転職エージェント『Future Finder Career』

職務経歴書の書き方:経験職種が複数なら経歴を「断捨離」しよう!

複数の職務経歴を断捨離する

断捨離する経歴の仕分け方

職務経歴書は、多くてもA4用紙2枚までにまとめるのが基本。でも、アルバイトを転々としてきた場合などは、すべてを書くとかなりのボリュームになってしまいますよね。あまりに内容が多すぎると、そもそも読んでもらえない可能性すら出てきます。

そんなときには、「詳しく書く職歴」と「断捨離する職歴」の仕分けをしましょう。次の2パターンを参考に、経歴の断捨離を始めてみてください。

女子が作った就活講座仕事獲得

[1] 経験職種の中に、今回応募する職種がある

経験がある職種をメインにし、そのほかは軽く触れる程度でOK。

 

[2] まったくの未経験職種にチャレンジする

共通点のある経歴をピックアップし、それをメインにします。

例)

営業は未経験だが、販売職の経験はあり

→「人と接する」「顧客に商品を提案する」という共通点をアピール

 

コールセンターは未経験だが、引っ越し作業員の経験はあり

→「毎回違うお客様を担当し、その都度柔軟に対応する」「笑顔で感じのいい接客」という共通点をアピール

 

職務経歴書は「量」より「質」!

採用担当者が知りたいのは、「この人は、当社に貢献できるかどうか」。経歴すべてを書き連ねてしまうと、せっかくのアピールポイントが埋もれてしまいかねません。それではもったいないですよね?

職務経歴書は、量より質。それほどアピールにならない経歴は、思い切って断捨離しましょう!

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!