大学留年か中退どっちかで迷ったら!就職活動やその後の生活への影響を解説します

悩む男性

大学留年と大学中退、どっちにした方が良いのか、その後の就職活動や生活はどうしたらいいのか。
バイトに行きすぎて卒業に必要な単位を取れなそうな時や、学生生活がなんとなくつまらなくなった時に、ふと留年や中退を心配する人もいるでしょう。

今回は、留年か中退、どっちが良いのか悩む人に是非参考にして欲しい考え方と、就活への影響をまとめてみました。

 

目次

留年か中退どっち?悩む前に考えるべきこと3つ

大学留年するべきか、大学中退するべきかどっちなのか迷ったら、就職活動やその後の生活について考える前に、まずは以下の3つの点を振り返ってみましょう。

  • 留年、中退しそうな理由を整理
  • そもそも大学の勉強は好き?
  • 就職への意欲はどれぐらい?
   

留年、中退しそうな理由(単位など)を整理

「大学留年と中退、するならどっちなのか?」を選択する基準を作るために、まずは留年、中退しそうな理由を整理しましょう。
例えば、

  • ・アルバイトをしすぎて大学に行かなかったので、単位が取れなかった
  • ・大学で学びたいことが専攻と違って、今の大学に行く気がなくなった
  • ・学費が払えなかった
  • ・大学生活に馴染めなかった

などいろいろなケースがあります。理由は1つだけでなく、色んな理由が積み重なって卒業が出来なくなっている場合が多いでしょう。

それらの理由を「中退したら解決する理由」と「留年したら解決する理由」に分けて整理していくと、留年して大学生活を続けた方が良いのか、中退して就職活動のことを考えた方がいいのか、どっちなのかが分かってくるでしょう。

例えば、「アルバイトをしすぎて大学に行かなかったので、単位が取れなかった」なら、今の大学に残りたい気持ちがあれば留年し、その後の就職活動に備えた方が良いかもしれません。

一方、「大学生活に馴染めなかった」という理由であれば、留年しても大学生活に馴染めるようになるわけではないので、どっちかと言えば中退する方が良い人生を送れるかもしれません。

   

そもそも大学の勉強は好き?

中退せずに留年するならば、大学に残って単位未取得の科目の勉強をしなければなりません。また、学費も留年した分多く払う必要があります。

未取得の科目はいくつあり、どれくらいの時間や労力をかけたらすべての単位がとれそうですか?また、学費は留年する分払えそうですか?

時間や労力、お金をかけてでも大学卒業の資格が必要と判断したなら、その後の生活を考えて中退せずに留年した方が賢明です。

就職への意欲はどれぐらい?

卒業に必要な単位を取り切れず留年しそうな人の中には、アルバイトのやり過ぎで大学に行かなかったという人も少なくありません。

アルバイトの方が大学生活よりも楽しくて、ついアルバイトばかりしてしまったなら、留年と中退、どっちか迷いどころです。

しかし、早く就職して社会に出たいと思っていたり、自分や家族の生活費を稼ぐためにバイトに行くしかなかったりした人は、留年して大学に残るよりも、中退して就職活動をした方がその後の生活が充実するかもしれません。

下のグラフは、大学生と高校生が学校を中退する理由を、文部科学省がまとめたものです。

中退理由グラフ

中退の理由で一番多いのは20.4%の「経済的理由」で、「就職」も13.4%とかなり多いです。

大学を中退してアルバイトを続ける人もいますが、経済的理由や社会に早く出たいがために中退する場合は、安定した収入が見込める正社員での就職をオススメします。

しかし、留年・中退どっちであっても、就職活動の難易度は新卒よりもかなり高いことは覚悟しておきましょう。

   

留年と中退、どっちが良い?就職活動や、その後の生活への影響

大学留年と中退、どっちにしたら良いのか選択する基準を説明したので、次は就職活動への影響を紹介します。

前述した通り、就職活動では、留年と中退どっちであっても普通の就職活動と比べてハンデを背負うことになります。

就職活動やその後の生活にどのような影響が出るのか、大学を留年した場合と中退した場合に分けて説明します。

大学留年で就職!その後の生活は?

