ハローワークで転職活動!そのメリットと利用のポイントとは

ハローワークで転職活動!そのメリットと利用のポイントとは

無料で利用でき、手厚いサポートも受けられるハローワークでの転職活動。

ハローワークでの転職活動はどのような人に向いているのでしょうか?自分がやるべき転職活動は本当にハローワークだけで足りるのでしょうか?

今回は、ハローワークで転職活動するなら知っておきたいメリットやハローワークの利用がおすすめな人の特徴について紹介します。

   

目次

ハローワークで転職するメリット

無料で利用できるのにもかかわらず、ハローワークを利用することで得られるメリットには思っていた以上のものがあります。そのメリットを最大限活用できるよう、まずはハローワークで転職活動をすることで得られる利点についてみていきましょう。

求人数が多い

ハローワークにある求人はとても多いです。職種も多岐に渡り、今まで知らなかった業界や、思わぬ求人を見つけることができるでしょう。

なんとなく敬遠してた業界でも、求人情報をみてみると「やってみたら楽しそう」と感じられるかもしれません。

実は、ハローワークを無料で利用できるのは求職者だけではありません。求人を出す企業側も無料で利用できるため、求人広告費をかけられない中小企業を始め、さまざまな企業が求人を出しています。

求職者からすると、「ハローワークで求人の許可が出ている」という安心感もあるでしょう。ネットに出ている求人広告は情報が多すぎてわかりにくいという方でも、簡素な求人票は見やすく応募しやすいと感じられるかもしれません。

「ハローワークに行けば簡単に求人を探せる」のも嬉しいポイントです。全国の求人情報から自分にピッタリのものを探すよりも時間がかかりません。

地元の求人がたくさんある

ハローワークにある求人、地元企業ばかりだということに気づきましたか?ネットで求人を探すと全国からエリアを徐々に絞ってリサーチしなければいけませんが、ハローワークなら地元企業の求人ばかりですので、転居したくない、地元で活躍したい方にはぴったりなのです。

   

なぜハローワークには地元企業の求人が多いのか。

実は、ハローワークでは、職業安定法によって「公共職業安定所は求職者に対しできる限り就職の際に住居の変更を必要としない職業を紹介する」よう定められているからなのです。

ハローワークで居住地域外の求人を探すこともできますが、ハローワークでは求人を出している地元企業と密に連絡を取り合い、求人者を紹介しています。ハローワークは「地元で働きたい」人の心強い味方といえるでしょう。

相談や対策を受けることができる

これを意外と感じる方もいるかも知れません。ハローワークでは、就職に関する相談に無料で対応してもらえます。「公的な機関だから対応してくれない」というイメージを持たれがちですが、ハローワークの職員は親切・丁寧に対応してくれるでしょう。

例えば、心身に不安があって長時間の労働や夜間の労働は難しい、病院にも通うから平日休みの仕事を紹介してほしいと相談すると、ぴったりの求人を教えてくれます。

また、面接や履歴書作成といった就職活動対策も無料で実施していますので、「転職活動に自信がない」「まずはなにからやればいいのかわからない」という方は、まずハローワークで今後について相談してみてください。

自己分析や職業訓練の斡旋(あっせん)も行なっていますので、利用できるサービスはフル活用しましょう。

   

ハローワークで転職するデメリット

このように多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在しています。

それではハローワークならではのデメリットについてみていきましょう。

相談員によって対応が変わる

ハローワークを利用していて最も困るのが、この相談員による対応の違いかもしれません。ある日お世話になったAさんはとても親切だったのに、Bさんに相談すると無愛想でそっけなく、何を言ってもちゃんと対応してもらえないということが実際にあったようです。

このように良い相談員にあたることができれば、他では聞けない企業の話を聞けたり、いつも親身になって相談に乗ってもらえたりすることもありますが、そういった相談員はそれほど多くありません。

また、ハローワークの事務所単位でも雰囲気はガラリと変わってきます。居住地域に一番近いハローワークはそっけなかったけれど、少し足を伸ばしてみると対応が良かった、ということもあります。

