転職エージェント『Future Finder Career』

「面接の服装」に新常識!没個性を卒業して、ライバルに差をつけろ

面接の服装に新常識で差

面接の服装」といえば、皆さんどのようなものを思い浮かべるでしょうか?
おそらく、黒色のリクルートスーツに白無地のシャツ、黒い革靴といった姿を想像されるのではないでしょうか。

女子が作った就活講座仕事獲得

リクルートスーツにもトレンドがあった!

実は「面接向けの服装」のトレンドには移り変わりがあります。以前は、紺色・グレーの服装が好まれていたのですが、「黒色のほうが引き締まった印象に見える」という理由から、近年は黒ベースの格好へとシフトしているんです。

しかし、これが必ずしも正しい面接時の服装とは限りません。没個性な服装では面接官に自分をアピールできない、という考え方も広まってきています。

業界や職種によっても異る面接時の服装

例えば婦人服や化粧品メーカー、百貨店などの面接では、面接官の方々のお洒落な服装に驚かされるでしょう。つまり、面接の服装にもセンスを求められると言えます。

では、どんな服装でもいいのかというと、これも大きな間違い。個性を出しすぎるあまり、敬遠されてしまうことも考えられます。

そこで肝に銘じたいのは「面接に合わせた印象的な服装」というもの。

会社単位でも差を作れる!!

企業のコーポレートカラーが青なら、青色のネクタイを。夏のクールビズを奨励している企業ならあえてノーネクタイで。引き締まった体型をアピールするなら、ストレッチ素材で動きやすく活動的なブレザースタイルで。

面接には、これを着れば正解という「正しい服装」はありません。面接官に好印象を与えるため、中身プラス服装でアピールできるように心がけましょう。

ただし!柄物をあわせるのは止めよう

どんなにトレンドや企業ごとに好まれるスタイルがあるとはいえ、柄物のリクルートスーツ、ワイシャツやブラウス、ネクタイ、髪飾り、革靴を身にまとうことは危険!実はこれこそシンプルなコツなのです。「柄物を選ばない」ということだけでも十分安全な選択が可能。(ネクタイのシンプル柄は別物)

心配な方は、担当のエージェントさんや、キャリアアドバイザー、周囲の会社員の人に意見を求めてみるのも手ですよ。

あわせて読んで欲しい記事

http://www.jaic-college.jp/shinejob/mensetsutaisaku_all/

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!