転職エージェント『Future Finder Career』

高卒で大手に転職!職業訓練がスキルアップと出世に大きな役割

高卒でも大手に転職

高卒で就職してから、一定の経験を経て、転職先を探して求人を見るとき、まずチェックするところは「応募資格」ですが、「未経験者歓迎」「学歴・経験不問」と条件にあっても、それぞれの職種で優遇される知識やスキルを身につけている方が断然有利です。ここではいくつかの代表的な職種ごとに、高卒の方が転職するのに役立つ職業訓練をご紹介します。

女子が作った就活講座仕事獲得

高卒からアパレル実務を経験して憧れのショップに転職!

販売職の求人応募資格は、「高卒以上」がほとんど。その中でも「何を販売するショップか」「応募の競争が激しいショップか」によって転職の成功率は変わってきます。アパレルや携帯ショップといった、自分が入りたい業界の、販売職として必要な専門知識が何かわかりますか。合格率を上げるために、まずはしっかりと下調べすることが重要です。

スキル取得の手段として職業訓練を活用

必要なスキルが分かったら、早い段階でスキル取得をするために行動を移しましょう。ここで活用して欲しいのが、様々な場所で実施されている職業訓練です。憧れのファッション販売など、各業界に特化したコースも用意されているので、ぜひ選択肢に入れてみてください。

アパレル業界への登竜門に販売・営業職

たとえば都立職業能力開発センターでは、専門的なファッション業界の販売実務が学べるファッションリテール科を設置しています。授業料は無料で、6ヵ月間のアパレル販売・営業職に必要な、流通・販売・管理・接客マナーなどの実務的知識と技能が習得できる学科です。

■リンク先:TOKYOはたらくネット

https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/school/sisetunai/kamoku/tanki/hifuku/kamoku067.html

有名企業も視野! 高卒でもパソコンスキルで一般事務に合格する

先程の例では、アパレル業界の販売員や営業職について、可能性を述べましたね。ここからは『一般事務』という仕事について、高卒でもパソコンスキルで、有名企業への転職が叶うケースもあるということをご紹介させていただきます。

「高卒で事務職につくことは難しい」そんな風に考えている方もいるかもしれませんが、実際の求人では、ほとんどの企業が応募条件を「高卒以上」としています。学歴は気にして選択肢を狭めてはいけません。製造業や運輸業、小売業だけではなく、IT関連企業などの幅広い業界から募集が掛けられています。

一般事務で転職を成功させる鍵はパソコンスキル。必要なスキルは、「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」など、事務職定番となっているアプリケーションの操作です。

「Microsoft Word」と「Microsoft Excel」の操作方法を基礎から勉強でき、技能資格の取得もできる職業訓練は沢山あります。MOS(Microsoft Office Specialist)検定の受験対策も兼ねた訓練コースがお勧めです。

■リンク先:求職者支援訓練検索サイト

http://www.kikin.co.jp/kyushoku/block_kantou/pref02_tokyo.php

営業職は実力次第で出世可能!大手企業の募集も多数。

最後に、大手~中堅中小企業まで万遍なく『実力成果主義』という考え方が通る、『営業職』について高卒で十分に活躍や出世が可能ということを解説させていただきます。

「数字で成績がわかり、実力で評価される」それが営業職の醍醐味です。もちろん、求人の応募資格にも「高卒以上」が多数あります。何を売るのかという営業対象が自分に適しているかどうかでも成績が左右されるため、転職先の業界で選ぶのもひとつの手。住宅、不動産業界、IT系の制作会社など、有名企業が学歴不問で営業職を募集するケースも多々あります。

業界知識は働きながら覚えることができるので、初めて営業職を志望する方には、基本的な営業マナーを習得できる職業訓練がお勧めです。たとえば厚生労働大臣指定教育訓練講座では、基本的なビジネスマナーから専門技能まで、様々な教育訓練が用意されています。全国各地にある指定教育訓練講座を検索できるシステムも用意されていますので、目的のキーワードで検索して、自分にぴったりの訓練コースを探してください。

■リンク先:厚生労働大臣指定教育訓練講座「講座を探したい 検索システム」

▼教育給付金が受けられる講座を探せます。

http://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/T_K_kouza

高卒の味方!職業訓練の情報を集めよう!

ここでご紹介した職業訓練は、全体の一部に過ぎません。職業訓練の応募資格や講座の種類は様々です。民間の職業紹介専門企業が設置している講座も多く、受講後の転職先斡旋有無も会社ごとに違ってきます。

最も大切にすべきポイントは、最初に転職像をできるだけ具体的にすることです。志望する会社と職種のイメージをリアルに描いて、それから必要な専門知識とスキルを学んでいきましょう!

あわせて読んで欲しい記事

http://www.jaic-college.jp/shinejob/hellowork_kunren20150904/

ShineJOB推奨の就職支援

既卒の就活に必要なノウハウを配信

第二新卒の転職に役立つ情報を配信

大学中退の就職で役立つ情報を配信

フリーターの就活が成功するノウハウ

新卒の就活を成功に導く必須知識公開

営業職という仕事の深い話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでShineJOB名前をフォローしよう!

記事をシェア&ブックマする!