自分に向いてる仕事・社風・職業を発見!無料の適職診断&就職カウンセリングを活用しよう

自分に向いてる仕事・社風・職業を発見!完全無料の適職診断&就職カウンセリングを活用しよう

就職活動をしていると、自分に向いてる仕事が知りたくて就活サイトで適職診断や職業などを受けたこともあるでしょう。

しかし、せっかく診断やテストを受けても、その診断結果を就職活動に上手く活かせず、就職活動に苦戦してしまう人も少なくありません。

今回は、自分に向いてる仕事が分からない人や、就職活動に苦戦中の人へおすすめしたい、私たちの就職支援サービスである適職診断や、自己分析のやり方などのお役立ち情報について紹介します。

この記事を書いている私たち株式会社ジェイックは、第二新卒や既卒、フリーター向けの就職支援サービスを10年以上行っており、利用者の80.3%が就職に成功しています。

今回おすすめするサービスでは、以下のようなことが分かり、向いてる仕事へ就職する可能性を高めることが出来ます。

  • 自分が仕事で発揮できる長所やセンス
  • あなたに合う会社の社風や価値観
  • 自分に向いてる仕事のスタイル

自分に向いてる仕事や社風、職業が分からないまま、就職活動や転職活動をしている人には特にピッタリな就職支援サービスですので、自己分析に不安があるなら、下のボタンから申し込んでください。

 

 

なお、大学在学中の新卒向けには、新卒専門の適職診断&就職サイトもご案内しています。

新卒の学生専門の就活カウンセラーも多数在籍していて、無料で利用できますのでまずはお気軽に登録してみてください。

 

 

目次

向いてる仕事が見つかる無料適職診断Future Finderをリリース

無料適職診断Future Finder

ジェイックでは、向いてる仕事・職業を知るために心理的・内面部分も分析する適職診断 Future Finderを新たにリリースしました。

Future Finderは、年間10万人程度の方々にご利用頂いてきた診断ツール「JATS」を改良した適職診断で、自分に向いてる仕事を見つけたい方に、特におすすめしたいサービスです。

【無料適職診断JATS】

無料適職診断JATS

診断の開発には、大学で心理学を研究する教授や、大手企業で長年人事責任者を歴任された方なども参画しています。

診断エンジンは、企業に対し有料で提供されているものを活用。就職・転職活動中の皆様へは無料で診断結果を提供できるようにしました!

 

 

向いてる仕事を見つけるために知るべきこと

無料適職診断JATS

自分に向いてる仕事・社風・職業を、心理学的な根拠を基に知ることが出来るのが、無料の適職診断「Future Finder」です。

151個の質問に答えることで、向いてる仕事を見つけるために重要な情報である、以下の項目を明らかにすることが出来ます。

  • 自分が仕事で発揮できる長所やセンス
  • あなたに合う会社の社風や組織風土
  • 自分に向いてる仕事のスタイル

「151個の質問」と書くと多いように見えますが、全て選択式の質問なので、所要時間は15分程で、気軽に受験することが出来ます。

適職診断の回答画面

診断結果ですが、文章による詳しい説明があるものの、下の画像のようにグラフや図を用いながら、見やすく&わかりやすく向いてる仕事や社風を解説していきます。

適職診断Future Finderの診断結果

適職診断を用いた自己分析で、書類や面接のパフォーマンスが高まる!

適職診断を用いた自己分析で、書類や面接のパフォーマンスを高める

一般財団法人雇用開発センターの『2017年卒大学生就職活動調査』によると、就活後に「もっと取り組めばよかったこと」の1位は「自己分析」です。

34.9%、3人に1人以上が、「もっと自己分析を深くしておけばよかった」と後悔していることになります。自己分析で、向いてる仕事やマッチする社風についてもっと考えておけば、よりストレスのない社会人生活を過ごせていたかもしれません。
参考:https://www.earc.or.jp/release/img/enquete20_houkokusho.pdf

