意外と知らない?名刺交換の正しい仕方・マナー

business cards 1

日ごろ何気なく行っている名刺交換ですが、自分の名刺交換の仕方はマナーとして正しいだろうか?と、疑問や不安に思うことはありませんか? 正しい名刺交換の仕方は、社会人だからこそ抑えておきたい必須マナーといえます。
名刺交換の仕方について今一度、学び返すことで知識を得ることができます。
その知識は仕事をよりスマートにしてくれ、社会的にも認められることで出来る企業人としての称号を与えてくれるでしょう。

 

目次


「意外と知らない?名刺交換の正しい仕方と○つのマナー」<名刺を配る目的>
名刺とは
名刺を配る目的
名刺交換の意味
名刺交換、渡し方のマナー・受け取り方のマナー
名刺交換の順番
おわりに

名刺とは

business cards 2

一枚の名刺は宝石に例えると原石そのものです。原石は多方面から加工することによってその付加価値の付き方が違ってきます。何億、何十億、何兆と莫大な利益をもたらす可能性を秘めているアイテム、それが名刺です。

名刺には会社の名前、役職、自分の名前、勤務先住所、連絡先(会社の代表番号・FAX番号・メールアドレス)といった情報が記載されています。利益をもたらす可能性を秘めているからこそ名刺は企業人にとってなくてはならない必須アイテムの一つです。

名刺は自分がその会社に所属している人間であることを証明してくれる会社の身分証明書といえます。一枚の名刺により大まかに自分はどういう人物であるかを他人に知ってもらうことができます。いわば名刺はもう一人の自分であり、自分の分身でもありますので、取り扱いには十分注意する必要があります。

名刺を配る目的

名刺は自分と相手との連絡先交換のためだけに配っているわけでありません。では人はなぜ名刺を配るのでしょうか?仕事の新規開拓のため、仕事を円滑に進めるため、異業種交流のためなど、人によってその目的はさまざまです。 名刺は配る目的により名刺のもつ意味までもが違ったものになってしまいます。

目的は違ったとしても自分の身元を提示することにより、相手に自分を知ってもらうことができます。名刺をもらった人は、名刺に記載されている情報により安心感を得て、相手への信用度を増します。

名刺は広告塔

名刺は相手に渡すと必ず受け取ってもらえることから、一番手軽な方法で自分を宣伝してくれる重宝なものです。名刺交換は個人対個人で行うこともあり、自己アピール度は増します。

また名刺は文字での広告となるため、相手の視覚へダイレクトに情報が伝わります。視覚からの伝達は、口からの伝達と比較して信用性が高くなります。 経費面からしても一枚あたりの単価を安く抑えられますし、あらゆる面で最高の広告アイテムといえます。

   

名刺交換の意味

名刺交換する意味

名刺交換は初対面の人同士が行う初の共同作業です。初めて会った人に名刺を差し出し、一枚の名刺に記載されている情報から自分をアピールし知ってもらうことで、名刺はコミュニケーションの糸口をつけてくれます。たかが名刺、されど名刺ということです。

名刺交換により相手の情報を掴め、相手が信用できる人物であるかどうかを見極めることができ、お互いを確認し合うことができます。信用できる相手とのコミュニケーションはさらに深まって両者の関係性は、次なるステージへと進むことになります。

名刺交換は相手とのコミュニケーションの第一歩です。コミュニケーションステージがランクアップするごとにすそ野は広がり名刺交換の機会も並行して増えるものです。 お互いの関係性はさらに深まりそれと同時にお互いを信用する度合いも上がります。

名刺交換は人脈づくり

企業人の中でも特に営業職の方は一日に行う名刺交換の機会は数多くあります。 名刺交換でいただいた名刺はファイルにして大切に保管されていることでしょう。 企業人にとっていただいた名刺の数は、自分の仕事の実績に値するといえます。

