転職エージェント『Future Finder Career』

面接で必ず聞かれる質問4選と企業が重視する5つの要素で面接対策

面接で必ず聞かれる質問はこれ

面接対策の基本は、頻出の質問を確実に押さえておくこと。ここでは、絶対にとりこぼしたくない「性格・人生観・価値観」に関する質問に絞って、4つを厳選して紹介。企業側の意図を理解して、回答のポイントをみていきます。

女子が作った就活講座仕事獲得

ほぼ確実にきかれる4つの質問

  1. あなたの強み・長所(弱み・短所)を教えてください。
  2. 学生時代に最も頑張ったことは何ですか。
  3. 尊敬する人物を教えてください。
  4. 座右の銘を教えてください。

面接とは、企業側が「一緒に働く仲間としてあなたはふさわしい人間かどうか」を判断するために行われるものです。ここに挙げた質問では、あなたは企業の求める要素を持っているのか、という点がまさに見られています。

企業が面接で重視する5要素

経団連の調査によると、企業が選考で重視する要素のベスト5は、「コミュニケーション能力」「主体性」「チャレンジ精神」「協調性」「誠実性」となっています。

あなたも、どれか当てはまるものはあるはずです。頻出の質問を利用してこれらの点をアピールしましょう。「学生時代に最も頑張ったこと」など具体的な事例と結びつけると説得力も増します。

弱みについては、それを自覚していることに加え、前向きな改善策に取り組んでいるかどうかを伝えることがポイントになります。

一貫した人物像は最も重要な要素

忘れがちな最大の注意点は、これらの質問の回答から、あなたの一貫した人物像を面接官に認識させること。模範回答集の良いとこ取りでは「思慮浅く、矛盾した人物」と思われてしまうかもしれません。面接に限らず、質問には必ず意図があります。

面接で必ず聞かれる質問ということは、企業が何を最も重視していて、決して外すことが出来ない要素なのか。裏を返せば、何が不採用に繋がり、何が内定獲得に直結する要素なのか。深く検討することは決して悪いことではありません。

一貫した人物像がどんな印象を与えるものか。反抗的、自意識過剰、不誠実、排他的な面が出ているようでは、内定を獲ることは困難を極めるでしょう。もう大丈夫ですね。相手の立場に立って、どんな自分が求められているのか、無理やり合わせることは危険ですが、入社後も保つことの出来るリアルな自分の良い所を探しましょう。

あわせて読んで欲しい記事

http://www.jaic-college.jp/shinejob/mensetsutaisaku_all/

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!