ただ、金融業界だと基本的に都市部で勤務することとなります。地方勤務も可能ではありますが、都市部と比べると出世のペースが落ちてしまう可能性があるので注意が必要です。

製薬(MR)

製薬企業は日本全国にある病院などと取引を行うことから、全国に求人があり、しかも給料も高めなであるため、体力やコミュニケーション能力に自信がある人にはおすすめの業界といえるでしょう。また、取引相手となる医師は、学生時代に体育会系の部活をしていた人が多い傾向があります。スポーツという共通の話題があれば、営業もスムーズに進む可能性が高いでしょう。

ただし、製薬業界は給料が良い分、専門的な知識が求められます。医療関連の業界は日々情報が更新されていく業界のため勉強をし続ける必要があり、勉強量が多く大変ということを理解したうえで目指す必要があるでしょう。

商社

商社に総合職として入社すると、最初の2~3年程度は営業を任され、その後、適性を見て配属先を決めるのが一般的です。そのため、商社で自分が思い描くキャリアを積み上げていきたいと思っているのであれば、営業職として結果を出す必要があります。それゆえに成果主義の面が強く、部署や企業にもよりますが基本的に激務なことが多いため、激務に耐えられるだけの体力が必要です。

また、商社は幅広い事業を行っており、どの事業分野においても日々変化していることから、新しいことに意欲的に取り組む姿勢と根気も求められます。精神的にも体力的にもハードではあるものの、その分高い年収を稼ぐことが可能です。スポーツ関連の商社だったり、取引先がスポーツ関連企業だったりした場合、経験や知識を使って商品開発やイベントの企画ができることもあります。

スポーツメーカー

スポ―ツメーカーは、運動に関する経験・知識を活かせる可能性が高いといえるでしょう。実際に、スポーツメーカーを志望する人は体育会系の人が多くいます。営業部門は、体育会系でない人の方が珍しいかもしれません。

スポーツメーカーで働くメリットは、やはり、好きなことを仕事にできる可能性が高い点でしょう。ただし、企業にはよるものの全体的に給料がそれほど高くないところも少なくないため、お金よりもやりがいを重視する人におすすめといえます。

マスコミ

マスコミ業界は、広告代理店やテレビ局など企業によって行う業務が異なりますが、配属される部署がスポーツ関連部署だったり、取引先がスポーツ関連企業だったりすると、スポーツの経験や知識を活かすこともできるでしょう。

マスコミ業界で求められるのは、自分で企画を行い、それを実際に形にする力です。そのため、上下関係を重んじる礼儀正しさに加え、クリエイティブな発想力も求められます。また、テレビ局などの場合は昼夜逆転生活となることも多いため、体力も必須です。給料に関しては企業によって差がありますが、テレビ局や広告代理店は高い傾向があります。

体育会系ならではの強みを活かそう

就職活動をするにあたって、体育会系の部活・サークルを経験してきたということは大きな強みとなるでしょう。実際に、体育会系の人材が求められる業種・職種はたくさん存在しています。今回ご紹介した体育会系の特徴と自分の性格が似ていると感じたら、ここで紹介した業種を中心に、気になる業種について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC