履歴書の職歴への書き方は?アルバイト経験の活かし方を解説!

スーパーでアルバイトする人

履歴書の職歴欄の記載方法で躓いてしまうケースがあります。特にアルバイト経歴しか持っていない場合はどのように書いたら良いのか迷いやすく、そもそもアルバイトのことを中心に書いても良いのか判断に困ることもあるのではないでしょうか。履歴書の作成の仕方次第で印象は左右されてしまいますが、職歴欄の扱い方に関してはどのように考えていけば良いのか解説をしていきます。

 

目次

履歴書への学歴と職歴の書き方を解説

記入方法はそれぞれの立場によって変わってきます。例えばまだ卒業したばかりの新卒ならば職歴はないことが殆どですので、学歴を書いた後に職歴と書き、下に「なし」と記載します。

一方の転職者の場合は職歴を書かなければいけません。その際にはきちんと正式名称を記入するのが基本です。企業名や在籍していた部署名など、正しい表記で記載していきましょう。

なお、これから応募しようとする職種と関連性がある職歴を持つ場合は、業務内容について触れておくと目を引きやすくアピール情報として使えます。別紙で職務経歴書も作成することになるはずですから、履歴書ではそこまで具体的に触れる必要はありません。

退職をしている場合の書き方ですが、一身上の都合とするよりも具体的に明記した方が誤解を生みにくいです。理由をぼやかしてしまうと、「何か問題があって辞めたのではないか?」と勘繰られてしまいます。

退職理由についてはどの道、面接の際に口頭で尋ねられる可能性が高いため、履歴書で簡単にでも良いので説明をしておいた方が答えやすいと言えます。

退職はしておらず在職中のまま転職活動をしている場合は、現在勤めている会社名を記載した上で「現在に至る」と表記し、退職予定日が決まっているのならば「〇月〇日退職予定」と最後の行に書いておきましょう。最終行は右寄せで「以上」と記入して締めます。

 

アルバイト等で履歴書に書ききれないほどの職歴がある時は?

職歴が多い時の記入ですが、基本的には優先順位を踏まえて書いていきます。したがって優先度が高く見られる正社員の経験をはじめ、契約社員、派遣社員、アルバイト、パートという順番で記入していくと良いでしょう。

経歴が多くスペースが足りないのならば、入社と退社のみの情報を記載し、詳細においては「別紙の職務経歴書をご参照下さい」と誘導するのも良いでしょう。

もしアルバイトの経歴しか持っていないのならばそれを職歴欄に書くことも可能ですが、その際には在職期間が長いものを書くか、あるいは応募する職種に関連のありそうなアルバイト経歴を書くのが良いでしょう。関連があるということでプラス評価に見てくれる可能性があるからです。

積極的に関連性をアピールしたい場合は、特技の欄や自己PRの欄などを使ってアピールを展開していくこともできます。

例えば「アルバイトのこんな経験が役立つと考えています」など、過去の経験を踏まえて解説することで相手からの印象を掴める可能性があります。

また、積極的なアピール姿勢自体を評価してくれることにも期待が持てます。消極的に受け身でいるよりも、応募者自らがしっかりと自己分析を行い強みを売り込んで来てくれた方が、採用担当者も適切な判断をしやすいです。

 

履歴書の職歴欄に空白が多い場合はどうする?

履歴書において注意しなければいけないのが、空白箇所をできるだけ作らないようにすることです。自身の分身とも言える履歴書の空白が多いことで中身の薄さを感じさせると共に、やる気のなさとして受け取られてしまい兼ねません。

職歴の欄をはじめ、その他の記入欄においても空白を埋めることが大事ですので、正社員の経験がなくとも、これまでやってきたアルバイトがあるのなら積極的に記入をした方が良いでしょう。

もしもこれといったアルバイトの経歴もない場合は、資格取得や留学などについての旨を記載して埋めていくことも可能です。

何をしていた期間なのかを示すことが必要ですので、何らかの出来事に充てていた時間ならばその内容について記載していきます。

なお、職歴の記入の際に特に困りがちなのが、理由のないブランク期間がある場合です。説明のつかない期間があると履歴書を作りにくくなる上、面接の際にも気にされやすいために尋ねられる可能性が高いです。