このように多くの就活生が苦戦している自己分析を、簡単に分かりやすく行えるのが適職診断です。

適職診断は、向いてる仕事だけでなく、自分だけでは分からない強みや特徴にも気付くことが出来ます。

「自己PRで何を話せば良いか分からない」「良い志望動機が分からない」という悩みを持つ就活生や、「転職活動でアピールするポイントが分からない」という20代前半の転職者には特にピッタリです。

次からは、適職診断を受けることで分かる、向いてる仕事探しに必要な「仕事で発揮できる長所」「あなたに合う社風」「向いてる仕事のスタイル」の詳細について、1つずつ解説していきます。

 

 

あなたが仕事で発揮できる強みやセンス

適職診断Future Finderで表示されたビジネス特性

あなたが仕事をする中で、どんな長所を発揮できるのか?どんなビジネスのセンスを持っているのか?を知ることで、どんな強みが必要な仕事が向いているかが見えてきます。

例えば「用意周到さ」という長所が適職診断の結果に出たなら、万全な準備や計画性を求められる仕事が、向いてる仕事の可能性が高いです。

他にも、「フットワーク」というビジネスセンスが長けているならば、行動力が大事な要素である仕事が向いてるでしょう。

仕事で発揮できる長所やセンスの結果を活かせるのは、特に自己PRです。

例えば、今までのアルバイトや学生生活を振り返って、診断結果で出た自分の強みやセンスを発揮できた経験はありませんか?

その経験が、社会人になって仕事でどのように活かせるか?を話すだけでも、自分がその仕事に向いてると伝えられる、立派な自己PRになります。

もしあなたに正社員経験がある転職であれば、より簡単に自己PRを作成できます。今までの仕事で上手くいった場面と、診断結果を照らし合わせてみましょう。

あなたに合った会社の社風や組織風土

あなたに合った会社の社風や組織風土が分かる

どんな職業に就くか、向いてる仕事は何か?も重要ですが、「会社の社風や組織風土が、あなたの価値観と合うかどうか?」は、仕事を続けていく中でも非常に重要な要素です。

仕事内容がどれだけ魅力的でも、会社とあなたの価値観が合わなければ、向いてる仕事に就けたとは言いづらいでしょう。

例えば、チームプレーの仕事をしていきたい(チームプレーの仕事が向いてる)人が、個人成績を大事にする会社に入社するとします。

このように自分の価値観と大きくずれた会社に入ると、成果が出ないだけではなく、価値観の違いによって仕事をすることそのものが辛くなってしまいます。チームプレーを大事にする彼にとっては、向いてる仕事ではありませんでした。

転職を経験した人がよく実感されるのは、社風や価値観がマッチしていることが、向いてる仕事の条件になるということです。

あなたに向いてる仕事&合った職場で、ストレスなく活き活きと仕事をするためにも、適職診断を使って「社風は自分の価値観と合っているか?」という視点でも企業を選んでみましょう。

あなたに向いてる仕事のスタイル

あなたに向いてる仕事のスタイルが分かる

近年、働き方は多様化してきているので、就職or転職する会社によっては真逆の働き方をすることもあります。あなたと友人で、向いてる仕事のスタイルは全く異なる可能性もあるでしょう。

社風と同様に、自分に合った仕事のスタイルを知っておくことは、自分に向いてる仕事に就くための重要な要素です。

例えば、「計画を重視し、目的達成に向けて計画通り進める」ような仕事のスタイルもありますし、「臨機応変に対応して、目標達成に向けて時には計画から外れることもある」仕事のスタイルもあります。

どのスタイルの仕事が向いてるかは人それぞれです。

自分の強みや価値観に合った会社で仕事をするためにも、適職診断を通して「自分はどんな仕事のスタイルが向いてるのか」を自覚しておきましょう。

 

 

