基本給とは給料とどこが違うの?正しく理解しないと損をする仕組みを解説!

基本給をもらうビジネスマン

仕事を探す際、給料がいくらでも構わない、という人はあまり多くないでしょう。ただし、示されている月々の給料だけを見て判断してしまうのは危険です。

その給料の金額は、色々な手当を含んだものであるかもしれません。ここでは、給料のうち「基本給」について詳しく解説していきますので、損をすることのないよう、正しい知識を身につけることに役立ててください。

 

目次

そもそも、基本給とはなに?

基本給とは、その名の通り基本となる給料のことです。

多くの人がイメージする月々支払われる給料の中には、通勤手当や役職手当、家族手当や住宅手当、残業手当、時間外手当などの各種手当、そして歩合給のように、業績に応じて支払われる給料などが含まれています。

基本給は、それらの手当や歩合給などを含まない、基本となる部分を指します。一般的には、基本給は年齢や勤続年数によって決められたり、職種や業務内容、技能などを元に決められたり、その基準は会社によって様々です。

残業手当や通勤手当のように、働いた時間やかかった金額によって支給額の異なる手当と違い、基本給は月によって変動することはありません。

基本給が20万円と決められていれば、毎月20万円は確実に支給されることになります。また、日給、週給、月給、年俸など、給料の形態は会社によって異なりますが、どの形態であっても手当を除く基本となる賃金は「基本給」ということです。

 

給料と基本給の違いは?

給料とは、色々な手当を含めた賃金のことで、支給される総額のことを言いますが、その中でも「基準内給与」と「基準外給与」とに分けられます。

基準内給与とは、所定の時間を働いたときに毎月一定の金額が支払われるもの、つまり基本給や諸手当(変動のない手当)を合わせたものです。

基準外給与とは、毎月変動する金額のこと、例えば残業手当や休日出勤手当、時間外手当などのことを言います。

基準内給与や基準外給与という言葉は、就業規則や給与規定などで使われることも多い言葉ですが、労働基準法やその他の法律で明確に定義されているわけではありません。

ただし一般的には、変動のない固定的な金額が基準内給与、毎月変動する金額を基準外給与と定めていることが多いです。

これらの言葉を使ってわかりやすく給料を定義すると、基本給、各種手当、基準外給与、の3つを合わせたもの、ということになります。

 

手取りってなに?

手取りというのは、会社から支払われる給料(額面上の総支給額)から社会保険料や税金を引いたものです。

総支給額というのが、先に定義した給料(基本給、各種手当、基準外給与)のことで、正社員で働く一般的なサラリーマンの場合、その金額のおよそ75~80%が手取りの金額となります。

では、具体的にどんなものが給料から引かれるのでしょうか。1年間決まった金額が天引きされるものと、その月の収入に応じて金額が変動するものとに分かれます。具体的には以下の通りです。

・健康保険料【1年間固定の金額が天引き】
保険料の負担は会社と半額ずつです。会社が加入している健康保険組合によって、負担する金額が変わります。

・介護保険料【1年間固定の金額が天引き】
40歳以上になると加入義務が生じます。

・厚生年金【1年間固定の金額が天引き】
会社が厚生年金を適用していれば、公的年金として加入します。将来の年金を受け取るための掛け金です。

・雇用保険料【1年間固定の金額が天引き】
会社の行っている事業によって保険料率が異なります。失業したときに、失業手当が受給可能です。

・住民税【1年間固定の金額が天引き】
前年の収入によって支払う金額が決まる、都道府県や市区町村に納める税金です。

・所得税【収入に応じて金額が変わる】
収入が多ければ天引きされる金額が増えます。たくさん残業や休日出勤をして手当の多かった月や、業績が良く歩合給の多かった月などは、引かれる所得税も増えるということです。