その際には下手に虚偽の内容を書くことはせず、正直に答えるほかありません。ブランクで不利になりたくないからと嘘を記入すると、もしバレてしまった時にトラブルになる可能性をはらんでいます。

どうしても空白が埋まらない場合は、自己PRや志望動機でしっかりとアピールを行い巻き返すことが大切です。やる気があることが伝われば過去の経歴は不問で見てくれることもあります。

必ずしも経歴だけで判断をされるわけではなく、熱意採用がされるケースもあるため、他で挽回する姿勢を見せるようにしましょう。

 

そもそも就活用の履歴書にアルバイトの職歴を書いても良い?

アルバイトでの職歴を履歴書に書いても良いかどうかは、その時の状況を踏まえて判断します。仮に新卒の就活や、ずっと社会人でやってきた人が正社員に転職する際には、アルバイトの経験については職歴として書かない方が望ましいと言われています。

正社員の募集に応募する場合、正社員として培ってきた能力をチェックしますので、アルバイトの職歴を中心にすると履歴書の書き方を知らない人物として判断され兼ねません。

マイナスに映ってしまう可能性も否めませんので、状況によっては書かないことも必要と言えるでしょう。

それでももしアピール材料になり得ると判断したアルバイト経験があるならば、特技や自己PRの欄に記載することができます。必ずしも職歴の欄に記入しなければいけないことはなく、別の欄を上手く使ってアピールするのも履歴書の作成テクニックです。

 

履歴書にアルバイトの職歴を書いた方が良い時とは?

現在の職業がアルバイトや派遣社員などの場合は立場上、記入しても特に問題はありません。また一度は正社員として働いていたものの、都合でフリーターになり長く続けていた場合も記載して構いません。

他にも子育てが理由でアルバイトをしていた時も、ただのブランク期間としないためにも記載した方が印象は良いです。

なお、いずれのパターンでも短期間のアルバイト経験を記載するのはあまり良いことではありません。短期間で仕事を替えていると一箇所が続かない印象を与えてしまい兼ねず、特に正社員に応募する場合はハンデとして取られやすいです。

反対に長期的に働いてきた経験ならば、アルバイトの経歴だろうと印象が良くなることもあるため、マイナスにならない情報なら積極的に記入していくことができます。

アピール材料として使える経験の場合も積極的に記入した方が印象は良いでしょう。アルバイトの仕事内容は責任の割合が小さく高度な知識やスキルを必要としないために経験が役立ちにくいと考えられていますが、必ずしもそうとも限りません。

仕事内容次第では正社員の業務にも直結する能力が養われるため十分にアピール材料になり得ます。自身では過小評価をしていても、採用担当者からはしっかりと評価されることもあります。

意外な経験が魅力に捉えられるケースもありますので、積極的に経歴を示しておいて損はありません。

 

学生時代のアルバイトは履歴書にどう書く?

学生の時のアルバイトの経歴は積極的には記入する必要がない情報と言えます。新卒の時の仕事探しならまだしも、社会人の再就職の時などは注目される可能性が低いです。

責任のない経験を積んでいてもプラス材料にはなりにくく、採用担当者からしても特別に知りたいとは思われていないでしょう。

また、敢えて学生時代のアルバイトについて触れると、それ以外に記載することがない事情の表れとして捉えられます。強みのなさを感じさせるのはマイナスの印象になり兼ねず注意が必要です。

ただし、応募職種に近い要素があり活かせそうなことならば記載してアピールとすることも可能です。その際には特技の欄からアピールするか、あるいは自己PRの欄でアルバイト経験を絡めながら伝えるのも良いでしょう。

しかしその際にはあまり深く掘り下げて伝える必要はありません。あくまでも学生自体のアルバイトの経験は重視されない傾向がある情報ですので、一応は経験があると伝える程度の些細な内容に留めるようにしましょう。

 

アルバイトを掛け持ちしていた時は履歴書にどう書く?