就職カウンセリングで就職成功率を高めよう

就職カウンセリングで就職成功

ここまでは無料の適職診断Future Finderで、自分に向いてる仕事を見つけられることについて解説してきました。

ここからは、自分に向いてる仕事を見つけるだけではなく、実際に就職したい人向けに、ジェイックの就職カウンセリングについて紹介します。

ジェイックでは、適職診断の結果を元に、「具体的にどんな会社や仕事があなたに合うか」「向いてる仕事に就くために、どんな就職活動をするか」等を決めていく就職カウンセリングも無料で実施しています。

診断とカウンセリングの両方を行うのには、理由があります。

適職診断を受けて「自分の向いてる仕事は●●で、▲▲な社風・職業が合うんだな」とぼんやり知るだけでは、診断結果を就職や転職に役立てることはできないからです。

重要なのは、適職診断で分かったことを就活や転職活動の場面で実際に活用することです。

診断結果を元に、どんな企業研究や自己PRをするのかを考えて、実際に履歴書に書いたり面接で話したりすることが、適職診断の仕上げになり、向いてる仕事に就くことができます。

適職診断の結果を就職活動に活かすことができたら、書類選考も面接も、合格率が跳ね上がることでしょう。

とはいっても、一人で就職活動をしていたら、「就職・転職活動に活かそう!と言われても、具体的に何をしたら良いの・・・?」と途方に暮れるも多いです。また、就職活動を通して、以下のような悩みを持つ方も多いです。

  • 就職活動は何から始めたら良いのか分からない
  • 適職診断を受けて向いてる仕事がわかっても、結果の活かし方は分からない
  • 書類選考や面接が通らない

これらの悩みを解決し、就職活動を成功してもらうためにも、診断結果を活かして実際にアクションしてみることをおすすめしていますし、ジェイックでも診断結果を活かしたカウンセリングを実施しているのです。

 

なお、大学在学中の新卒向けには、新卒専門の適職診断&就職サイトもご案内しています。

新卒の学生専門の就活カウンセラーも多数在籍しており、無料で利用できますので、まずはお気軽に登録してみてください。

 

適職診断で自分に向いてる仕事や強みを知るだけでなく、診断結果を見ながら、あなた専任の就職カウンセラーから具体的なアドバイスを貰うこともできます。

フリーターや第二新卒の就職・転職活動は、早めに行動することがキモです。

実際、正社員でない期間が長ければ長いほど、正社員に就職・転職しにくいというデータも出ています。
参考:労働政策研究・研修機構、ユースフル労働統計
http://www.jil.go.jp/institute/reports/2012/documents/0148.pdf

就職はしたいけど、具体的にどう進めたら良いのか悩んでいたら、就活の情報収集も兼ねて、私たちジェイックに相談してみてください。

もちろん、就職カウンセリングも適職診断も完全無料ですので、下のボタンから就職カウンセリングに申し込んで下さい。

 

 

自分で気軽に性格や向いてる仕事を診断!ホランド理論

ここまで、ジェイックの就職支援サービスを利用した向いてる仕事の見つけ方を紹介してきました。

ここからはお役立ち情報として、自分の性格の特徴を知り、自分に向いてる仕事を見つけられる、気軽に出来る診断を紹介します。

自分のタイプや向いてる仕事を診断してみる

まずは、以下の性格に対して、当てはまると思ったものにチェックを入れてください。また、どのタイプに一番チェックを付けたかを数えておいてください。

Rタイプ

Iタイプ

Aタイプ

Sタイプ

Eタイプ

Cタイプ

ホランド理論で性格を数値化して向いてる仕事を推測!

ホランド理論では、あなたの性格の特徴や、それぞれの特徴に向いた職種群を6つのパターンに分類しています。先程のタイプ別にいくつチェックがついているか数えてみてください。

一番チェックのついているタイプが、あなたの性格パターンです。タイプ別に、6つの性格、職種群のパターンや特徴、向いてる仕事をまとめてあるので参考にしてみてください。

Rタイプ
Iタイプ

Aタイプ
Sタイプ

Eタイプ
Cタイプ

あなたの性格や、向いてる仕事はどれだったでしょうか?

