文系の仕事とは~就活生が就職するべき職種を紹介!~

文系の仕事とは~就活生が就職するべき職種を紹介!~

文系の仕事内容とはどのようなものなのでしょうか。この記事では、文系の就活生が就職するべき職種を紹介します。就活で悩んでいる学生は一度、それぞれの仕事の内容を理解して、自分に合っている職種を探してみましょう。

文系の仕事内容とは~就活生が就職するべき職種を紹介~

文系の仕事内容とは~就活生が就職するべき職種を紹介~

文系の仕事内容とは主にどのような仕事なのでしょうか。ここでは、就活生が就職するべき仕事を紹介します。就活生は職種に悩んでいるなら参考にしてみましょう。

文章力を生かした仕事

文系は理系よりも言葉や文章に触れる機会が多いです。そのため自然と文章力は鍛えられているのではないでしょうか。文章力の高さを生かせる仕事は出版業界に多く見られ、一例として以下のようなものが挙げられます。

  • 新聞記者
  • ライター
  • 雑誌編集者
  • 作家
  • 校正

新聞記者は文章力の他に、正確な情報を集める取材力も求められます。また執筆する記事は政治や文化、スポーツなど専門性の高い分野を担当することが多いです。ライターも記事を書くという点では、新聞記者と仕事内容はそれほど変わりません。しかしライターはコピーライターやシナリオライターなどに細分化できるので、活躍できる場所は新聞記者よりも多いです。雑誌編集者は記事内容の企画や編集を行う仕事です。高い文章力はもちろん、記事編集能力や読者のニーズを的確に読み取るセンスも求められます。また、カメラマンやデザイナーの調整を行うこともあるため、物事に対する柔軟な対応力や器用さも必要です。

作家は物語を創作する仕事なので、文章力と独創性が求められます。物語に説得力を持たせるための知識を集める情報収集力も必要でしょう。また、ノンフィクション作家であれば、新聞記者と同様に確かな取材力も備えていなければなりません。校正は出来上がった記事をチェックして、誤字脱字を見つけ出す仕事です。誤字脱字は文章の流れが良ければ見逃してしまうことも多いので、文章力の他に高い集中力が求められます。活躍する場所は新聞社や出版社になります。

事務系の仕事

事務は基本的にデスクワーク中心の内勤仕事になるため、社外でバリバリ働くよりも真面目にコツコツ作業をすることが好きな方に向いています。そのため、机に向かい慣れている方なら違和感なく仕事に取り組むことができるでしょう。ただ、ひとくちに事務と言っても、担当する業務は様々です。主な業務内容は、以下のようなものになります。

  • 総務
  • 営業事務
  • 人事
  • 経理

総務の業務内容は多岐にわたるため、社内における「何でも屋」のような立ち位置と言えるでしょう。備品管理から受付、秘書業務や会社行事の運営など、正に何でもアリです。その性質上他部署とのやり取りは多いので、細やかな配慮ができる方に向いています。営業事務は電話・メールの対応や見積書・請求書の作成などを通して、営業職のサポートをすることになります。営業職との連携を密に取るため、気配りや柔軟性が求められる仕事です。

人事は新卒・中途採用などの採用活動や新人教育、人事異動など人材管理を担当する仕事です。企業説明会などで学生の対応をしている、と言えば仕事のイメージはつきやすいかもしれません。会社の内外を問わず人と接する機会が多いため、コミュニケーション力も問われます。経理は企業の予算管理や決算書作成、給与計算などを担う部署です。企業の資産管理を一手に引き受けるので、とても重要な部署だと言えます。部署の性質上、計算が得意な方や数字に強い方におすすめです。また、「会計士」や「税理士」などの資格を生かすことができるので、あらかじめ取得しておけば就職活動を有利に進めることができるかもしれません。