掛け持ちでアルバイトをしていたのならば、それらを全て記載しても問題はありません。ただ週に1回程度や単発の経験に関しては記載する意味が殆どないです。ある程度の期間の経験ではないと評価の面ではプラスに作用しにくいです。

したがってできるだけ長く就いていたアルバイトを中心に紹介すると共に、一定の期間で区切ってまとめてしまい、その期間の中で複数の職場にいたことや経験があることを説明していくのも良いでしょう。

沢山のアルバイト経験があり履歴書にはまとめきれないようなら、別紙で整理してしまっても問題はありません。自身でテンプレートを作成して貼付書類とすることもできます。

そこではどんな経験がありどんな業務に当たってきたのか、身についたことやこれからの業務に活かせそうなことなどをまとめることで、培った経験をアピール材料と使えます。

ただ、あまり関連のない情報を書き連ねることにはならないように要注意です。様々な経験があるとアピールしたくなるかもしれませんが、基本的にアルバイトの経験は強みになりにくい上、経歴をダラダラと記載するとまとめる能力がないと見られやすいです。

そもそも履歴書及びその他の書類はそこまで時間を掛けてチェックしてくれることはありません。特に応募者多数の場合は軽く目を通して選考されてしまうため、まとまりのない内容とすることで却って不利になる恐れがあるのです。

提出書類は基本的に要点を押さえた分かりやすい内容にするのが基本ですので、単に情報量を多くすれば良いわけではないという点を理解しておくようにしましょう。

 

職歴欄にアルバイトの経歴はどう書く?

アルバイトの経歴を職歴欄で示したい場合の書き方ですが、必ず雇用形態について分かるように記載しなければいけません。

まるで正社員として働いていたかのように見せてしまうと誤解を生みますので、例えば会社名の後ろにアルバイトと記載するか、あるいはアルバイト入社と書くのも良いでしょう。

アルバイトの経歴しか持っていない場合は、「アルバイト履歴」と称してまとめて書いてしまうのも1つの手です。履歴書には正社員のことしか書いてはいけないルールはありませんので、工夫して作成していくことも可能です。

職歴部分に余裕がない場合は自己PR欄で触れる他、職務経歴書にアルバイトの経歴欄も作成し、そこでまとめて伝えるアイデアもあります。

正社員の経歴を書く時もそうですが、アルバイトの経歴においても業務に関しての情報を明記しておくと内容を把握してもらいやすいです。特に応募する職種と関連がある業務を経験しているのなら、その点を余すことなく記載することも心掛けた方が良いでしょう。

特筆すべき内容があるのならばそれも記載してアピールすることができます。例えばバイトリーダーとしての役割を担っていた経験や、正社員の仕事の一部を担当していたなど、それらの情報から感じてもらえる魅力もあるはずです。

 

アルバイト経歴をアピールに繋げる

アルバイトの職歴がメインの場合、書類選考や面接の際にはハンデになってしまうことがあります。正社員の募集では責任のある仕事を経験してきた人や、即戦力に足る能力を備えている人が求められますので、アルバイトの経験しか持っていないと不利になりやすいです。

しかしながら就職後に活かせるような経験に触れているようならば、必ずしも不利になるわけでもありません。たとえアルバイトの立場としてだけしか経験を積んでいなくとも、業務に通じる部分を見出し評価をしてくれることもあります。

企業の求める人物像や採用担当者からの印象というのは個々で様々ですので、時には良い方向に経験を捉えてくれることもあるのです。

また、学校を卒業したものの就職先が決まっていない人や第二新卒、大学を辞めたばかりの人、若者のフリーターなど、若年層の場合は経歴自体をそこまで重視せずに見てくれるケースもないわけではありません。

必ずしも経験が求められることばかりではなく、これからの伸びしろに期待をして採用に至ることも往々にしてあります。

したがって、アルバイト経験しかない、あるいはアルバイト自体もあまり経験がないという場合でも、取り立ててハンデに感じる必要はないと言えます。

ただ、採用の可否を判断してもらう以上、できる限りアピールすることも必要ですから、使えそうな材料を積極的に履歴書にも記入するようにし、そして分かりやすい内容とすることで好印象も持ってもらいやすくなるでしょう。

 
 
ジェイックのサービスについて

<< 就職成功率80.3% >>
ジェイックのサービスを詳しく知りたい方はこちら

  • twitter
  • カンタン
    無料

    コースを選択してください 必須

    興味をもたれた方は、無料説明会にご予約ください

    説明会
    内容
    ・既卒、フリーター、第二新卒、高卒に必要な“就活成功の3条件”