いただいた名刺の数が増えるごとに会社から任される仕事内容のグレードはアップしているものです。その変化は上昇気流にのったプラスの変化をみせていきます。

名刺は一人歩きをしません。会社でのポストが高くなればなるほどに人脈の層は厚くなります。名刺交換で得た人脈は企業人としての努力の証であり、誇りとなります。

一枚の名刺交換から生まれたコミュニケーションに信用・信頼という言葉が付加され、増幅することにより生まれる人脈からは安心感を得ることができ、人脈はさらなるビジネスチャンスを生んでくれるのです。

   

名刺交換、渡し方のマナー・受け取り方のマナー

business-cards-3

渡し方のマナー

①名刺入れから名刺を出し、名刺入れの上に名刺をのせ両手でもつ

②名刺を相手に差し出して「会社名」・「所属(肩書)」・「氏名」の順に述べる 「株式会社○○・営業部(肩書)・△△▲▲」名前は必ずフルネームを述べる

③相手が差し出した名刺の高さより低い位置で名刺を差し出す (相手も同時に名刺を出している場合は、右手で名刺を差し出す)

    (渡すときの注意点)
  • ・名刺交換は第一印象を左右しますので、きっちりとそつなくこなす
  • ・名刺はテーブル越しに渡さない
  • ・ポケットや財布から直接名刺を出さない
  • ・汚れのある名刺、淵の破れた名刺、折れ曲がった名刺、ヨレヨレの名刺を渡さないように名刺の状態を確認して渡す

受け取り方のマナー

①相手の名刺は両手で受け取り「頂戴します。よろしくお願いいたします」と述べる名刺入れの上に受け取った名刺をのせる

    (受け取るときの注意点)
  • ・相手の会社名や会社のロゴマークの上に指をおいて受け取らない。この行為は相手を上から押さえつけるとみなされ事が円滑に進まなくなります
  • ・相手も同時に名刺を出している場合は、目上の相手よりも先に名刺を受け取らない
  • ・同時に名刺交換する場合、受け取るときは左手で名刺を受け取り、受け取った名刺にはすぐに右手を添える
  • ・目上の方から先に名刺を受け取ってしまった場合「お先にいただき申し訳ありません」と言ってはいけない⇒あくまでも名刺は目下から目上の方に渡すのがマナーです
    (受け取ったあとの注意点)
  • ・受け取った相手の名刺にメモを書き込んではいけない⇒相手の名刺を汚す行為 名刺は自分の分身といえると前述しましたが、自分にとって分身なら名刺交換していただいた相手の名刺も相手の分身と思わなくてはいけません。いただいた名刺には細心の注意を払って大切に扱うことが社会人としてのマナーといえます
   

名刺交換の順番

相手の会社に訪問した者(目下の者)から名刺を差し出します。 ビジネス上では、お金をいただく立場・仕事をいただく立場にある者が目下の者にあたります。

【例】 相手:「部長」「課長」の2人 訪問者:「係長」「新入社員」の2人 一番偉い方(肩書)から順番に行う

1.相手「部長」:訪問者「係長」

2.相手「部長」:訪問者「新入社員」

3.相手「課長」:訪問者「係長」

4.相手「課長」:訪問者「新入社員」

目下の者から差し出すことがマナーなので、【例】で言うと、訪問者の「係長」が相手の「部長」に名刺を差し出すことで名刺交換は始まり、あとは順番通りに行います。

あっという間に終わる名刺交換ですが、このあっという間がその後の自分のイメージとして相手の脳裏に刻まれてしまいます。だからこそ正しいマナーで臨む必要があります。

前述したように名刺は企業人の必須アイテムで、名刺交換からコミュニケーションが始まりビジネスへとつながっていきます。他社へ訪問する際に名刺を持参することを忘れたり、名刺をきらしていたりしては企業人として失格です。