その他、会社によっては上記以外にも天引きされるものがあります。労働組合費や貯蓄制度、退職金の積立金など、会社独自のものです。

給料の総支給額からこれらを差し引いた金額が、手取りの収入ということになります。

月の給料(額面)を全て自由に使えるお金だと考えていると、受け取った給料の金額を見て総支給額との差に愕然とする、ということになりかねません。どんなものが天引きされるのか、予め知っておきましょう。

また、ジェイックの就職アドバイザーは、「一人暮らしをしたいけれど、どれくらいの手取りがあればいいか分からない」という相談をフリーターの方からしばしば受けます。

以下の記事では、フリーターの一人暮らしに関して詳しく解説していますので、フリーターの方は参考にしてみてください。
▼フリーターが一人暮らしするには月収いくら必要?家賃や貯金など、種類別に生活費を計算!

 

基本給が安いと、残業代にも影響が?

残業代は、「残業時間×1時間あたりの基礎賃金×割増率」という式で計算されます。この1時間当たりの基礎賃金というのが、残業代を計算するにあたり重要なのです。

では、1時間あたりの基礎賃金はどう求められるのでしょうか。労働基準法での基礎賃金は、基本給と一致するとは限りません。

基礎賃金は、給料から一部の手当やボーナスの金額を差し引いて計算されます。具体的には、以下の通りです。

  • ・1か月を超える期間ごとに支払われる賃金(ボーナス等)
  • ・通勤手当
  • ・家族手当
  • ・住宅手当
  • ・別居手当
  • ・子女教育手当
  • ・臨時に支払われた賃金

臨時に支払われた賃金とは、結婚手当や見舞金などのように臨時的、突発的事由に基づいて支払われたものです。

これによると、役職手当や資格手当などは差し引かれず、基礎賃金として扱われるということになります。

また、名目上は上記の手当になっていても、実態が伴っていなければ差し引かれず、基礎賃金に含まれるという点は注意が必要です。

残業代の計算について、基本給がどのように関わって来るのか、具体例を挙げて説明します。

1か月の給料が21万円
(内訳:基本給15万円、役職手当2万円、住宅手当3万円、通勤手当1万円)の場合

この場合、基本給と役職手当は基礎賃金から差し引かれないので、21万円-3万円-1万円=17万円が、1か月あたりの基礎賃金です。

そして、この17万円という基礎賃金を1か月あたりの所定労働時間で割ったものが、残業代の計算で使用される「1時間あたりの基礎賃金」になります。

仮に1日8時間労働、年間休日119日だとすると、1時間あたりの基礎賃金はおよそ1,000円です。

1か月の給料が21万円
(内訳:基本給20万円、通勤手当1万円)

この場合、1か月あたりの基礎賃金は21万円-1万円=20万円となります。同じく1日8時間労働、年間休日119日と仮定すると、1時間あたりの基礎賃金はおよそ1,200円です。

1か月の給料が21万円
(内訳:基本給15万円、固定残業代60時間分5万円、通勤手当1万円)
「固定残業代」は、実際の残業時間に関わらず60時間までは一律で5万円支払われる、というものです。

時間と金額が示されている場合には、固定残業代も基礎賃金から差し引かれます。

したがって、この場合の1か月あたりの基礎賃金は、21万円-5万円-1万円=15万円となります。同条件で計算すると、1時間あたりの基礎賃金はおよそ910円です。

このように、1か月あたりの給料が同じ21万円でも、その内訳によって1時間あたりの基礎賃金には違いが生じます。

時間外労働をした場合、この基礎賃金にさらに1.25をかけるわけですから、同じ時間の残業をしたとしても、最終的にもらえる残業代は内訳によって大きく異なるということです。

手当には、基礎賃金に含むものと含まないものがありますが、基本給は確実に基礎賃金に含まれます。

つまり、基本給が高ければ残業代の計算に使う基礎賃金も高くなり、もらえる残業代も高くなるということです。

 

基本給の安さは、ボーナスにも影響する?

