転職エージェント『Future Finder Career』

履歴書の書き方:TOEIC (R) スコアは500点~OK!損しないマメ知識

履歴書に書ける資格とは英検やTOEICについて

履歴書の免許・資格欄に英語関連の資格が書かれていると、就職・転職での強みになるというのは〈常識〉。ところで、実際アピールポイントになり得るレベルや点数とはどのくらいなのでしょうか? また「英検1級」とか「TOEIC (R) のスコア: 600点」という書き方は正しいのでしょうか?

女子が作った就活講座仕事獲得

TOEIC (R) スコアを履歴書に書ける最低ラインは?

TOEIC (R) の主催団体による2013年の調査によると、その調査に協力した上場企業のうち75%から「業務で英語を使用する」という答えがあったそうです。ちなみに、このスコアなら履歴書に書けるアピールポイントといえる最低ライン(あくまでも最低ライン)はおおむね以下の通りです。

  • 一般企業なら    TOEIC 500点 以上
  • 転職を目指すなら   TOEIC 600点 以上
  • 海外勤務を目指すなら TOEIC 700~730点 以上

グローバル人材育成と求められる英語力

  • 68.6%の企業が国際部門での業務遂行には「700点 以上のスコアを期待」
  • 28.5%の企業が海外出張者選抜に TOEIC テストを利用
  • 3割の企業が海外赴任者選抜に TOEIC テストを利用

企業で求められるTOEICスコア

  • グローバル化に対応するため全社員に求められる期待スコア平均は「600点」
  • 7割の企業が採用時に TOEIC スコアを参考に
  • 15.8%の企業で異動、昇進・昇格の要件

(http://www.toeic.or.jp/toeic/about/data/katsuyo_2013.htmlより引用)

免許・資格欄:TOEIC スコア その正しい書き方とは?

履歴書では省略禁止というのが〈常識〉。例えば学歴では「○○県立××高校」ではなく「○○県立××高等学校」と書きますよね。

実は「TOEIC 650点」というのは正しい書き方ではありませんので、注意が必要です。テストの正式名称は「TOEIC 公開テスト」です。正しい書き方は、まず試験日の日付を記載、正式名称「TOEIC 公開テスト」に続き、取得した点数を記載せねばなりません。

 

「TOEIC 650点」 ×

「2013年12月 TOEIC 公開テスト スコア 650点 取得」 ○

「平成25年12月 TOEIC 公開テスト 650点 取得」 ○

 

また、英検の正式名称は「実用英語技能検定」です。一般企業であれば英検2級からアピールポイントとして認められるというのが〈常識〉です。

TOEICが600点なのに英検3級であれば、英検3級については記載しない方が良いかと思われがちですが、一概にそうともいえません。英検3級の数年後に TOEIC が600点になっていれば、努力したという見方をされる可能性があります。就職や転職先に合った効果的なプレゼンテーションができるよう、頑張ってみてください。

いかがですか? 履歴書を書くときは、ついうっかりしがちな「省略」をしないよう十分注意し、正式名称と正しい書き方で自分をしっかりアピールしましょう。

※出典元:「上場企業における英語活用実態調査 2013年 」報告書

http://www.toeic.or.jp/toeic/about/data/katsuyo_2013.html

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!