転職エージェント『Future Finder Career』

ニート脱出!本気の就職活動『5つの支援』ハロワやサポステなど

ニート脱出で本気の就職活動

ニートと言っても、そのキッカケやタイミングなどは、人によって実にさまざまです。しかし多くに共通しているであろう点は、長引くニート生活でブランクがある分、漠然とした不安や悩みを抱えているというところ。就職を希望する気持ちはあっても、具体的にどう行動すればよいか分からない、という人が多いのではないでしょうか?

ここでは、就職したい思いがあるにも関わらず、なかなか思うように仕事が見つからない人のために、国が発表したニートの就職現状や、就労支援についてまとめてみました。

女子が作った就活講座仕事獲得

ニートの定義とは?ニートとフリーターの違いについて

厚生労働省では、「15~34歳の失業者や無業者のうち、学生や主婦を除き、求職活動にいたっていない者」と定義しています。ここで気をつけたいのが、正社員及び派遣社員での就労を希望する人は、求職活動をしていない無業者であっても「ニート」ではないと定義しているところ。

また、アルバイトやパートなど非正規雇用での就労を希望する無業者のうち、求職活動にいたっていなければ「ニート」、具体的な求職活動にいたっていれば「フリーター」に分類されます。実際にアルバイトやパートをしていればフリーターということですが、分類の仕方は国ごとにそれぞれで、日本の分け方には疑問が呈されることも多いようです。

ニート人口は2002年のピーク時から横ばいに推移している

内閣府が発表した平成27年版「子供・若者白書(全体版)」によると、2014年度のいわゆるニートと呼ばれる15~34歳の若年無業者は、56万人と発表されています。2002年のピーク時およそ80万人に達した後、ほぼ横ばいで推移しています。年齢別に見ると、25~29歳が16万人、30~34歳が18万人となり、年齢が上がるほどニート率が高くなっていることが分かります。

前年に比べるとおよそ4万人減少してはいるものの、好機の兆しでもなさそうです。高齢化社会により、若者の人口そのものが減少していることを考えれば、若年層のニートがわずかに減少しているのは当然なのかもしれません。

好きでニートな訳じゃない!ニートが求職活動をしない理由

職に就きたい思いはあるにも関わらず、求職はしていないというニートの場合、求職活動をしない、就業しない理由については、

  1. 「病気・けがのため」
  2. 「学校以外で進学や資格取得などの勉強をしている」
  3. 「探したが見つからなかった」
  4. 「知識・能力に自信がない」

という理由が続くことが分かっています。

「若者白書」の内容から分かることは、病気やケガによって求職活動ができない状況はやむを得ず、回復すれば社会復帰できる可能性は高いでしょう。進学や資格取得のための勉強をしている人は、将来のキャリアや目標のための時間であり、世間がいうニートとは意味合いが違うのではないでしょうか。

また、探しても見つからない、希望する仕事がありそうにない、という理由が多いのは、長引くニート生活の中で、社会から疎外された不安感や焦りから、引きこもりがちな生活環境が与える影響があるのかもしれません。

ニートの就労支援について

では、ニート脱出をめざして求職活動をはじめる人たちへ、具体的にどのような支援があるのでしょうか? ブランク期間を抱えるニートにとっての不安点は、自己PRできる程の知識やスキルを持たない、というケースが多いことと思います。不安や焦りを抱えながらひとりで就職活動行うのは、精神的にも容易なことではないでしょう。そこで、ニートやフリーターを対象としたさまざまな就労支援サービスが用意されています。

1. ハローワークの求職支援

ハローワークインターネットサービス

職業相談、求人紹介のほかに、職業訓練や就職セミナー、講習会など、就職に関するサービスが充実しています。最初はハローワークの窓口に行くのに勇気がいるかもしれませんが、受付で登録希望だと言えば求職者登録されますので、この瞬間にニートではなく「求職者」となります。ハローワークに求職者登録することで、職業相談と求人の応募が可能になります。

2. 若者サポートステーション

若者サポートステーション

地域若者ステーション(通称:サポステ)は、働くことに不安や悩みを抱える15~39歳までの若者を対象に、キャリア・コンサルタントなどによる個別的な相談、支援計画の作成、ニートが抱えるコミュニケーション障害などを回避するための教育訓練などによるサポート、協力企業への職場体験など、さまざまな就労支援があります。

3. ジョブカフェ

ジョブカフェ

46の都道府県が設置する支援施設で、若者能力向上、就職支援を目的に、職場体験や就職関連のサービスを受けることができます。都道府県の要望に応じてジョブカフェ内にハローワークを併設しているところも多く、地域によって職業紹介も実施されています。原則として15~34歳が対象となりますが、各地域によって上限年齢は異なります。

4. パーソナル・サポートセンター

パーソナルサポートセンター

分野を超えてさまざまな団体が連携し、家を失った人や障害者、ニート、引きこもり、就職困難者などが安定した生活を送るための総合的なサポートを実施します。支援の対象となるのは「自力で就活できる意志や能力がある若者が、本人を取り巻くさまざまな問題等の理由で求職活動が困難になっている者」。ここでは、履歴書の書き方、面接指導から、スキルアップのための職業訓練や講習会なども実施しています。[外部リンク]

5. NPO法人

NPO法人 育て上げネット

ニート状態になっている方々や、そのご両親に向けた勉強会や教育プログラムを提供しているNPO法人が、全国各地に点在しています。その中でも中心的存在として挙げられるのが、認定NPO法人育て上げネットです。本NPO法人では『ジョブトレ』というプログラムを通じ、若者の働く「不安」を働き続ける「自信」に変わるというコンセプトの下、就労のために必要な支援~就職後の支援に至るまで手厚くサポートすることで有名です。

この記事の終わりに一言

ニートには世間から白い目で見られるようなイメージがありますが、就職環境が激変する現代、就職したい意志はあるのに求職活動までは至れない、という人が増えつつあります。しかもニートでいる期間が長引くほど、社会との関わりから疎外される不安や焦りから、引きこもりがちになる傾向に……。

まずは、目の前の不安や悩みを解決するため、行動を起こしてみることが大切です。その一歩として、就労支援を利用してみてはいかがでしょう。ハローワークの相談員や、キャリア・カウンセラーなどに心を開いて悩みを打ち明けることからはじめてみましょう。

ニートだからって正社員での就職は諦めない!【PR】

ニートの就職実践講座ジェイック

既卒・フリーター・第二新卒の方々に、2週間の就職実践講座を無償提供するジェイックでは、ニート状態になっている方々の相談にものっています。就職成功率80.3%の講座を運営してきた実績は、ガイアの夜明けでもお馴染み。自分だけで行動して、今以上にかかる期間が伸びないように、お悩みの方は一度、就職アドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。(全国6拠点:東京×2、埼玉、神奈川、愛知、大阪)

参考URL:平成27年版「子供・若者白書(全体版)」

http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h27honpen/pdf_index.html

大学中退から正社員で就職!中退理由と面接対策前に知る求人の現実

2016.03.25

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!