ボーナスの計算も、基本給を元に行われます。会社によって様々な算出方法がありますが、元となるのは基本給です。そのことを理解していないと、大きな勘違いが生じる可能性があります。

たとえば、月の給料(額面)が25万円で、「ボーナスの支給実績、夏2か月分、冬3か月分」というような記載を見たときに、月の給料25万円の2か月分、3か月分をもらえるのかとイメージするかもしれません。

しかし、実はそうとは限らないのです。先に述べたように、給料のうち基本給を元に計算されるため、20万円の内訳が重要となります。

25万円のうち基本給が10万円
10万円×2か月分=20万円(夏のボーナス)、10万円×3か月分=30万円(冬のボーナス)

25万円のうち基本給が20万円
20万円×2か月分=40万円(夏のボーナス)、20万円×3か月分=60万円(冬のボーナス)

このように、同じ1か月分、2か月分であったとしても、大きな差が生じます。

逆に、ボーナス支給実績が低いように見えても、基本給で計算したらそうではないという可能性もあるということです。

例えば、同じ25万円の額面で、「ボーナス支給実績、夏1か月分、冬2か月分」という場合を例にします。

基本給が23万円であれば、23万円×1か月分=23万円(夏のボーナス)、23万円×2か月分=46万円(冬のボーナス)です。

支給実績が何か月分なのか、という点は低く見えますが、基本給が10万円であった場合の支給額に比べて、結果的にもらえる金額は大きくなっています。

月の給料の合計額や、何か月分なのかという見た目の数字に惑わされることなく、その内訳(特に基本給)や実際にもらえる金額を正しくイメージできるようにしてください。

 

基本給より手当が多いことはメリット?

月々にもらえる給料の金額が同じであるなら、その内訳は基本給が多い方が働く側にとってはメリットがあります。

述べてきたように残業代やボーナスの計算にも基本給が関係します。生涯賃金を考えると、月の給料は同じでも、基本給の割合が大きいのと小さいのではその差はかなり大きくなるため、基本給が高い方が有利です。

また、手当の場合は廃止や減額をすることが比較的容易です。例えば、各種手当や残業代、出張、休日出勤などで毎月の給料を上げているとすると、残業時間に制限を加えられたり、出張や休日出勤の回数を減らされたりした場合、給料も大幅に減ることになってしまいます。

役職手当や資格手当、家族手当、住宅手当などの各種手当も、会社の業績や考え方によって廃止される可能性があり、将来にわたって確実に支払われることが保障されているものではありません。

ただし、手当の中でも通勤手当にだけは非課税というメリットがあります。基本給には所得税やその他の税金がかかりますが、通勤手当についてはかからないため、手取り額が増えるのです。

しかし、手当の中でも非課税なのは通勤手当のみで、その上限も10万円と決まっています。

実際にかかった分しか通勤手当とすることはできないので、通勤手当の割合を意図的に増やして手取りを増やすこともできません。

そうすると、やはり総合的に判断して、手当の割合よりも基本給の割合が大きい方が、メリットがあると言えます。

 

一方的に下げることのできない基本給

基本給は、労働条件の不利益変更禁止の原則に基づいて、従業員の同意なく一方的には減額できないと定められ、とても守られています。

各種手当と違い、毎月必ず支払わなければならないものであり、簡単に減らすことはできません。

合理的な理由があり、個別に同意を得なければ減額することはできないので、基本給の減額を会社から言い渡された場合には、その理由や今後の収入への影響などを考慮して判断し、同意するようにしましょう。

万が一、不当に基本給が下げられることがあれば、未払い賃金の支払いを訴えることも可能です。

それだけ「基本給」は守られているので、総支給額が変わらないようにしながら基本給を低く設定し、手当の割合を増やすという会社も出てきます。

正しい知識がないと、途中で基本給を引き下げられたとしても、そのデメリットに気付けず知らない間に同意して不利益を被っている、ということになりかねません。

給料の内訳が変更となるときには、特に注意して内容を確認するようにしましょう。

 