相談せずに求人を探すだけなら、雰囲気のいい気に入ったハローワークまで足を伸ばしてもいいかもしれません。

自分から積極的に行動しなければならない

ハローワークにとって、求職者はお客さまではありません。ですから、積極的に営業するように求人情報を紹介することも、職業訓練を紹介することもありません。

ではどうやって利用していけばよいのでしょうか。ハローワークを最大限活用したいのであれば、なによりも転職活動への積極性が必要となります。

仕事を見つけたいから仕事を探す、スキルを上げて有利にしたいから職業訓練に通う、というように、自分である程度やりたいこと、これからやるべきことを考えて動かなければいけないため、受身の姿勢では上手にハローワークを使いこなすことは難しいかもしれません。

画像が少ないため社内の雰囲気などはわかりにくい

ハローワークの求人票は全て文字で構成されています。そのため、社内の雰囲気がわかりにくく、応募には少し勇気が必要になります。

一般的な求人サイトであれば、社内の様子や仕事の様子が写真や動画で簡単にわかりますが、ハローワークの求人票ではそこまでわかりません。より細かな情報を集めてから転職活動をしたい方には向かないでしょう。

求人の内容と実際に差のあることがある

求人の内容と実際の仕事状況に差が出てしまうことがあります。これはハローワークの求人票が求人サイトとは違い「企業側が作っている」ことが原因と考えられます。

求人サイトや就職支援サービスの場合、求人広告を出す前にはしっかりと調査が行われ、労働基準法に反していないか、広告と実際の環境に差が出ていないか確認されています。

しかしハローワークの場合、本当はブラック企業であるにもかかわらず、表向きは「ホワイト企業」のように振る舞い、ハローワーク職員の目をくぐり抜けて求人を出す企業もあるようです。

求人内容と実際の状況が全く異なっていた場合には、すぐにハローワークへ連絡しましょう。ハローワークでは、ハローワークを利用して就職した人へのフォローも行なっています。

求人と内容が違った、職種がそもそもちがった、環境が合わなかった等正直に話し、現在の仕事を辞めてさらに転職可能かどうか相談してみましょう。

   

ハローワークでの転職に向いている人・いない人

ここからは、ハローワークを利用して転職することに向いている人、向いていない人はどのようなタイプかみていきましょう。

ハローワークの利用が向いている人

ハローワークの利用が向いているのは、第一に地元の企業で働きたい、転職しても現在済んでいる場所から離れたくないという方です。地元が大好きで貢献したい、この先も引っ越しをする予定はないのであれば、まずはハローワークで転職活動をしてみましょう。

正社員以外に、契約社員やパートでの採用を検討している場合にも使えます。転職活動をする際、雇用形態にはこだわらない人にも向いているでしょう。

また、未経験の業種を体験してみたい人にも向いています。ハローワークにはさまざまな業種の未経験歓迎募集があります。ハローワークを通して応募することで採用率も上がるかもしれません。

ハローワークの利用が向いていない人

ハローワークの利用が向いていないのは、そもそもハローワークに通えない方です。『転職活動中だけれど、現在の職場の仕事もあるから平日昼間にハローワークに通うのはちょっと…』という場合には、スキマ時間で簡単に転職先を探すことができる転職サイトのほうが合っているでしょう。

この「平日昼間に動けないからハローワークに行けない」という方はとても多く、転職活動の障壁になっていると考えられます。どうしてもハローワークに行かなければいけない場合には、有給休暇を取得しましょう。

さらに、ハローワークにある求人は中小企業が中心のため、大手企業への転職を考えている方には向きません。今後の人生を見越してステップアップするための転職活動には残念ながら使えないのです。

というのも、ハローワークに求人を掲載するのは、「求人広告費を割けない」企業がほとんどです。求人広告に費用を出せる会社、つまり資金にゆとりがある会社は、よりよい人材を発掘するためハローワークはあまり利用されません。

また、まだまだ転職は考え中で、実行に移すかどうかわからない状態では利用できません。利用してもよいのですが、ハローワークは「就職するための支援」を行う場所ですので、「今の仕事は、やめたほうがいいでしょうか?」という相談をする場所ではないということを覚えておきましょう。

