転職エージェント『Future Finder Career』

第5回-日本HRチャレンジ大賞『奨励賞』にジェイックが選ばれました

日本HRチャレンジ対象『奨励賞』

株式会社ジェイック(本社/東京都千代田区、代表/佐藤剛志)は、『第5回 日本HRチャレンジ大賞』にて奨励賞(人材サービス部門)を受賞致しました。日本最大級の人事・経営者フォーラム「HRサミット2016」内のプログラム(主催:「日本HRチャレンジ大賞」実行委員会、後援:株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、ProFuture株式会社)において選出が行われた企業に対して、授与式が行われる予定です。

ご評価いただいた点

採用をゴールにする紹介会社が多い中、採用×教育という独自の強みを活かし、入社後1年間研修を通して、入社後の活躍を支援する部隊の設立。

採用の成功において報酬が支払われる人材紹介業界において、入社人材向けに活躍支援研修を無料で提供し、「入社後の教育はそれぞれの入社企業で行う」という常識を覆し、紹介会社が入社人材の人生の成功に貢献することが評価されました。

■ 「第5回 日本HRチャレンジ大賞」について

主催:「日本HRチャレンジ大賞」実行委員会
後援:株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、ProFuture株式会社
選考委員:学習院大学 経済学部経営学科 教授 今野 浩一郎氏(委員長)
明治学院大学 学長特別補佐(戦略担当) 伊藤 健二氏
就職四季報プラスワン編集委員 兼 東洋経済HR オンライン編集長 田宮 寛之氏
ProFuture株式会社 代表取締役社長/HR総研 所長/中央大学大学院 戦略経営研究科
(ビジネススクール)客員教授 寺澤 康介氏
応募対象:日本国内で企業活動を行っている企業(外資系含む)、団体

評価基準:・革新性(企業に変革をもたらす革新的な取り組みか)
・従業員利益(キャリア形成、満足度向上に資するものか)
・経営貢献(経営力アップに貢献するものか)
・戦略性(戦略的な取り組みであるか)
・社会的影響性(社会的インパクトをもたらすものか)
応募総数:85事例
応募条件:採用、人材育成、キャリア開発、人事制度、労務管理、人材マネジメントなど人材領域に おいて、原則として過去3年以内に開始されている新しい取り組みであること。(ただちに目覚ましい実績・成果が出ていなくても、チャレンジの度合いをより重視する)
審査方法:提出された応募書類をもとに審査評価基準に沿って総合的に審査

受賞企業一覧(全12社):

大賞(1社) 味の素株式会社
イノベーション賞(1社) 株式会社スタジオアリス
人材マネジメント部門優秀賞(1社) 株式会社テン コーポレーション
人材育成部門優秀賞(1社) 株式会社LIXIL シニアライフカンパニー
採用部門優秀賞(1社) 楽天株式会社
人材サービス優秀賞(人材マネジメント部門)(1社) 株式会社リクルートジョブズ
人材サービス優秀賞(人材育成部門) 該当なし
人材サービス優秀賞(採用部門)(1社) 株式会社VISITS WORKS
奨励賞(5社/部門別50音順) 人事部門
キュービーネット株式会社
株式会社ノバレーゼ
人材サービス部門 株式会社ギブリー
株式会社ジェイック
株式会社地方のミカタ

ホームページ紹介

日本HRチャレンジ大賞 公式HP

正社員になる就活のスタートは説明会から。

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!