営業の仕事

営業は自社製品やサービスを個人や企業に売り込む仕事です。そのため、コミュニケーション力に優れ、ノルマ達成を目指すバイタリティーに溢れた方に向いています。また、営業と言えば外回りのイメージが強いですが、必ずしもそうとは限りません。営業には外勤と内勤、2種類の働き方があります。外勤はルートセールス・訪問販売・飛び込み営業などで個人宅や企業まで出向き、商品やサービスを売り込んでいきます。社外での活動が多いので、時間管理において自由度が大きいのが特徴です。内勤は店舗営業や電話・メールなどで営業活動を行います。店舗営業であれば対応する相手は基本的に自社製品に興味を持っているので、営業はしやすくなります。

外勤、内勤を問わず実際に営業を掛ける対象は、新規顧客と既存顧客に分類できます。新規顧客は自社製品を初めて目にすることになるので、興味を持ってもらえなければ門前払い、ということもあり得ます。そのため、精神的なタフさが要求されます。ただ、成果が給料に反映されやすいことはメリットと言えるでしょう。営業方法は訪問販売やテレアポ、飛び込み営業などが挙げられます。既存顧客はすでに自社製品を購入・利用しているので、営業の目的は再購入や新たな商品を購入してもらうことです。すでに商品の良さを理解してもらえているので、新規顧客に営業を掛けるよりもハードルは低いでしょう。ただ、商品について細かな質問を受けることもあるので、商品に関する豊富な知識が求められます。代表的な営業方法はルートセールスです。

最後に営業職が扱う商品について紹介します。企業によって用意する商品の形態は様々で、機械や医薬品、食品などの目に見える有形商材もあれば、保険やコンサルティングのような目に見えない無形商材もあります。有形商材は実際に商品を手に取ってもらえるので、無形商材よりも成果は上がりやすいと言われています。ただ、形がある商品なので強みも弱みもダイレクトに伝わってしまいます。この点はメリットである反面、デメリットになってしまう可能性も否定できません。目に見えない無形商材は相手に商品の良さが伝わりづらいので、営業職にとっては扱いが難しい商品です。ただ、その分成果は自身の営業能力によるところが大きくなるので、やりがいは感じやすいと言えるでしょう。

接客の仕事

人と関わることが好きなら、接客業がおすすめです。接客はホテルやレストラン、雑貨店などでお客様をもてなす仕事になります。接客業はアルバイトの定番とも言えるので、学生の間に仕事内容ややりがいを知ることが可能です。ただ、ひとくちに接客業といっても、従事する場所によって付随業務に違いがあります。では具体的にどのような違いがあるのか、紹介していきます。

アパレルや雑貨店などの販売スタッフは、品出しや在庫管理、レジ業務も担います。店舗によって扱う商品は違いますが、基本的な業務内容は共通する部分も多いです。そのため、同職種への転職なら身につけた販売スキルを生かすことができます。ホテルのフロントスタッフはチェックイン・チェックアウト手続きをする他、電話応対やおすすめ観光スポットの紹介なども業務の一環になります。また外国人と接する機会も多いので、高い語学力も必要です。そのため、極めて高い接客スキルが求められると言えるでしょう。しかし語学力を生かしたい方には、とても魅力的な職場として映るのではないでしょうか。

レストランなど飲食店のホールスタッフは、オーダーをとって食事を配膳する他にも、追加オーダーの確認やレジ業務も行う必要があります。また、店舗のグレードや客層によっては食事の提供スピードを重視したり、質の高いサービスに重点を置いたりと細かな違いがあることも特徴的です。接客スキルが認められればマネージャーに選ばれることもあるので、非常にやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

語学力を生かした仕事

語学力をよりダイレクトに生かしたいのなら、ホテルのフロントスタッフではなく通訳になるという道もあります。ただ、ひとくちに通訳と言っても、持っているスキルや求められる役割によって細分化されることをご存じない方もいるかもしれません。具体的にどのように分けられるのかは、以下の通りです。

同時通訳

文字通り発言者の言葉を同時に訳していきます。発言者が話し終わる前に言葉を訳していくため、先に続く言葉を予測して発言内容を瞬時に理解する力が必要になります。これはとても集中力を要する作業なので、重要な会議などでは数名で交代しながら通訳していくことになります。