転職するかどうかわからないけれど、求人票だけはチェックしたい場合には、ハローワークのwebサイトで情報をチェックするか、求人サイトを利用することをおすすめします。

   

ハローワークで転職する流れとは

実際にハローワークではどのような流れで転職活動をするのでしょうか。その具体的な方法について紹介します。

登録

まずはハローワークで登録を行い、求職申し込みができる状態にしておきましょう。この手続は最寄りのハローワークで行ってください。

求職申込書には、就職についての条件を記入していきます。希望の職種や賃金、通勤、休日といった細かい条件を書き込んでいきましょう。

細かくすればするほどマッチングの精度が上がりますが、見つかる企業が少なくなる点にご注意を。より多くの企業に面接したい場合には、あまり条件を設定しすぎないようにしましょう。

求職申し込みが受理されると、職員からハローワークカードが手渡されます。転職相談や求人紹介に利用するものですので、ハローワークに訪れる際は毎回持っておく必要があります。

※求職申し込みには有効期限があり、原則として受理された日の翌々月の末日までとなります。

職業相談

窓口にて職業相談をすることができます。転職についての様々な悩み、不安について相談できますので、転職活動に行き詰まった際に、有効に活用しましょう。

どのような仕事が自分には向いているのか、転職活動の具体的な方法がわからない、書類の書き方や面接に自信がないといった相談も受け付けていますので、気軽に相談してみてください。

また、求人票をみて求人内容に疑問がある時なども、すぐに職員に疑問点を解消してもらいましょう。求人票に関する疑問については、求人を出している企業にその場で電話連絡にて確認してくれることもあります。

求人探し

ハローワークでは、パソコン端末での求人探し以外にも、求人票の掲示、最新求人票のコピーを綴ったファイルの閲覧等も可能です。

気になる求人が見つかったら、すぐに職員に面接できないか訪ねてみましょう。すぐに採用試験をセッティングしてくれます。

紹介

ハローワークを通すと、ハローワークの紹介状を渡されます。面接の際には紹介状を持参する必要がありますので、忘れずに持っておきましょう。

さらに、求人票に記載されてある資格は持っていないけれど、どうしても気になるからここに応募したい、という要求にも最大限応えてくれます。資格や経験はないけれど試したい職場があるときも気軽に職員へ相談してみましょう。その企業へかけあってくれます。

面接

ここまで来たらいよいよ面接です。先程も触れましたが、面接時には忘れずに紹介状をもっていきましょう。面接の流れは一般的なものと変わりません。

面接や書類作成に不安がある方は、ハローワークの各種セミナーを受講してみましょう。参加無料ですので、受講して損はないはずです。

   

ハローワークで条件の合う求人に出会うためには

ハローワークには多くの求人が集まるため、良い求人を探すのには少し苦労するかもしれません。少しでもいい条件の求人に出会うために、次のような点に注意してみましょう。

募集が頻繁、長くかかっているものは避ける

「この求人、いつみてもあるなぁ」という求人は要注意です。採用しても長続きせず、人材が常に不足している企業である可能性があります。つまり仕事や職場、待遇に問題のある求人である可能性が高いのです。

ハローワークに数ヶ月通っている間、ずっと同じ求人が出ている企業も要注意。優良企業ならばすぐに人が決まるはずです。人が応募しない、採用されない理由がどこかにあると考えていいでしょう。

条件は相談員や面接時に再度確認

ハローワークの求人は実際と内容が違うことがあると先程お話しましたが、このミスマッチをなくすために「応募前に条件を再度相談員に確認する」「面接時に企業に確認する

」必要があります。

「この求人ってどうですか?」とハローワークの職員に聞くと、「結構きつい仕事ですよ」「残業もそれなりにあります」といった情報も教えてもらえます。

給与や待遇については面接時に再確認しましょう。試用期間中のこと、ボーナスの支給はいつからかなど、聞きにくいこともありますが事前に確認しておけばミスマッチを防ぐことができるでしょう。

企業の情報を調べる

ハローワークにある情報ばかりを見ず、企業の情報を自分で調べてみましょう。地元企業に応募する場合には、地元の口コミを集めてみるのも手です。「あそこの会社どうかな?」と周囲に聞けば、さまざまな情報を得られるでしょう。

ネットから評判や企業概要を調べるのもおすすめです。小さい企業だとネットに情報が掲載されていないこともありますが、SNSなどで検索してみると意外な情報をキャッチできたりします。

転職活動を成功させるポイントは、過剰なまでの情報収集といえるかもしれません。『表向きの情報を鵜呑みにして、良い企業との出会いを逃してしまった…』なんてことがないよう、きになる求人を見つけたら納得できるまで情報を収集してください。

   

ハローワークを転職活動にフル活用!

