転職エージェント『Future Finder Career』

自己分析のやり方を徹底解説!既卒やフリーター就活で活用

就活の自己分析を徹底解説

就活をはじめたばかりの時に先輩へアドバイスを仰ぐと、決まって言われるのが「就活では自己分析が大切だよ!」ということ。しかし就活以外ではあまり聞かない「自己分析」の意味をしっかりと理解している人は、実は少数派なのではないでしょうか?

ここでは、自己分析とは何か、自己分析の具体的な方法など、就活生がトクする情報を解説していきましょう。

女子が作った就活講座仕事獲得

自分の価値観を知ることで、ライバルに差をつけよう!

中途採用の場合、求人に応募するための重要な書類として「履歴書」と「職務経歴書」をセットで提出するのが一般的です。既卒やフリーターにとって、「社会経験がないのに職務経歴書が必要なの?」と思われる人もいるでしょう。

ちなみに職務経歴書とは、履歴書だけではアピールできない部分、つまり自分の長所や強みを、重点的にアピールできる書類。そしてどのような業種、企業にも共通していえるのは、採用担当者は「その人が入社して自社に貢献してくれる人物かどうか」という視点から選考している、ということです。

既卒やフリーターで前職がないからといって、職務経歴書が書けないことはありません。誰しもゼミやサークル、部活、アルバイトなどで得た経験があるはずです。職務経歴書では、学生時代にどんなことへ力を入れて、苦難や挫折を乗り越えて来たか、が注目されます。

その中で、自分の強みや経験を採用者にアピールするために「自己分析」が必要となるのです。既卒やフリーターにとって、職務経歴がないことでハンデがある分、より緻密な自己分析を行い、自分の価値観をよく知ることで、他の応募者と差をつけることができます。

自己分析とは具体的に何をすればいいの!?なぜ必要なのか

では、自己分析とは具体的に何をすればよいのでしょうか?おそらく自己分析について十分な理解をしていないまま就活に挑む人も多いのではないでしょうか。

面接の際、必ず聞かれる3つの質問

・志望動機について

・あなたの長所や強みについて

・あなたのやりたいことは何ですか?

この3点は必ず質問される項目です。ようするに、各企業が選考で最も重視しているポイントといえます。この質問にしっかりと答えられるためには、「自己分析」が必要となるのです。

既卒やフリーターにとっての自己分析とは

・学生時代にがんばったことを振り返り、自分の長所や強みを知る

・挫折や苦労を味わった経験はあるか?それをどう乗り越えてきたのか

・将来やりたいことを具体化し、どんな仕事をめざしたいのか

このように各項目を具体化して考えることで、自分の価値観や将来の仕事への目標が出てくるはずです。

自己分析の方法

自己分析は、ただ頭の中で考えるだけでは明確に分析することができません。一番重要なのは、書き出すことです。ノートに書くことで、より具体的に自分の価値観を見出すことができるでしょう。

例えば、こんな自己分析のテーマはいかがでしょう。

・自分史を作り、人生の出来事について振り返る

・幼少期から今まで自分ががんばってきたこと

・家族との関係性

・友人との関わり方

・今まで生きてきた中で、恩師と言う存在に出会えたか

自己分析のテーマを考える工程は、なかなか楽しめるのではないでしょうか。テーマに沿って、その時々の出来事を振り返り、出来るだけ鮮明かつ具体的にノートへ書き出し、その出来事に対してどのように思ったかなど、詳しく記録しましょう。

自己分析をしていけば、自分の強みや長所も見えてきますが、短所や弱みも浮き彫りになってきます。自分の弱みを知っても、ナーバスになることはありません。その弱みや短所にどのように対処していけば良いかを、さらに分析して行きます。

1. チェックシートを作ってみよう

自己分析のテーマを考えたら、マークシートを作ってみましょう。例えば、自分が尊敬できる人物とは?というテーマで、人物像を10~20項目書き出してみます。この項目が多い程、より具体的で客観的な答えがでてくるでしょう。次に、そのリストを見ながら、自分が該当するかをYes/Noでチェックを入れていきます。自分が尊敬できる人物に値するのか否か、項目ごとに見えてくるはずです。

 

2. 家族や親しい友人に直接聞いてみる

あなたの長所や強み、短所や弱みを、出来るだけ率直な意見を言える人に直接聞いてみると良いでしょう。親しい間柄の人に意見を聞いてみることで、自分が気づかない長所や短所が浮き彫りになってきます。もちろん、ここでは相手の意見に感情的にならないように注意することが必要です。あくまでも就活のための対策として協力してもらっているわけですから、厳しい意見もしっかりと受け止めることが必要です。

 

3. 第三者の辛口な意見を聞く

家族や友人だと、距離が近すぎて本人を前に辛口な意見がなかなか言えないかもしれません。そのような場合、第三者に意見を求めてみるのも良いでしょう。例えば、SNSの仲間やFacebookやブログなど、顔を知らない第三者に自分史を見てもらう方法もあります。ネット上のやり取りの常として、かなり辛口な意見が返ってくるかもしれません。しかし、精神的に落ち込んでいる暇はありません。厳しい意見にどう対処していけば良いのかまで考えてこそ、自己分析なのです。

 

4. 自分の弱みを受け止める

自己分析をしていくと、自分の欠点ばかり目についてしまう人もいるかもしれません。しかしどんな人間でも、自分の得意な部分と苦手な部分を持っています。またどんな人間でも、今までの人生の中で挫折や失敗した経験があるはずです。一番重要なのは、自分の弱みを知ったうえで、どう対応していくかという姿勢です。

面接官が選考で重要視する部分として、「失敗経験を持っているかどうか」という点があるとされます。これは、挫折や失敗を認めない人は経験から学ばない人、本当に失敗経験のない人は挫折に弱い人、と判断されてしまうからです。

重要なのは、挫折や失敗を受け止めて、どう乗り越えてきたかというところ。入社後に困難な場面があっても立ち向かえる姿勢をアピールできれば、面接官の目には力強い人材と映ることでしょう。

大学中退から正社員で就職!中退理由と面接対策前に知る求人の現実

2016.03.25

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!