転職エージェント『Future Finder Career』

3分で解る!話題の「オワハラ」で企業が新卒学生に強引な囲い込み

3分で解るオワハラ

2015/9/4 の記事で『オワハラ対策』に関する詳細を紹介させていただきましたが。オワハラというのが、一体なんなのか、どんなオワハラが存在するのか、もう少し短文でわかるものが欲しいというリクエストをいただきましたので、代表的な例などに絞った内容で書いてみました!

女子が作った就活講座仕事獲得

「オワハラ」が流行する現在は、まるでバブル時代?

流行語大賞へのノミネートがあるかも? と思わせるほど、近頃でよく耳にするようになった「オワハラ」というワード。就職活動中の学生が、先に内定をもらった企業から「就職活動オワラセロ」と圧力をかけられる「ハラスメント」を指す新語です。NHKほかテレビ各局でも特集が組まれ、その実態が相次いで紹介されました。

さて、みなさんは今よりもさらに人手不足だった、バブル景気の頃の就活神話をご存知でしょうか?仕事が掃いて捨てるほどあり、人手を確保すればするほど儲かる時代だったバブル最盛期。どうにかして人材を確保しようと躍起になった企業は、学生を高級料亭でもてなし、帰りは手土産だけでなく、交通費と称した「お心付け」も持たせていました。

これだけ人材確保に腐心していた当時も、内定を出した学生への囲い込みは現在と同じく熾烈を極めたことでしょう。しかし「オワハラ」やそれに類似した新語は生まれませんでした。それだけ、働く(雇われる)側の人権や意識のあり方が変わってきた、ということの証しともいえるでしょう。

「オワハラ」の主な手口3つ

さて、そのオワハラ、大きく分けて次の3つの手口が主に報告されています。

  1. 今受けている他企業に辞退の連絡をすると約束すれば、この場で内定を出す(ひどい例では、その場で辞退の電話をかけろと迫る)
  2. 他社の選考を受けさせないよう、職場見学・事前研修という名目で無理矢理スケジュールを抑え、時間を拘束することで就活の継続を不可能にさせる
  3. 辞退連絡をしてきた学生に「不義理だ」「詐欺だ」「嘘つきだ」と強い言葉で非難し、最後は泣き落として辞退撤回を迫る

いずれも「フン!」と鼻先であしらっておけば済むような話ですが、そこは社会経験に乏しく、人擦れしていない学生。さまざまな修羅場をくぐり抜けてきた採用担当者たちによって、うまく丸め込まれてしまうケースが後を絶ちません。またいくら人手不足の時代といっても、「自分なら複数の会社から内定をもらえるはず!」などと強気に行動できる学生は少数派でしょう。どうしても従属的な態度となり、オワハラの餌食となってしまっているのかもしれません。

企業にとってもオワハラは苦肉の策

今年の就職戦線も引き続き売り手市場と言われ、企業側は学生の引き留めに必死です。また今年は、新卒採用に関する新たなスケジュールが実施されるなど、新卒採用に注目の集まるタイミング。企業側は露骨な青田買いを自粛したいところでしょう。それだけに、目の肥えた採用担当者が「この人だ!」と思えるほど優秀な学生には、是が非でも入社してもらいたいはずです。また、どれくらいの内定者が実際に入社してくれるのか不明瞭なままでは、事業計画にも支障を来たしてしまうもの。企業側にとっては、これらの懸案をカバーするための苦肉の策が「オワハラ」であるとも言えるでしょう。

不景気の時代には人員削減で「内定取り消し」「派遣切り」と非難され、好景気になり採用を拡大すれば「オワハラ」と叩かれる。人事担当者には難しい対応が求められます。

後味の悪くないオワハラ対策とは?

肝心のオワハラ対策ですが、法律論を振りかざせば簡単に撃退できます。世間の支持は弱者である学生にあり、SNSなどで情報がすぐ拡散するこの時代に無理してオワハラを押し通せば、企業イメージが大きく損なわれることは明らかだからです。しかしそのような断り方では、せっかく内定を与えてくれた企業・担当者へ後味の悪さが残ってしまいかねません。

「人生の大きな岐路であるため、熟慮の上悔いのないよう自分自身で決めたいと思います」

やはりこのような言葉で自分の意思を明確に伝え、ぶれない態度で希望を通すことが、一度きりの新卒就職活動を成功させる肝となるでしょう。

あわせて読んで欲しい記事

オワハラ対策7選!学生内定辞退に企業は就活終われでオワハラ

2015.09.04

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!