もし、もっと具体的かつ本格的に自分の性格特性や向いてる仕事を考えたい場合は、私たちに相談してみてください。

 

 

自分でも自己分析をしてみたい人向け!向いてる仕事の探し方

診断以外の方法で、1人で自己分析がしたい方向けに、どう考えたら自分の向いてる仕事に出会えるかの考え方を紹介します。

知っている職種や仕事の幅を増やす

あなたが向いてる仕事が何であっても、何をする仕事なのかをあなたが理解している必要があります。

よく知らない仕事を紹介されて「あなたに向いていますよ!」と紹介されたとしても、仕事のイメージがわかなければ就職活動のやる気が出ないためです。

就職・転職活動が上手くいかずに悩んでいる人のほとんどは、面接が苦手なことや、経歴が原因だと思いがちです。

面接や経歴も原因であることには変わりませんが、加えて「情報収集不足」が原因であることも多いのです。

自分の将来の可能性を広げるためにも、SNSなども含めたあらゆる方法を用いて、できるだけ多く世の中に存在している仕事を知ることが、向いてる仕事に出会うための一歩になります。

得意なことを仕事にする

向いてる仕事を探す際の視点として、「自分の好きなこと」ではなく、「自分の得意なこと、成果を出せること」を仕事にするという選び方もあります。

確かに、好きなことを仕事にすることで毎日の仕事時間を楽しく過ごせるかもしれません。しかし、仕事において大事なことは「成果を出すこと」です。

好きなことを仕事にすることで成果を出せるのが理想的ですが、両立が出来ない場合は「得意なこと」が、向いてる仕事である場合が多いです。

例え自分にとって好きになれないことでも、自分の想像以上に成果に現れた場合、それがあなたにとっての向いてる仕事だということも、往々にしてあります。

少ない労力しかかけていないのに「周囲の反応が良かったもの」は、更に頑張るほど評価がついて来るからです。その結果、もっと頑張ろうというモチベーションにつながっていきます。

無意識にしてしまうことから得意な事を見出す

「得意なことを仕事にしたら、勝手に向いてる仕事になる」という旨の意見には、よく「自分に得意なことなんてない・・・」と落ち込んでしまう方もいます。

しかし、得意な事や向いてること、才能というものは、自分では無意識に行ってしまう行動や思考の中に眠っていることも多いのです。

川で溺れている子供を見て、自分も川に飛び込み助けようとする人は、「自分自身の動きで、他者に貢献したい」という考え方が無意識にあり、自分でどんどん案件を取ってくる営業職が向いてる仕事かもしれません。

一方で、冷静にレスキュー隊に通報して、確実に子供が助かるように行動する人は、目的達成の為に最適な意思決定をするマーケティングの仕事が向いてるかもしれません。

上記はあくまでも例ですが、あなたが無意識に反応してしまうことは何か、改めて振り返ってみるのも、向いてる仕事探しに一役買うかもしれません。

家族や友達に相談

自分の長所や向いてることは、友達や知人、家族など第三者の方が客観的に理解していたりするものです。

家族や友達など、あなたをよく理解していそうな人に相談してみるのも、自分に向いてる仕事を知る一歩です。

向いてる仕事を見つけてくれるアドバイザーに相談

向いてる仕事を自分で考えたり家族に相談することも効果的ですが、向いてる仕事を見つけるプロである就職アドバイザーに相談するのもオススメです。

家族や友人への相談との大きな違いは、就職・転職のアドバイスのノウハウがあるか否かです。

就職アドバイザーは仕事として毎日、転職者や就活生のキャリアを考え、その人に向いてる仕事を一緒に探しているので、年間で100人以上にアドバイスをしていることも珍しくありません。

家族や友達はあなたのことをよく理解していますが、就職・転職の経験が何十回もあるわけではありませんし、アドバイスの経験も多いわけではありません。

プロの客観的意見を聞いて向いてる仕事を見つけたい場合は、就職アドバイザーに頼る選択肢も頭に入れておきましょう

私たちの就職支援サービスには、適職診断を受けずにまずは就職カウンセリングをするサービスもあります。「こんな些細なこと聞いてもいいのかな・・・」ということも、ためらわず相談してみてください。