就職活動において、留年と中退で大きく異なるのは「大学卒」の資格がある点です。多くの企業は大卒、短大卒、高卒など、学歴毎で採用計画や初任給を決めています。

つまり、採用さえされれば大学を留年していてもしていなくても、初任給は変わりません。生活水準は留年せずに就職した人と変わらないでしょう。

ただし入社後の待遇が通常の大卒と変わらないだけですので、選考段階では「留年の理由」が合否を左右することは覚えておかねばなりません。

大学中退で就職!その後の生活は?

一方、大学中退での就職は高卒扱いとされ、給与面で大卒より低く設定される可能性があります。

企業によっては、学歴に加え入社時の年齢を考えて高卒初任給より高く設定するところもありますが、実績を上げて給与が上がるまで、生活が少し気びくなる可能性はあります。

ただし、これも入社後の話です。選考段階では、留年と中退どっちであっても差をつけられることはあまりありません。
結局、行きつくところは「中退の理由」です。留年同様、面接官は「途中でやる気をなくしたのか?」「粘り強さに欠けるのでは?」と考えてしまいます。

留年と中退、どっちでも面接では避けて通れない「留年(中退)の理由」をどう説明するか、次で説明します。

   

留年または中退した時、就職活動でどう説明するか?理由別の例

就職活動において、留年と中退どっちであっても「理由」を適切に説明することが重要であると、お分かり頂けたかと思います。

面接官はどうしても「留年や中退をしたということは、学校生活の中で何か問題があったのでは?」と気になり、詳しい部分まで質問をします。
面接官をごまかしきることは難しいので、留年でも中退でもどっちでも、就職活動ではごまかさずに正直に理由を答えましょう。

それでは、実際の就職活動ではどのように大学留年や大学中退の理由を説明したら良いのか、留年/中退の理由別に例を紹介します。

経済的理由

留年よりも、中退した人に特に多いのが経済的理由です。

・家計や家族の生活を支えるために大学中退して働くことにした

・単位が取れず留年が決まり、学費が払えずに大学中退を決意した

など、自分ではどうしようもない中退理由から、頑張ればどうにかなった中退理由まで様々ですが、就職活動中は偽らずに面接で伝えましょう。

どんな経済的理由でも面接でPRしていきたいのは、「経済的に苦労して中退したからこそ、その後の社会人生活は高い意欲を持って仕事に打ち込んでいく」という意気込みです。

企業が若者を採用する決め手に多いのは「積極性」や「働く意欲」です。それらを伝えられるように、中退した事実に触れつつもポジティブに説明しましょう。

体調のトラブル

体調のトラブルでの留年・中退とは、例えば以下のようなケースを指します。

・けがで入院していて、そのまま中退した

・病気を治すために療養していて、留年した

このように体調不良が理由で出席日数を確保できずに単位を落として留年したり、そのまま中退したりするケースもあるでしょう。

この場合、留年と中退どっちでも面接官が気になるのは、「病気やけがを治しても、その後の生活や就職後の仕事に影響があるか?」です。

外科的な事情だと後遺症は大丈夫か、内科的・精神的な事情だと再発の危険がないかなどと心配されますので、事実の説明を十分に行いましょう。

体調不良が原因の大学留年や大学中退はどうしようもないケースが多いので、現在は治っていることと、その後の生活や就職後の仕事に悪影響が無いことを正直に伝えたら、問題はありません。

   

家庭的な事情

家庭的な事情での留年や中退は、例えば次のような場合でしょう。

・介護に時間を取られ、学業に専念できずに留年や中退した

・家業の手伝いをせざるを得なく、中退してしまった

介護や家業の手伝いといった、家庭の事情が原因の大学留年・大学中退した後に就職活動をする場合も、言える範囲で良いので事実を面接官に伝えましょう。

このような場合だと、留年、退学どっちであっても、自分ではどうしようもないケースが多いです。
「現在は就職活動や、その後の仕事に集中できる」ことを留年、中退した理由に付け加えて必ず伝えましょう。

やる気がなかった

いちばん厄介なのが「やる気がなかったので大学を留年(中退)した」場合です。

・面倒で大学に行かなかったら単位を落とした

・大学生活がつまらなくて勉強しなかった

このような場合だと、就職活動で正直に留年や中退の理由を説明して良いのか悩むかもしれません。悩むかもしれませんが、正直に伝えましょう。

「自分の思い描いていた大学生活とギャップがあった」「このまま大学にいても、その後の就職活動や仕事に活かせそうではなかった」
などごまかしたり綺麗に言い換えたりすることも出来ますが、どっちにしろ面接官相手に通用はしづらいでしょう。