就活時には、基本給を確認

就職活動や転職活動をする際、月の給料について無関心である人は少ないはずです。しかし、その内訳まで意識して確認している人は多くないかもしれません。

会社の案内や求人票に記載のある、見た目の金額だけで判断するのではなく、何に対してどれくらいの金額が支払われることになっているのか、入社を決める前に知っておく必要があります。

新卒として入社できる機会は一度だけですし、転職も短い期間に繰り返すことでマイナスの印象を抱かれるかもしれません。

いざ入社してみたら、思っていたのと違った、こんなはずではなかった、騙された、そんな気持ちになることのないよう、まずは正しい知識を身に付けましょう。

特に、給料の中の「基本給」の占める割合が重要であることは知っておいてください。色々な条件を正しく理解した上で、どの会社に入社するか判断することが大切です。

 
 
ジェイックのサービスについて

<< 就職成功率80.3% >>
ジェイックのサービスを詳しく知りたい方はこちら

カンタン
無料

就職希望地 必須
氏名 必須
フリガナ 必須
生年月日 必須
お住まいの都道府県 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須

※携帯へのメールが受信できない方はPCアドレスをご入力ください。

現在のご状況 必須

【サービス利用規約】

当規約は、株式会社ジェイックの就職・転職支援サービスへの申し込み、及び利用についての注意事項などが定めてあります。 就職・転職支援サービスのご利用にあたっては、下記についてご承諾の上でお申し込みいただきますようお願いいたします。

【就職・転職支援サービスの範囲】
就職・転職支援サービスとは、株式会社ジェイックが提供する、セミナー、コンサルティング、求人情報、および当サイトに付随する機能を指します。 (以下、本サービスという) また本サービスを提供するにあたり、利用者に対しe-mail、郵便、電話等によって各種連絡を行います。 また、就職・転職支援サービスにご登録頂いた方には、弊社が発行する「就職・転職に役立つ情報」をメールマガジンや郵送にて、 随時ご案内させて頂いております。

【利用の申し込み、申し込みの審査】
サービス利用の申し込みについては、当サイト内での案内、および所定の方法に沿って、利用者本人が申し込みを行うものとします。 所定の審査により、本サービスの利用が不適当と判断した場合には、その申込みを拒否することができるものとし、 また判断に対する質問等への回答の義務は負いません。

【申し込み内容の変更、削除、サービス利用の中止】
申し込み時の個人情報、及び付随する内容について変更が生じた場合には、速やかにその旨ご連絡ください。 また理由の如何を問わず、申込者本人からの申し出によってサービス利用の中止、及び申し込みの取り消し(削除)を行うことができます。

【個人情報の取り扱い】
個人情報の収集と利用目的 1)説明会やセミナーをご利用頂くための個人を識別します。 2)お申込みいただいた資料をご提供します。 3)お問い合わせの内容に関して、必要事項をご連絡します。 4)メルマガにて企業情報、その他の情報をご提供します。 5)プレゼント(アンケートに付随するものを含む)サービスを提供するための個人を識別します。 6)ジェイックが提供するサービスの向上を目的としたご登録者のユーザプロファイルの集計とその結果を分析します。 (※この際には、集計結果の統計情報のみの利用となりますので、個人を特定のできるデータを第三者機関へ公表することは一切ございません。)

第三者に対する個人情報の提供について ・ご本人から事前の明示的な同意・承諾があった場合 ・法令などにより開示が要求された場合

お預かりした個人情報は、円滑なサービスを提供するために一定の個人情報管理基準を満たした企業に預託する場合があります。 個人情報の提供はあくまで任意のものですが、情報を提供いただけなかった場合は、当社が提供するサービスがご利用になれないことがあります。 個人情報の開示・訂正・削除について ご本人から個人情報の開示・訂正・削除等の要請があった場合は、所定の手続きを経て速やかに対応いたします。下記までご連絡下さい。