社会のニーズを基準にする

「誰かに貢献している」「貢献できて嬉しい」とあなたが実感できる仕事があれば、それは向いてる仕事と言えるでしょう。

そのためには、社会的なニーズが高い仕事は何か?を考え、そこから向いてる仕事を考えてみましょう。

例えば、顧客と直接コミュニケーションを取る仕事は、AIや技術が発達しても人間の代わりにならないため、社会的ニーズが高いです。

逆に、毎日決まった仕事だけしていれば良い仕事は、真っ先に機械や外国人労働者に取って代られるため、すぐに仕事がなくなる可能性が高いです。

 

 

向いてる仕事の前に、やりたいことを見つける自己分析

向いてる仕事を見つけることも大事ですが、仕事として「やりたいこと」を自分の意見として持っておいた方が良い人もいます。

転職活動では少ないですが、未経験から就職しようとするときには、向いてる仕事よりも、やりたい仕事を考えることが多いかと思います。

前述したように、好きなことややりたいことを仕事にするよりも、得意なことを仕事にする視点が重要ではありますが、就職活動のモチベーションを上げる目的で、やりたいことを明確にすることも効果的です。

この章では、やりたいことを見つける自己分析方法を解説します。

今まで継続できたことを振り返る

イェール大学のレズネスキー教授が「仕事のモチベーション」について研究した結果分かったことは、大きく分けて2つです。

  • 仕事のモチベーションは、仕事の内容によって左右されるわけではない
  • その仕事の経験が長ければ長いほど、向いてる仕事と認識して、モチベーションは高まっていく

つまり、継続していればいるほど、その仕事や行動に対するモチベーションは高まっていき、「やりたいこと」になり、「向いてる仕事」になる可能性が高いということです。

今までのあなたは、どんな活動を継続してきましたか?継続してきた活動や、得てきた経験は、社会人生活で活かせそうでしょうか?

もしそのような事があれば、それがあなたの「やりたいこと」であるかもしれませんし、ビジネスに応用できることなら、そのまま「向いてる仕事」になるかもしれません。

やる気を感じる仕事の3原則

また、アメリカの作家であるダニエルピンクは、「やる気を本質的に感じさせる仕事は、次の3つの心理的欲求を満たしている」と述べています。
参考:https://diamond.jp/articles/-/156413

  • 自律性
  • 有能感
  • 関係性

自律性は「自分の労働時間を自分でコントロールしている、自分の行動は重要である」という感覚を持つことです

例えば、自分の仕事が、会社に許される範囲で自由に行えてかつ上司から褒められると、仕事へのやる気が増大する可能性が高いです。

有能感は、「仕事のスキルが上達している」という感覚です。

継続している活動は、趣味でも仕事でも上達していくものですので、継続⇒上達⇒継続…というサイクルを繰り返すことができます。

このことから、得意な事だったり継続していたりする事を基準に仕事を選ぶと、自然と向いてる仕事を選べるとも言えます。

関係性は、「他人と繋がっている」という感覚です。

職場の人と親しかったり、仕事をしたことによってお客様からお礼をしてもらえると、やる気も高まりやすいでしょう。

やりたい仕事の見つけ方については、以下の記事で詳しく解説しています。

▼やりたい仕事がない20代が適職を見つける自己分析

20代の就職支援を10年以上続けているジェイックの就職アドバイザーがオススメする自己分析を紹介しているので、やりたい仕事を見つけたい方はぜひ参考にしてみてください。