ハローワークは公的な機関ですから、さまざまなサービスを無料で利用できます。各種セミナーも無料で受講できますので、転職活動にフル活用しましょう。

「でもハローワークってちょっと面倒そう」「結局最後は一人で就活しなきゃいけないんでしょ?」と思う方は、私たちジェイックに相談してみてください。

ジェイックは第二新卒向けに10年以上就職支援を行っており、就職成功率は80.3%、就職した会社へ定着できた割合は、実に94.3%です。

20代の転職を応援する弊社サービスを活用することで、転職活動が一気に効率化します。なるべく早く転職活動を終えたい方、一日でも早く良い企業に出会いたい方は弊社までお問い合わせください。

 
ジェイックのサービスについて

<< 就職成功率80.3% >>
ジェイックのサービスを詳しく知りたい方はこちら

 

カンタン
無料

就職希望地 必須
氏名 必須
フリガナ 必須
生年月日 必須
お住まいの都道府県 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須

※携帯へのメールが受信できない方はPCアドレスをご入力ください。

現在のご状況 必須

【サービス利用規約】

当規約は、株式会社ジェイックの就職・転職支援サービスへの申し込み、及び利用についての注意事項などが定めてあります。 就職・転職支援サービスのご利用にあたっては、下記についてご承諾の上でお申し込みいただきますようお願いいたします。

【就職・転職支援サービスの範囲】
就職・転職支援サービスとは、株式会社ジェイックが提供する、セミナー、コンサルティング、求人情報、および当サイトに付随する機能を指します。 (以下、本サービスという) また本サービスを提供するにあたり、利用者に対しe-mail、郵便、電話等によって各種連絡を行います。 また、就職・転職支援サービスにご登録頂いた方には、弊社が発行する「就職・転職に役立つ情報」をメールマガジンや郵送にて、 随時ご案内させて頂いております。

【利用の申し込み、申し込みの審査】
サービス利用の申し込みについては、当サイト内での案内、および所定の方法に沿って、利用者本人が申し込みを行うものとします。 所定の審査により、本サービスの利用が不適当と判断した場合には、その申込みを拒否することができるものとし、 また判断に対する質問等への回答の義務は負いません。

【申し込み内容の変更、削除、サービス利用の中止】
申し込み時の個人情報、及び付随する内容について変更が生じた場合には、速やかにその旨ご連絡ください。 また理由の如何を問わず、申込者本人からの申し出によってサービス利用の中止、及び申し込みの取り消し(削除)を行うことができます。

【個人情報の取り扱い】
個人情報の収集と利用目的 1)説明会やセミナーをご利用頂くための個人を識別します。 2)お申込みいただいた資料をご提供します。 3)お問い合わせの内容に関して、必要事項をご連絡します。 4)メルマガにて企業情報、その他の情報をご提供します。 5)プレゼント(アンケートに付随するものを含む)サービスを提供するための個人を識別します。 6)ジェイックが提供するサービスの向上を目的としたご登録者のユーザプロファイルの集計とその結果を分析します。 (※この際には、集計結果の統計情報のみの利用となりますので、個人を特定のできるデータを第三者機関へ公表することは一切ございません。)

第三者に対する個人情報の提供について ・ご本人から事前の明示的な同意・承諾があった場合 ・法令などにより開示が要求された場合

お預かりした個人情報は、円滑なサービスを提供するために一定の個人情報管理基準を満たした企業に預託する場合があります。 個人情報の提供はあくまで任意のものですが、情報を提供いただけなかった場合は、当社が提供するサービスがご利用になれないことがあります。 個人情報の開示・訂正・削除について ご本人から個人情報の開示・訂正・削除等の要請があった場合は、所定の手続きを経て速やかに対応いたします。下記までご連絡下さい。