当社の個人情報の管理者及び連絡先 株式会社ジェイック  管理部 谷中 拓生 TEL:03-5282-7600 FAX:03-5282-7607 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル 7階

【サービス内容の変更、一時停止】
以下のいずれかに該当する事由が発生した場合、利用者への事前の通知をすることなく、本サービス内容の変更、または一時停止をおこなう場合があります。

本サービスのためのシステム(以下、システム)の定期保守、更新ならびに緊急の場合。 通常講ずるべき対策では防止できない突発的なシステムの故障、被害、火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供が困難な場合。 その他、不測の事態により本サービスの提供が困難と判断した場合。

【サービスの中止、終了】
1ヶ月以上の猶予を持って利用者に告知することにより、その理由の如何を問わず本サービスを中止、または終了する場合があります。

【利用者の禁止事項】
本サービスの利用者は、利用の申し込み及びその後の利用において以下の行為を行わないものとします。

申し込みの際や、その後の変更事項として虚偽の情報を登録、または申告する行為。 他の利用者、または第三者の著作権、商標権、肖像権、その他知的所有権等の権利や、財産、名誉、プライバシーを侵害する行為。 本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版、その他私的利用の範囲を超えて使用する行為。 本サービスを利用しての営利目的の情報提供活動行為および営業活動行為。 本サービスの運営を妨げる行為、または株式会社ジェイックの信用を毀損し、もしくは財産を侵害する行為。

【利用者の除名】
株式会社ジェイックは、本サービス利用者が利用者の禁止事項に違反したと判断した場合、 またはその他の事由により不適切と判断した場合に利用者を除名することができます。

【免責事項】
本サービスの利用は申込者自身の責任において行うものとし、本サービスを利用することによって生じた損害について、 株式会社ジェイックは責任を負いかねます。

【知的財産権の取扱い】
本サービスに関する知的財産権・著作権などの権利は株式会社ジェイックまたはその情報提供者に帰属します。

【本規約の改定】
株式会社ジェイックは、利用者の承諾を得ることなく本規約を改定する場合があります。

プライバシーマーク 10861257(04)

株式会社ジェイックは
プライバシーマークを取得しています。

プライバシーポリシーについて

経歴別お役立ち情報

  • 既卒の就活

    既卒について

    既卒とは大学や大学院、短大や専門学校を卒業後の1~3年間程度、正社員としての社会経験が無い就職活動中の方を指します。

    続きはこちら

  • 第二新卒の就活

    第二新卒について

    高校・専門学校・短大・大学などの学校を卒業(もしくは中退)して就職後、2~3年で離職し、再就職を希望している方を指します。

    続きはこちら

  • 大学中退の就活

    大学中退について

    大学中退を経て、正社員での就職を考えるとき、就職活動はどのように行うべきでしょうか?

    続きはこちら

  • フリーターの就活

    フリーターについて

    フリーターの就活に特化した情報を配信するカテゴリです。就職支援のジェイックが培ってきたノウハウも公開しています。

    続きはこちら

  • 新卒の就活

    新卒について

    新卒の就職活動に役立つ情報を配信するカテゴリです。

    続きはこちら

  • ニートの就活

    ニートについて

    ニートになった方々の事情は千差万別。いざ本気でニートを脱出しようとしたとき、どんな支援が受けられるのでしょうか。知っておいて損はありません。

    続きはこちら

  • 就活ガイドの就活

    就活ガイドについて

    ここでは履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策など就活に役立つ情報を提供します。

    続きはこちら

電話でのお問い合わせ

  • 東京 0120-417-604
  • 横浜 0120-458-773
  • 名古屋 0120-936-566
  • 大阪 0120-992-849
  • 福岡 092-452-7636
女子カレッジ直通 03-6911-4780
フリーダイヤル
平日9:00~18:00 土日・祝休み
※福岡と女子カレッジは通常ダイヤルです。

お電話でのお問い合わせ

ご質問やご相談、
不安なことがありましたらお気軽にご相談ください!