それよりも、「やる気が出ずに大学を留年(中退)してしまったが、社会人では中途半端になることなく仕事に取り組みたい」という社会人生活に対する意欲を示す方が賢明です。

しかし、「大学の時はやる気が出なかったなら、社会人になっても変わらないのでは?」と疑ってしまう面接官もいます。
面接官に納得してもらうためにも、アルバイトなど何かを頑張りきった経験を自己PRすることが必要です。

「そんな経験、ないな・・・」と悩んでしまう場合は、就職支援会社でのキャリアカウンセリングもオススメです。
自分だけでは練習できない自己PRや面接の対策が行えて、就職活動の成功率が高まります。

   

大学留年と大学中退どっちでも前向きに捉えて就職活動をしましょう

大学留年か中退か迷ったら、まずは卒業できなくなってしまった理由を振り返りましょう。留年したら解決する問題なのか、中退しなければ解決しないのか、その後の生活や就職活動のことも考えて判断しましょう。

大学留年と中退、どっちであっても就職活動は苦労します。大切なのは、留年や中退の理由をごまかさずに「留年(中退)したからこそ出来た経験があり、それを社会人生活で活かす」とポジティブに伝える事です。

留年と中退、どっちを選択したとしても、前向きに捉えて就職活動やその後の生活に臨みましょう。

 
 
ジェイックのサービスについて

<< 就職成功率80.3% >>
ジェイックのサービスを詳しく知りたい方はこちら

カンタン
無料

就職希望地 必須
氏名 必須
フリガナ 必須
生年月日 必須
お住まいの都道府県 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須

※携帯へのメールが受信できない方はPCアドレスをご入力ください。

現在のご状況 必須

【サービス利用規約】

当規約は、株式会社ジェイックの就職・転職支援サービスへの申し込み、及び利用についての注意事項などが定めてあります。 就職・転職支援サービスのご利用にあたっては、下記についてご承諾の上でお申し込みいただきますようお願いいたします。

【就職・転職支援サービスの範囲】
就職・転職支援サービスとは、株式会社ジェイックが提供する、セミナー、コンサルティング、求人情報、および当サイトに付随する機能を指します。 (以下、本サービスという) また本サービスを提供するにあたり、利用者に対しe-mail、郵便、電話等によって各種連絡を行います。 また、就職・転職支援サービスにご登録頂いた方には、弊社が発行する「就職・転職に役立つ情報」をメールマガジンや郵送にて、 随時ご案内させて頂いております。

【利用の申し込み、申し込みの審査】
サービス利用の申し込みについては、当サイト内での案内、および所定の方法に沿って、利用者本人が申し込みを行うものとします。 所定の審査により、本サービスの利用が不適当と判断した場合には、その申込みを拒否することができるものとし、 また判断に対する質問等への回答の義務は負いません。

【申し込み内容の変更、削除、サービス利用の中止】
申し込み時の個人情報、及び付随する内容について変更が生じた場合には、速やかにその旨ご連絡ください。 また理由の如何を問わず、申込者本人からの申し出によってサービス利用の中止、及び申し込みの取り消し(削除)を行うことができます。

【個人情報の取り扱い】
個人情報の収集と利用目的 1)説明会やセミナーをご利用頂くための個人を識別します。 2)お申込みいただいた資料をご提供します。 3)お問い合わせの内容に関して、必要事項をご連絡します。 4)メルマガにて企業情報、その他の情報をご提供します。 5)プレゼント(アンケートに付随するものを含む)サービスを提供するための個人を識別します。 6)ジェイックが提供するサービスの向上を目的としたご登録者のユーザプロファイルの集計とその結果を分析します。 (※この際には、集計結果の統計情報のみの利用となりますので、個人を特定のできるデータを第三者機関へ公表することは一切ございません。)