絶対にやりたくないことを決めて、選択肢を絞る

選択肢が多すぎると、人間は逆に何も選べないという研究結果がありますが、就職活動も同様です。

絶対にこれだけはやりたくない!向いてる仕事とは絶対に言えない!という基準を決めて、仕事の選択肢をある程度絞ることも有効です。

「肉体労働ではない」「手取りは17万円以上」などの条件面でも良いですし、「3年以内の離職率が●%で雰囲気が良い」などの社風面でも良いですが、客観的なデータや事実に基づいて判断できる基準にしましょう。

しかし、「毎日定時退社で、給与が高く、ノルマは無いし楽な仕事」など、ハードルを高くしすぎて選択肢が無くならないように注意しましょう。転職活動ではもちろん、未経験からの就職ではなかなかそのような条件の求人には出会えません。

 

 

 

 

向いてる仕事を見つけたら、まずは行動しよう

自分に向いてる仕事や社風、発揮できる強みといった適職診断の結果は、就職活動にしっかり活用しましょう。

履歴書や面接で受け答えする内容の根拠が客観的なデータだと、説得力が出てきて就職成功率が高まります。

診断結果の有効な活用方法が分からない場合は、ぜひジェイックに来て無料の就職カウンセリングを受けてみてください。

 

 

カンタン
無料

就職希望地 必須
氏名 必須
フリガナ 必須
生年月日 必須
お住まいの都道府県 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須

※携帯へのメールが受信できない方はPCアドレスをご入力ください。

現在のご状況 必須

【サービス利用規約】

当規約は、株式会社ジェイックの就職・転職支援サービスへの申し込み、及び利用についての注意事項などが定めてあります。 就職・転職支援サービスのご利用にあたっては、下記についてご承諾の上でお申し込みいただきますようお願いいたします。

【就職・転職支援サービスの範囲】
就職・転職支援サービスとは、株式会社ジェイックが提供する、セミナー、コンサルティング、求人情報、および当サイトに付随する機能を指します。 (以下、本サービスという) また本サービスを提供するにあたり、利用者に対しe-mail、郵便、電話等によって各種連絡を行います。 また、就職・転職支援サービスにご登録頂いた方には、弊社が発行する「就職・転職に役立つ情報」をメールマガジンや郵送にて、 随時ご案内させて頂いております。

【利用の申し込み、申し込みの審査】
サービス利用の申し込みについては、当サイト内での案内、および所定の方法に沿って、利用者本人が申し込みを行うものとします。 所定の審査により、本サービスの利用が不適当と判断した場合には、その申込みを拒否することができるものとし、 また判断に対する質問等への回答の義務は負いません。

【申し込み内容の変更、削除、サービス利用の中止】
申し込み時の個人情報、及び付随する内容について変更が生じた場合には、速やかにその旨ご連絡ください。 また理由の如何を問わず、申込者本人からの申し出によってサービス利用の中止、及び申し込みの取り消し(削除)を行うことができます。

【個人情報の取り扱い】
個人情報の収集と利用目的 1)説明会やセミナーをご利用頂くための個人を識別します。 2)お申込みいただいた資料をご提供します。 3)お問い合わせの内容に関して、必要事項をご連絡します。 4)メルマガにて企業情報、その他の情報をご提供します。 5)プレゼント(アンケートに付随するものを含む)サービスを提供するための個人を識別します。 6)ジェイックが提供するサービスの向上を目的としたご登録者のユーザプロファイルの集計とその結果を分析します。 (※この際には、集計結果の統計情報のみの利用となりますので、個人を特定のできるデータを第三者機関へ公表することは一切ございません。)

第三者に対する個人情報の提供について ・ご本人から事前の明示的な同意・承諾があった場合 ・法令などにより開示が要求された場合

お預かりした個人情報は、円滑なサービスを提供するために一定の個人情報管理基準を満たした企業に預託する場合があります。 個人情報の提供はあくまで任意のものですが、情報を提供いただけなかった場合は、当社が提供するサービスがご利用になれないことがあります。 個人情報の開示・訂正・削除について ご本人から個人情報の開示・訂正・削除等の要請があった場合は、所定の手続きを経て速やかに対応いたします。下記までご連絡下さい。