    ・自分にとって良い就職とは何か?がわかるワーク

    ・既卒や未経験が書類選考を通過しにくい理由

    ・どこが不利?どう対策すればよい?就職活動における新卒と既卒・中退の違い

    ・企業が採用で求める条件ベスト5

    ・普通は教えてくれない未経験者が採用されない理由ワースト5

    ・ジェイックの就職支援サービスの詳細
    費用
    説明会、個別就職相談ともに無料
    持ち物
    筆記用具(履歴書不要)、服装自由(スーツ、私服OK)

    女子カレッジの説明会について

    説明会
    内容
    ・企業が女性に期待するのは「共感力」「傾聴力」「安心感」
    ・意外に知らない「女性の社会進出」の現状
    ・「未経験OKの事務職」に就職できるのは、通常「5/947」
    ・優良企業に就職する人が80%超えの理由と秘訣。
    費用
    説明会、個別就職相談ともに無料
    持ち物
    筆記用具(履歴書不要)、服装自由(スーツ、私服OK)

    新卒カレッジの説明会について

    費用
    説明会、個別就職相談ともに無料
    持ち物
    筆記用具(履歴書不要)、服装自由(スーツ、私服OK)
    お近くの会場と日程
    を選択してください 必須
        氏名 必須
        フリガナ 必須
        性別 必須
        生年月日 必須
        お住まいの都道府県 必須
        電話番号 必須
        メールアドレス 必須

        ※携帯へのメールが受信できない方はPCアドレスをご入力ください。

        現在のご状況 必須

        【サービス利用規約】

        当規約は、株式会社ジェイックの就職・転職支援サービスへの申し込み、及び利用についての注意事項などが定めてあります。 就職・転職支援サービスのご利用にあたっては、下記についてご承諾の上でお申し込みいただきますようお願いいたします。

        【就職・転職支援サービスの範囲】
        就職・転職支援サービスとは、株式会社ジェイックが提供する、セミナー、コンサルティング、求人情報、および当サイトに付随する機能を指します。 (以下、本サービスという) また本サービスを提供するにあたり、利用者に対しe-mail、郵便、電話等によって各種連絡を行います。 また、就職・転職支援サービスにご登録頂いた方には、弊社が発行する「就職・転職に役立つ情報」をメールマガジンや郵送にて、 随時ご案内させて頂いております。

        【利用の申し込み、申し込みの審査】
        サービス利用の申し込みについては、当サイト内での案内、および所定の方法に沿って、利用者本人が申し込みを行うものとします。 所定の審査により、本サービスの利用が不適当と判断した場合には、その申込みを拒否することができるものとし、 また判断に対する質問等への回答の義務は負いません。

        【申し込み内容の変更、削除、サービス利用の中止】
        申し込み時の個人情報、及び付随する内容について変更が生じた場合には、速やかにその旨ご連絡ください。 また理由の如何を問わず、申込者本人からの申し出によってサービス利用の中止、及び申し込みの取り消し(削除)を行うことができます。

        【個人情報の取り扱い】
        個人情報の収集と利用目的 1)説明会やセミナーをご利用頂くための個人を識別します。 2)お申込みいただいた資料をご提供します。 3)お問い合わせの内容に関して、必要事項をご連絡します。 4)メルマガにて企業情報、その他の情報をご提供します。 5)プレゼント(アンケートに付随するものを含む)サービスを提供するための個人を識別します。 6)ジェイックが提供するサービスの向上を目的としたご登録者のユーザプロファイルの集計とその結果を分析します。 (※この際には、集計結果の統計情報のみの利用となりますので、個人を特定のできるデータを第三者機関へ公表することは一切ございません。)

        第三者に対する個人情報の提供について ・ご本人から事前の明示的な同意・承諾があった場合 ・法令などにより開示が要求された場合

        お預かりした個人情報は、円滑なサービスを提供するために一定の個人情報管理基準を満たした企業に預託する場合があります。 個人情報の提供はあくまで任意のものですが、情報を提供いただけなかった場合は、当社が提供するサービスがご利用になれないことがあります。 個人情報の開示・訂正・削除について ご本人から個人情報の開示・訂正・削除等の要請があった場合は、所定の手続きを経て速やかに対応いたします。下記までご連絡下さい。