事情により訪問して名刺を渡せなかった場合は、すぐに郵送するか、次回訪問した際に渡すことがマナーです。

名刺一枚でせっかくのビジネスチャンスを逃す結果になり得ることもあります。それほどに名刺は企業人にとって大切なものといえます。

   

おわりに

応募書類を送った側は書類選考の時間が待ち遠しく、不安になったり焦ったりするものです。

しかし、大企業は規模が大きい故に様々な人の許可を取り、連絡をするまでに時間がかかってしまうことや、中小企業は担当者の業務の忙しさや業務内容により、連絡が遅れてしまうことがあります。

時間がかかる理由が分かると不安も減ると思いますので、まずは冷静に待ってみましょう。

そして、面接の連絡がいただけた時には、自信をもって面接に挑めるように企業研究や志望動機をまとめて自分の力を発揮できるように事前準備をしましょう。

 
 
ジェイックのサービスについて

<< 就職成功率80.3% >>
ジェイックのサービスを詳しく知りたい方はこちら

カンタン
無料

就職希望地 必須
氏名 必須
フリガナ 必須
生年月日 必須
お住まいの都道府県 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須

※携帯へのメールが受信できない方はPCアドレスをご入力ください。

現在のご状況 必須

【サービス利用規約】

当規約は、株式会社ジェイックの就職・転職支援サービスへの申し込み、及び利用についての注意事項などが定めてあります。 就職・転職支援サービスのご利用にあたっては、下記についてご承諾の上でお申し込みいただきますようお願いいたします。

【就職・転職支援サービスの範囲】
就職・転職支援サービスとは、株式会社ジェイックが提供する、セミナー、コンサルティング、求人情報、および当サイトに付随する機能を指します。 (以下、本サービスという) また本サービスを提供するにあたり、利用者に対しe-mail、郵便、電話等によって各種連絡を行います。 また、就職・転職支援サービスにご登録頂いた方には、弊社が発行する「就職・転職に役立つ情報」をメールマガジンや郵送にて、 随時ご案内させて頂いております。

【利用の申し込み、申し込みの審査】
サービス利用の申し込みについては、当サイト内での案内、および所定の方法に沿って、利用者本人が申し込みを行うものとします。 所定の審査により、本サービスの利用が不適当と判断した場合には、その申込みを拒否することができるものとし、 また判断に対する質問等への回答の義務は負いません。

【申し込み内容の変更、削除、サービス利用の中止】
申し込み時の個人情報、及び付随する内容について変更が生じた場合には、速やかにその旨ご連絡ください。 また理由の如何を問わず、申込者本人からの申し出によってサービス利用の中止、及び申し込みの取り消し(削除)を行うことができます。

【個人情報の取り扱い】
個人情報の収集と利用目的 1)説明会やセミナーをご利用頂くための個人を識別します。 2)お申込みいただいた資料をご提供します。 3)お問い合わせの内容に関して、必要事項をご連絡します。 4)メルマガにて企業情報、その他の情報をご提供します。 5)プレゼント(アンケートに付随するものを含む)サービスを提供するための個人を識別します。 6)ジェイックが提供するサービスの向上を目的としたご登録者のユーザプロファイルの集計とその結果を分析します。 (※この際には、集計結果の統計情報のみの利用となりますので、個人を特定のできるデータを第三者機関へ公表することは一切ございません。)

第三者に対する個人情報の提供について ・ご本人から事前の明示的な同意・承諾があった場合 ・法令などにより開示が要求された場合

お預かりした個人情報は、円滑なサービスを提供するために一定の個人情報管理基準を満たした企業に預託する場合があります。 個人情報の提供はあくまで任意のものですが、情報を提供いただけなかった場合は、当社が提供するサービスがご利用になれないことがあります。 個人情報の開示・訂正・削除について ご本人から個人情報の開示・訂正・削除等の要請があった場合は、所定の手続きを経て速やかに対応いたします。下記までご連絡下さい。

