転職エージェント『Future Finder Career』

年賀状はいつまで?元旦到着!寒中見舞いと喪中はがき対応。文例付き

年賀状、寒中見舞いはいつまで出せるのかを時期ごとに紹介。文例つき

年賀状はいつまで出せるのでしょうか? 年の瀬になると、「そろそろ年賀状を書かなくては……」と気になりながらも、何かと忙しくて気づけば今年もあとわずかに!「今から出して果たして元旦に届くのかな?」なんて毎年のように思っている方も少なくないのではないでしょうか。

「年内に出しそびれてしまった時はどうするのが正解?」「今年は喪中なんだけど、喪中はがきの出し方に決まりはあるの?」そんな疑問をお持ちの方もいると思います。

そこで今回は、年賀状や寒中見舞い、喪中はがきなどを出すタイミングと、一言添えたい文例などをご紹介します。

年賀状はいつまで出せるのか

年賀状はいつまで出せるのか

年賀状の「いつまで」についての疑問としては、「いつまでに出せば元旦に届くか」と「元旦に届かない場合、いつまでなら出してもいいのか」という二点があると思います。それぞれについて見ていきましょう。

いつまでに出せば元旦に届くか

引用元
日本郵政グループプレスリリースより

今年も、2015年12月25日(金)までに差し出していただいた年賀状は元日に、2015年12月26日(土)以降12月28日(月)までに差し出していただいた年賀状もできる限り元日にお届けできるよう取り組みます。

一通でも多くの年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ2015年12月25日(金)までに差し出していただきますようお願いします。

郵便局のアナウンスによれば、25日までに年賀状を出しておけば確実に元旦に届くということになります。また、26日以降でも28日までに出した年賀状も、確実ではないですが元旦に間に合うケースもあるようですね。「理想は25日まで。過ぎてしまったら遅くても28日までに」と考えておきましょう。

いつまでなら問題ないか(松の内に出す)

「年末ぎりぎりまで忙しくて、年賀状を出せずに年を越してしまった」
「こちらから出していない方から元旦に年賀状が届いていた」

などといった理由で、年が明けてから年賀状を出す場合もあると思います。この場合、年賀状は1月7日までの「松の内」の間に出すのが基本となります。

年賀状を出すのが年明けになった場合は、7日までに届くように出しましょう。それ以降に届く場合は、年賀状ではなく寒中見舞いとして出すようにします。

寒中見舞いを出すのに適した時期は

寒中見舞いを出すのに適した時期は

寒中見舞い」は、寒中(寒の内)に出すあいさつ状のことを言います。

寒の内とは、小寒から大寒が終わるまでの時期のことで、2016年の場合は1月6日から2月3日にあたります。このうち、1月7日までは年賀状を出す時期にあたるため、寒中見舞いを出すのに適した時期は1月8日以降、2月3日までとなります。

寒中見舞いを出すのは、松の内に年賀状や返事を出しそびれた場合だけではありません。喪中の方への年賀状代わりのあいさつや、自分が喪中で年賀状を出せなかった場合のあいさつなども寒中見舞いとして出すのが一般的です。

喪中はがきを送る時期は

喪中はがきを送る時期は

喪中はがき」は、一年以内に身内に不幸があった場合に出すことになります。喪中はがきは年賀状のあいさつを欠くことを事前に知らせるためのものなので、年内に届くように出すのが基本です。とは言え、あまり年内ぎりぎりでは、相手の方が喪中と知らずに年賀状を準備してしまうことになります。

多くの人が年賀状の準備を始める前、11月中旬から12月初旬頃までに出すのが良いでしょう。

女子が作った就活講座仕事獲得

年賀状をこの日に出すといつ届く?

喪中はがきを送る時期は

12月25日までに出した年賀状は、基本的に必ず元旦に届きます。では、この日以降に出す場合はいつ届くのでしょうか?確実なことは言えませんが、おおよその目安をご紹介します。

年賀状を26日に出すと

郵便局が元旦に届くと保証している25日を過ぎているため、元旦に届かない可能性ももちろんありますが、元旦に届く可能性が比較的高いです。近隣、遠方問わず元旦に間に合うケースが多いと言えそうです。

年賀状を30日に出すと

郵便局が「できる限り元日に届ける」としているのは28日。29日以降は元旦に届くかどうか微妙になります。30日の午前中までに出した場合、近隣ならば元旦の配達に間に合うケースもあるようです。遠方の場合は元旦に届けるのが難しいと思われます。

年賀状を31日(大晦日)に出すと

通常なら翌日に郵便物が届く距離でも、年賀状シーズンにはかなり厳しいと考えた方が良さそうです。ただし、差し出した郵便局の配達担当エリアであれば元旦に配達されるケースもあるようです。

年賀状を1日(元旦)に出すと

1月2日は年賀状を含めすべての郵便配達が行われる予定ですが、1月1日に出した年賀状が2日に届く可能性はかなり低いようです。通常、郵便の配達にかかる日数+1~2日ほどかかると見ておくと良いでしょう。ただしこちらも差し出した郵便局の配達担当エリアであれば翌日に配達されるケースもあるようです。

年賀状を2日に出すと

1月3日も郵便配達が行われる予定です。しかし、年賀状についてはやはり翌日配達される可能性は低いと言えそう。1日の場合と同様、通常の郵便の配達にかかる日数+1~2日ほどかかると見ておくのが良さそうです。

年賀状、気の利いた一言文例集

年賀状、気の利いた一言文例集

一人一人の方にすべての文面を手書きするのは時間がかかってしまうもの。文面も印刷した年賀状を使用する方が多いかと思います。だけど、印刷だけではちょっぴり味気なく感じてしまうものです。相手に合わせて手書きで一言メッセージを添えると好印象につながります。そんな一言の文例をご紹介します。

近況や予定を伝える

・結婚しました!
・引っ越ししました。
・先日、転職しました。
・もうすぐ二人目の子どもが生まれる予定です。

自分の今年の目標や願いを書く

・今年こそ素敵な出会いがあるといいな!
・近いうちに起業したいと考えています。
・今年はダイエットします!
・今年こそヨーロッパ旅行に行きたいと思ってます。

相手へのメッセージ

・○○さんにとって、充実した一年になりますように!
・ごぶさたしていますが、今年はお会いしたいですね。
・今年もまた一緒にお花見にいきませんか?
・毎日寒いですが、風邪などひかないように気をつけて!

年賀状の準備はお早めに!

年賀状や寒中見舞いは、日頃ごぶさたしている人やお世話になっている人に年始のごあいさつとして送るものです。失礼のないように、送るタイミングやマナーをしっかりと押さえておきましょう。年末、焦らないように、早めに準備を始めることをおすすめします。

内定している企業への年賀状

既に内定を出していただいている企業に対して、年賀状を送るか否かということで悩むという方は、決して少なくは無いでしょう。確かに、就業前ですので、働き始めてからという気持ちもわかります。そんな時は、『来年から宜しくお願いします!』『ご期待を上回る成長をして、会社に貢献してまいります!』といったメッセージを添えた、年賀状をお送りすることで、「この人は、しっかりしている人」と捉えられることはあっても、ネガティブに思われることは無いでしょう。是非、送ってみてください。

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!