逐次通訳

発言者が言葉を区切ったタイミングで、そこまでの内容をまとめてから訳していきます。単語単位ではなく文単位で訳すことができるので、正確性は同時通訳よりも高いです。インタビューや講演会などの正確性が重視される場では、同時通訳よりも逐次通訳の方が重用されます。

ウィスパリング

聞き手側の隣に立ち、耳元で囁くように同時通訳します。そのため求められる能力や作業の流れは、基本的に同時通訳と同じです。ただ、同時通訳は映像放送などにも対応できますが、ウィスパリングは聞き手の隣に立つ必要があるため必ず現場に立ち会わなければなりません。活躍の場は商談やインタビューなど、ビジネスシーンになることが多いです。

翻訳家も語学力を生かせる仕事の一つです。通訳と同様に、翻訳家も作業内容によって以下の3種類に分けることができます。

文芸翻訳

翻訳対象は小説や雑誌などの出版物なので、出版翻訳と呼ばれることもあります。文章力・語学力の他に、出版物の意図やテーマを的確に汲み取る読解力や表現力も問われます。

実務翻訳

マニュアルや契約書の翻訳などビジネスシーンで活躍することが多いので、産業翻訳と呼ばれることもあります。医療や金融など、業界によっては専門用語も存在するので、語学力に秀でていてもあらためて学び直す必要があるかもしれません。

映像翻訳

映画やドラマなどの映像作品が翻訳対象です。台本や映像を確認しながら音声を翻訳し、吹き替えや字幕に対応できるようにします。映像翻訳は音声を直訳することは少なく、文章の大まかな意味は変えずに吹き替えや字幕として分かりやすくなるよう意訳する調整力が必要です。

語学力を生かせる仕事を考えたとき、通訳や翻訳家を思い浮かべた方は多いかもしれません。では、これら2職種以外にはどういったものがあるのでしょう。少し変わったところでは、このような仕事もあります。

通関士

輸出入業者の通関手続きを代行する仕事で、通関士試験に合格すればなることができます。また、税関申請や税関検査に立ち会うこともあります。手続きに関する書類作成は基礎英語をマスターしていれば対応可能なので、そこまで高度な語学力を求められることはありません。

教育の仕事

教育の仕事は子供の成長に携われるやりがいのある仕事です。子供好きの方なら選択肢に入る職種だと思いますが、働き方は主に3種類あります。まず1つ目は資格を生かして働く場合です。資格を生かして働ける職種は、以下のようなものがあります。

教師

大学で教員免許を取得し、教員採用試験に合格すればなることができます。文系の学生は教員免許を取得するための授業単位と卒業単位が重なることがあるので、免許自体は比較的取得しやすいでしょう。

保育士

保育士資格を取得すれば誰でもなることができ、資格取得方法は主に2通りあります。1つは保育士試験に合格する方法、もう一つは厚生労働省が指定した養成学校において、定められた学部・学科を卒業する方法です。後者は保育士試験を受験する必要はなく、卒業すれば自動的に資格を取得できます。

2つ目は免許や資格なしで働く場合です。この方法で働ける主な職種は、以下の通りです。

学習塾・予備校講師

学生アルバイトのイメージもありますが、多くのプロ講師も指導にあたっています。勤務形態は既存の施設で雇用されるケースが一般的です。しかし大手フランチャイズに加盟して自宅などで指導にあたることもできます。

家庭教師

こちらも学生アルバイトのイメージが強いですが、プロの家庭教師ももちろんいます。

教育は勉強を教えるだけでなく、人間としての成長を促すことも重要です。最後に紹介するのは勉強を教えるのではなく、人間としての成長をサポートする仕事になります。

児童指導員

児童福祉施設で暮らす子供たちを生活面からサポートする仕事です。複雑な事情により入所している子供が多いので、細やかな気遣いが必要になります。

学童保育教員

下校した子供たちを放課後預かる仕事です。特別な資格は必要ありませんが、教育に関する資格保持者は待遇がよくなることもあります。

児童館職員

職場は児童館になりますが、就業するためには各種教諭免許や保育士資格、社会福祉士資格などを取得しなければなりません。

法律の仕事

弁護士をはじめとした法律系の仕事は、文系の中でも特になることが難しい職種だと言われています。弁護士の他には検察官・裁判官・行政書士・司法書士などがこれにあたります。弁護士・検察官・裁判官は仕事のイメージがつきやすいでしょうが、行政書士と司法書士はどうでしょう。どちらも「書士」がつきますが、業務内容には違いがあります。

