転職エージェント『Future Finder Career』

転職先の会社で将来のキャリアプランが変わる?重要ポイントを公開

転職先でキャリアプランが変わる

転職活動をする際、何を第一優先に考えますか?

キャリアプランを考える中で、「今よりも年収を上げたい」「自宅近くの職場で働きたい」「管理職に就きたい」など、自分の希望を挙げていくことは簡単かもしれません。しかし、肝心の目的にあった会社を見つけ出すことは、なかなか難しいですよね。求人広告には良い情報ばかりが書かれてあったのに、入社してみると想像していたのとは違ったという失敗を経験された方も多いのではないでしょうか。

女子が作った就活講座仕事獲得

そこで、「次の転職こそは!」と考えるあなたに、真の企業の姿とそこで働く未来のあなたを見通すための、ちょっとしたコツを紹介します。(※.文末に最大の注意点を記載

キャリアアップ可能な会社と不可能な会社の違い

キャリアアップ転職で、「管理職に就く為に転職をしたい」と考えている方にぜひチェックをしていただきたいのが、その企業の創業年数と社員の平均年齢です。

よくあるのが、『求人広告に「老舗」「安定企業」と書いてあったから長期的にキャリア形成をできると思って入社したのに、実際には管理職は40代~50代の古株メンバーで埋まっていてなかなか席が空かない』というケース。

こうした特徴をもつ企業に応募をする場合は、面接時に「20代、30代での管理職登用実績があるか?」「今後、新しいポストを創設する予定はあるか?」などを確認したほうが安全でしょう。また、創設年数に関わらず、中小企業で20~30代の社員が大勢いる場合は、あなたと同じく、上のポストを狙っているライバルが大勢いる環境である可能性が高いです。

若手管理職登用を狙うならベンチャー企業

それでも「自分は若いうちに管理職を経験しておきたい!」という理想がある場合には、創設年数の浅いベンチャー企業がおすすめです。

老舗企業のような安定性や、福利厚生の充実面は望めませんが、上のポジションが詰まっている可能性が低いこと、そして部署数が多くない場合は専門外の仕事も任せてもらえる可能性が高いことから、管理職には欠かせない視野の広さと、バランス感覚を磨くことができるはずです。

また、キャリアチェンジのために転職を考えている方は、研修体制はもちろんのこと、「過去にその職種の経験がゼロの状態の人を雇用した経験があるか」を聞いておくといいでしょう。さらには部署の人員体制などを細かく確認しておくと、失敗のリスクを軽減できます。

未経験者の採用と教育に関する実績の有無。これは、あなたのその後を大きく左右する部分です。深く細かく聞きましょう。(良い雰囲気や気概などの話ばかりする相手には注意しましょう!)

教育研修は無いと考えた方が無難

管理職経験があろうが、無かろうが、未経験の業界や職種で上のポストを目指すには、はじめの段階でのヒヤリング制度や交渉力、何よりもあなた自身の社会での経験や実績がものをいいます。結果として採用された場合には、経験や実績の中でも、その会社が求めている部分だけにフォーカスして都合よく捉えられ、あなたの活躍に期待をもつのが会社ですので、即戦力として教育研修などというものは当面の間は無いでしょう。

なぜかというと、職種に限らず新人を一から育て上げるには、指導する人間+指導する人間の業務を分担できる人間の最低2名が必要と言われています。

当然のことながら、多忙な会社では丁寧に指導をするだけの時間と余裕がありません。そのため面接の際には、新人が入社した際の人員体制の整え方や、どの程度の期間でのひとり立ちを想定しているなども併せて確認しておくとイメージがつかみやすくなります。仮にそこまでの配慮はしていないと答えられた場合は、他の企業を探すか、ある程度、自力でスキルを習得する覚悟をしておく必要があります。

給与や待遇は、キャリアカウンセラーに相談

最後に、年収を上げたいと考えている方は自分の適正年収を知ることから始めましょう。自分の給与が周囲と比べて高いのか、低いのかを客観的に判断し、自分に合った企業を選択していきます。適正年収を知るには、キャリアカウンセラーやキャリアアドバイザーといったプロに相談をするのがおすすめです。

多くの転職サイトでは、無料でキャリアカウンセリングを行っています。転職を始めようと思ったときには、まずこのカウンセリングを受けてから多角的に転職先を探すと、後悔のない転職に近づくことができるはずです。職歴や現在の給与形態をチェックしてもらえたり、合う仕事を探してもらえたりと、時間の少ない転職者にはおすすめの方法です。

また、あなたの希望やキャリアデザインに応じた企業も紹介してくれる他、あなたのアピールすべきポイントや、給与アップの為の戦略なども併せて提案してくれます。一人で転職活動を進めるよりも、より高い確率で理想通りの転職をすることができるのではないでしょうか。(※.文末、注意点も参照。

キャリアアップしたいなら、会社選びが重要な要素となってきます。妥協のない会社選びをするためにも、ポイントを押さえた転職活動をしてください。

未経験から転職サイトやエージェント活用は難あり

転職者向けの求人サイトや、転職エージェントの多くは、経験者を顧客として想定して設計されています。当然、会員登録者数を伸ばし、より広いニーズにも対応するため、未経験者の転職を支援するということもしてはいます。ところが、ここに大きな問題点があります!

未経験者専門ではないため、保有企業群(募集枠)自体が、経験者を求めている会社ばかりで、未経験のあなたを救済的に採用するという姿勢の企業がでてしまったり、ホンキで未経験者OKで募集していても、全体のごくごく一部であり、実際の採用実績自体が乏しいという残念な状況があるのも事実です。

そのため、筆者は、未経験者のキャリアパスが拓けるような企業群を保有する、就職&転職支援をしているエージェントの活用をおすすめします。

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!