当社の個人情報の管理者及び連絡先 株式会社ジェイック  管理部 谷中 拓生 TEL:03-5282-7600 FAX:03-5282-7607 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル 7階

【サービス内容の変更、一時停止】
以下のいずれかに該当する事由が発生した場合、利用者への事前の通知をすることなく、本サービス内容の変更、または一時停止をおこなう場合があります。

本サービスのためのシステム(以下、システム)の定期保守、更新ならびに緊急の場合。 通常講ずるべき対策では防止できない突発的なシステムの故障、被害、火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供が困難な場合。 その他、不測の事態により本サービスの提供が困難と判断した場合。

【サービスの中止、終了】
1ヶ月以上の猶予を持って利用者に告知することにより、その理由の如何を問わず本サービスを中止、または終了する場合があります。

【利用者の禁止事項】
本サービスの利用者は、利用の申し込み及びその後の利用において以下の行為を行わないものとします。

申し込みの際や、その後の変更事項として虚偽の情報を登録、または申告する行為。 他の利用者、または第三者の著作権、商標権、肖像権、その他知的所有権等の権利や、財産、名誉、プライバシーを侵害する行為。 本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版、その他私的利用の範囲を超えて使用する行為。 本サービスを利用しての営利目的の情報提供活動行為および営業活動行為。 本サービスの運営を妨げる行為、または株式会社ジェイックの信用を毀損し、もしくは財産を侵害する行為。

【利用者の除名】
株式会社ジェイックは、本サービス利用者が利用者の禁止事項に違反したと判断した場合、 またはその他の事由により不適切と判断した場合に利用者を除名することができます。

【免責事項】
本サービスの利用は申込者自身の責任において行うものとし、本サービスを利用することによって生じた損害について、 株式会社ジェイックは責任を負いかねます。

【知的財産権の取扱い】
本サービスに関する知的財産権・著作権などの権利は株式会社ジェイックまたはその情報提供者に帰属します。

【本規約の改定】
株式会社ジェイックは、利用者の承諾を得ることなく本規約を改定する場合があります。

プライバシーマーク 10861257(04)

株式会社ジェイックは
プライバシーマークを取得しています。

プライバシーポリシーについて

経歴別お役立ち情報

  • 既卒の就活

    既卒について

    既卒とは大学や大学院、短大や専門学校を卒業後の1~3年間程度、正社員としての社会経験が無い就職活動中の方を指します。

    続きはこちら

  • 第二新卒の就活

    第二新卒について

    高校・専門学校・短大・大学などの学校を卒業(もしくは中退)して就職後、2~3年で離職し、再就職を希望している方を指します。

    続きはこちら

  • 大学中退の就活

    大学中退について

    大学中退を経て、正社員での就職を考えるとき、就職活動はどのように行うべきでしょうか?

    続きはこちら

  • フリーターの就活

    フリーターについて

    フリーターの就活に特化した情報を配信するカテゴリです。就職支援のジェイックが培ってきたノウハウも公開しています。

    続きはこちら

  • 新卒の就活

    新卒について

    新卒の就職活動に役立つ情報を配信するカテゴリです。

    続きはこちら

  • ニートの就活

    ニートについて

    ニートになった方々の事情は千差万別。いざ本気でニートを脱出しようとしたとき、どんな支援が受けられるのでしょうか。知っておいて損はありません。

    続きはこちら

  • 就活ガイドの就活

    就活ガイドについて

    ここでは履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策など就活に役立つ情報を提供します。

    続きはこちら

電話でのお問い合わせ

  • 東京 0120-417-604
  • 横浜 0120-458-773
  • 名古屋 0120-936-566
  • 大阪 0120-992-849
  • 福岡 092-452-7636
女子カレッジ直通 03-6911-4780
フリーダイヤル
平日9:00~18:00 土日・祝休み
※福岡と女子カレッジは通常ダイヤルです。

お電話でのお問い合わせ

ご質問やご相談、
不安なことがありましたらお気軽にご相談ください!