当社の個人情報の管理者及び連絡先 株式会社ジェイック  管理部 谷中 拓生 TEL:03-5282-7600 FAX:03-5282-7607 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル 7階

【サービス内容の変更、一時停止】
以下のいずれかに該当する事由が発生した場合、利用者への事前の通知をすることなく、本サービス内容の変更、または一時停止をおこなう場合があります。

本サービスのためのシステム(以下、システム)の定期保守、更新ならびに緊急の場合。 通常講ずるべき対策では防止できない突発的なシステムの故障、被害、火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供が困難な場合。 その他、不測の事態により本サービスの提供が困難と判断した場合。

【サービスの中止、終了】
1ヶ月以上の猶予を持って利用者に告知することにより、その理由の如何を問わず本サービスを中止、または終了する場合があります。

【利用者の禁止事項】
本サービスの利用者は、利用の申し込み及びその後の利用において以下の行為を行わないものとします。

申し込みの際や、その後の変更事項として虚偽の情報を登録、または申告する行為。 他の利用者、または第三者の著作権、商標権、肖像権、その他知的所有権等の権利や、財産、名誉、プライバシーを侵害する行為。 本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版、その他私的利用の範囲を超えて使用する行為。 本サービスを利用しての営利目的の情報提供活動行為および営業活動行為。 本サービスの運営を妨げる行為、または株式会社ジェイックの信用を毀損し、もしくは財産を侵害する行為。

【利用者の除名】
株式会社ジェイックは、本サービス利用者が利用者の禁止事項に違反したと判断した場合、 またはその他の事由により不適切と判断した場合に利用者を除名することができます。

【免責事項】
本サービスの利用は申込者自身の責任において行うものとし、本サービスを利用することによって生じた損害について、 株式会社ジェイックは責任を負いかねます。

【知的財産権の取扱い】
本サービスに関する知的財産権・著作権などの権利は株式会社ジェイックまたはその情報提供者に帰属します。

【本規約の改定】
株式会社ジェイックは、利用者の承諾を得ることなく本規約を改定する場合があります。

プライバシーマーク 10861257(04)

株式会社ジェイックは
プライバシーマークを取得しています。

プライバシーポリシーについて

経歴別お役立ち情報

  • 既卒の就活

    既卒について

    既卒とは大学や大学院、短大や専門学校を卒業後の1~3年間程度、正社員としての社会経験が無い就職活動中の方を指します。

    続きはこちら

  • 第二新卒の就活

    第二新卒について

    高校・専門学校・短大・大学などの学校を卒業(もしくは中退)して就職後、2~3年で離職し、再就職を希望している方を指します。

    続きはこちら

  • 大学中退の就活

    大学中退について

    大学中退を経て、正社員での就職を考えるとき、就職活動はどのように行うべきでしょうか?

    続きはこちら

  • フリーターの就活

    フリーターについて

    フリーターの就活に特化した情報を配信するカテゴリです。就職支援のジェイックが培ってきたノウハウも公開しています。

    続きはこちら

  • 新卒の就活

    新卒について

    新卒の就職活動に役立つ情報を配信するカテゴリです。

    続きはこちら

  • ニートの就活

    ニートについて

    ニートになった方々の事情は千差万別。いざ本気でニートを脱出しようとしたとき、どんな支援が受けられるのでしょうか。知っておいて損はありません。

    続きはこちら

  • 就活ガイドの就活

    就活ガイドについて

    ここでは履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策など就活に役立つ情報を提供します。

    続きはこちら

電話でのお問い合わせ

  • 東京 0120-417-604
  • 横浜 0120-458-773
  • 名古屋 0120-936-566
  • 大阪 0120-992-849
  • 福岡 092-452-7636
女子カレッジ直通 03-6911-4780
フリーダイヤル
平日9:00~18:00 土日・祝休み
※福岡と女子カレッジは通常ダイヤルです。

お電話でのお問い合わせ

ご質問やご相談、
不安なことがありましたらお気軽にご相談ください!