転職エージェント『Future Finder Career』

逆質問で面接の流れを転換!面接官を味方にする質問2つが未来志向

人事をファンにする

逆質問を自在に操り、面接の流れを我が物にしてみませんか?シンプルに考えましょう。面接をうまく乗り切る秘訣は、人事担当者を自分の味方にすること。そのためには面接の最後にある「何か質問はありますか」の問いかけを利用し、自分を効果的にアピールする必要があります。

でも意外とこのことを知らない方が多いんです。せっかくのチャンスに「沈黙」ではもったいない!面接官は、それまでのやり取りからあなたに対するイメージを描いているはず。それが面接官(=企業)が選考で重視する要素とマッチしていれば好印象、というわけですね。

女子が作った就活講座仕事獲得

逆質問は最高のダメ押しチャンスである!!

面接の中で、数多くのテンプレ質問を受けてきて、面接の最後にアナタはどう路を切り開きますか?逆質問は面接官をダメ押しする場と考えておきましょう。つまり、それまでのやり取りで膨らんでいるあなたとプラスイメージと無関係な質問ではいけません。まして、矛盾するような質問は完全にアウトです。

チャレンジ精神が旺盛

例えば、すでに「あなたの長所を教えてください」という質問に対して、「チャレンジ精神が旺盛です」と回答していたとします。その後の「どのような場面でそれを発揮しましたか」という質問にも、具体的な事例を挙げて答えました。さらに「尊敬する人物を教えてください」に対しても、坂本竜馬のようなチャレンジ精神旺盛な人物を挙げていれば、あなたのイメージ戦略はうまくいっているはず。

逆質問2つで面接の流れ転換

ここで逆質問の例としてあげるのは下記の2つです。

  1. 「配属先部署の人数や、社員の構成を教えてください」
  2. 「入社までにさらに勉強をしておくことがあれば教えてください」

どちらが評価されるかは、いうまでもないでしょう。アナタがを採用しようか迷っている状態の企業が、最後の質問をしたんですよ。ということは、少なくとも未来志向な回答をして、両者が満面の笑みで見つめ合い、面接官が「明日から、待っていますよ!」と言ってしまうような状況になる逆質問しか効果は無いのです。

おわりに

効果的な逆質問で是非、面接官をあなたのファンにしてください!ただし、逆質問の後のことを考えないで行動すると、せっかくの戦略的な動きも裏目の結果に繋がることがありますのでご注意。場当たり対応をしてしまうと、面接官は「嗚呼、この人を採用したら、仕事がうまくいくイメージが湧かないな~。」となります。

明確に逆質問が面接で有効であるというパターンで覚えるのではなく、相手がどんなマインドに変化する質問であるか、その結果、自分自身はどのように相手の目に映るのであろうかという点に、焦点を当てて考えてみましょう。

あわせて読んで欲しい記事

http://www.jaic-college.jp/shinejob/mensetsutaisaku_all/

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!