第三者に対する個人情報の提供について ・ご本人から事前の明示的な同意・承諾があった場合 ・法令などにより開示が要求された場合

お預かりした個人情報は、円滑なサービスを提供するために一定の個人情報管理基準を満たした企業に預託する場合があります。 個人情報の提供はあくまで任意のものですが、情報を提供いただけなかった場合は、当社が提供するサービスがご利用になれないことがあります。 個人情報の開示・訂正・削除について ご本人から個人情報の開示・訂正・削除等の要請があった場合は、所定の手続きを経て速やかに対応いたします。下記までご連絡下さい。

当社の個人情報の管理者及び連絡先 株式会社ジェイック  管理部 山本 太 TEL:03-5282-7581 FAX:03-5282-7607 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル 7階

【サービス内容の変更、一時停止】
以下のいずれかに該当する事由が発生した場合、利用者への事前の通知をすることなく、本サービス内容の変更、または一時停止をおこなう場合があります。

本サービスのためのシステム(以下、システム)の定期保守、更新ならびに緊急の場合。 通常講ずるべき対策では防止できない突発的なシステムの故障、被害、火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供が困難な場合。 その他、不測の事態により本サービスの提供が困難と判断した場合。

【サービスの中止、終了】
1ヶ月以上の猶予を持って利用者に告知することにより、その理由の如何を問わず本サービスを中止、または終了する場合があります。

【利用者の禁止事項】
本サービスの利用者は、利用の申し込み及びその後の利用において以下の行為を行わないものとします。

申し込みの際や、その後の変更事項として虚偽の情報を登録、または申告する行為。 他の利用者、または第三者の著作権、商標権、肖像権、その他知的所有権等の権利や、財産、名誉、プライバシーを侵害する行為。 本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版、その他私的利用の範囲を超えて使用する行為。 本サービスを利用しての営利目的の情報提供活動行為および営業活動行為。 本サービスの運営を妨げる行為、または株式会社ジェイックの信用を毀損し、もしくは財産を侵害する行為。

【利用者の除名】
株式会社ジェイックは、本サービス利用者が利用者の禁止事項に違反したと判断した場合、 またはその他の事由により不適切と判断した場合に利用者を除名することができます。

【免責事項】
本サービスの利用は申込者自身の責任において行うものとし、本サービスを利用することによって生じた損害について、 株式会社ジェイックは責任を負いかねます。

【知的財産権の取扱い】
本サービスに関する知的財産権・著作権などの権利は株式会社ジェイックまたはその情報提供者に帰属します。

【本規約の改定】
株式会社ジェイックは、利用者の承諾を得ることなく本規約を改定する場合があります。

プライバシーマーク 10861257(04)

株式会社ジェイックは
プライバシーマークを取得しています。

プライバシーポリシーについて

経歴別お役立ち情報

  • 既卒の就活

    既卒について

    既卒とは大学や大学院、短大や専門学校を卒業後の1~3年間程度、正社員としての社会経験が無い就職活動中の方を指します。

    続きはこちら

  • 第二新卒の就活

    第二新卒について

    高校・専門学校・短大・大学などの学校を卒業(もしくは中退)して就職後、2~3年で離職し、再就職を希望している方を指します。

    続きはこちら

  • 大学中退の就活

    大学中退について

    大学中退を経て、正社員での就職を考えるとき、就職活動はどのように行うべきでしょうか?

    続きはこちら

  • フリーターの就活

    フリーターについて

    フリーターの就活に特化した情報を配信するカテゴリです。就職支援のジェイックが培ってきたノウハウも公開しています。

    続きはこちら

  • 新卒の就活

    新卒について

    新卒の就職活動に役立つ情報を配信するカテゴリです。

    続きはこちら

  • ニートの就活

    ニートについて

    ニートになった方々の事情は千差万別。いざ本気でニートを脱出しようとしたとき、どんな支援が受けられるのでしょうか。知っておいて損はありません。

    続きはこちら

  • 就活ガイドの就活

    就活ガイドについて

    ここでは履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策など就活に役立つ情報を提供します。

    続きはこちら

電話でのお問い合わせ

  • 東京 0120-417-604
  • 横浜 0120-458-773
  • 名古屋 0120-936-566
  • 大阪 0120-992-849
  • 福岡 092-452-7636
女子カレッジ直通 03-6911-4780
フリーダイヤル
平日9:00~18:00 土日・祝休み
※福岡と女子カレッジは通常ダイヤルです。

お電話でのお問い合わせ

ご質問やご相談、
不安なことがありましたらお気軽にご相談ください!