当社の個人情報の管理者及び連絡先 株式会社ジェイック  管理部 谷中 拓生 TEL:03-5282-7600 FAX:03-5282-7607 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル 7階

【サービス内容の変更、一時停止】
以下のいずれかに該当する事由が発生した場合、利用者への事前の通知をすることなく、本サービス内容の変更、または一時停止をおこなう場合があります。

本サービスのためのシステム(以下、システム)の定期保守、更新ならびに緊急の場合。 通常講ずるべき対策では防止できない突発的なシステムの故障、被害、火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供が困難な場合。 その他、不測の事態により本サービスの提供が困難と判断した場合。

【サービスの中止、終了】
1ヶ月以上の猶予を持って利用者に告知することにより、その理由の如何を問わず本サービスを中止、または終了する場合があります。

【利用者の禁止事項】
本サービスの利用者は、利用の申し込み及びその後の利用において以下の行為を行わないものとします。

申し込みの際や、その後の変更事項として虚偽の情報を登録、または申告する行為。 他の利用者、または第三者の著作権、商標権、肖像権、その他知的所有権等の権利や、財産、名誉、プライバシーを侵害する行為。 本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版、その他私的利用の範囲を超えて使用する行為。 本サービスを利用しての営利目的の情報提供活動行為および営業活動行為。 本サービスの運営を妨げる行為、または株式会社ジェイックの信用を毀損し、もしくは財産を侵害する行為。

【利用者の除名】
株式会社ジェイックは、本サービス利用者が利用者の禁止事項に違反したと判断した場合、 またはその他の事由により不適切と判断した場合に利用者を除名することができます。

【免責事項】
本サービスの利用は申込者自身の責任において行うものとし、本サービスを利用することによって生じた損害について、 株式会社ジェイックは責任を負いかねます。

【知的財産権の取扱い】
本サービスに関する知的財産権・著作権などの権利は株式会社ジェイックまたはその情報提供者に帰属します。

【本規約の改定】
株式会社ジェイックは、利用者の承諾を得ることなく本規約を改定する場合があります。

プライバシーマーク 10861257(04)

株式会社ジェイックは
プライバシーマークを取得しています。

プライバシーポリシーについて

経歴別お役立ち情報

  • 既卒の就活

    既卒について

    既卒とは大学や大学院、短大や専門学校を卒業後の1~3年間程度、正社員としての社会経験が無い就職活動中の方を指します。

    続きはこちら

  • 第二新卒の就活

    第二新卒について

    高校・専門学校・短大・大学などの学校を卒業(もしくは中退)して就職後、2~3年で離職し、再就職を希望している方を指します。

    続きはこちら

  • 大学中退の就活

    大学中退について

    大学中退を経て、正社員での就職を考えるとき、就職活動はどのように行うべきでしょうか?

    続きはこちら

  • フリーターの就活

    フリーターについて

    フリーターの就活に特化した情報を配信するカテゴリです。就職支援のジェイックが培ってきたノウハウも公開しています。

    続きはこちら

  • 新卒の就活

    新卒について

    新卒の就職活動に役立つ情報を配信するカテゴリです。

    続きはこちら

  • ニートの就活

    ニートについて

    ニートになった方々の事情は千差万別。いざ本気でニートを脱出しようとしたとき、どんな支援が受けられるのでしょうか。知っておいて損はありません。

    続きはこちら

  • 就活ガイドの就活

    就活ガイドについて

    ここでは履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策など就活に役立つ情報を提供します。

    続きはこちら

電話でのお問い合わせ

  • 東京 0120-417-604
  • 横浜 0120-458-773
  • 名古屋 0120-936-566
  • 大阪 0120-992-849
  • 福岡 092-452-7636
女子カレッジ直通 03-6911-4780
フリーダイヤル
平日9:00~18:00 土日・祝休み
※福岡と女子カレッジは通常ダイヤルです。

お電話でのお問い合わせ

ご質問やご相談、
不安なことがありましたらお気軽にご相談ください!