転職エージェント『Future Finder Career』

【面接対策】志望動機を効率的にアピールする裏ワザ3選で内定獲得

志望動機の裏ワザ3選

面接では訴えるポイントを絞る必要がある

近年、履歴書には職務経歴書を添えることが一般的となってきました。書面的なスペースが増えたため、言いたいことを全て盛り込んだ長めの志望動機も書きやすくなったといえるでしょう(最後まで読んで貰えるかは別として)。

しかし面接の場ではそうもいきません。いくらアピールしたい点が多くても、時間が限られているため全てを言うことは難しいからです。志望動機を熱く語るあまり、質疑応答の時間がなくなっては、不完全燃焼となってしまいます。とはいえ志望動機を簡単に済ませてしまうと、意欲が伝わらない恐れも。どのように対応するのがベストなのでしょうか?

 

志望動機では敢えて一般論を並べる

「仕事を通して、自己主張・探求心の啓発・更なる成長・会社への貢献・社会貢献・自己実現を図ることができる会社はどこか、他社と比較し熟考を重ねた結果、御社が最適であると判断し応募しました」

一般論の羅列に近い内容ですが、このように模範的にまとめた志望動機はどうでしょうか?もしここで「更なる成長とは、具体的にどのようなことをイメージしていますか?」という質問が来ればしめたものです。「○○なサービスを展開する御社では、私に足りない○○な経験を積むことが出来ると思い〜」などと答え、このケースで先方が求めていると考えられる向上心を、積極的にアピールしましょう。

 

面接官の狙いを引き出すことが、採用への近道

一般論の羅列で志望動機をまとめる狙いは、面接官に聞きたいポイントを選んでもらう、というところにあります。具体的に語ろうとするあまり時間をかけ過ぎてしまうと、面接官が本当に聞きたかったことをみすみす逃してしまう可能性があります。前述の方法なら、このリスクを避けることが出来るのです。

いかがでしたか?もちろん、面接に正解はありません。しかし何となく「ここがアピールポイントだろう」と山勘をはって挑むことは危険な賭けです。面接官がなにを求めているのか、を少しでも読み取れるように、発言内容を工夫して挑みましょう。

女子が作った就活講座仕事獲得

面接対策の総集編も合わせてご覧ください。

http://www.jaic-college.jp/shinejob/mensetsutaisaku_all/

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!