行政書士は飲食業などが開業する際、公官庁の許認可を得るために申請しなければならない許認可申請書の作成や、依頼者の代理として書類を提出することが主な業務内容です。司法書士は簡易裁判における訴訟代理人や成年後見人を務めることができる他、不動産屋・会社登記に関する書類作成・代行手続きなどを行うことができます。どちらも書類作成が主な業務という点は共通していますが、書類の内容は違うので注意が必要です。

ここで挙げた法律系の仕事は全て、試験に合格して資格を取得する必要があります。弁護士・検察官・裁判官は司法試験、行政書士は行政書士試験、司法書士は司法書士試験です。ただ、司法試験は誰でも受けられるわけではなく、法学部卒業者でなければ受験することができません。そのため、まずは法学部卒業者でなくても受験可能な「司法試験予備試験」に合格し、受験資格を取得する必要があります。

心のケアをする仕事

心のケアをする仕事と言えば、心理カウンセラーが挙げられます。しかし、厳密には心理カウンセラーという職業は存在しません。心理カウンセリングを行う仕事に従事している人を総称して心理カウンセラーと呼んでいるのです。心理カウンセラーは、相談者が苦しみから解放されるように手助けする仕事です。その苦しみの源はストレスや悩みなど相談者によって様々ですが、心理カウンセリングを行うことで的確に読み取っていきます。

心理カウンセラーは資格がなくても名乗ることができます。しかし国家資格の「公認心理師」を取得しておくと技術や知識の証明になるので、活躍の場を広げることが可能になります。ただ、心理カウンセラーの資格は1つだけではありません。公認心理師の他にも色々と存在するのです。中でも比較的認知度が高い資格は「産業カウンセラー」と「臨床心理士」になります。

産業カウンセラーは民間資格で、主に医療機関や職業安定所、民間企業などに勤め、労働者のカウンセリングを行う仕事です。もう1つの臨床心理士も同じく民間資格になります。職場は学校や心療内科、児童相談所などが挙げられます。ただ、これら2つの民間資格はそこまで需要がないため、別の資格と併用することをおすすめします。

金融の仕事

金融系の仕事は、文系が活躍する業界では高年収の部類に属します。銀行員、証券会社社員、証券アナリスト、ファイナンシャルプランナーなどが、代表的な職業です。中でもおすすめなのは、証券アナリストとファイナンシャルプランナーです。前者は顧客への投資に関するアドバイスや資産運用などを仕事にしているので、経済学や商学を学んだ文系出身者なら適正は高いでしょう。また、後者は家計・ローン・保険の見直しや資産運用などお金に関する悩み相談に乗ることが仕事です。お金の悩みは金融業界に限ったことではないので、知識を蓄えていけば金融業界のみならず、不動産や建設業界でも活躍することができます。

また、給料の高い仕事に興味がある就活生は以下の記事を参考にしてみましょう。

自分の軸を定めて、その軸に合った企業を見つけるのが就活の近道です。自分のやりたい仕事を見つけましょう。

文系の就活生は自分に合った仕事を見つけよう

世の中には多種多様な仕事があります。少し調べるだけで、文系の強みを活かせる仕事は数多く見つけることができるでしょう。文系・理系という分類は、自分が持つ特性を大まかに判断する材料の一つにしか過ぎません。その材料を参考にして、自分の強みや興味を踏まえた上でどのような仕事に就くか考えてみると良いでしょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

文系の就職に関して知りたい方はこちら

© JAIC