        当社の個人情報の管理者及び連絡先 株式会社ジェイック  管理部 山本 太 TEL:03-5282-7581 FAX:03-5282-7607 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル 7階

        【サービス内容の変更、一時停止】
        以下のいずれかに該当する事由が発生した場合、利用者への事前の通知をすることなく、本サービス内容の変更、または一時停止をおこなう場合があります。

        本サービスのためのシステム(以下、システム)の定期保守、更新ならびに緊急の場合。 通常講ずるべき対策では防止できない突発的なシステムの故障、被害、火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供が困難な場合。 その他、不測の事態により本サービスの提供が困難と判断した場合。

        【サービスの中止、終了】
        1ヶ月以上の猶予を持って利用者に告知することにより、その理由の如何を問わず本サービスを中止、または終了する場合があります。

        【利用者の禁止事項】
        本サービスの利用者は、利用の申し込み及びその後の利用において以下の行為を行わないものとします。

        申し込みの際や、その後の変更事項として虚偽の情報を登録、または申告する行為。 他の利用者、または第三者の著作権、商標権、肖像権、その他知的所有権等の権利や、財産、名誉、プライバシーを侵害する行為。 本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版、その他私的利用の範囲を超えて使用する行為。 本サービスを利用しての営利目的の情報提供活動行為および営業活動行為。 本サービスの運営を妨げる行為、または株式会社ジェイックの信用を毀損し、もしくは財産を侵害する行為。

        【利用者の除名】
        株式会社ジェイックは、本サービス利用者が利用者の禁止事項に違反したと判断した場合、 またはその他の事由により不適切と判断した場合に利用者を除名することができます。

        【免責事項】
        本サービスの利用は申込者自身の責任において行うものとし、本サービスを利用することによって生じた損害について、 株式会社ジェイックは責任を負いかねます。

        【知的財産権の取扱い】
        本サービスに関する知的財産権・著作権などの権利は株式会社ジェイックまたはその情報提供者に帰属します。

        【本規約の改定】
        株式会社ジェイックは、利用者の承諾を得ることなく本規約を改定する場合があります。

        プライバシーマーク 10861257(04)

        株式会社ジェイックは
        プライバシーマークを取得しています。

        プライバシーポリシーについて

        経歴別お役立ち情報

        • 既卒の就活

          既卒について

          既卒とは大学や大学院、短大や専門学校を卒業後の1~3年間程度、正社員としての社会経験が無い就職活動中の方を指します。

          続きはこちら

        • 第二新卒の就活

          第二新卒について

          高校・専門学校・短大・大学などの学校を卒業(もしくは中退)して就職後、2~3年で離職し、再就職を希望している方を指します。

          続きはこちら

        • 大学中退の就活

          大学中退について

          大学中退を経て、正社員での就職を考えるとき、就職活動はどのように行うべきでしょうか?

          続きはこちら

        • フリーターの就活

          フリーターについて

          フリーターの就活に特化した情報を配信するカテゴリです。就職支援のジェイックが培ってきたノウハウも公開しています。

          続きはこちら

        • 新卒の就活

          新卒について

          新卒の就職活動に役立つ情報を配信するカテゴリです。

          続きはこちら

        • ニートの就活

          ニートについて

          ニートになった方々の事情は千差万別。いざ本気でニートを脱出しようとしたとき、どんな支援が受けられるのでしょうか。知っておいて損はありません。

          続きはこちら

        • 就活ガイドの就活

          就活ガイドについて

          ここでは履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策など就活に役立つ情報を提供します。

          続きはこちら

        電話でのお問い合わせ

        • 東京 0120-417-604
        • 横浜 0120-458-773
        • 名古屋 0120-936-566
        • 大阪 0120-992-849
        • 福岡 092-452-7636
        女子カレッジ直通 03-6911-4780
        フリーダイヤル
        平日9:00~19:00 土日・祝休み
        ※福岡と女子カレッジは通常ダイヤルです。

        お電話でのお問い合わせ

        ご質問やご相談、
        不安なことがありましたらお気軽にご相談ください!