転職エージェント『Future Finder Career』

一人暮らしの女性必見! 節約作り置きレシピ【レシピ本紹介もあり】

一人暮らしの女性必見! 節約作り置きレシピ【レシピ本紹介もあり】
一人暮らしをしていると、食費はできるだけ節約したいと思いますよね。しかし、忙しい毎日の中では毎日自炊するのも一苦労、ついつい外食に頼ってしまいがちです。ファーストフードやコンビニにばかり頼る食生活を続けていると、栄養面にも偏りが出てしまいます。ダイエットや健康面においても、野菜をたっぷり使った手作り料理を毎日食べたいところですね。

そこで今回は、一人暮らしの女性にオススメの、ヘルシーで簡単な節約作り置きレシピをご紹介します。さらに、作ったおかずをお弁当に活かす方法や冷凍保存する際に知っておきたいことも合わせて掲載しています。ぜひ参考にしてください。

一人暮らしの節約の味方 もやしを使った作り置きおかずレシピ

一人暮らしの食生活の強い味方、もやし。スーパーなどで手に入りやすく値段もお手頃な上、ビタミンやミネラルなどの栄養も豊富な最強の食材です。そんなもやしを上手に活用すれば、ヘルシーに食費を節約することができますよ。

ゆでて合えるだけ! 簡単もやしのナムル

ゆでて合えるだけ! 簡単もやしのナムル
AllAbout 暮らし 公式サイトより

    1:もやしを茹でる
    鍋にごま油と塩(小さじ1)を加えた水、豆もやしを入れて、火にかけます。沸騰したら、ザルにあけます。
    2:和える
    茹であがったもやしをおろしにんにくと黒すりごまで和えます。 味が薄いときは、塩で調整してください。

もやし入りシャキシャキ肉団子

もやし入りシャキシャキ肉団子
AllAbout 暮らし 公式サイトより

      1:ひき肉に調味料とパン粉を混ぜ込む

 

    ひき肉に塩コショウを入れて手でこね混ぜ、なめらかになったらナツメグ、卵、醤油、生姜、パン粉、牛乳を入れて混ぜる。

2:もやしを混ぜる
もやしを入れ、手で混ぜる。
もやしを手でポキポキ握りつぶしながら混ぜる

3:握りずしのシャリほどの大きさに丸めて揚げる
握りずし大に丸め、170℃の油で3~4分揚げる。
温度が高すぎると焦げるので注意!

女子が作った就活講座仕事獲得

ダイエット中の女性にオススメ! 野菜たっぷり作り置きレシピ

お昼ごはんなど、ついつい外食に頼ってしまうと野菜が不足しがち。「一人暮らしを始めたら、太ってきたかも!?」なんてことになりたくはありませんよね。そんな時にオススメな、ダイエットにピッタリのレシピをご紹介いたします!

作り置き 新じゃがの味噌炒め常備菜

作り置き 新じゃがの味噌炒め常備菜
クックパッドより

      1:ネギはみじん切り

 

    砂糖・みりん・酒・味噌を合わせよく混ぜておく。

2:じゃが芋の皮をむき半分にカット。
大きいのは3等分。
サッと水で洗いラップをし500Wで5分〜6分チン♪

3:お鍋にサラダ油を熱し、じゃが芋全体にサッと油を絡める。
弱火にし大さじ1の水を入れ、蓋をし3~4分蒸らす。

4:①で作った合わせ調味料を加え、木べらやゴムべらで1~2分優しく全体に絡めていく。

5:①のねぎを入れて全体をそーっと混ぜ火を止める。

6:器に移し完成♪

保存するときは、保存容器に入れ粗熱がとれてから冷蔵庫へ。2~3日保存可。

いつもの常備菜 翌日がおいしい春雨サラダ

いつもの常備菜 翌日がおいしい春雨サラダ
クックパッドより

      1:鍋に水を入れ、もやし、人参を加え、中火にかける。

 

    沸騰したら、春雨を加え、ゆで時間まで加熱する。

2:ざるにあけ、水で冷やす。

3:ボウルに2と胡瓜、ハムを入れ、醤油・酢・ごま油・上白糖・白いりごまを混ぜ合わせたものを混ぜる。

残った分は、保存容器に入れ冷蔵庫で保管する。

作り置きのおかずをお弁当に活かすためのポイント

作り置きのおかずをお弁当に活かすためのポイント
外食代を浮かせるために、お弁当を持参している方も最近は多いですよね。作り置きのおかずをお弁当に活かす際に気をつけたい点や、お弁当のおかずに最適な食材をご紹介します。

■おかずを朝作らない

お弁当作りが苦手な方の大半は、朝わざわざ時間をとってお弁当を作ることに手間を感じています。時間のある時に大量に作り置きしたおかずを、シリコンカップなどに入れて冷凍保存しておきましょう。凍ったおかずをそのままお弁当箱に詰めていけば手間もありませんし、保冷剤代わりにもなります。お昼時にはいい感じに解凍されて食べごろになっていますよ。

■おかずはシンプルなものを3種類詰めれば十分

ブログなどでお弁当のおかずを見ていると、色とりどりのおかずがたくさん詰められたものをよく見かけますが、おかずの種類は3品もあれば十分です。彩りも赤・黄・緑ぐらいそろえておけば殺風景にはなりませんし、栄養バランスも申し分ありません。

作り置きしたおかずを賢く冷凍保存して節約!

作り置きしたおかずを冷凍保存しておけば、お弁当に便利なだけでなく、疲れて帰ってきた夕食なども簡単に済ませられて外食代を節約することもできます。コツを押さえて賢く冷凍保存しましょう。

■おかずの保存期間は最長1ヶ月

作り置きしたおかずは2週間~1ヶ月以内に食べきるように気をつけましょう。冷凍しているとはいえ、あまり長い間保存していると食材が酸化して味が落ちてしまいます。

■おかずをフリーザーバッグなどに入れたら平らにならして保存する

食材は空気に触れると酸化が進み、味が落ちやすくなってしまいます。ラップやフリーザーバッグなどにできるだけ平らにならし、隙間ができないように密閉して冷凍しましょう。

■冷凍保存に向かないおかず

おかずの冷凍保存は便利ですが、中には冷凍保存にむかないおかずもあります。その代表格が肉じゃがです。じゃがいもは冷凍すると味が落ち、食感がぼそぼそしてしまう特徴があります。

さらに、しらたきもゴムのような食感になってしまうので、うっかり冷凍してしまうと残念なことに。他にも、生野菜のサラダなども水分が抜けてしんなりしてしまうため注意が必要ですよ。

一人暮らしの女性にオスメのレシピ本

やせるおかず 作りおき
やせるおかず 作りおき
小学館 公式サイトより
料理研究家である著者が、ダイエット中に実際に食べていたレシピを本にしたもの。お腹いっぱい食べられるのにダイエット効果抜群のレシピが満載です。

作り置きおかずで賢くヘルシーに節約を!

一人暮らしの食生活はついつい偏りがちですが、今回ご紹介したレシピを参考にして、少しでも健康的な食生活を送ってくださいね。ぜひ今夜から実践して、賢くおいしい一人暮らしライフを楽しみましょう!

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!